この記事は約 4 分で読めます

アン・メイジャー『永遠の居場所』を読んだ感想

警備会社経営のコナーと、アンナのロマンス。以前つきあっていた男性がストーカーになってしまい、アンナは一か所にとどまれません。

 

彼の気配が近づいてくると、そっと逃げ出し、転々と住まいを変える生活を送っています。元カレから逃げる途中、偶然、飛行機の隣同士になったコナーと知り合い、アンナは胸の高まりが抑えられない。完全一目ぼれ。

 

 

一度だけ、自分を信じて幸せをつかんでみようかしら。

 

 

コナーとアンナはラスベガスで電撃結婚。

 

 

その後、ハッピーエンドとなるはずだったのですが、コナーの正体を知ってしまったアンナは・・・・重く苦しい過去を背負ったアンナの勇気が痛々しいロマンスです。

 

 

スポンサーリンク


 

ヒロインのトラウマが痛々しい

ラスベガスで電撃結婚をしたアンナは、これでやっと人並の幸せを手に入れたと、感激ひとしお。

 

 

天涯孤独の彼女は、本当に運悪く、元カレがストーカーになってしまい、気の毒としかいいようのない人生。とにかく、「にげなくちゃ、にげなくちゃ」と、彼女の頭の中では焦りがこだまします。

 

 

そんな恵まれない人生の彼女が、ようやく手に入れたラスベガスでの結婚は、たった二週間しか続きませんでした。幸せ絶好調の蜜月期間に、ふとしたことでコナーの正体を知ってしまいます。

 

 

コナーはアンナに牧場主といっていましたが、実は警備会社の経営者。
その警備会社は、行方不明者の捜索を専門に手掛ける、プロ中のプロらしい。

 

 

「元彼が、雇った人に違いない」
「逃げなくちゃ」

「ひどい、だましていたなんて」

 

 

 

愛するコナーからの裏切りと、身の危険が迫ってると、様々な想いがブワっとおそい、もういてもたってもいられません。逃げることが唯一の彼女の手段。結局はアンナは永遠の居場所だと思ったコナーの腕の中から逃げ出してしまうのですが…

 

スポンサーリンク



謎のヒーローの正体<あらすじネタバレです>

 

嘘つきコナーの正体ですが、これは序盤から明らかになっています。彼に仕事を依頼したのは、元カレではなく、彼の義理の姉。

 

 

コナーの兄はアンナの双子の姉と結婚。普通で考えたらアンナとコナーは姻戚関係なのですがアンナは、実の姉の存在もしりません。

 

 

というのは、アンナは幼い頃、誘拐をされてしまい、当時の記憶が全くありません。間一髪で自力で逃げ出し、とある施設でかくまわれ現在にいたります。施設での記憶しかない。相当なトラウマだったので、記憶を封じてしまったのですね。

 

 

 

アンナは自分の身の上を、天涯孤独だと思い込んでいるだけで、双子の姉はなんとか誘拐されて行方不明になった妹を探そうと四方八方手をつくしていたのです。

 

 

「逃げなきゃ、逃げなきゃ」と心の中の声がこだまするのもそのせいです。元彼ストーカー かつ 誘拐された経験あり、ってどんだけ不幸なのって感じですよ。ちょっと病んでる感じのアンナの行動も、この辺り押さえて読むと、とっても可哀想。

 

 

コナーの人探しの腕はかなりものなのですが、なにせ、訳ありのアンナ(逃げ上手)なので、消息がつかめません。やっと消息をつかんだ時も、アンナを義理の姉の元に連れていきたいあまり、正体を伝えることができず。

 

 

でもコナーはアンナを好きになっちゃったから、先に結婚しちゃって(笑)。アンナをがっちりつかんでおいて、少しずつ彼女に真実を伝えてわかってもらおうと、考えたのですが。やっぱりアンナは逃げてしまいます。

 

 

まぁ、逃げる理由は何もよかったのかな、と思いますよ。彼女の心の中には、それだけ深い傷が残っていて、何か「おかしい」「不安だ」と思うと、逃げるっていう行動がセットになってるんだと感じます。とにかく、読んでいて痛々しい。

 

 

彼女の双子の姉も、コナーも、そして双子の姉の夫も、とってもあったかくアンナを迎えているのに、どうしても受け入れられないアンナ。

 

 

この辺り、コナーが温かく包み込んであげれば、万事OKなのですが、彼自身も前妻と子供を事故でなくしており心に傷を持つ男。

 

 

逃げ出したアンナを連れ戻すのに、手段を選ばない。アンナは、蜜月期間に子供を授かっており、コナーはもう二度と自分の妻と子供を手放したくない、と強引にでてしまうのです。

 

 

当然、そうなるとアンナはどうでるか・・・・

 

 

お互い心の傷と持ちながら不完全ながらも歩み寄っていくロマンス。全般的に、ちょっと重苦しい雰囲気なので、糖度甘めがお好きな方はご注意を