カテゴリー:コンテンポラリーの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

サンドラ・ブラウン『海辺のとまどい』を読んだ感想

心理カウンセラーのシンシアと証券アドバイザーのワースのロマンス。

 

シンシアは交通事故で最愛の夫をなくした未亡人。シングルで幼い息子を育てています。彼女が、まだ30前の若さなのに、新しい恋愛にふみきれないのは性的なふれあいを恐れているから。

 

でも、亡き夫の親友ワースは別!学生時代からしっていて、夫の親友でもあり、自分の親友でもある彼。プレーボーイで奔放な女性関係に「病気が怖いから自粛しなよー」と、小言をいったりする中です。

 

とある週末。ワースは、ガールフレンドからアカプルコの旅行をドタキャンされます。どうしてもバカンスにいきたい彼はチケットを無駄にするのも嫌なので、シンシアを誘って二人で出向くのですが・・・・

 

ちょっとヒーロー、いいすぎじゃないの?というくらいヒロインシンシアにたいして、ひどいことを言いますが、それは長年の友情のたまもの!

 

男女の友情が愛情に変化するロマコメ路線の作品です。

 

『海辺のとまどい』のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

モテモテなワースですが、なにしろ女の好みがうるさい。痩せすぎ、太りすぎ、などなど因縁つけて恋人をとっかえひっかえしてます。

 

でも、唯一、王子様を気取らなくてもいいのがシンシア。自分の亡き親友の奥さんで、親友が大学時代に彼女にコクるところも目撃しちゃってる古い中です。

 

 

軽いノリでアカプルコへの旅行へシンシアを誘いますが、南国で一夜を過ごし関係が一変!親友の妻だったシンシアが、魅力的な女性に見えてしまって、もうたまらんと関係をもってしまいます。そこはシンシアも同罪!

 

 

男女の親友関係が。親友をなくし、恋人を手に入れればいいじゃん、と思いますが、いささかかたくななシンシアはそうも簡単にかず、恨むはワースのことばかり。

 

亡き夫に、亡き親友に「申し訳ない」と罪悪感を持つお決まりの展開だけでは収まりません。

 

どうやら亡き夫は、ワースに「夫婦の性生活が物足りない」とこぼしていたらしいのです。もうシンシアはプンスコ<亡き夫とワースに!

 

なんていうか、うっかりさんなんです<ワース

 

お互い「南の国での出来事は忘れましょ!」とはいいうものの、そうもいかず二人はモヤモヤするばかり。

 

「所詮、一夜の情事」「単なる肉体的性交!」とは言葉でいうものの、そうでないのは二人とも承知なんですよ。だからこそ、相手が「熱い一夜」を軽々しく扱うのが許せない。

 

 

「俺ってモテるからさ~、今からドラックストアにいって買ってこないとな~」とかモテるアピールするワースが小学生の男子なみ!ボンボンで人がいいので許してやってください(笑)

 

 

シンシアは、「茹で窯でワースをゆでてやりたい」「ワースの頭の毛を全部むしってやりたい」とかいって怒ってましたよ。

 

 

 

 

 

古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック…

サンドラ・ブラウン『侵入者』を読んだ感想

写真家エスリンと脱獄犯グレイウルフのロマンス。

 

グレイウルフは、インディアンと白人のハーフ。無実の罪で、投獄され祖父の死に目を一目みようと脱獄。その途中、写真家エスリンの家に家宅侵入します。

 

 

WASPのエスリンを、脅し、縛り付け、彼女を人質にインディアン居留地まで向かうグレイウルフ。粗野で乱暴なふるまいの中にみせる本当の姿にエスリンは少しずつ惹かれていくのですが…

 

王子様度は、全くナシ!ツンデレヒーローここにアリ!といった作品。でもなぜか心に残るんです作品です。

 

サンドラ・ブラウン『侵入者』を読んだ感想(ネタバレ)

じーちゃんの死に目に会うために、出所間際なのに脱獄しちゃうグレイウルフ。警官の目をのがれ、なんとか忍び込んで一息つこうとした矢先に金髪美女と出会います。

 

そこで、さっさと逃げればいいのですが、なんと縛り上げたりナイフで脅したりと凶悪犯のごときふるまい(笑)

 

 

王子様度は全くありません。<グレイウルフ

性格は僻みっぽくて、やたら嫌みが多いし、頑固でいこじなんですよね。

 

最初こそ、エスリンを脅し連れまわし、嫌み皮肉の連発。まぁ、あんたそこまで言わんでも、というくらいエスリンに当たります。

 

でも、彼のバックグラウンドを少しずつ知るにつて、エスリンは彼に「なぜか」惹かれるようになってしまいます。エスリンは裕福な家庭の出身で、経済的には困っていませんが、愛のない家庭にそだってます。両親がオススメする旦那様候補は、いたってエリートで、いたって清潔でお上品。なんつーか、薄っぺらいのです。

 

一方、グレイウルフは、自分の刑期が延長されたとしても、祖父の死に目に一目会いたいからという理由で脱獄しちゃう強い信念の持ち主。そして、祖父にあったときの優しいまなざしや、手つきをみただけで、「本当の彼の姿」に惚れちゃうわけですよ。

 

 

なので、「この金髪女!」(とまではいってないけど!)とグレイウルフが何かにつけ当てこすりをいってくるのがつらくてたまりません。

 

前半は、二人の逃走劇。後半は、グレイウルフが出所した後の二人のロマンスが中心です。もともとグレイウルフは弁護士だったので、弁が立つんですよね。

 

リンダ・ハワードの「マッケンジーの山」もインディアンと白人のハーフがヒーローですが、リンダのヒーローは無口で、サンドラの方が「おしゃべり?」な感じ(笑)

 

若干、メンドクセー感じがしますが、それでも彼の背負ったつらさや孤独が、ストーリーで、ふと現れたとき、なぜか「キュン」となるんですよ!

 

だって、グレイウルフは、エスリンが近くにいるだけでコチコチ(笑)。意識しすぎだってば~

 

読書メーターでも評価高いですよね。

 

『ダンカンの花嫁』もそうですが、「根深い不信感」に自分自身、乗り来られずに苦しんでるヒーローって、好きな方にはごちそうかも、です。

 

ペニー・ジョーダン『恋の代役』を読んだ感想

 

タペストリーの修復士チェルシーのチェルシーと実業家スレードのロマンス。

 

チェルシーはある日、年の離れた姉から思わぬ頼まれごとをされます。

 

 

「娘の片思いの男性を誘惑してほしいの」

 

 

姉の話では、姪カースティーに言い寄られ、相手の男性はまんざらでもないらしい。17歳の少女を相手にする30代の男性だなんて!姉の心配に同調したチェルシーは恋の代役を引き受けますが、方向は思いもよらぬ展開に。

 

 

ヒロイン姉妹の早合点で、心乱されるはめになった実業家スレード。終盤、彼のチェルシーへ想いは一ページにもわたり、大演説さながら。ヒロインの世間知らずさが、ほほえましい作品です。

ペニー・ジョーダン『恋の代役』を読んだ感想(ネタバレ)

 

十代の頃、演劇学校に通っていたチェルシー。大分年上の男性に誘われ、苦い思いをした経験があります。親代わりの姉の反対を押し切ってまではいった演劇学校で、男性の寝室に連れ込まれるとは・・・・

 

ちょうど同じ年頃の姪カースティーが、30代の男性に熱を上げてると、姉から相談を受け

自分の過去の過ちを振り返ります。姉の話でいくと、姪のお相手の男性は、義理の兄の新しいボス スレード。

同じ年頃の男の子との交際ならこんなに心配しなくてすむのに・・・

 

 

姉のアンから思わぬお願いごとをされます。
「あなたなら、スレートをカースティーから引き離せるんじゃないかと思うのよ」

 

 

かつて得意だった演劇で、男を誘惑する妖婦の役を演じ、カースティーの目の前でスレードを誘惑してほしいというのです。

 

 

無理無理、と最初は断るチェルシーでしたが、涙ながらに頼み込んでくる姉の想いに負けて、本当の自分とは程遠い役柄を演じる約束をしてしまいます。

 

 

はやくも早合点姉妹のとんでも行動がうかがえるのですが、この後、姉のアンの指示が笑えるんですよ~

 

パーティーで美しく装ったチェルシーとの出会いを、姉がお膳立てしますが、当然思惑とは違う方向に。男盛りのブレードは、美しいチェルシーに一目ぼれ。

 

 

「カースティーに(いちゃいちゃしてるところを)みせつけてやってちょうだい」と姉の指令(残酷)

 

可愛い姪を、つまらない男の餌食にさせないわ、とばかりにチェルシーの演技に熱がはいります。「その調子でつづけて」と姉からのささやき!!

 

「念のために、あなたがあの人といっしょに帰るところも見せてやるといいと思うのよ」
よく知りもしない男性と、車で送ってもらうなんて危険極まりないですよね!

 

 

姉アン大丈夫か、と突っ込みをいられずにはいられません。

 

当事者のチェルシーにいたっては、自分が姪の心を傷つけてしまったのではないか、と心配する始末。そんなことより、君の貞操のが危ういよ~。

 

 

結局、スレードの車で一緒に帰るのですが、それで終わるはずがない。チェルシーの世間知らずぶりに驚きと笑いがこみ上げます。

 

 

 

後日、姉アンから彼女を心配する電話が入ります。
「実は夫ラルフから、あなたと新しいボスを一緒に帰らせたんで、こっぴどく叱られちゃって・・・」(義兄は、常識人ですね)

 

あの日、ピンチだったのは確かですが、何ごともおこらなかったのも事実。きっとスレード顔を合わせることもないだろう、と自分に言い聞きかせるのですが、ところがどっこいそれだけでは終わりません。なんといってもロマンス小説ですから!

 

今度は本業の仕事でスレードと関わることに。あの日、逃げられた怒りからか、チェルシーに辛くあたるスレード。

 

君は、純真なのか、それとも妖婦なのか。<おっちょこちょいで早合点デス

 

 

どちらの彼女が本当なのか困惑するスレードに事実を伝えるのは姪カースティー。スレードにすべてばれてしまい「消えてしまいたい~」と思う、チェルシーがひどく可愛い。すべての元凶は姉ですね(笑)楽しい気分になれる作品ですよ!