カテゴリー:ヒストリカルの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

ロレッタ・チェイス『悪の華にくちづけを』を読んだ感想

ロレッタ・チェイス『悪の華にくちづけを』を読んだ感想

男勝りならぬ男に勝ってしまってるヒロイン ジェシカと、身体は大きく、醜い(と自分で思っている)、でも心は少年のヒーロー デイン。

 

 

美女と(みかけ)野獣で、かなりおいしい設定です。

 

RITA賞(ショートヒストリカル部門)受賞の作品です。
二人の出会いから、心を通わせるまでの甘く切ないストーリーです。

 

 

弟の放蕩生活に喝をいれるはずが、ヒロイン心ならずも一目ぼれ

舞台は1828年 パリ。

 

ヒロイン ジェシカは、弟が、堕落した生活をおくりつつあると聞き、弟をつれもどすためにパリにのりこみました。
ぼんくら弟は、たちの悪い連中と付き合ってる様子。弟に喝をいれねばならない!

 

 

ジェシカは、両親を早くになくし、弟と二人、親戚の家で育ちました。
頭脳明晰、機敏さと度胸を兼ね備え、何をやらせても誰にも引けをとることありません。
容姿も端麗。27歳で(当時としては)婚期を逸してしまったとはいえ、求婚者が後をたたないモテモテ女性です。

 

何をやらせてそつなくこなす、才色兼備とはジェシカのこと

一方、今回のヒーロー デインは、弟を連れまわしている悪の輩のリーダー的存在。
良心を持ち合わせず非情で無頼漢。そんな不名誉なレッテルをはられ、放蕩のかぎりをつくす生活をしていました。

 

 

ジェシカのぼんくら弟が、この二人の出会いのきっかけとなります。
デインはジェシカと初めて会った時、彼女の全身からにじみ出る美しさに胸うたれますが、同時に自分の醜い姿を意識し心を閉ざしてしまいます。豪快な言動とはうらはらに、彼はとっても繊細なんです。

 

 

でも、そこは大きな勘違い。ジェシカは、弟をたぶらかす悪の輩を「不格好なゴリラ」のような男と想像していたのですが、実際にデインをみて、その男ぶりに一目ぼれ。たくましさに惹かれるジェシカのハートは、彼にくぎづけです。

 

序盤から、二人は完全に相思相愛。お熱いことこのうえなし!

 

 

 

ところが、ヒーロー側の心の傷が深く、一筋縄では両想いにはなりません。紆余曲折あり、男前のヒロイン ジェシカは、デインの強がる姿や虚勢をはる姿から、彼の本質を見抜き、おおらかに時には強く接します。さすが、才色兼備の評判は、ダテじゃりません。

 

時には優しく、悪い事をすればお仕置きもします。

姐さんのお仕置きは、ケタ違い。お仕置きのすごさも見どころの1つです。

 

 

雨の中のラブシーンが素敵すぎてキュン死

 

なんといっても、一押しシーンは雨の中のラブシーン。
ストーリー序盤、まだまだ二人がプラトニックだったころ。ある時ジェシカは、デインの女関係目撃してしまいます。二人は確かな約束をした仲ではありませんが、がぜん面白くありません。

 

 

 

 

怒り冷めやらぬ様子で、目撃現場から飛び出し、嫉妬とやるせなさで、どうしようもない。
デインはジェシカを追いかけ、雨の降る街中二人は喧嘩をするシーンが秀逸。夜更け前、街灯の明かりが薄暗くてらされる道端。
「酔っ払い」「ろくでなし」ジェシカはデインをなじります。

 

 

それまで強気だったジェシカの可愛すぎる一面。勝気な才色兼備が、嫉妬でしくしくなくんですよ。
デインは、雨に濡れるジェシカの癇癪をおこす姿が、あまりにも美しく、抱きしめたら壊れてしまいそうだと葛藤しながらも、彼女を抱きしめ甘い言葉をささやきます。
降りしきる雨も気にせず、ジェシカを抱きよせる姿に(私も)メロメロです。

 

 

これぞロマンスの醍醐味!
隠していたお互いの気持ちが溢れ出る描写がとっても素敵です。
あと、サブ的なストーリー的な見どころとしては、ぼんくら弟はたいした登場もないくせに、頻繁に話題に上ってくるのも面白いですよ。

 

 

馬鹿にされ具合も痛快です。

 

デボラ・シモンズ『悪魔の花嫁』を読んだ感想

デボラ・シモンズ『悪魔の花嫁』を読んだ感想

中世を舞台にしたドレーシー家の兄妹の物語。第一作目。
一冊目は妹エイズリー、二冊目は兄ニコラスがそれぞれ主人公です。
読む順番は逆転しても理解はできますが、より一層楽しむには「悪魔の花嫁」から読まれるのをオススメします。
こちらはkindle化(2016/9/11現在)されておらず、入手がしにくいのが残念。
読む価値あり!の一冊です。
国王の命で結婚した二人。

 

 

美しいヒロインと悪魔と噂されるヒーロー。結婚から始まる二人のロマンスを描いた一冊です。
ゴシックな雰囲気の描写が、全体の不気味さが際立たせてる作品。雰囲気は満点です。

 

おてんばヒロインのちょっとした出来心が大変な事態を招く

ヒロイン エイズリーは父親から譲り受けた財産を管理し女主人として領地を切り盛りしていました。そんなある日、国王の命令が下されます。

 

 

「1年以内に結婚せよ」
「自分の配下の騎士のなかから好きな一人を選ぶように」

 

 

兄と父を亡くしたエイズリー。
女性が一人で広大な領地を管理しているのは、のぞましくないと判断され、命令が下されました。エイズリーは内心、怒り心頭。

 

 

じゃじゃ馬なエイズリーが、国王の命令に素直に従うはずもありません。ひと泡を吹かせてやろうと、ちょっとしたアイディアを思いつきます。

 

 

それは、結婚の相手に「モンモランシー男爵」を指名することでした。
彼には黒い噂がありました。悪魔を崇拝している、黒魔術を行っているなど、身震いするような恐ろしい噂です。彼を夫に指名し、国王の意表をつく。そして、自分の結婚話をなくしてしまえばいい、とエイズリーは考えたのです。

 

 

ところが、国王は申し出を却下しませんでした。彼女と男爵との結婚を受け入れます。
身からでたさびとはいえ、エイズリーは黒い噂の男爵と結婚するはめになります。自業自得とはまさにこのこと。

 

顔も姿も知らない「悪魔」の彼に、何故か胸が高まるヒロイン

国王の命の背くわけにはいきません。エイズリーはしぶしぶモンモランシーの領地へ向かいました。

 

到着するやいなや、花嫁一行はビビりまくり。
城は汚れ、全体がなにやら、うすぐらい印象。しかも料理はまずい。
薄暗い部屋にとおされ、結婚相手と初対面です。

 

 

「モンモランシー男爵」がどのような人物なのか見ようとしても、よく見えません。
松明もろうそくもなく、彼の後ろで燃える暖炉の火だけが、大きな人影を映しているだけ。
不気味さが漂う描写が、読み手をぐいぐいひきこみます。

 

 

モンモランシー男爵は、自分が国王の命に従い、結婚する意志をエイズリーに伝えます。
逃れられない大ピンチ。

 

 

意図的に暗くしてあるのか、結婚式の最中も、花婿の顔がわかりません。結婚の誓いにお互いの手をとりあいます。エイズリーは、キスをする時、顔もわからない相手、モンモランシー男爵から抗いがたい魅力を感じてしまいます。ひとまず結婚してしまった二人。

 

 

暗闇と暖炉の火に照らされる部屋の中、心の距離が少しずつ縮まります。彼と接するのは常に暗闇の中、その声に、偶然 触れ合う身体に惹かれずにはいられません。

 

 

あー実にもどかしい。

 

 

モンモランシー男爵は、何者なのか。
エイズリーと結婚したのは何故なのか。

彼は彼女を愛しているのか。

結局、国王仲人(?)のお見合い

後半、謎がとけ、じゃじゃ馬エイズリーが愛に目覚め、美しい女性へと変化する様子が楽しめます。

 

 

美しい彼女の姿を目にしたモンモランシー男爵の感動、震えるほどの喜びを感じるシーンは一押しシーンです
ヒーロー側の魅力も伝えられないのが残念。完全ネタバレになってしまうので、差し控えます。ああ、残念。

 

 

カーラ・ケリー『ふたたび、恋が訪れて』を読んだ感想

カーラ・ケリー『ふたたび、恋が訪れて』を読んだ感想

若く美しい未亡人ロクサーナと、悲惨な戦争や離婚を経験し心を閉ざしてしまった侯爵ウィン卿。

 

傷ついた二人が二度目の愛にたどり着くロマンス。ふたたび、恋が訪れた大人の二人はどうなるのか。

 

カラーケリーのRITA賞受賞作。何度、再読しても心に染み入る良書ロマンスの一冊です。

 

どんなに本棚があふれても、この本は手放せない程、私のお気に入りです。超おすすめですよ。

 

美しすぎるヒロイン 好色な義兄の魔の手が・・・

 

舞台は、19世紀英国。
ロクサーナは牧師だった夫アンソニーと死別。
二人の幼い娘を抱え、今後どうやって生きていくかを試案していました。もうすぐ新しくやってくる人に、今すんでいる屋敷を明け渡さなければいけません。

自分の身の振り方に悩んでいるロクサーナ。
夫アンソニーの兄は、ヒロインに「特別な取り決め」を持ち掛けます。
それは、自分の屋敷に住まわせる代わりに愛人にならないか、と。

 

 

断れば困った状況になることは目に見えています。自分の未亡人としてうけとる手当を決めるのは治安判事の義兄。きっと腹いせに受けとる金額を減らされるに違いない。
どうしても「特別な取り決め」を受け入れられないロクサーナは、偶然、無人の家を見つけます。
そのさびれた具合は、借り手もいないことは一目瞭然。その荒れ果てた屋敷に手を加え、自分と娘で生活ができないかと思案します。

 

 

 

なんとか、ヒロインは家を借りることができ、一安心なのですが、好色な義兄は彼女を手に入れる追及をゆるめません。
そのさびれた屋敷の持ち主こそがヒーロー 侯爵 ウィン卿。無人の屋敷をかりることで彼女の運命は大きく変わりました。

 

 

 

貴族社会ではちょっとした変わり者。まがった事が大嫌いなウィン卿

 

ウィン卿は自分が家を貸す相手を、「老婆と持参金がなくいきおくれたオールドミス」と勝手に想像。

 

 

ところが、彼を、出迎えたのは、行き遅れのオールドミスどころか今までみたこともない美しい女性。

 

 

ちょっと頑固で、融通が利かないウィン卿。でも、真実の愛を求めてやまないロマンチストさん。

 

 

そんな不器用な男が、面食らった様子は笑えます。
心暖かな未亡人と、可愛くてしかたない娘二人にウィン卿もほどなくしてメロメロ。
幼い娘たちも、父親の面影を彼に重ねてみています。
にわか親子ような、ぎこちなくも、ちょっと心温まるいい関係。

 

 

男らしさ全開のウィン卿に(私も)ヨロメク

ところが、ロクサーナは、義兄の罠にはめられ、娘二人を取り上げられる羽目に・・・・

 

ロクサーナとウィン卿は、二人の娘を守るため便宜結婚を選択します。後ろ盾がないから子供を取り上げられてしまう。だったら、僕が守ってあげようという男気あふれる提案です。

 

 

この辺りから、ストーリーの展開は緊迫感にあふれ、ウィン卿の男らしい行動力ににヨロメくこと間違いなし。
そして、便宜結婚はいつしか本物の愛情に・・・

 

ヨークシャ―の美しい景色と季節の移り変わりが、ストーリーに彩りをそえ大いに気分を盛り上げてくれます。
大人女子にぜひ読んでいただきたい一冊!是非ともオススメです。

 

 

 

『ふたたび、恋が訪れて』はAmazonで中古流通でしか取り扱っていません。古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック...