カテゴリー:コンテンポラリーの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

ペニー・ジョーダン『シルバー』を読んだ感想

女性セブンに掲載された連載漫画『シルバー』の原作。なかなかのボリュームと、ペニージョーダンのヒロインならではのツッコミどころ満載(!)のロマンス。

 

ロマンス小説興味ないって人も、なんなくこの作品は知ってるんでじゃないかなー。なつかしい作品なんで、今回は、あらすじもささーっと。

 

ペニー・ジョーダン『シルバー』を読んだ感想 ネタバレ

まぁ、とにかく長い小説です。1部~4部ありますが、個人的は1部と4部だけでよくない?という感じ。2部と3部は、ヒロイン・ヒーローの生い立ちや背景ががっつりかいてありますよ。

 

つっこみどころ満載の1部の紹介から。

 

 

初恋の人 従兄チャールズから、痛烈な言葉を浴びせられるヒロイン。

 

「ぼくが本当に結婚するとおもっていたのかい、そんな醜くふとったお前なんかと?」

イギリスの名門貴族の血をひく彼女。父親が死んだとたん、チャールズから手のひら返しのをうけます。

 

 

「父親の謎の死が、いとこチャールズと関係してるのでは?」

 

このままでは、彼女は抹殺され、チャールズにすべて乗っ取られる!と、うっすら気がついたヒロイン。愛する父親の謎の死の解明をするために、失恋の心の痛みを抑え込み、悪徳美男子チャールズに立ち向かうことを決意するのですが・・・・

 

いかんせん、彼女、オデブ&ブサなんですよ。母親を亡くした心の穴を過食でうめてしまいましてね~父親の目からみても、「これは、アカンヤロ」という容姿。親の欲目でみても、ブスってロマンス小説では珍しい。

 

 

父親の死を解明するために、別人になりすまそうと決意するヒロインは、「整形」「ダイエット」を極め(まぁ、ここまではいいとして)さらに、「愛の手ほどき」まで極めようとするわけですよ。

 

いつまでもデブでブスなモジモジフランシスじゃ、自分だとバレちゃうから~

 

 

そこで登場するのが、盲目のジェイク。ジェイク側には先立つマネーが必要で、莫大なお金と引き換えに、しぶしぶながら「愛の手ほどき」を学ばせる仕事を引き受けます。

 

憎きチャールズを誘惑するため、なんとか、男が奮い立つような女になりたいとジェイクから指導をされるのですが、実に痛々しい。ペニー・ジョーダンのヒロインにありがちな、浅はかで自己中心的な性格が全面な言動にびっくりしますよ。<でも嫌いじゃない

 

個人的なつっこみどころとしては、

 

・別人になりきるだけなのに愛の手ほどきは本当に必要か?

・手ほどきというわりには、一度で終わり?<え、何が?

・もっと修練しなくてもよいの?⇒『間違いだらけの愛のレッスン』くらいは頑張ろーよ。

・チャールズを誘惑してそのあとどうするつもりよ<ごちそうさん、で終わっちゃうじゃん

 

 

結局、ジェラルディン・フランシスはシルバーという名前にかえ、復讐の足掛かりをつかみ、山荘を後にするのですが、やっぱりジェイクのことが忘れられない・・・・

 

というところで1部、終わり。

 

4部は二人の再開です。チャールズにシルバーとしてちかずき、父親の死の真相をつきとめようと誘惑しつつあるとき、ジェイクと再会!

 

シルバーは、目が見えないジェイクとは、再会してシルバーさえ知らんぷりしていれば、わからないだとうと高をくくっていました。が、なんの、ジェイクの嗅覚はすごくて(!)シルバーをかぎ分けます(笑)

 

 

あーワイルドだわー。愛に一途で、決して目的をあきらめない彼に、よろめいてしまうのは私だけ?でも彼のシルバーに施した愛のレッスンも、ちょっと苦笑ですよ。時代を感じますね~。

 

 

漫画だとジェイクは黒髪やや長髪で、ワイルド系。チャールズは、ウェービーで金髪のスラリとした美男子として描かれていました。素敵ー。

 

すごく懐かしい作品でした~

 

▼▼当時、実家のお姉ちゃんが漫画かしてくれたの覚えてます(笑)愛のレッスン中です。

 

 

 

 

 

 

 

ペニー・ジョーダンのこの作品のヒロインも⇒『信頼ゲーム』 もつっこみどころ満載です。



デルフィーン・ドライデン『ザ・セオリー・オブ・アトラクション』を読んだ感想

カミラと天体物理学者アイヴァン。

 

カミラとアイヴァンはご近所同士。料理上手なカミラの部屋へ研究者や学者達は入れ替わり立ち代わりきて、おいしい料理をご馳走になってます。アイヴァンもその一人。

 

人付き合いが苦手で、几帳面。でも、本当はよーくみるとアイヴァンはハンサムなんです。ちょっと変わりもので天才肌のアイヴァンと、できればお近づきになりたい!

 

色仕掛けでカミラはアピールするのですが、アイヴァン側にはちょーっと特殊な性癖があって・・・・(笑)

 

先にネタバレしちゃいますが、BDSMモノです。苦手な人は、ここで引き返してくださいませ!私、BDSM好きなんで、私と同志の方は是非どうぞ!

 

『ザ・セオリー・オブ・アトラクション』を読んだ感想 ネタバレ

 

ずーっと読みたいと思ってました。「kindleアンリッミテッドの無料体験」に申し込んで読んだ本です。読んだらキュン死しました。

 

えっと、まずBDSMモノ。賛否両論ですよね、このジャンル。

 

どこにロマンス要素を感じるかっていうのが、ちょっと微妙なジャンルなんですけど、私はスキ!

 

まず、萌えポイントとしては

  • ・ヒーローが学者(おタク系)
  • ・彼女がいない歴=年齢
  • ・でもセックスは巧み(研究熱心だから)

であります(`・∀・´)エッヘン!!

 

 

学者モノだとこれ⇒『図書館司書の話』、オタク系ヒーローだとコレ⇒『ITオタク』が、スキなんですけどね。これらを足して二で割った(割るなって?)ヒーローが、BDSMをしちゃうわけですよ。

 

よーく見るとハンサムなんですが、一見地味なアイヴァン。彼にチラリズムするカミラなんですが、全然、反応ナシ。もう、アイヴァンってゲイかしら?なんて友人と話をしてるんですが、いやいや、なんなの。

 

アイヴァンは、決まったプレイを楽しむタイプなんすよ。

 

 

カミラとアイヴァンは主従関係を結ぶ(もちろん身体もネ)のですが、彼の職場のでのパーティーで、アイヴァンがカミラを「友人のカミラです」「隣人のカミラです」と紹介するのが気に入らないカミラ。

 

なにせ、彼女がいない歴=年齢のアイヴァンなので、愛や恋が何かがよくわからんらしい。

 

「すーごーく私、傷ついたの」と、アイヴァンに伝えても、彼は、「え?だって、君は僕の恋人じゃないだろ?」と平気で答えちゃう(笑)。

 

だって、カミラは彼にとって大切な初めての彼だけのサブミッシブだからだって!!(爆笑)自慢らしいっすよ。それが。

 

 

え・彼女・恋人<サブミッシブなん?というツッコミはさておいて。

 

ヒューヒュー。この段階で、私は勝手に大盛り上がりです。

 

 

さすがに、職場の人に「カミラは僕のサブミッシブです」とは紹介できないだろう~、というので、最期はハッピーエンド。これが愛・・・・なんだな、と理解した奥手なアイヴァンにキュンとくる作品です。

 

ストーリーは、とくに至って普通でございます。

 

 

▽▽これには、もう1作はいってます。

 

 

 

チェリー・アデア『七年目の誘惑』を読んだ感想

インテリアデザイナー ジェシーと大富豪ジョシュアのロマンス。

 

実は、二人もうすでに夫婦なんです。でも書類上の夫婦で7年もの長い間、顔をあわせてません(笑)しかも衝撃的なんですが、ジョシュアはジェシーの顔を忘れてます。

 

そんな二人が、再開してジョシュアがジェシーにゾッコンになっていくのですが、ジェシーにはちょっとした目論見があって・・・・

 

という、仮面夫婦のロマンス。ジュシュアは色男なんですが、コミュ障ぎみ?ちょっと、フィフティのヒーローっぽいですよ。<展開が

 

チェリー・アデア『七年目の誘惑』を読んだ感想 ネタバレ

 

ジュシュアは大金持ち。もう大富豪といってもいくらい。まぁ、親族間でいろいろありまして、ある日、「結婚しなければ社長の座は譲らん」とおじさんから脅されるんですわ。

 

「なんとしても、すぐにでも!結婚せねば!」と思い立って、適当にはいった安食堂のウェイトレスをヘッドハンティング。

 

毎月の手当てもだすし!

書類だけでいいし!

だから結婚してくれって、めっちゃ失礼な申し出をウェイトレス「ヴィラ」します。当のヴィラは氷の男「ジョシュア」の、ちょっぴりよろめいちゃって(笑)偽装結婚に同意。

 

いいのか、そんな安易で!

 

で、ふつう、ここからロマンスが始まるでしょ?

 

 

はじまらないんですよ~7年放置。しかも、結婚した相手の名前はヴィラでもないし。ジュシュアは毎月、金を振り込むだけ!

 

でも、ヴィラことジェシーは、彼のお金で貧乏から抜け出せたし、

 

一生懸命勉強をしなおして大学にも進学できたし、

いいだしっぺの、ジョシュアのおじ(?)や弁護士とも知り合って、

 

おじさん二人とも

「なんだ、あのジョシュアのヤロー。こんな気立てのいい娘さんを利用しやがって!」

と味方もふえて、なんだかいい感じになってます。

 

ただ、7年前にであったジョシュアだけが・・・・・彼女を振り向かない。なんか、彼女の中でジョシュアは、ナイトになっちゃってます(笑)金しかふりこんでないのに、恋は盲目ね。

 

で、大人に成長をしたジェシーは、どうしても彼の子供が欲しくなって、弁護士通じて「子供が欲しい」と申し出るのですが、けんもほろろに「病院いって、体外受精すれば?費用は僕がもつからさ」と結構冷徹な返事がかえってきます。

 

 

もうこの段階で、ひでー野郎だな、と思いません?

 

 

それでも、ジェシーはめげずに、ジョシュアのおじ様と弁護士に人肌ぬいでもらって、

「色仕掛け」で再開するわけですよ!

 

排卵日以外にはデートしません!(笑)のジェシーに、翻弄されるジョシュア。

 

どうして、彼女は僕の愛人にならないのか!とモンモンとするのが痛快です。

なるわけないじゃん、妻なんだからさ~。

 

ジョシュアのプレゼントのセレクトも超変だし

プレゼント拒まれて、傷ついてる理由も変だし

 

 

BDSMっぽくはないですが、まぁ、そんな感じのプレゼントだと想像してくださいませ。最期、7年もの間、放置した自分の妻だったとわかる彼のお仕置きが痛快です。

 

 

 

面白いから、コミックスも買ってしまいました。うまくまとまってます!