この記事は約 4 分で読めます

プリンス三部作の1作目。スウォーティンガム伯爵と未亡人アンナのロマンス。

妻・夫に先立たれている二人の大人ロマンス。

 

天然痘の後が顔に残るスウォーティンガム伯爵は、癇癪もち。その短気さ故に、どんな秘書をやとっても長続きしません。びびってみんなやめてしまいます。

 

 

伯爵の家令は秘書探しの翻弄。そこで未亡人アンナに秘書を依頼します。もちろん伯爵には「女性秘書」とは内緒にして!

 

夫に先立たれ貧窮しているアンナは、義母と自分とメイドを養うために働きにでることを決心。やっとこさ見つけた働き口で、家計の立て直しを図ろうと奮闘するのですが・・・・

 

気の短い伯爵と、秘書アンナは意外にも、気があってしまって、好意を抱くように・・・

というのは、本の裏表紙にかいてあるあらすじ!でも、本当にこの本の素敵さっていうのは、この部分だけではなかなか伝わらないんですよ。

 

まだ未読で、もうちょっと、あらすじ知りたい方はネタバレ覚悟で、この先の記事読み進めてくださいネ。

 

『あなたという仮面の下は』のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

えーーーーーー。いつもはザクっとネタバレしちゃうのですが。でもこの本に限ってはばらしていいのか、迷いました。

 

私自身が、もうちょっと、あらすじしっていたら「積本」から優先順位あげて読んでいたので。やっぱネタバレしちゃいます。

 

 

スウォーティンガム伯爵は、クセのある性格。短気で癇癪もち。幼いころに患った天然痘で、顔や体に醜いあとがのこっています。かつてのなくなった妻も、彼の天然痘の後をきらっていました。そんなこともあって、容姿に関してはコンプレックスの塊。天然痘は不治の病だと思われていた時代が時代なので、仕方ないのかもしれません。

 

 

もちろん女性にたいしても、うまいことやれません。でも秘書のアンナは別。彼にものおじせず、熱い農業オタク的な会話にも耳をじっくり傾けてくれます。最初は「女性秘書なんて!」と思っていたのですが、なんでもソツなくこなす地味目のアンナに、いけない欲求を感じ始めているのは彼女に内緒!

 

 

一方、夫に先立たれたアンナは、家計を助けるために秘書として働き始めます。彼女のもっている教養を生かす働き口がなく、男性秘書募集のところもぐりこむ形でなんとか仕事を確保。短気な伯爵に対して「怖い・醜い」とは思わず「男らしい」「素敵」と感じてるのはこちらも内緒!

 

 

二人はイギリス紳士と、貞淑な未亡人の関係。

 

雇い主と雇用される側。伯爵と平民。

 

でも、所詮、男と女・・・ひかれあうのに時間はかかりません。

 

 

伯爵はアンナに不届きな気持ちを持つ自分が許せず、不埒な思いを「そういうところ」で発散しようとロンドン出向くのですが、彼のいきつけの高級娼館で待ち受けているのは仮面をつけたアンナ。

 

 

伯爵は、娼館にいくはずと踏んだアンナは、コネを利用して、高級娼館にもぐりこみます。どうしても、伯爵と体の関係を持ちたかったのです・・奇抜な作戦ですが、二人にはいろいろな障害があって、表立って結ばれることができない。ならば、このチャンスを、と思い切って行動にアンナがでたのです。

 

 

伯爵は、アンナと知らず。アンナは自分と伝えず、二人は2度の夜を過ごします。

 

 

 

ただ、体の関係のみでおわるはずだったのですが、お互いに思いは高まるばかり。アンナに似た娼婦を抱いた伯爵は、「これでスッキリするはず」がかえってモヤモヤ。

 

 

それはアンナも同じ。昼の紳士然とした伯爵と、強引ともいえる情熱的な夜の顔。

 

 

その落差にかえって胸が高まります。普段の生活にもどっても、彼の熱い吐息やたくましい身体を。彼の口元に視線がいくだけで。

 

 

ただ切なさがましていくのです。

 

 

過ごした夜が、みだらであるほど、二人が特別で親密な関係を感じるなーんて・・・・のは私とアンナだけ?(笑)

 

 

まぁ、ストーリー上、アンナが娼婦のふりをしてるのはばれちゃうんですけど(‘ω’)

 

 

そこからの伯爵の葛藤もムネキュン。娼婦相手にしかできないような、あんなことやこんなことをアンナにしてしまった。自分の醜い肉欲の部分を、好意をもっている淑女にぶつけてしまった、となまじ自分を「醜い」とコンプレックスをもっているゆえの葛藤。

 

 

アンナに対して、自分をだましていた怒り。どう思われたのだろうという不安。抑えきれない欲求。アンナとの関係へのかすかな希望。いろんな彼の素顔が「仮面の下」に見え隠れ。

 

 

 

ホットなシーンも充実しています。全般的にウェット感じではなく、サクッと読み進められるのもgood! 人気作品なのも納得の1作ですよ。

 

 

伯爵がアンナに結婚を迫るのも「結婚するんだ!」の一点張り。まさにこればっか(笑)もうちょっとなんとか、工夫せんかね~。