カテゴリー:ヒストリカルの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:ヒストリカル

スーザン・フォックス『黒い羊』を読んだ感想

スーザン・フォックス『黒い羊』を読んだ感想

育ての親だった叔父が亡くなり、葬儀に参列するため、ひっそりと故郷に戻ったウィラ。
交通事故で親友を死なせ、街を逃げるようにでてから5年。

 

 

「厄介者の羊」の烙印と、周囲からの誤解と”人殺し”の汚名。そして、死なせてしまった親友の兄クレイへの淡い恋心。

誤解とすれ違いに耐え忍ぶウィラに涙ホロリの作品です。

 

 

『黒い羊』のあらすじと感想

 

 

舞台はアメリカ の牧場。かつて、親友を事故死させてしまった”汚名”を一身にうけたウィラが、叔父の葬儀に参列したシーンからスタートします。

 

 

ウィラ自身は、遠く離れた土地で馬専門の牧場経営者として生計を立てていました。
あの辛かった出来事を、故郷の街の人たちが許してくれてるのかも、と淡い期待をもちながら、叔父の葬儀に参列しますが、見事に希望は打ち砕かれます。

 

 

そればかりでなく、彼女の姿を目撃した叔母が、ショックのあまり葬儀中に倒れてしまいました。「あなたのせいだわ!」となじる従妹ペイジ。

 

 

突き刺さるような遠巻きからの視線。故郷に帰ることすら許されないのは明白。

 

 

ところが、倒れた叔母が、意識を取り戻し、思いもよらぬ提案を持ち掛けます。
私の牧場の立て直しをしてくれない?

 

 

善良で優しい叔母は、ウィラが故郷を離れていった過去を深く悲しんでおり、戻ってきてほしいと思っていました。

 

 

「ああ、あなたが街を出ていくのを、どうして強く反対できなかったのかしら」

 

 

自分を思う叔母の想いが痛いほど感じられ、断って叔母の病状を悪化させるのは忍びないと感じるヒロイン。

 

 

迷いに迷い、しばらくの間だけと約束し町に残ることにしました。ここから、孤立無援での牧場の立て直しが始まります。誰一人彼女を助ける人はいません

 

 

街では買い物一つスムーズにできず、品物を注文したくて店頭に出向いても店員に無視されます。牧場の雇われ人は、給料泥棒も同然ですし、従妹のペイジは牧場仕事を手伝うなんて、とんでもない。

 

へとへとになりながらも、一生懸命に頑張る姿に心が打たれます。もうだめ、もう無理、と思いながらも、その日一日だけと思い頑張る彼女。そんな懸命な姿をみているのは、亡き親友アンジーの兄のクレイ。

 

妹を死なせた憎い奴。

 

早く町を出ていけとばかりに、冷たい視線で彼女をにらみつけていますが、一方でウィラの頑張る姿も見ています。

 

 

妹を死なせてしまった後悔と深い悲しみは、彼女も同じなのだ、と考えはじめます。
アンジーの埋葬されている墓地で泣き崩れ、そして夜はアンジーの名前を呼びうなされてる。

 

そんな痛々しい姿を見るたび、クレイは憎しみを奮い立たせようとするものの上手くいかなくなっていました。

 

この物語のポイントはヒロインが親友殺しの汚名を背負っている部分。どんなにクレイが許したといっても、わだかまりが残ります。

 

 

かつて恋心を抱いていたクレイとの和解に、喜びと悲しみが錯綜するするウィラ。
真実をつたえるには、遅すぎる。

 

 

自分を信じてもらえない絶望感と、わたしじゃないと声を大にして伝えたい強い気持ち。そうできない、きらめきったヒロインの声にならない言葉が心に響きます。

 

 

従妹ペイジの策略に、再び周囲が騙されてしまうのか。切ないという言葉で表すには、悲しすぎるロマンスストーリーです。

キャスリーン・E・ウッディウィス『川面に揺れる花』を読んだ感想

キャスリーン・E・ウッディウィス『川面に揺れる花』を読んだ感想

造船技師ゲイジと彼の使用人で元女囚シメインのロマンス。

 

 

 

垢にまみれ、ぼろきれ同然の服をまとった女囚シメインの正体は、豪商の娘。
何不自由なく暮らしていたシメインですが、あらぬ罪で逮捕され奴隷の身に落ちぶれてしまいました。
 

 

 
冤罪を証明してもらおうにも、彼女の身内は誰もシメインを見つけだすことができない。
絶望の淵で出会ったのは、造船技師ゲイジ。なけなしの金をはたいてシメインを買い上げ、それはそれは大切に扱います。

 

 

 

本作品のアメリカでの刊行は1997年。作者の晩年の作品なのか、雰囲気は全体としてまったりとしており、登場人物の人柄も落ち着いた印象をうける作品です。
ですが、そこはヒストリカルロマンスのファーストレディ。キャスリーン・E・ウッディウィスの作品ですから!!ロマンスでのトキメキ要素は満載ですのでご安心を。

 

 

 

なけなしの金をはたいてもシメインを手に入れたいヒーローの恋心

 

 

 
時代は1947年アメリカのヴァージニア州。
北風がにわかに強まるニューポートニューズに囚人たちを乗せた船が一隻到着。
そこには冤罪で囚われた元女囚シメインがいました。
 

 

 

イギリスからアメリカまでの長い航海で、風呂に入れず、垢にまみれ、着ている服はボロきれ同然。
もう、そりゃ、見るも無残な状態。
航海の途中でも、いろんな人に、イジメたおされます。
まず、彼女の美しさを妬む女囚。と、その愛人。シメインの美しさにフヌケになってしまった船長の妻。
なんだかんだで、シメインに因縁つけて、監禁したり食事を与えなかったりと、ひどいイジメようです。
 

 

 

やっとのことでアメリカについた彼女を待ち受けていたのは、囚人のセリ。
結局、イギリスで罪を犯した囚人を買い上げ、植民地のアメリカに届け売る。そのピンハネ分が船長の懐にはいるといった寸法です。
ところが、この船長。シメインを愛人にしようと目論んでいるので、なんだかんだいって、売りに出しません。
 

 

 

そこで登場するのがバツイチ子持ちの造船技師ゲイジです。妻は事故死、ようやく片言が話せるくらいに大きくなった息子アンドリューをシングルで育てています。
 

 

 

息子の子守をお願いしている女性が、ゲイジにオネツをあげていて、その入れ込み具合は、身の危険を感じる程。
彼女では、おいおい問題がおきるだろう、と、別の子守を探しに奴隷の買付にきたわけです。

 

 

 
あんまり期待してなかったゲイジですが、ところがどっこい。
もう、シメインみつけて一目ぼれですよ。
 

 

 
自分の留守中に大切な息子を預けるのですから、子守とはいえ、読み書きがある程度できてもらわないと、となかなか厳しい条件をもって
奴隷の買付にきたのですが、期待を大きく上回る人が!!(笑)
 

 

 

ここがですね、非常に胸キュンなんですよ。
ゲイジは富豪でも豪商でもなく、この時点では一介の技師なので、はらえるお金には上限があります。
しかも相手は売り渋りの船長ときてます。でも、どうしても、どうしてもシメインを手に入れたいと決めて、財布やこれからの生活がカツカツになること承知で、うまく立ち回って彼女を手に入れる。
 

 

 

下働きなんかしたことないシメインが、慣れない仕事に率先して取り組み、なんとかゲイジに役に立とうと、健気に頑張るのは、この辺りの下りを、シメインもよく承知しているからです。
 

 

 
金の湯水のように使う生活をしていた贅沢に慣れ親しんだシメインですが、地獄のような航海を経て、末は愛人か売春宿に売られるかのところを、救ってくれたゲイジにもう身も心も(あ、労働という意味で)捧げっぱなし!
 

 

 

ないない。ゲイジが殺人者だなんて(笑)

この作品のヒーローとヒロインともに、人間ができてるなーというのが率直な感想。
キャスリーン・E・ウッディウィスの他の作品「シャナ」のヒロインシャナなんて性格、致命的ですよね(笑)
 

 

 

ですので、文庫版の帯に書かれている「あなたの正体は殺人者なの?」は、もう序盤から「ナイナイ」って感じで、そこはミステリアスでもなんでもありません。「冬のバラ」みたいにサスペンスタッチでもないので、ご承知おきを。
 

 

 

ゲイジがシメインと結婚するのも比較的スムーズなのですが、結婚したからといって彼らのアツアツは収まりません。

 

 

 
シメインのドレスからちょっと胸が見えると、目を疑うゲイジの発言。

「うまそうなメロンがふたつ。夜まで待ちきれないぞ」

 

 

 
め、めろんっすか。軽く夫婦間のセクハラ(笑)
 

 

 

終盤、彼女が何故、冤罪になった理由が明らかになってきます。そして彼女の両親、イギリスでのシメインの元婚約者が登場して、二人の結婚生活を大反対。
メロンとかいってる場合じゃなくなってきてますが、それでも、シメインは始終ゲイジと一緒に居られて幸せそう。可愛い彼女の幸せな様子をみてあげてください。

カーラ・ケリー『拾われた1ペニーの花嫁』を読んだ感想

カーラ・ケリー『拾われた1ペニーの花嫁』を読んだ感想

元海軍提督チャールズと老婦人のコンパニオン サリーのヒストリカルロマンス。

 

雇用主が高齢のため亡くなってしまったサリーは失業中。手元の現金も底をつき、途方にくれていましたが、<ドレイク亭>でなけなしのお金をつぎ込み一杯の紅茶を頼みます。

 

亡くなった夫の口癖。

紅茶を飲みながら考えれば、たいていの問題はなんとかなる

 

人生はそんな単純じゃない、想っていたサリー。ところが、この一杯の紅茶が、彼女を運命の出会いへと導きました。彼女が<ドレイク亭>で出会った運命のお相手は?

 

 

優しさと暖かさ、そして癒されない心の傷に、ほんのちょっと悲しみを覚えるロマンス小説です。

 

あらすじ序盤をまとめました

 

夫は無実の罪を着せられ、自殺。お金はない、コネもない。頼る身内もいない。たった一人の息子は病死。

 

ヒロイン サリーの背負ってる背景ってなかなかの不幸ぶり。それでも生きていかなければいけない。人生ってとっても残酷。。

 

彼女は、なけなしのお金をはたいて<ドレイク亭>で紅茶を飲んで、今後の自分の身ふりかたを試案してるのですが、偶然に居合わせた紳士に見初められます。

 

海軍の元提督チャールズは、<ドレイク亭>に結婚を約束した女性(気の小さい女性なので、あだ名を鼠嬢と呼んでる)と待ち合わせ。といっても、相思相愛のお相手ではありません。行き遅れてしまったオールドミスと便宜結婚するつもりだったのです。

 

チャールズは、ほとんどを海軍で過ごしてきた男性。年の離れた姉二人があれやこれやと彼の世話をやくのにほとほと嫌気がさし、知り合いの妹と便宜結婚することにしました。これで、姉たちの攻撃から逃れられる。

 

ところが、鼠嬢は待ち合わせの<ドレイク亭>に現れない。すっぽかされてしまったのです。

 

チャールズは、いかにも厳めしい顔つきの男性。

髪の毛はふさふさですが、片方の腕がなく、鉤を義手替わりにつかっています。見えるところではありませんが、歯が一本ないらしい(笑)一般的なイケメンヒーローではない、ちょっと渋めの独身45歳。自分で自分のこと「悪くないと思うんだけどな・・・」なんて、思ったりしてます(笑)

 

艦隊を率い、多くの戦歴を重ねた、その風貌と雰囲気に恐れおののき、おそらく鼠嬢は、びびって約束をすっぽかしてしまったのではないかと。

 

 

そんな時<ドレイク亭>で、質素だけれど知的なほっそりした一人の女性を見つけます。

どうやら、彼女はお金困ってるらしいと、チャールズは推測。

 

 

見知らぬ男性から、声をかけるのはどうかな、と思いますが、チャールズは彼女に声をかけ、鼠嬢の代わりに自分と結婚してくれないか、と急すぎるプロポーズしてしまいます。

 

うーん。出来る男は高速の決断。

 

 

登場人物が抱える心の痛みと、ヒーローとヒロインの善意にあふれたロマンス小説<ややネタバレ>

 

と、出だしはロマンチックなのですが、出てくる登場人物が何かしら悲しみを抱えており、なんだかしんみりするシーンが多いです。

 

不遇な少女を引き取り使用人にしたり、差別的な態度をうける隣人を訪問したり、孤独な紳士のお宅を訪問したりと、二人は擬似夫婦ながらも、暖かな交流を深めていくのが、とっても心温まります。

 

かといって、ヒューマンドラマ的色が強いかというとそうでもなく、ちゃんとロマンス色もあるので、ご安心を。

 

サリーは息子と夫が死んだことであきらめた愛情を、チャールズは若かりし頃にできなかった恋愛や結婚生活を、「この人となら・・・」と少しずつ心が寄りそっていくストーリーに胸がキュンとします。

 

  • いい話→しんみり→ロマンス→胸キュン→いい話→しんみり→ロマンス

 

 

私は、せっかちな性格なので、ものすごいスピードでストーリーを追っかけるように読んでしまいますが、この作品はちょっと違います。

 

ちょっとでも長く、この作品を読んでいたい。登場人物の人生の悲しみに触れ、ちょっぴり涙し、チャールズとサリーの優しさに癒されるの繰り返しが、なんとも心地よい。

私は、ちょっとずつ読み進めて、じっくり味わって読みました。

 

 

 

結局、サリーとチャールズは身も心も結ばれ、文句なしなのですが、二人の仲を嫉妬する人間の悪意で、最後仲たがいしてしまいます。

 

でも、この人も・・・わからなくはないのですよね。やり方は卑劣ですが、最後、悪役にも、ちょっと同情。男が男にほれ込むって、特別ですよ。

 

 

華やか~なロマンス小説ではありませんが、読ませる作品。後半サリーに激高し、癇癪を起してしまったチャールズが猛反省する箇所も見どころです。

 

キャスリーン・E・ウッディウィス『狼と鳩』を読んだ感想

キャスリーン・E・ウッディウィス『狼と鳩』を読んだ感想

キャスリーン・E・ウッディウィスの11世紀のイギリスを舞台にしたヒストリカルロマンス。

 

イングランドを征服しにやってきたノルマン人のウルフガーと、サクソン人の元領主の娘エイスリンのロマンス。

 

とにかくヒロインが可哀想。

突然やってきたノルマン人に父親は殺され、母親はむごい仕打ちをうけ気がふれてしまいました。エイスリンは首に縄をかけられ、無理やり凌辱・・・

出だしから、暗く重いストーリー展開に、ちょっとドン引きしちゃうので、甘いロマンスを期待されてる方は取り扱い注意の作品。

 

今回、私はサンリオ版を読みましたが、Amazonでみつけられなかったので、ソフトバンク版をリンクしますね。名作ではありますが、賛否両論といったところでしょうか。

 

あまりにむごい仕打ちを受けるヒロインに胸を痛める作品です。

 

舞台はイングランド ”ノルマン・コンクエスト”

 

ヒストリカルというと18世紀あたりを舞台にした舞踏会などキラキラ美しい衣装の貴族が登場する作品が多いですが、この作品はもう一息、さかのぼった作品。

 

その昔、イングランドではエドワード懺悔王が1042年から1066年まで王座についていましたが、彼には子供がおらず、彼が病没した後に王座をめぐって混乱がおきました。

 

結局、エドワード王の妻の兄弟が王座につきますが、そこで待ったをかけた人物がいます。ノルマンディ公ウィリアムです。ノルマンディ公は、自らの王位を主張し、イングランドへ攻撃を開始。

 

この『狼と鳩』では、このノルマンディ公ウィリアムの信頼あつく忠義を尽くす騎士として、ヒーロー ウルフガーが登場します。

 

征服するノルマン人側が、ウルフガー。征服されるイングランドのサクソン人側がエイスリンとなります。

 

 

憎むべきはずの敵。ヒーローに何故か胸が高鳴る哀れなヒロイン

 

ノルマン人ラグナ―が、ウルフガーより先んじて乗り込み、エイスリンの父親の領地を踏みにじりました。父親を殺され、母親に暴力をふるい、そしてエイスリンまでも、ラグナ―に凌辱されます。

 

エイスリンは領主の娘から、一転して奴隷です。

 

ところが、このラグナ―は、とんでもない卑怯なやつで、本来、無血開城をするべきはずのところ、やたらめったら農民は殺すわ、領主は殺すわ、エイスリンに手をつけるわ、やりたい放題。

 

本来のあるべき姿に戻すべく、後からやってきたノルマン人ウルフガーに手ひどく叱られ、ひっこむのですが、殺されてしまった人々はかえってきません。しかも、ラグナ―はウルフガ-を逆恨み。

 

 

この時点では、エイスリンはノルマン人を敵だとみなしています。

 

ウルフガーが領主に収まり、ラグナ―よりましになったとはいえ、気は許せません。

エイスリンは彼の慰み者にされるのか、情婦にされるのか、本当は気が気でない。

 

 

ラグナ―はノルマン人のボンボンですが、どうやらウルフガ-は庶子としてさげすまれ、剣一本、己の腕一つで今の地位を勝ち取ってきたらしい。彼は、口では、乱暴なことをいったりしますが、結構やさしいのだな、とエイスリンは気がつきます。

 

 

庶子としてさげすまれ、女嫌いでも有名なウルフガ-。でも、どこか優しく公正で、正義を貫く彼の姿に、エイスリンは少しずつ惹かれていきます。口は乱暴なんですけどね。

 

 

冷たく、美しい、人形のようなエイスリンが、ほんのり娘らしい態度をとるのはウルフガ-の前でだけ。

 

 

 

 

下巻でヒーローが激変。メロメロっぷりに苦笑。

 

孤独を映し出す灰色の瞳を持つウルフガ-に、エイスリンは心の中で愛を誓い、彼のただ一人の女になりたいと願います。そして、口には出しませんが、彼を喜ばせたい一心で、懸命につくします。

 

ところが、ウルフガ-は女嫌い。

女なんか、信頼するか。けっ。飽きたら、捨てればいいんだの考えの持ち主。

 

 

ウルフガ-の異父兄妹登場で、エイスリンはこれでもか、というくらい妹にいじめられますが、愚痴一ついいません。何かを欲しがる風でもない。もちろん、そんな彼女の健気さにウルフガ-は気がついています。

 

 

そして、エイスリンの柔らかな身体と唇に酔いしれ、彼に捧げられた愛の甘さに、彼の頑なな心が徐々解けていくのが、見どころです。下巻はウルフどころが、ドックガーくらいになってしまいます。牙ぬけたね。(笑)

 

エイスリンラブ。でも、絶対結婚はしないんですって。

 

 

この辺り、あくまで結婚を望むエイスリンと、エイスリンの愛はほしいけれども、結婚はしたくないウルフガ-のかけひきは、ちょっと笑えます。

 

 

キリスト教的な宗教観や時代背景からすると、未婚の母親になるのは非常にタブーなので、エイスリンが結婚にこだわるのはわかります。

 

 

といういより、彼が他の女にいってしまうのが嫌。イジメにあっても、愚痴一ついわないのに、ウルフガ-と結婚したい!という硬い決心、あれこれ結婚をにおわせる、エイスリン・・・あんた、すごいよの一言です。

 

 

彼の腕に中で、激しく乱れてしまう自分を恥じて、ことが終わるとベッドで泣きぬれるエイスリン。これも作戦か?(違うと思いますが・・・)と思うと、なかなかしたたかです。

 

 

これじゃ、娼婦と同じだわ、と内心思い泣きぬれる彼女をみて「キョトーン」のウルフガー。

 

よかったくせに、なんで泣くんだよ、と思いながら、彼女のご機嫌をとるために、シブチンなのに、財布の紐をゆるめてエイスリンにお洋服を買ってあげたりします。

 

もう、相思相愛なんだから、結婚してあげてちょ、ウルフガ-。って感じ。この辺りは上巻の陰鬱なイメージは全くなくって、純粋に甘ーいロマンスを味わえます。

 

 

 

そんな、いちゃいちゃぶりに目があてられないのですが、終盤、彼女の初めてのお相手だったラグナ―が、なんだかウルフガ-を陥れるべく、汚い手をつかってなにかたくらんでるらしい。そこには、エイスリンを妬む、ウルフガ-の妹も一枚かんでいて・・・・

 

 

 

 

なんといっても、やっぱりこの本のキモは最後のおち。

大どんでん返しで、目が点です。これは、本当に、さいごのさいごの、最後までわかりませんので、ネタバレ控えます。

私は、作品の最初と最後だけを先に読む癖があって(先にオチが知りたい)、超残念でした・・・・あせって先にオチは読むべからず!面白さ、半減しちゃうので、ご注意を。