カテゴリー:その他の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

シャノン・マッケナ『マクラウド兄弟シリーズ』の情報まとめ

ホットなシーンで定評のあるシャノン・マッケナの代表シリーズ「マクラウド兄弟シリーズ」の情報をまとめました。新刊を読むときに再読する方の順番の参考に!

 

自分の備忘録的な意味もあります。再読しちゃうんですよね~

 

内容はもうちょっと整理します!あ、新刊でましたよ。下に情報載せてます!ロゴも勝手に作ってみました(笑)

 

 シャノン・マッケナの新刊『夢の中で愛して 』

 

取り急ぎ、Amazonの紹介文を載せますね。エロティックな夢かぁ~(妄想)太字は私の独断の萌えポイントです。

 

迫力満点で、エロティックで、手に汗握る展開! ―――マヤ・バンクス(NYタイムズベストセラー作家)

 

夜な夜な、ララという女性との淫らな夢を見るマイルズ。そのララと現実に会い、ついに愛をかわすが……。好評の官能サスペンス 〈マクラウド兄弟シリーズ〉第10弾!

 

特殊な能力を持つララはある研究施設に監禁され、危険きわまりない薬の実験台となるが、そのせいで毎晩のようにエロティックな夢を見ていた。

 

逞しい体つきのエキゾチックな王様が現れて濃密な愛をかわし、めくるめくような快感すら経験したのだ。

 

だがある日、ついに救い出され、救出者マイルズを見て息をのんだ。毎晩、夢で愛し合った王様だわ!なぜか彼も夜な夜な夢でララと愛をかわしていたと知り、やっと現実に激しく愛し合うふたり。危うい逃避行が始まるが……。

 

マッチョなエキゾチックな王様が登場する作品はコレ(笑)

 

▼▼

 

 

 

『マクラウド兄弟シリーズ』が初めての方へ

マクラウド兄弟は、全員で4人。ちょっと変わった性格の軍隊あがりの父親から、人里はなれた山奥で独自(?)教育をされています。もちろん男性は精力絶倫。

 

シリーズ後半は、マクラウド兄弟ではなくなってます。もうそんなの関係ないです( ´艸`)新刊の紹介文のツッコミみてもらって明らかですが、ちょっとクセがあるシリーズ。でもファンも多いんですよ~

 

「マクラウド兄弟シリーズ」こーんな人にお勧め

  • ロマンチック路線じゃなくてもOK!
  • 長編ドントコイ!<重いからkindle化してほしいです
  • とにかくホット&ホットなストーリを求む!
  • 敵も味方も(多少の)変態OK!

 

主な登場人物

 

  • 長男デイビー(私立探偵)
  • 次男コナー(FBI退職)
  • 三男ショーン
  • ※ショーンと双子のケヴィン(自動車事故で既に死亡)
  • 警備会社社長セス
  • 次男コナーの元同僚ニック
  • 謎の美女タマラ

 

 

1作目『 そのドアの向こうで 』

 

<主人公> 警備会社社長セス(セスの弟は、次男コナーの同僚)しょっぱなから兄弟が主人公じゃない。セスで思い出すのは「好きこそものの上手ナレ」。盗撮・盗聴もきわめれば警備の仕事になるのね~って。

 

 

 

2作目『 影のなかの恋人 』

<主人公> 次男コナー。ちょっと心配性?ってか悲観的な感じ。度が過ぎて「病んでる」レッテル張られてしまうのですが・・・

 

 

 

 

3作目『 運命に導かれて 』

<主人公>長男デイビー。いかにも長男気質のデイビー。悪の輩の変態ぶりが気になる一冊。私のお気に入りです。

 

 

 

4作目『 真夜中を過ぎても 』

<主人公>三男ショーン。これはヤバイ一冊。群をぬいてます。ヒーローショーンには、もうちょっとシャキッとせーや、と一言いいたい。

 

 

 

5作目『 過ちの夜の果てに 』

<主人公>次男コナーの元同僚ニック。

あーこちらは、あわてんぼう(?)ニック。タマラにちょっと馬鹿にされちゃうキャラ。私嫌いじゃないです。

 

 

 

6作目『 危険な涙がかわく朝 』

謎の美女タマラがヒロイン。彼女のかかえる過去がなんとも悲しい・・・

 

 

7作目『 このキスを忘れない 』

4作目と関係が深い作品。ショーンが、あんなことしてる間に、こんなことになっていたとは!

 

8作目『 朝まではこのままで 』

 

 

9作目『その愛にまもられたい』

 

 

10作目『夢の中で愛して 』

 

 

今まで読んだロマンス小説のヒーローでモテオジャンルを考えてみた。

今まで読んだロマンス小説のヒーローでモテオジャンルを考えてみた。

ロマンス小説のヒーローは、モテモテ。まぁ、オタクを装っていたりしますが、ほぼ全員といってもいいでしょう。

 

私、実はその中でもモテ中のモテ、モテ男(モテオ)ジャンル(←勝手に命名しました)が好きなんです(*’ω’*)

 

 

「え?なにモテオ?それじゃ、分かんないよ」っていう声が聞こえてきましたので、ニシカワが考えるロマンス小説のモテオを三人ピックアップしましたので、紹介したいと思いまーす。

 

こういうヒーローが好きです!という、ただただ取り留めもない駄文なんで、興味のない方はここで引き返してください~

 

シカゴスターズ『ロマンティック・ヘヴン』

 

一人目はこの人!『ロマンティック・ヘブン』のボビー・トム。いい奴なんだけど、ちょっとチャラい。

 

確か、シカゴスターズの一作目にクリスチャン・ベール似って描写があったと思いますが気のせいでしょうか。

 

※『太陽の帝国』で美少年の呼び声髙かった彼も⇒こんな感じ(Wikipedia)になってます。

 

ボビーは幼い頃から、お勉強もできて顔もいい。おまけにアメフト選手としても超一流。そんな皆の期待にそっちゃってる人生。持前の愛想のよさと如才なさと発揮してモテモテなんですが、人生は挫折がつきもの。イケメンの笑顔の裏には、寂しさ・切なさがつまってるんです。

 

人生の真正面からぶつかるヒロインとであって、彼の鼻っ柱がおられていくのも面白い。最後のお仕置きぶりも痛快なので、大好きな一作です。

 

 

 

黒き剣兄弟団『永遠なる時の恋人 』

 

黒き剣兄弟団の2作目のヒーロー「レイジ」。イケメン+マッチョ+ヴァンパイアの三拍子!

 

すごーくイケメンすぎて、しれっとなんでも手に入ってしまうレイジ。もう、当たり前なんです。実世界でも、ひょっとしたらイケメン優遇さてるんでしょうなぁ

 

 

彼がヒロインとであって、自己犠牲的な行動にでたとき、仲間全員ば「え!?お前が?」とビビるくらい。

 

三作目も捨てがたいですが、シリーズの中で、一番すきな作品かも。とにかく私はイケメンに弱い。

 

ハイランドガード『ハイランドの鷹にさらわれた乙女』

 

そして!!最近、私の中でモテモテヒーローの仲間にはいったのが、ハイランドガード2作目のヒーローのエリク@ホーク。

 

ツイッターでおすすめされているのをみて読んでみましたが、実にいいですね〰

 

ちょーっと自意識過剰な言動が、ヒロインに肩透かしくっちゃってるのが、痛カッコいいですよ~。幼き頃から「キメ笑顔」「キメ台詞」で女心をとろかす憎いやつ~。

一度でいいから、お顔を拝みたいです。

 

 

 

まとめ

 

ロマンス小説のヒーローは全般的にモテモテですが!!独断と偏見で三人選びました。

 

 

モテオ+地味子+お仕置きOR懺悔(終盤)がはいると、たまりませんね!

 

いやいや、この三人よりも、こっちのメンズのがイケてますよ!という情報がありましたが、ぜひ教えてくださいませ。<楽しみにしてます。

 

 

ひとりで過ごすGW。このロマンス小説を読めば充実。おすすめ3選。

まちにまった大型連休。ひとりで過ごす時間をゆっくり過ごしたいという方に、過去の記事からGW中に読むのにふさわしいロマンス小説をピックアップしました。

 

 

ここで先行基準をば。

 

 

 

  • 電子書籍化されてること(思い立ったらすぐ読める)
  • ある程度のボリュームがあること(まとまった時間でじっくり読める)
  • ドラマ化・映像化されていること(原作関連の動画をみてロマンス力アップ⇒充実)

※これを2つ以上クリアしてるロマンス小説をピックアップ。

 

 

 

勿論、ニシカワの独断と偏見のセレクトでございますので、お好みに合わない場合はご容赦を。
まだ、未読の方は、まとまった時間の取れるGWにお手に取ってみてくださいませ。

 

 

コピーフェイス: 消された私 (新潮文庫)

2016年 NHKでテレビドラマ化された「コピーフェイス」の原作。
ドラマは医療現場が舞台ですが、原作ではアメリカ テキサス州での上院選の選挙選が舞台となります。

 

 

ロマンスとサスペンスの具合がベストマッチの作品。ロマファンの方でなくても充分にたのしめるはず。

 

サンドラ・ブラウン『コピーフェイス: 消された私』を読んだ感想~NHKテレビドラマ「コピーフェイス」原作~

サンドラ・ブラウン『コピーフェイス: 消された私』を読んだ感想~NHKテレビドラマ「コピーフェイス」原作~

TVリポーターのエイブリー。偶然乗った飛行機が墜落。現場から救出されるも、上院議員候補夫人と取り違えられてしまいます。怪我と火傷で、声も出せない。全身包帯でまか...

 

 

アウトランダー 時の旅人クレア (ハヤカワ文庫NV)

こちらは、ロマンス小説界では、超有名かつ超長編作品(笑)
第一部は1巻~3巻と、なかなかのボリュームですので、まとまった時間でないと手に取れないと思い紹介しました。

 

 

美しいスコットランドのハイランド地方を舞台に繰り広げられる時間を超えたロマンス小説。年下君好きにはたまらん設定です。
スコットランド=キャンディキャンディの丘の上の王子様(古)のイメージだったのですが、私はこれでスコットランド情報が上書きされました。

ダイアナ・ガバルドン『アウトランダー 時の旅人クレア』を読んだ感想

ダイアナ・ガバルドン『アウトランダー 時の旅人クレア』を読んだ感想

元従軍看護婦のクレアと若きスコットランドの兵士(農夫)ジェイミーのロマンス。映像化され、さらに人気に拍車がかかったロマンス界の有名作品です。シリーズはまだまだ続...

 

 

成均館儒生たちの日々

韓流ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の原作本。女子禁制、男装、キャラ設定もなかおいしい要素満載です。
もちろん動画でもバッチリ堪能できますが、ニシカワは断然原作本のが好き。

若干、お値段はりますが、Amazonのレビューを確認いたくとわかる通り、ものスゴイ高評価です。
残念ながら、kindle化はしていません。

チョン・ウングォル『成均館儒生たちの日々』を読んだ感想~韓流ドラマ トキメキ成均館スキャンダルの原作~

チョン・ウングォル『成均館儒生たちの日々』を読んだ感想~韓流ドラマ トキメキ成均館スキャンダルの原作~

大人気韓流ドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の原作本をご紹介します。ドラマで人気を博した作品ですが、原作も超おもしろい。ドラマに負けないくらい面白さ抜群です...

 

 

 

素敵な連休をお過ごしくださいませ。