この記事は約 3 分で読めます

ローリー・フォスターのバックボーンブラザーズの情報をまとめました。スピンオフも合わせると5作品。そんなに有名なシリーズではありませんが、大男のアメリカンなイケメンを堪能したいときには、ぜひどうぞ

 

『バックホーン・ブラザーズ』が初めての方へ

 

アメリカのバックボーンという町に住むイケメン兄弟四人+彼らの甥1人のシリーズです。

登場人物をざっくり紹介!

 

  • ・長男ソーヤー・・・医者

・次男モーガン・・・保安官

・三男ジョーダン・・・獣医

・四男ゲイブ・・・フリーター(便利屋)

・ソーヤーの息子ケーシー・・・ハイスクール生

の5人です。「大男+イケメン+過保護+女性に優しい」が、1つの屋敷で暮らしてます。

 

彼らの母親は三回結婚してまして、苦労の連続。一人目の夫とは死別。二回目の夫はアル中になり離婚。三度目の結婚でようやく幸せをつかみ、現在はラブラブでフロリダで隠居生活をおくってます。ソーヤーとモーガンは同じ父親。それ以外の兄弟とは、それぞれ父親が違います。なので、見た目も、長男・次男以外は全然違うんですー。

 

でも、イケメン。ママがすっごく苦労してるから、彼らは困った女性を絶対に見捨てない、包み込むようなあったかい感じの男性。ミッドナイトシリーズと比較すると、同じ過保護系ヒーローでも、ボンボン臭がしますがな~(笑)

 

それぞれ性格も違っていて、ソーヤーはがり勉で真面目。大人の包容力満載。モーガンは、法の番人らしく力でやさしさを示すタイプ。ジョーダンや、言葉の話せない動物に誰よりも優しく、ほかの兄弟と比較すると若干内向的な感じ。・・・・四男ゲイブは・・・・んー。イケメンですね!

 

私の一番のお気に入りは、もちろんモーガン!この人、変なんです。まず、独身四人のロマンスのトップバッターは、長男ソーヤー。お相手は、ハニーという女性なんですが、彼女は、ちょっと訳あり。問題かかえてて、なんとか一人で問題解決しようと頑張ります。でも、ハニーが困ってるのは、一目瞭然!なんとかバックボーンブラザーズの四人が、彼女の問題に協力しようと申し出てもハニーは頑として、自分の身の上さえ話さない!

 

まぁ、ソーヤーがなんとか彼女の気持ちを探ろうとするのですが、こっそり彼女はバックボーン家から抜け出そうとした矢先、ソーヤーと鉢合わせ!キャーっと悲鳴をあげたら、

 

モーガン、フリチン、失礼。パンツはかずに駆け付けます。しかも、ご婦人の前にもかかわらず、自信満々!どうして悲鳴を上げたか、追求するまで、パンツ履きません。

 

と、ちょっとそれぞれ変な人なんですよ。兄弟上二人が結婚したときには、バックボーンの独身女性が二日間泣きぬれたというほど、町で憧れの独身の男性四人。ちょっと私、このあたり西島秀俊氏の結婚報道で有給とったというOLさんの話を思い出しました。

 

なので!「バックボーンシリーズ」はこーんな人にお勧め

  • イケメンに囲まれたい。ちやほやされる感じがスキ!
  • ストーリーは、深みがなくてもOK!
  • ハーレクインなので、サクッとよめる!
  • バックボーンの住人気分が味わえる~

 

逆に、

  • ・ホットなシーンはイマイチ
  • ・渡鬼(わたる世間)のように、親せきワサワサがうざい

という印象もあるシリーズ。好みは分かれますね!ローリー・フォスターの作品って、ちょっと変わった親せきや家族が登場することが多いのですが、これはその最たるもの!

 

興味がある方は是非どうぞ!

 

 

 

▼▼甥っ子ケイシーの話。こちらに限っては結構暗い話。ケイシーの相手は「バックボーンで、あばすれの評判が高いエマ。でも彼女には彼女なりの理由があったんです。