カテゴリー:パラノーマルの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

ダイアナ・ガバルドン『アウトランダー 時の旅人クレア』を読んだ感想

ダイアナ・ガバルドン『アウトランダー 時の旅人クレア』を読んだ感想

元従軍看護婦のクレアと若きスコットランドの兵士(農夫)ジェイミーのロマンス。

 

 

 

映像化され、さらに人気に拍車がかかったロマンス界の有名作品です。シリーズはまだまだ続いており、がっつり読みたい人にはたまらないシリーズ。

 

 

ロマンス小説と侮ることなかれ。この読み応えは、半端ないので、是非ともお時間ある時に!読書好きの方に!お手に取っていただきたい一作。

 

 

 

舞台はスコットランド ”ジャコバイト”

 

イギリスが舞台のヒストリカル作品は、リージエンシーもの(摂政時代1811~20年の時代)が多いのですが、この作品は、もうちょっと遡り、まだ力で力を制圧する時代。

※キャスリーン・E・ ウッディウィス『鳩と狼』は、これより更にさかのぼります。

 

 

その昔、正当な国王は、現王ではなくスチュアート朝のジェーム2世であると主張をし、復位を支持する勢力がありました。これがジャコバイトです。1688年イギリスで起こった名誉革命の反革命勢力です。

 

 

 

まぁ、いわゆる現状の国家に反対する政治的な一派といった位置づけでしょう。

 

 

イングランドやアイルランドにも、こいういった勢力はありましたが、精力的に強かったのは、なんといってもスコットランドのハイランド地方でした。

 

厳しく荒涼とした、この山岳の地帯で、ジャコバイトは勢力を拡大しつつあるのですが、ヒロイン クレアはタイムスリップし、図らずも、この反政治勢力と関わりをもつことになってしまいます。

 

 

もともと、生きてる時代の違うクレア。

政治的に不安定な状況もあり、どの人と出会っても不審がられます。命の危険を感じつつ、元の世界に戻るべく試行錯誤。

 

そして、彼女は既婚者でありながらも、タイムスリップした過去の世界で、運命の男性と出会います。葛藤しながらも、惹かれあい、そして力強く生き抜くクレアの姿が、この物語では描かれています。

 

 

簡単なあらすじのまとめ

 

 

第二次大戦後まもなく、従軍看護婦だったクレアは、夫フランクとスコットランドのハイランド地方での休暇を楽しんでいた。しかしストーン・サークルを訪れた彼女は、巨石のあいだでつまずき……気がつくと、近くにはキルト姿の男たちとマスケット銃を持った兵士たちが! なんとクレアは、二百年前にタイムスリップしていたのだ。現代と過去の愛と運命に翻弄される、時を旅する女性の物語ここに開幕!

 

Amazonより引用

 

クレアと夫フランクは、結婚したものの蜜月期間は短く、お互い国のために働くため、離れ離れで暮らしていました。クレアは従軍看護婦として、フランクは国の諜報機関に。

 

それでひと段落したので、スコットランドにおとずれ、二人で「そろそろ落ち着きたいね」といった雰囲気で、ハネムーン感覚で旅行をするのですが、この夫フランクとの旅行には、もう一つ目的がありました。

 

 

夫フランクは、自分自身のルーツを調べていました。

 

 

このフランクの行動が、少しずつクレアを不思議な運命に導き、ついにはストーン・サークル(儀式を行う場所)で、タイムスリップしてしまいます。

 

さかのぼった期間は200年。

 

彼女は、うさんくさい服装(当時からすると)で、いかにも怪しい。行く先々で「スパイ」の嫌疑がかけられ、窮地に陥ってしまいます。

 

1 (ハヤカワ文庫NV)”]

 

年下ヒーロー ジェイミーに超胸キュン

 

あちこちで疑いがかけられ、ピンチなヒロイン クレア。

結局は行き着く先は、スコットランドのハイランド地方なのですが、ここでも安心できません。

 

 

 

まぁ、仕方ないですよね。政治的に不安定でもあり、見知らぬ人間が突然登場すれば、不審がるのも当然のこと。

 

 

時代になじめない彼女。ですが、持前のバイタリティと医療の知識を生かして、生き延びていきます。愛する夫の待っている元の世界になんとかして帰りたいと頑張るのですが、周囲は彼女の行動が「スパイ行為」を思わせ、怪しみます。

 

 

その都度、ヒーロー クレアより大分年下のジェイミーが彼女を助けに登場するのですが、このヒーロー、登場シーンはなんとも冴えない君なのです。

 

 

クレアが治療をしたことが二人の出会いのきっかけ。最初の登場は地味~で、「え?この子(失礼)が?ヒーロー?」と思ってしまうくらい。

それよりも夫にクリソツなドS男の方とひょっとしてくっつくのかと、序盤は思えてしまいましたよ。

 

 

ジェイミーはスコットランドのハイランド地方に暮らす若き兵士(農夫)なのですが、彼の暮らす身内の地域では、ちょっと微妙な背景を背負った青年。いかにも裕福な育ちの青年なのですが、訳あり感満載です。

 

 

ジェイミーとクレアが便宜結婚し、彼の身内からの微妙な疑いを排除、彼女のイングランド側からの「スパイ容疑」の「拘束」「逮捕」を回避するのが、このシリーズ第一作目のキモ。

 

 

クレアはイングランド出身なのは、明白。

「怪しい女はイングランド側に引き渡せ!!だって、俺らの国民だろう」という、イングランドの兵士の要求もクレアがジェイミーと結婚し、スコットランド籍になったので手も足もでません。

 

 

 

 

夫を元の世界に残してきているクレアは、罪の意識にさいなまれながらも、生き延びるためにジェイミーとの結婚を選択し、ベッドをともにする自分に少々葛藤しますが、ジェイミーに、どんどん惹かれていきます。

 

 

そして年下ジェイミーは彼女を、命に代えても守る!と言い切り、結婚の誓いを硬く実行するのですが・・・

 

もう、このヒーローの男ぶりの上がりっぷりに、ヨロメキまくり。

超カッコイイにも拘わらず、清廉潔白。年下ながらも、力のかぎり、命を懸けてクレアを守り切ろうと、全力で頑張ります。

 

現代にクレアには、現代に夫がいることもしらず・・・ああ、私もジェイミーのような年下の男の子(もとい男性)に守られたい!!(本音がポロリ)

 

 

この二人、お互いに幸せに暮らしました!で、終わらず、イングランドの兵士、クレアの夫にそっくりな男(夫の祖先)が、二人を引き裂くために、汚い手をつかってきます。

 

 

 

ジェイミーと浅からぬ因縁のあるイングランドの大尉ランダル。

彼の目的はクレア?それとも・・・・。

 

 

 

数年前に映像化され、DVDも発売されてるのですが、クレアとジェイミーが結ばれるシーンはとっても評判が高いです。

とにかく映像がきれい。

 


ただ、ストーリーはというと、やっぱり原作の方が好きですね。原作はジェイミーはクレア一筋ですが、映像では若干クレアと対抗馬の女性の間で揺れる男心が描かれています。

やっぱり、彼にはクレア一筋であってほしい(笑)という願望が・・・

 

 

 

私も見ましたが、ジェイミー役のサム・ヒューアンと、クレア役のカトリーナ・バルフの絡みが、イケメンと美女で超素敵でした。イケメン万歳!

 
ストーリーには暴力的なシーンもありますので、苦手な方はご注意くださいね。

 

 

クレスリー・コール『鏡のなかの魔女』を読んだ感想

クレスリー・コール『鏡のなかの魔女』を読んだ感想

クレスリー・コールの人気シリーズ<ローア>3作目。イケメンライキー(人狼)のボウエンと、若き魔女のエース マリキータのロマンス。

 

ストーリーは前作と同時進行。前作を読んでからのが楽しめますよ。イケてるライキーのボウエンの、マリキータの乙女心を踏みにじる空気読めない一途さ(?)に空いた口がふさがらない作品です。

 

 

 

ローアシリーズって?

 

クレスリー・コールのパラノーマルロマンスシリーズ。明るく、ちょっとライトなノリが人気です。吸血鬼、戦乙女、人狼、魔女が登場人物。人外ですよ。

 

ヒーローは保護欲強い系ですが、どちらかというとヒロインへの態度は「かわいくてかわいくて仕方ない」という感じ。

 

不老不死の彼らのホットなシーンが見どころでゴザイマス。

【1作目】

クレスリー・コール『満月の夜に』を読んだ感想

クレスリー・コール『満月の夜に』を読んだ感想

人狼ライキーの王ラクレインと、戦乙女ヴァルキリーと吸血鬼ヴァンパイアのハーフ娘エマのロマンス。シリアスになりがちなパラノーマルの世界を明るく軽快に描いた作品です...

 

【2作目】

クレスリー・コール『時の扉を開いて』を読んだ感想

クレスリー・コール『時の扉を開いて』を読んだ感想

戦乙女(ヴァルキリー)ケイトリンと一途なヴァンパイアセバスチャン・ロスのロマンス。ロールプレイングゲームを思わせる「宝物捜しゲーム」がロマンスの舞台です。ロシア...

 

感想です

 

2作目時の扉を開いてと同時進行。1作目は読まなくても、2作目を読んでからのが楽しめます。

 

舞台は<ローア>の世界の住人達が繰り広げる宝探しゲーム「タリマンズイ」。女神が主催するこのゲームの優勝商品は”トラ―ネの鍵”。過去に戻れるこの鍵をもとめ、不老不死のツワモノたちが、だましだまされ、ガチンコ勝負を繰り広げます。

 

マリキータはの若きホープと言われる若干23歳の<魔女>。でも実際は、大きすぎる自分の潜在的な力を制御できず失敗ばかり。自分の実力を示すため、宝探しゲーム「タリマンズハイ」に出場しました。

 

一方、<ライキー>(人狼)のボウエン1200歳(!)も訳ありで「タリマンズハイ」に出場しています。なんとしてもトラ―ネの鍵”を手に入れ、過去に戻り死んでしまった「伴侶」マリアを生き返らせたい。

 

ボウエンにとって、マリア亡き後の人生は抜け殻同然。<ライキー>にとって「伴侶」は特別な存在で、一生のうち1人だけしか出会えません。マリアを死なせてしまった原因が自分にあるのではないかと、自らを責め否みます。

 

この2人がタリマンズハイで出会い、ほどなくしてボウエンはマリキータに抗いがたい魅力を感じるのですが、それを決して認めない。きっと<魔女>のマリキータが、自分に恋の魔法をかけたに違いない。なんとも、乙女チックな展開です(笑)

 

こんなに惹かれるの「伴侶」との出会い以来。

 

マリキータに魔法をとけ!と詰め寄るボウエンの姿は、いささか可哀想でもあり、マリキータ視点でみると理不尽。恋の魔法をかけたに違いない、なんて身に覚えのないマリからすればいい迷惑です。

 

マリキータの気持ちはボウエンに向いているのに、いまいち踏み出せないのはボウエンがマリアとマリキータとの間で気持ちが揺れ動いているから。

 

乙女心をよそに、ボウエンはマリアへの罪悪感を消すためにマリキータはマリアの生まれ変わりなのでは?と考え始めます。もうご都合主義ですよね。頭よわいんかな、と思っちゃいます(失礼)

 

 

それからは、お約束の熱烈アプローチ。

 

タリマンズハイで、お互い相手をだまし、陥れていたライバル同士の2人。

 

いい雰囲気にも拘わらずボウエンの失言で台無しに。ああ、正直すぎるって、罪ですね。

 

ボウエンは一途で情熱的なイケメンなのですが、いかんせん口先だけの言葉をいえません。え?いま、それ言っちゃうの?と、驚かされる場面がたびたびです。いいやつだと思うのですが、乙女心わからない残念な奴です。

 

ボウエンの苦しむ(楽しむ)の姿が見どころですね。後半、ボウエンの「伴侶」の謎に迫り、クライマックスへ。

 

果たして、マリキータは「マリア」の生まれ変わりなのか。生涯で1人しか出会えないはずのライキーの「伴侶」が何故2人登場したのか。マリキータは、ボウエンの「伴侶」なのか。最後まで「謎」を、かなり引っぱるので、ホットなシーンの割合低めですが、十分楽しめますよ。

 

 

 

残念ながら『鏡のなかの魔女 』は、中古流通でしか手に入らない本です。古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック...

クレスリー・コール『時の扉を開いて』を読んだ感想

クレスリー・コール『時の扉を開いて』を読んだ感想

戦乙女(ヴァルキリー)ケイトリンと一途なヴァンパイア セバスチャン・ロスのロマンス。

 

 

ロールプレイングゲームを思わせる「宝物捜しゲーム」がロマンスの舞台です。ロシアの辺境で引きこもり生活のセバスチャン・ロスは美しいケイドリンに一目ぼれ。

自分の愛ををケイドリンに捧げる、健気(?)で奥手なセバスチャンの頑張りが熱いストーリーです。

詳細を見る