カテゴリー:コンテンポラリーの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

ステファニー・ボンド『眠れぬ夜の過ごし方』を読んだ感想

ステファニー・ボンド『眠れぬ夜の過ごし方』を読んだ感想

看護師のジョージアと警官ケンのロマンス。

 

ジョージアの目下の悩みは、ボーイフレンドのロブとの関係。ロブは、つきあって、もう数か月たってるのに手を出してこないんです(笑)まるで聖子ちゃんの「赤いスィートピー」状態。

 

じれたジョージアがロブにとった強硬手段(!)は、うっかり手違いで別人ケンに命中!

すごく斬新な強硬手段に、笑いが禁じ得ないロマンスです!

 

『眠れぬ夜の過ごし方』を読んだ感想 ネタバレ

 

つきあって数か月たっても手をだしてこないロブに焦れたジョージア。友人のアドバイスに従って、彼女がとった強硬手段はなんとピポパ!(古)

 

え?ピポパって知りません?あれですよ、「テレフォンセックス」です( ´艸`)

 

ネタ自体お嫌いな方は、ここで引き返してくださいませ~。好みがありますからね。

 

 

 

ジョージアは、もともとがすごーく真面目な女性なんで、彼に直接迫るなんてとてもできません。そこで、もう清水の舞台を飛び降りる覚悟で、彼に電話をしてエロチックな方向にもっていこうと頑張るんですが・・・・

 

あれ?電話番号まちがえてるよ!

 

しかも電話がかかった先は警察官のケンのお宅。ケンは、地元の女性からファンレターが届くほどのイケメン警察官。なまじかイケてる顔のせいか、女性関係に不自由はしてません。

 

でも、なにかっちゃー「ケッコン、ケッコン」と二言目には結婚をいわれるので、最近は女性と付き合うこと自体がうざくなっていて禁欲気味。ああ、女性と付き合うのはメンドクサーだけど、だれかと一緒に過ごしたい<眠れない夜を

 

 

そこに、ジョージアからの電話なんで、まさに寝耳に水。恥ずべき行為としりつつも、ロブになりすまして、ジョージアとヨロシクやっちゃうわけですわ~

 

 

「ゲスイぜ、俺!」と思うケンは、「いやいや、一度きりだから・・・・」と免罪符をかかえるのですが、偶然翌日二人はリアルで出合ってしまいます。

 

 

ジョージアは、電話の相手は彼氏だと思っているので気がつかないのですが、ケンの方はまるわかり!

 

あ、絶対あの電話の女性だ!と思うと、モンモンとしてきちゃって、もう何がなんでもジョージアの気を(リアルで)ひきたい。

 

でも、ジョージアは、そもそもが身持ち固いので、リアルではケンにはなびきません。でも、ロブ(本当はケン)には、深夜電話をかける(笑)

 

ケンは、「これっきり。もう二度としない!」と思っていたにも関わらず、次の日も、かかってきたジョージアの電話に「お電話間違ってますよ」といえません。またもや、ロブになりすまし、いけない遊びをしちゃいます。

 

 

ジョージアの方も、本当は偶然出会った警官のケンがなんとなく忘れられなくて。ロブといい中に発展しているのに、なぜか二股気分。

 

 

とまぁ、ストーリーはちょっと刺激的ですが、内容自体はあまりホットじゃないですよ。ケンが、ジョージアに惚れちゃって、「あの電話の相手は僕なんだ!」と言えずに、モジモジしていたり。ジョージアが、ロブと電話でイケナイことをしつつも、電話の相手が「ケン」だったら・・・と考えて罪悪感に駆られたりと結構複雑な状況が面白い!

 

 

ローリーフォスターの『仮面の女』を思い出しましたね~。男女逆転ですが

 

あと、余談ですが、ジョージアが友人の結婚式前日の独身さよならパーティーに出演した時にですね、男性ストリッパーがでてくるんですが、その描写が全裸に黄色のヘルメットでした!え?また?

 

裸ヘルはコレ⇒『最初で最後の夜』だけで終わりじゃないのか!ステファニー・ボンドはガテン萌えなんでしょうね(笑)

 

 

しかも、ジョージアは男性ストリッパーをみて、興奮しつつも自宅にかえってきてバナナをたべてさらにモンモンをするとことも面白い。

 

そんな、何気なくクスっと笑える、ちょっとエッチで、軽妙なハーレクインですよ。

 

 

ロマンチックじゃないですが、ちょっと変わった系統が好きな方は是非どうぞ!読書メーターでも、ヒーロー ケンが可愛いと評判です。ワンコ系なんかなー。

 

ステファニー・ボンド『最初で最後の夜』を読んだ感想

ステファニー・ボンド『最初で最後の夜』を読んだ感想

建築士サマンサと土木建築作業員ティーグのロマンス。

 

エリート街道まっしぐらのサマンサは、女性実業家の友達と「いい男いないわね~」とぼやき中。やり手リケ女のサマンサに世の男性はビビり気味なんです。

 

そんな「お相手、絶賛募集中(エリートに限る)」サマンサが再開したのは、ハイスクールのときの初恋のお相手ティーグ。彼は、サマンサが手掛けるプロジェクトの土木作業員だったのです・・・。

 

初恋の人が、溝ほってるとなかなか複雑なサマンサ。なかなかの高慢な考えと、みょうな性癖のサマンサに噴飯のロマンスです。

ステファニー・ボンド『最初で最後の夜』ネタバレ

えー、ストーリーとしては『愛のリフレイン』と近いですね。

 

ハイスクール時代、二人は別の派閥(プ)に属していて、

サマンサは富裕層のおしゃれ華やかグループ。ティーグは、中流階級ちょい悪人気者のグループ。それぞれ交わることもないグループですが、卒業を前に、ちょっぴりハメをはずして、二人は一夜を共にします。あはは。はずしすぎ。

 

サマンサは、ティーグがすっごく好きなんですが、彼女には野心があって、彼と恋人同士ではいられない、と考えます。大学いって、勉強して、仕事で父親にどうしても認められたい。でも、ティーグは、いかにーも田舎で丸く収まる男子学生然としていて、彼と恋愛関係になってしまったら、サマンサは自分の成功はつかめないと判断するんです。

 

で、リケ女として成功するんですが、そんなやりてな彼女にぴったりくるお相手はみつからず、恋愛はうまくいいかず、その後もおひとり様状態。もんもん状態です。

 

そんなとき、

建築士として参加したとあるプロジェクトで、ティーグと再会!!ああ、ムネが高まる。でも、田舎で一生を終えたくない、でも素敵!と揺れに揺れまくるわけですわ。

 

一方、ティーグというと、穴掘ってる人のいい土木作業員ではなく、ちょっとした秘密もち(バレてるも同然ですが!)

 

高校時代にサマンサに捨てられたことを根にもっていて、仕返ししてやるとかなかか小粒な悪だくみしてます(笑)俺に夢中にさせたあと、今度は捨ててやるですって。

 

まぁ、そんなストーリーはいたーって普通なんでございますが!!!!

 

サマンサ・・・・・変なんですよ<ガテン萌え(笑)

いけないわ、と思いながらも、裸のティーグに抱きしめられる妄想。でも彼の頭には頭に建設ヘルメット(笑)

 

実際に、ティーグがサマンサの家にやってきて、

リビングの机に押し倒して、イケナイことするときにも

「ヘルメット被って・・・・」(笑)

 

え?????

裸にヘルメット(笑)

 

これにはティーグも苦笑ですよ。

 

最期、まぁ、アレですわ。ティーグの正体がバレたときも

「時々は、二人のときにはヘルメット被っても・・・イイワ」なんて(笑)

 

えー、もう衝撃ですわ。変じゃない、いや萌えるかも。<裸ヘル

んーん、いいかもしれん。なんて妄想幅が広がる作品です。

 

 

▼▼ローリーフォスターの作品と2つで1冊にになってます。ローリーフォスターの方もキュートで可愛いストーリー。こちらもまた感想かきますね。

 

J・R・ウォード『この手はあなたに届かない』を読んだ感想

J・R・ウォード『この手はあなたに届かない』を読んだ感想

家事手伝いのジョイと政治コンサルタントのグレイのロマンス。

 

舞台はアメリカニューヨーク州の北部。ジョイは、認知症の祖母の世話と実家の家事手伝いをして、ひっそりと暮らしています。ほとんど地元から離れたことのない彼女が、長年片思いをしている男性がグレイ。。

 

夏のがくると避暑にやってくる都会的な彼に、心惹かれ、もう幾たびも夏が過ぎ去りました。もうすぐ27歳。純朴なジョイは、男性経験もありません。ただ、遠くから、彼を見つめるばかりです。

 

汚い政治の世界を知り尽くす、世慣れた都会の男グレイと、純朴なジョイのロマンス。
ジョイの清らかさと、どこかスレてしまったグレイのすれ違いが、なんとも切ないお話です。

 

『この手はあなたに届かない』の感想(ネタバレ)

ヒーロー グレイの屈折ぶりに手を焼く作品。面倒くささといったら、かなりのもの。

 

お相手のジョイはというと、男慣れしていない素朴な女性なので、屈折ヒーローに全般戸惑い気味。

 

 

でも、そんな戸惑いはなんのその。グレイは序盤から「かわいいジョイ」と心の中で連発。かなり、笑えます。

 

 

遊びで付き合う女性は沢山いても、グレイにとってジョイはアンタッチャブル。ジョイのあまりの清らかさに手が出せないんですって。自分が触ったら穢れてしまう!でも、ちょっと怒っている顔をみても「かわいいなぁ」と思うの繰り返し。。いやいや、そんな好きなら個人的に付き合えばいいのにネ!

 

 

二人が急接近したのは、お互い付き合ってる人がいるとの誤解から。長年の片思い(同士)に、いよいよ終止符をうつ時がきたと、二人とも思うのですが、(二人とも!)あきれめきれません。ジョイの方は、悲しみにくれ、グレイの方はなんとジョイを「身持ちの悪い女」だと思い込んでしまいます。なんと!!極端な!!

 

 

グレイの中では、「聖女」か「娼婦」の2択しかなく、「かわいいジョイ」から一転「男を惑わす悪い女」扱いです。ジョイがちょっと知り合いの男性と親しくしていたり、見知らぬ男性と会話をしていたりしようものなら、嫌味一発。

 

 

ジョイは、軽くあしらえるほど、強くもなければ、経験もないので、ただただ戸惑うばかり。そして、グレイが自分の誤解だとわかり、二人が想いを交わす段階になると、今回は自分の「誤解」の罪を贖うために「禁欲」。え?どういうわけ?

 

ジョイは何がなんだかわかりません(私もだけど)。

 

グレイの心の闇は深く、ジョイの手は、彼に届きそうで届かない。素敵なタイトルですわ~。

 

 

グレイの目はいつ冷めるのか?!(笑)まぁ、この人の友達だから闇深くても仕方ないですね。⇒「夜明けを待ちわびて」のショーンなんと、グレイはジョイが10代の頃からの顔見知りらしい。気が長いー。