この記事は約 3 分で読めます

J・Rウォード『ブラック・ダガー・ブラザーフッド シリーズ』の情報まとめ

J・Rウォードの代表シリーズ「ブラック・ダガー・ブラザーフッド シリーズ」の情報をまとめました。新刊を読むときや、再読する方の順番の参考に!

JRウォードのシリーズ新刊『漆黒に包まれる恋人』

 

第6作目まで日本では出版されてます。

 

兄弟団メンバー、典型的自己犠牲気質フュアリーがヒーロー。彼の心はアンタッチャブル・・・・怖いよ~

これは、終わりなのか、始まりなのか ── シリーズ中最大の問題作登場 ──
大人気 〈 黒き剣兄弟団 〉 シリーズ、怒濤の第6弾! !

 

両親に愛されず、だれの期待にも応えられなかったと悩むフュアリーは、その自己嫌悪から逃れるために薬物に溺れ、あげく〈兄弟団〉から外される破目になる。

〈プライメール〉としての役割も果たせず、そのことで精神的に追い詰められていく。〈巫女〉であるコーミアは彼に手を差し伸べようとするが……。

いっぽう敵対する殲滅者“レッサー〟との戦闘では、悪の超越的存在である〈オメガ〉、その息子が現われ、危機が迫る──。

 

『ブラック・ダガー・ブラザーフッド シリーズ』を初めて読む方へ

 

勝手にイケメンでロゴをつくってみました。本

 

J・Rウォードの大人気シリーズ。黒いレザーに身をつつんだガチムチマッチョのヴァンパイアの兄弟たちが織り成すパラノーマルラブロマンス。

 

兄弟といっても血がつながっているわけではなく(双子はいるけど)、ヴァンパイア一族をまもるために結成された「兄弟団」。ヴァンパイアと敵対する勢力Ω(オメガ)と、夜中に戦っております。

 

兄弟団の拠点は、高級住宅街たたずむ貴族風のお屋敷。彼ら寿命が長いんで、税テク?してメチャお金もってます(笑)

 

屋敷は、昼間はシャッターがおりてるのですが、夜な夜な彼らはその中で、ワイワイ訓練したり、まぁ、イロイロしてる模様。

 

 

「ブラック・ダガー・ブラザーフッド シリーズ」こーんな人にお勧め

  • パラノーマルロマンスの世界観に抵抗なし!
  • 長編OK!シリーズ自作まで全然マテル!
  • ガチムチな兄貴たちの日常生活を垣間見たい!
  • 敵が(多少)しょぼくてもOK。
  • もちろんホットなシーンも読みたい。

彼らの装いは、常に黒いレザー。でも、ボディは無毛なんです。

全くもう、無毛て!( ´艸`)

 

次作でるまで待ちきれなーい、ってくらいジレジレなシリーズ。

 

 

えー先ほど、Amazonの紹介文を紹介しましたが、『マクラウド兄弟シリーズ』ほど一見ツッコミどころもないですが、読むとジンワリきます。<つっこみどころが。

 

 

一般のヴァンパイアが、兄弟団に助けを求めるのは、なんとホットライン!(電話)

<時代かな~。

 

 

でも、そんなこんなも愛敬。マッチョなイケメン達のラブロマンスに夢中になって「いぇい、いぇい」してる間に忘れてしまいます!

 

 

シリーズはヴァンパイアVSオメガの対決がどんどん進んでいくストーリーですが、基本1冊1ロマンス。なので、順番通りに読むのをお勧めします。

 

 

黒き戦士の恋人(1作目)

 

 

永遠なる時の恋人(2作目)

 

運命を告げる恋人(3作目)

 

闇を照らす恋人(4作目)

 

情熱の炎に抱かれて(5作目)

 

漆黒に包まれる恋人(6作目)

 

 

★おすすめシリーズ作はこちらから!

⇒『ロマンス小説 シリーズ作品の情報まとめ