カテゴリー:ヒストリカルの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:ヒストリカル

デボラ・シモンズ『悪魔の花嫁』を読んだ感想

デボラ・シモンズ『悪魔の花嫁』を読んだ感想

中世を舞台にしたドレーシー家の兄妹の物語。第一作目。
一冊目は妹エイズリー、二冊目は兄ニコラスがそれぞれ主人公です。
読む順番は逆転しても理解はできますが、より一層楽しむには「悪魔の花嫁」から読まれるのをオススメします。
こちらはkindle化(2016/9/11現在)されておらず、入手がしにくいのが残念。
読む価値あり!の一冊です。
国王の命で結婚した二人。

 

 

美しいヒロインと悪魔と噂されるヒーロー。結婚から始まる二人のロマンスを描いた一冊です。
ゴシックな雰囲気の描写が、全体の不気味さが際立たせてる作品。雰囲気は満点です。

 

おてんばヒロインのちょっとした出来心が大変な事態を招く

ヒロイン エイズリーは父親から譲り受けた財産を管理し女主人として領地を切り盛りしていました。そんなある日、国王の命令が下されます。

 

 

「1年以内に結婚せよ」
「自分の配下の騎士のなかから好きな一人を選ぶように」

 

 

兄と父を亡くしたエイズリー。
女性が一人で広大な領地を管理しているのは、のぞましくないと判断され、命令が下されました。エイズリーは内心、怒り心頭。

 

 

じゃじゃ馬なエイズリーが、国王の命令に素直に従うはずもありません。ひと泡を吹かせてやろうと、ちょっとしたアイディアを思いつきます。

 

 

それは、結婚の相手に「モンモランシー男爵」を指名することでした。
彼には黒い噂がありました。悪魔を崇拝している、黒魔術を行っているなど、身震いするような恐ろしい噂です。彼を夫に指名し、国王の意表をつく。そして、自分の結婚話をなくしてしまえばいい、とエイズリーは考えたのです。

 

 

ところが、国王は申し出を却下しませんでした。彼女と男爵との結婚を受け入れます。
身からでたさびとはいえ、エイズリーは黒い噂の男爵と結婚するはめになります。自業自得とはまさにこのこと。

 

顔も姿も知らない「悪魔」の彼に、何故か胸が高まるヒロイン

国王の命の背くわけにはいきません。エイズリーはしぶしぶモンモランシーの領地へ向かいました。

 

到着するやいなや、花嫁一行はビビりまくり。
城は汚れ、全体がなにやら、うすぐらい印象。しかも料理はまずい。
薄暗い部屋にとおされ、結婚相手と初対面です。

 

 

「モンモランシー男爵」がどのような人物なのか見ようとしても、よく見えません。
松明もろうそくもなく、彼の後ろで燃える暖炉の火だけが、大きな人影を映しているだけ。
不気味さが漂う描写が、読み手をぐいぐいひきこみます。

 

 

モンモランシー男爵は、自分が国王の命に従い、結婚する意志をエイズリーに伝えます。
逃れられない大ピンチ。

 

 

意図的に暗くしてあるのか、結婚式の最中も、花婿の顔がわかりません。結婚の誓いにお互いの手をとりあいます。エイズリーは、キスをする時、顔もわからない相手、モンモランシー男爵から抗いがたい魅力を感じてしまいます。ひとまず結婚してしまった二人。

 

 

暗闇と暖炉の火に照らされる部屋の中、心の距離が少しずつ縮まります。彼と接するのは常に暗闇の中、その声に、偶然 触れ合う身体に惹かれずにはいられません。

 

 

あー実にもどかしい。

 

 

モンモランシー男爵は、何者なのか。
エイズリーと結婚したのは何故なのか。

彼は彼女を愛しているのか。

結局、国王仲人(?)のお見合い

後半、謎がとけ、じゃじゃ馬エイズリーが愛に目覚め、美しい女性へと変化する様子が楽しめます。

 

 

美しい彼女の姿を目にしたモンモランシー男爵の感動、震えるほどの喜びを感じるシーンは一押しシーンです
ヒーロー側の魅力も伝えられないのが残念。完全ネタバレになってしまうので、差し控えます。ああ、残念。

 

 

カーラ・ケリー『ふたたび、恋が訪れて』を読んだ感想

カーラ・ケリー『ふたたび、恋が訪れて』を読んだ感想

若く美しい未亡人ロクサーナと、悲惨な戦争や離婚を経験し心を閉ざしてしまった侯爵ウィン卿。

 

傷ついた二人が二度目の愛にたどり着くロマンス。ふたたび、恋が訪れた大人の二人はどうなるのか。

 

カラーケリーのRITA賞受賞作。何度、再読しても心に染み入る良書ロマンスの一冊です。

 

どんなに本棚があふれても、この本は手放せない程、私のお気に入りです。超おすすめですよ。

 

美しすぎるヒロイン 好色な義兄の魔の手が・・・

 

舞台は、19世紀英国。
ロクサーナは牧師だった夫アンソニーと死別。
二人の幼い娘を抱え、今後どうやって生きていくかを試案していました。もうすぐ新しくやってくる人に、今すんでいる屋敷を明け渡さなければいけません。

自分の身の振り方に悩んでいるロクサーナ。
夫アンソニーの兄は、ヒロインに「特別な取り決め」を持ち掛けます。
それは、自分の屋敷に住まわせる代わりに愛人にならないか、と。

 

 

断れば困った状況になることは目に見えています。自分の未亡人としてうけとる手当を決めるのは治安判事の義兄。きっと腹いせに受けとる金額を減らされるに違いない。
どうしても「特別な取り決め」を受け入れられないロクサーナは、偶然、無人の家を見つけます。
そのさびれた具合は、借り手もいないことは一目瞭然。その荒れ果てた屋敷に手を加え、自分と娘で生活ができないかと思案します。

 

 

 

なんとか、ヒロインは家を借りることができ、一安心なのですが、好色な義兄は彼女を手に入れる追及をゆるめません。
そのさびれた屋敷の持ち主こそがヒーロー 侯爵 ウィン卿。無人の屋敷をかりることで彼女の運命は大きく変わりました。

 

 

 

貴族社会ではちょっとした変わり者。まがった事が大嫌いなウィン卿

 

ウィン卿は自分が家を貸す相手を、「老婆と持参金がなくいきおくれたオールドミス」と勝手に想像。

 

 

ところが、彼を、出迎えたのは、行き遅れのオールドミスどころか今までみたこともない美しい女性。

 

 

ちょっと頑固で、融通が利かないウィン卿。でも、真実の愛を求めてやまないロマンチストさん。

 

 

そんな不器用な男が、面食らった様子は笑えます。
心暖かな未亡人と、可愛くてしかたない娘二人にウィン卿もほどなくしてメロメロ。
幼い娘たちも、父親の面影を彼に重ねてみています。
にわか親子ような、ぎこちなくも、ちょっと心温まるいい関係。

 

 

男らしさ全開のウィン卿に(私も)ヨロメク

ところが、ロクサーナは、義兄の罠にはめられ、娘二人を取り上げられる羽目に・・・・

 

ロクサーナとウィン卿は、二人の娘を守るため便宜結婚を選択します。後ろ盾がないから子供を取り上げられてしまう。だったら、僕が守ってあげようという男気あふれる提案です。

 

 

この辺りから、ストーリーの展開は緊迫感にあふれ、ウィン卿の男らしい行動力ににヨロメくこと間違いなし。
そして、便宜結婚はいつしか本物の愛情に・・・

 

ヨークシャ―の美しい景色と季節の移り変わりが、ストーリーに彩りをそえ大いに気分を盛り上げてくれます。
大人女子にぜひ読んでいただきたい一冊!是非ともオススメです。

 

 

 

『ふたたび、恋が訪れて』はAmazonで中古流通でしか取り扱っていません。古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック...

 

ダラス・シュルツェ『藁くじの花嫁』を読んだ感想

ダラス・シュルツェ『藁くじの花嫁』を読んだ感想

物語の舞台はアメリカ、時代は南北戦争のしばらくたってから。今回のヒーローは地域で花婿候補ナンバーワン!裕福な牧場主マクレーン兄弟のイケメンルーク(兄)です。

 

 

両親が亡くなり男兄弟二人だけの牧場で、なんだか殺伐とした気持ちになったマクレーン兄弟。

 

 

掃除、洗濯、家事一般を引きうけてくれて、家事をうまく切り盛りしてくれる、そんな理想の花嫁はいないだろうか。おまけに自分の跡継ぎまで生んでくれれば万々歳。

 

 

もともと結婚願望のない二人は、「じゃ、兄弟のどちらかがお嫁さんをもらえば解決だよね!」と、短絡的に藁くじで負けた方がお嫁さんをもらうことにします。

 

 

結果、負けたのは 兄 ルーク。そして、ルークが選んだのは、大人しくて料理上手なエレナ―。万事解決するはずでしたが・・・・

 

 

安易なヒーローの考えが痛い

 

ヒーロー ルークの幼さ残る自分勝手な考え方は、自分勝手そのもの。必要に迫られ、結婚を決めましたが、その後の展開がなんとも痛い。

 

牧師に「馬を選ぶのと花嫁を選ぶのは違うから」と忠告されても、耳を貸さず同じような感覚で、花嫁選びを進めます。お相手に選ばれた、エレナ―は料理上手で控えめな女性(に見えた)。

 

 

両親を亡くし、親戚の家で肩身の狭い思いをしているらしい。そんな彼女に白羽の矢を立て、あれよあれよのうちに結婚にもちこみました。

エレナ―も、街一番の素敵な男性にプロポーズされ夢のよう。そんなうまい話、そうそうあるわけがないのですが、エレナ―はなんといっても居候の身分。これで、意地悪な従妹と一緒に生活しなくてすむ、そんな自分に都合よく考えていた部分もあったのですが、なにより街一番のイケメンのルークだったので、断る理由もありませんでした。

 

果てしない夫婦の権力闘争

エレナ―は、慣れない生活にとまどいながらも、何とか家事をこなし、ようやく慣れてきたころ、ルークが「藁くじ」で結婚を決めた事実知り、怒り大爆発!

 

 

お互い結婚でメリットがあると思ったからこそ、スピード結婚をしたのでは?と思わなくはありませんが、エレナ―にはそんな理屈は通じません。

 

  • だって、それが女心だもの。
  • だって、ルークを本当に好きなっちゃったんだもの。

エレナ―の微妙な女心に気が付かないルーク。
なんとか、怒りを収めようと、あれやこれやと小手先で取り入ろうとします。

「結婚なんてしなきゃよかった・・・・」と、本音もポロリ。自分の優位性を崩したくないため素直になれないいがみ合い。

 

本当は早く仲直りがしたのは、二人とも同じ気持ちなのに、大きくでてしまった自分を引くにひけず、言い過ぎた、やりすぎたと後悔しても、お互い引き際を逃してしまいます。

 

 

夫婦喧嘩は犬も食わない、といったところ。

大人の男女へ成長する夫婦成長物語

夫婦の可愛いいがみ合いのストーリーが進むにつれ、様々な出来事がわかってきます。

 

 

戦争を経験し、疲れ切った気持ちを奮い立たせ、新天地で牧場を始めたルークの家族。
両親が必死で大きくした牧場を守り、大きくしたいという兄弟の一途な気持ち。
土や誇りにまみれ、へとへとになるまで働く毎日。

 

人を好きになる気持ちや、温かさに飢えていたルークの兄弟。

 

ルークが本当に必要としていたのは、温かい愛情。
ヒーローの不器用ながらも、花嫁に尽す(ご機嫌取り)少々滑稽な行動も、可愛く思えてしまうのは、テキサスの男だから?
なんちゃって夫婦から、月日を経て心を通わせる大人の男女へ変化する夫婦成長物語
ほほえましいカップルです。

 

あと、マクレーン兄弟の毒舌ぶりが何気に気になります(笑)毒はきまくりです。

アニー・バロウズ『子爵の理想の花嫁選び』を読んだ感想

アニー・バロウズ『子爵の理想の花嫁選び』を読んだ感想

社交界きっての花婿候補の子爵ハブロックと、落ちぶれた天涯孤独の貧乏貴族の娘メアリーのロマンス。

 

ハブロックの婚活から物語はスタート。自分の結婚相手は地味子タイプ!と決めてるハブロックが、なんとか理想の花嫁を探しまくり、結婚までこぎつけます。

 

 

ところが結婚生活は、思ったようにうまくいかないようで(笑)ちょっとした二人の気持ちのすれ違いに右往左往。短絡的で癇癪持ちのハブロックに、おっとり優しい地味子メアリーが、時には耐え、時には賢く行動する。凸凹カップルがいい味だしているロマンスです。全般的に、ハラハラドキドキするストーリーではありませんが、なかなか読ませる作品ですよ。

 

年下彼氏を温かく見守るような視線でハブロックの行動をみてあげてください。私のお気に入りの作品です。

 

 

ハブロックの結婚相手の条件とは?

 

 

ある時、ハブロックは、別れて住んでいる妹を、自分の手元に引き取るため結婚を決意。

友人たちと結婚相手の条件について相談をします。これがなかなか辛辣な条件で、乙女たちが効いたら憤死してしまうような条件ばかり。

 

  • とにかく結婚できればいいけれど、誰でもいいわけではない。
  • 美人でなくてもいいけど、跡継ぎ子供は必要。
  • ・ベッドをともにする気にならない程不細工でも困る
  • 高慢な女性は嫌
  • ・跡継ぎの子供が頭が悪くても困るからまったくの低能じゃダメ
  • ・あれこれうるさい親戚に悩まされるのも勘弁してほしい。

 

ハブロックと友人たちが、彼の結婚相手の条件に絞ったのはとんでもない条件。

 

孤独で貧しく不器量で従順。愛に基づく結婚でなくても結婚にくらいついてくるような二十日鼠のような娘が理想なんですって!!(怒)

 

 

この超しつれいな条件をすべて満たす妙齢の女性を探し始めたハブロックの花嫁捜しが、このロマンスの出発点になります。

 

失礼な結婚相手の条件のお眼鏡にかなったのは?

 

 

不名誉な結婚相手として、登場するのが、天涯孤独のメアリー。彼女は母親を亡くしたばかりで、遠縁の親戚の家に身を寄せています。地味で内気な彼女と知り合うやいなや、ハブロックは彼女を花嫁候補にロックオン。

 

このヒロイン メアリーは、地味で内気ではありますが、他人に寛容で、洞察力に優れており、子供好きのするとても優しい子なんです。なので、序盤、ハブロック&友人のゲスイ花嫁条件を知ってる読者は、ちょっとメアリーを可哀想に思うかも。

 

でもですね、結局、愛に基づく結婚でなくても~ とか、妹を引き取るために~とかいちゃってるハブロックなんですが、結局は彼女の気立ての良さに気づき、知るごとに惹かれていきます。

 

こうなってくると、読者は、ハブロックの超失礼な条件が、メアリーばれるであろう、後半の「お仕置き」に期待が高まるわけです(笑)

 

お金持ちでイケてるハブロックの欠点

 

社交界で花婿候補として引く手あまたのハブロックですが、ちょっと短絡的な性格。

まぁ、あんな条件を思いつくくらいですから。

 

具体的にはですね。

 

  • ・思ったことがすぐ顔にでる。
    ・癇癪もち。
    ・思った事が重い通りにならないと大声になる。
    ・計画性に欠ける。

 

 

どれも致命的な欠点。もう、普通だったら勘弁してほしいって思うようなタイプなんですが、地味でおとなしいメアリーは、とても賢く寛容な性格なので、彼を受け入れるために努力をします。

 

しかも!!ヒーローの最低な二十日鼠条件を知ってしまってからもです。あんな条件で選ばれて、腹立たしいでしょう(怒)

 

 

 

失敗を謝ることができる素直さのある人だし、彼なりに頑張っていることが大切だと思うし、なんて・・・・健気なんだ。

 

 

ロマンスの世界においては、好きなった方が負けなのか!!!

 

 

まぁ、いろいろ欠点も多いヒーローですが、年下の彼氏・旦那様としてなら、かなりいい線いってると思いますヨ。あれ、褒めすぎかな?

 

自分に素直で、まっすぐ。

それでいて自分の欠点を認め素直に謝ることができる。
何事も、頑張ってくれる(やや、空回り?)なのも可愛い。

 

 

日常の何気ない思いやりや、行動にグッとくると、寛容な精神のヒロインに共感できるのではないかな。

 

ストーリー後半、ヒーロー宛の皮肉の聞いた書置きも、彼女らしく、よくいってやった!!と褒めてあげたくなります。お仕置き万歳です。

 

見栄やプライドよりも自分の気持ちを素直に伝えあう二人の姿に読んでいるこちらが、心温まる一冊。