カテゴリー:コンテンポラリーの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

サンドラ・ブラウン『真夏のデイドリーム』を読んだ感想

国防省勤務のカレンと(自称)農夫のデレクのロマンス。

 

二人の出会いはジャマイカのビーチ。離婚して傷心のカレンが、おもいきって出向いた南国ビーチで二人は出合います。

 

初対面は、カレンのトップレス姿!

 

ハンサムすぎるデレクに、町の女性はもうメロメロです。どうやら二人が宿泊しているバンガローは隣同士らしい。そしてデレクはカレンを求めることを隠そうともしない・・・・

 

甘い甘いラブロマンス+シンデレラストーリー。本のあらすじ紹介にFBIとありますが、ノーサスペンスの作品です。

 

『真夏のデイドリーム』のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

 

またもやイケメンすぎて怖いヒーローが主人公。トップレス姿のカレンに一目ぼれ。彼は自称農夫といってますが、と、ある国のシーク(プリンス)なんです。

 

いわゆる兼業シーク?

 

 

いたってアメリカンな彼の仮面の下に、高貴で品のあるしぐさや態度が垣間見れて、カレンも微妙に怪しいって感じてます。でも、離婚の傷心をかかえている彼女は「甘い情事に身を焦がしたっていいでしょ!」と、ほんのつかの間の愛に酔いしれます。

 

 

といっても、カレンもデレクに飛びついたわけではありません。ほほを染めつつ、恥じらいながら、自分の道徳のラインを思い切って超える姿が初々しい。<とデレクが感じてる

 

 

元旦那は、浮気のあげくカレンの元をさっていってるので、カレンからしたら男性が自分から立ち去るというシチュエーションが耐え難い。そこで彼女がとった行動は

 

・ジャマイカでデレクを置き去り

 

 

バケーションを途中で切り上げて、さっさとアメリカにかえってきちゃいます。さよなら言われるのはつらいから、言う側にまわるの・・・という、ちょっと自己中な理論もご愛敬!

 

 

普通にお勤めに戻り、手堅い人生になるかと思いきや、上司に呼び出され・・・デレクとの情事をとられた写真を見せつけられます。

 

 

「どうなっとるんだ?君には失望したよ・・・・」と上司からきついお叱り。カレンは何がなんだかわからない。二人とも開放的になってるので、南国プライベートビーチのアチコチでしちゃってるので、パパラッチにとられちゃったんです。

 

 

 

国防省に努めてるカレンは、プリンスにアメリカに不利になる情報ながしたんじゃないかと疑われてFBIが登場です。←FBIはここしかでてきてません!(笑)

 

 

デレクの身分がわかってから、カレンへの求愛はかなり強引。さらに甘い言葉で彼女を求めるのですが、そこはかとなくデレクにM臭がするのは私だけでしょうか・・・

 

 

これが、サンドラ・ブラウンのヒーローの魅力なのか、と考えさせられた作品です。そんな詳細にかかれていないんですが、会話の展開やデレクのしぐさが、どっかエロいセクシーなんですよ・・・考えすぎ?結構お気に入りの一冊です!

 

 

古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック…

 

サンドラ・ブラウン『27通のラブレター』を読んだ感想

サンドラ・ブラウン『27通のラブレター』を読んだ感想

フラワーショップ経営 未亡人カイラと不動産開発トレヴァーのロマンス。

 

カイラは未亡人。数年前、海兵隊にいた夫を爆破テロで亡くしています。シングルマザーとして幼い息子を育てており、心は愛する夫一筋。

 

そこに、偶然知り合った不動産開発を手掛けるトレヴァーに、身も心もひかれていくのですが・・・優しすぎるトレヴァーに惹かれる自分が許せない!

 

 

とにかく、トレヴァーが優しすぎて怖い。イケメンすぎて不信。でも、そこには切ない理由がありました。

 

 

なんだか読むと、ちょっぴり悲しい気持ちになる作品。ロマンスに切なさを求める方にはぜひどうぞ。

 

 

『27通のラブレター』のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

読書後は全くさわやかではなく。かといって不快な感じでもない、ただただ、恋しさと、切なさがまじりあったような作品。。ハッピーエンドなんですけどね。

 

 

優しすぎて不信なイケメン不動産開発業者のトレヴァー。実は、彼はカイラの夫リチャードの同僚。爆破テロの生き残り。自分の代わりにリチャードが死んだと思っていて、罪悪感かかえてます。

 

 

でも、生き残ったトレヴァーは、生き残ったというだけで瀕死の状態でした。植物人間一歩手前。右目を失い現在もアイパッチ。苦しいリハビリを乗り越えなんとか普通にくらせてますが、まだ足を多少ひきずっています。順風満帆に人生やってきたイケメンの彼としては絶望のどん底でした。

 

 

このままいくとトレヴァーは車いす必須。何かの手違いで「カイラ⇒リチャード」にあてた27通のラブレターが届きます。「カイラ⇒リチャード」のラブレターに目を通すうちに、トレヴァーはカイラに惹かれるようになり、そして生きる目標になり、ただ彼女に会あってみたいという一心で、絶望的な状況から這い上がります。

 

 

 

カイラが夫リチャードにあてたラブレター。

 

「雨の日は、二人で分かち合いたいの」

「あなたに一目会えるのなら、クリスマスプレゼントは生涯いらないわ」

 

と、時には熱く、切なくつづられる手紙の言葉。

 

 

 

 

 

夫リチャードはカイラに手紙で同僚「トレヴァー」のことも伝えています。こんなモテモテの同僚がいるんだぜ!ってな具合ですね。

 

それの手紙をうけとったカイラは「なんだか嫌な人!」←とバッサリ一言。

 

というのも、そもそもトレヴァーは

  • ・イケメン
  • ・ハーバード大卒
  • ・金持ちのボンボン

 

向かうところ敵なし。なんでも手に入る。人生は、自分にお膳立てされてるパーティーのようなもの、といった感覚の持ち主だったので、女もとっかえひっかえ。ウィットにきいた下ネタをからめたギャグも一発かませれば、海兵隊のウケもよく、男にも大人気!といったモテぶり。

 

 

でも、愛する夫と遠距離+妊娠中のカイラには、そんな女道楽のすぎる夫の同僚は、危険因子!よからぬ遊びに夫につれだされると敬遠してました。

 

 

 

彼自身は、「なんだか嫌な人!」とかかれた手紙を、何度も何度も、手紙が擦り切れるほど読み返してるんですよ・・・「なんだか嫌な人!」と書かれた自分のこと!<暗い

 

 

自分の正体を明かさず、彼女にちかづき、彼女の手紙にかいてあったことを1つづつかなえていく彼。リチャードの忘れ形見のカイラの息子にも、実の子もさもあらんというくらい大切に接します。

 

 

ですが、彼自身はカイラから「嫌な人!」と思われてると知っているので、なかなかカイラに正体が言えず。明日こそは、今度こそは自分の正体をカイラに伝えようと先延ばしに。

 

 

そして、葛藤といえばカイラの側もかなりもの。愛するのはリチャードのみと心にきめていても、いつしかトレヴァーにひかれていく自分が許せない。

 

 

かなり後半まで、彼の正体はばれず。二人の会話のやりとりで、少しずつ親密になっていく様子に、ハラハラさせられますよ。

 

 

「27通のラブレター」につづられた愛の言葉の美しさにかき消されてますが、一歩まちがえば、トレヴァーはよく考えるとストーカー寸前(笑)

 

 

でも

「もしも私がおばけみたいな女だったらどうしてた?」とカイラが問うと

「自己紹介して、お悔やみを言って、金銭的な援助を申し出て、さようならだったと思うよ」

結局はカイラが好みだったのね、というオチ(*´з`)

 

 

ラブレターの使い方、会話でが絶妙。二人の距離やトレヴァーの思いの深さがビンビン伝わり、「うまい」の一言です!

 

サンドラ・ブラウン『星をなくした夜』を読んだ感想

サンドラ・ブラウン『星をなくした夜』を読んだ感想

教師のケリーと世界的フォトジャーナリスト リンクのロマンス。

 

 

ケリーは内戦激しいモンテネグロで教師をしています。孤児たち9人をつれて、なんとか故郷のアメリカに帰りたい。孤児たちに里親をみつける手配や、飛行機の手配もしてある。

 

 

ただ、待ち合わせの場所に到着できない。内戦激しい地の密林の中、みつかれば彼女を含め9人の孤児たちの命はない。反乱軍であっても、政府軍であっても!

 

 

ケリーは苦肉の策で、場末のバーにでむき、力になってもらえる傭兵を探すのですが…

 

 

サンドラ・ブラウンらしい骨太な感じで、ぐいぐいストーリーに引き込まれる作品。

 

 

ロマンス小説でも、ハードボイルドテイスト?という帯のうたい文句どうり、密林をかけぬけるヒーローとヒロイン、そして孤児たちにハラハラさせられる作品。原作は1987年刊行なので、約30年近くも昔のロマンス小説!!全く古さを感じさせない作品です。

 

『星をなくした夜』のあらすじと感想(ネタバレ)

 

えー、深く読み込んでいくと突っ込みどころがいろいろある作品ですが、それはおいといても面白い!!途中でやめられず、一気に読んでしまいました。

 

 

ヒロインは、中米モンテネグロで教師をしています。おそらくボランティアですね。

(中米?なの?東欧じゃなくて?とふと疑問。私の知識不足かしら?)

 

 

そこで、出会った孤児9人をアメリカに連れ帰りたい。自力では限界がある。そこで、彼女は場末のバーに娼婦の恰好をして、でかけます。色仕掛けで「傭兵」の気を引き、なんとか迎えの飛行機がくる場所まで、つれていってもらおうと考えたのです。

 

 

そこで、白羽の矢がたったのが、リンク。彼はバーで、べろんべろんに酔っぱらってます。内戦地のひどい状態をみて、心が荒れすさんでます。ようやく帰りの飛行機にのれて、万歳三唱なんですが、目に焼き付いた悲惨な光景は忘れられない。

 

 

で、ケリーが「ねぇ、おにいさん~」的な慣れない娼婦を演じリンクの気を引きます。でも、この時点ではケリーは彼を傭兵だとおもってるんですよね(笑)武器だと思ってるバックの中身は、なんとカメラ!全然、リンク、役に立たないじゃん、ってわかったのは後の祭り。

 

 

リンクは、ケリーの「楽しいお誘い」にのったつもりが泥酔状態なので、あっさり拉致られてしまい(笑)、あとはズルズル彼女に協力することになります。

 

 

リンクいい人なんですよ・・・だって、傭兵でもないし、本業はカメラマンじゃないですか。なのに、全力で彼女を守ろうとします。まぁ、下心アリアリで、隙あらば楽しい事しちゃおう、って気持ちも最初あったんですけどね。娼婦フリする位の女なら、身持ちも軽かろう、みたいに思ってたのかな?

 

 

でも、孤児たちが、ケリーを「シスター」と呼んでいるのを知り愕然。

 

 

「おお、俺は、聖職者に欲望を覚えていたのか、神よ!!」と罪悪感(笑)

 

 

違うよ~勝手に勘違いしてるだけだよ~ニックネームだよ~

 

 

とケリーは教えるはずもなく、かなり後半になるまで、勘違いさせたまま。これ幸いと、リンクの勘違いに乗じて、自分の貞操をまもります。

 

 

前半は、モンテネグロの密林をかけぬける脱出劇。亜熱帯特有の濃密な空気が伝わる官能的な描写に、リンクとケリーの愛の盛り上がりが伝わります。<リンクのモンモン

あ、雰囲気としてはリンダハワードの『炎のコスタリカ』とちょっと似ていますね。

 

 

後半は、脱出後の二人のロマンス中心。シスター(偽)ケリーが暴露されるまで、なかなか彼も我慢します(笑)わかった時は、もう暴れまくりですよ。

 

 

 

ちなみに、 これ、洋書の表紙です。もうくぎずけ(笑)

 

 

 

古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック...