カテゴリー:パラノーマルの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:パラノーマル

クレスリー・コール『満月の夜に』を読んだ感想

クレスリー・コール『満月の夜に』を読んだ感想

人狼ライキーの王ラクレインと、戦乙女ヴァルキリーと吸血鬼ヴァンパイアのハーフ娘エマのロマンス。

 

シリアスになりがちなパラノーマルの世界を明るく軽快に描いた作品です。2007年度RITA賞受賞作の人気シリーズ。人間以外の生き物の世界<ローア>が舞台。吸血鬼、戦乙女、人狼、魔女など、ファンタジー好きなら、見逃せない設定です。

 

 

ヒーローの独占欲が半端なく、彼の口癖は「おれのもの」。軽いノリで、ホットなロマンスがお好きな方向けの作品です。

 

⇒満月の夜に (ソフトバンク文庫NV)の詳細をみる

 

序盤のあらすじ

 

人間と<ローア>が共存している世界。パリの地中深くの墓所で、ライキーの王ラクレインは、地獄の業火に焼かれていました。

立ったまま鎖に繋がれ、炎に焼かれ続ける。ラクレインは不死の身体。彼の身体を、焼き続ける炎が消えることはありません。

 

ラクレインは、胸に怒りを培い、宿敵バンパイアへの復讐をつぶさに思い描き、屈辱に耐えていました。

 

永遠かと思われる拷問、ふとした瞬間に彼は気づきます。「伴侶」がこの頭上のどこかにいる。ライキーにとって「伴侶」は特別な存在。一千年もの間、ラクレインは自らの伴侶をまちつづけていました。

 

 

いま、この時を逃してしまったら、出会えないかもしれない。

彼は、身体をしばりつけている鎖と、自らの脚さえも引きちぎり、最後の力を振り「伴侶」の匂いを求めて脱出をしました。

 

一方、パリの夜。エマは、自らのルーツを探しにパリにきました。ヴァルキリーの叔母たちに大切に育てられ、外の世界に一人ででるのは初めての経験。父親がヴァンパイアで母親はヴァルキリー。

 

死んだ両親の情報を集めたい。

 

ところが、うまくいきません。
初めての土地で、友達もいないし、頼る人もいない。血も手配できない。
血が欲しい。のどが渇く。

 

叔母たちの反対を押し切ってパリにきたのに、何一つ成し遂げていない自分を情けなく感じます。そんなとき、不気味な男が近づいてくるのが見えました。男は黒いトレンチコートをはためかせ、エマにに向かってきます。

 

震える手でエマをさし怒鳴りました。「お前だ」

 

彼の青色の目には怒りともとれる光が見えます。エマは、身の危険を感じ、全力疾走で逃げ出しました。残念だけれど、もう叔母の元に帰るしかない。

 

その時、獣のような唸り声が響いたかとおもうと、あっという間に、ぬかるんだ地面にあおむけで押し倒されてしまいました。

 

「おれのようなものからは、逃げようとしないことだ」
「おまえは決して逃げられない。われらは嬉々として追うだけだ」

さっきの男が、エマに追いついていたのです。
エマとラクレインと運命の出会いでした。

 

感想です

ヴァルキリーとヴァンパイアのハーフのエマ。ライキー(人狼)の王、ラクレインは、待ちに待ち続けた「伴侶」を目の前にして唖然。

 

「え?お前?」の反応。

 

細くて、か弱いこの娘が自分の運命の相手だとは、とうてい信じられません。
信じられないわりには、強引にエマを連れまわします。ほぼ誘拐?

 

永く隔絶された場所で拷問されていたので、世の中にうまく適応できないラクレイン。自分を拷問にあわせたヴァンパイアの一味だと誤解をしているので、エマに辛くあたります。

 

徐々に、ラクレインはペースを取り戻しつつあるところから、甘い展開に。お約束です(笑)

 

お風呂で丁寧に彼女の身体をあますところなく洗ってあげたり、ご奉仕(?)しようと試みるなど、彼なりに「想い」(いや、欲求か?)を満たすため頑張ってます。

 

ヴァルキリーのエマの叔母たちや、ラクレインの一族のライキーも個性的です。
<ローア>の世界が、明るく、激しく、軽いノリで描かれています。ホットなシーンも充実してますし、好みにあえば、楽しめる一冊だと思いますよ。

人気シリーズなのですが、入手しにくいのが残念ですね。

 

 

残念ながら『満月の夜に 』は、中古流通でしか手に入らない本です。古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック...

 

ナリーニ・シン『冷たい瞳が燃えるとき 』 <サイ=チェンジリングシリーズ2>を読んだ感想

ナリーニ・シン『冷たい瞳が燃えるとき 』 <サイ=チェンジリングシリーズ2>を読んだ感想

 

パラノーマルロマンス サイ=チェンジリングシリーズ2作目。

 

今回はジャガーサイチェンジリングのヴォーンがヒーロー。

群れの中でもひときわ野生的で危険な匂いがする存在のヴォーン。恋人に好みがうるさく、とにかく自由を愛し精神的に依存されるのもまっぴらごめん、といった性格。

 

 

彼が惹かれたのは、莫大な富を生み出す予知の力を持つサイの女性 フェイスです。

 

 

 

全く違うタイプの二人がお互いに惹かれあい、もとい、ヴォーンの強引な求愛で結ばれるロマンスです。

 

 

パラノーマル・ロマンス“超能力者=動物に変身する種族”シリーズ第2弾!
予知能力者フェイスは、その強大な能力ゆえに隔離・監視下で暮らしていた。
そんな彼女を、おそろしい闇のビジョンが襲う。
それは凶暴な殺人者のせいなのか?フェイスが頼れるのは、サイ社会から離脱した女性サッシャだけだ。
だが囚われの世界を飛びだしたフェイスの前に現われたのは、野性に満ちた危険なチェンジリング、ヴォーンだった…
「BOOK」データベースより

 

硬派は、軽々しい恋愛しないけど一目ぼれはアリなのです

第一巻でヒーローだった豹チェンジリングのルーカス。彼をアルファ(群れの中心)とする豹チェンジリング「ダークリバー」の一員ヴォーンが今回のヒーロー。

 

 

色々ないきさつがあり、ヴォーンはジャガーながらも、豹の群れで暮らしています。

群れの中でもジャガーであることを除いても、ちょっぴり異質。

 

 

年頃の娘はヴォーンには色目を使いません(笑)だって、なびく雰囲気じゃないもの。

野性味あふれる彼はアンタッチャブル。

 
一方、ヒロインのフェイスはサイの女性で、「ナイトスター」と呼ばれる予知の能力を持つ集団(クラン)の一員。

 

 

フェイスの能力は、ナイトスターのビジネスの核。彼女の予言はかなりの的中率です。

経済の予測から、発明がヒットするかどうか、など彼女の予知は多岐にわたり、彼女の稼ぎ出す莫大な富はクラン全体へ流れます。

 

 

ところが、そんな特別な女性にも拘わらず、フェイス自身は、山奥の監視のついた施設で暮らしており、他人との接触は全くゼロ。

 

 
予知の能力を持つFサイは謎の存在

 

 

 

まさに飼い殺し状態なのですが、それには理由がありました。予知の能力を持つ者はかなりの確率で、精神崩壊を起こします。彼女の特殊な環境は、フェイス自身を外部から守るため。

 

他人との接触や世間からの刺激を避けながら、彼女は、うっすらと自分の将来を理解しつつつ、ただただ予知を続ける毎日。

 

二人のロマンスは、ヴォーンがフェイスの暮らしている施設を発見したところからスタート。

 

 

ジャガーに変身したヴォーンは、謎の施設に、誰がいるのか気になって仕方ない。野生の勘か?敷地内に忍び込んだ時ヴォーンはフェイスを見つけます。

 

 

腰まで届く真っ赤な髪。暗闇のなかにくっきり浮かびあがるフェイスに目を奪われ、そっと彼女を見つめます。硬派なジャガーも、彼女に一目ぼれ。

 

 

 

 

謎の施設から脱出するフェイスが向かう先は・・・

 

施設から脱出しようとしてるところをヴォーンに目撃されてしまうフェイス。

 

 

どうしてもサッシャ(第1巻のヒロイン)に会いたい。相談したい。

 

 

むごい「闇のヴィジョン」をみるようになったフェイスは、自分の予知が「殺人事件」だと気がつきます。

 

 

もしこの「闇のヴィジョン」に早く気がついていたら・・・・・妹が殺されなくてもすんだかもしれない。

 

 

彼女を悩ませる「闇のヴィジョン」とは?

そして、予知能力(Fサイ)の本来の役割とは?

 

 

フェイスが向かったのは豹チェンジリングのアジト。

そこで待ち受けるのは、彼女に一目ぼれのジャガーチェンジリングのヴォーン。

 

 

「触れ合えば正気を保てない。だから触らないで」と怖がる彼女にヴォーン強引迫ります。

 

 

フェイスはサイの中でも特別な人。

サッシャ(と私)は、ヴォーンの強引な行動にハラハラです。

 

ああ、彼女の正気が保てなかったらどうしよう。

ヴォーン、加減してやって!!

 

 

「こいよ」 「いやよ、やめて」の二人のやり取りがジレジレです(笑)

 

ヴォーンの熱い抱擁とキスが、闇に飲み込まれそうになるフェイスを支えます。

 

 

ロマンス色も強くなりますが、完璧だといわれるサイの世界の綻びが見え始め、いよいよシリーズ全体に、エンジンがかかってきた感じです。

 

 

ナリーニ・シン『黒き狩人と夜空の瞳』 <サイチェンジリングシリーズ1>の感想

ナリーニ・シン『黒き狩人と夜空の瞳』 <サイチェンジリングシリーズ1>の感想

パラノーマルのジャンル 「サイチェンジリングシリーズ」の第一作目。
ロマンスの要素だけでなく、独特の世界観があり、そこに入り込めるかどうか、このシリーズを楽しめるか否かのキモ。

 
 
 

標題の「黒き狩人」は、孤高のヒーロー ルーカス。「夜空の瞳」を持つのは孤独なヒロインのサッシャです。二人のロマンスは、夢での逢瀬がきっかけ。
 
 
 
お互いに惹かれながらも現実は、種族の壁に阻まれ、近づけない。夢の中でだけ許される逢瀬に大胆なサッシャに注目の作品

感情を抹消した超能力者と動物に変身する種族が共存する世界。
特殊能力の証しである夜空の瞳を持つサッシャは、豊かな情感の持ち主だが、必死にそれを隠して生きている。
彼女が共同事業を行なう豹チェンジリングのルーカスは、サイによる連続殺人を止めるべく、サッシャに探りを入れてくる。
敵対する関係ながら、惹かれあう2人。
だが、殺人犯が新たな事件を起こし、情勢は緊迫する。
一触即発の危機に、サッシャは決死の作戦に身を投じる覚悟をするが―人気沸騰のパラノーマル・ロマンスついに登場。

 

「BOOK」データベースより

 

 

記念すべきシリーズ一巻目。表紙でやや損をしてる印象あり

1冊、1ロマンス(ヒーロー×ヒロイン)なのですが、ストーリー自体は次回に引き続いているので、途中の巻数から読み始めるのは厳しいシリーズ。
 
 
 
用語や世界観、登場人物も増えていくので1巻から読むのをお勧めします。
 
 
 
とはいえ、一巻の表紙が、ちょっと損してる印象。
 
 
 
それぞれの巻のヒロインが表紙を飾っているのですが、他の巻の表紙と比べるとやや地味な印象はぬぐえません。表紙で損してるなぁ。
未読の方にはジャケ買いならぬ、表紙買いにはちょっとなりにくいのかな。

 
 
 

シリーズ最初なので、世界観をちょっとだけ説明

 


  • サイチェンジリングシリーズの世界を担う3つの種族
    ①「サイ」(超能力を操る)
  • 高度な知能や能力を使い経済活動や医療の分野などで活躍 感情を一切排除
  • ②「チェンジリング」(動物に変身する能力をもつ)
  • 自然を愛し守る 欲望や感情 ふれあいなどを重要視
  • ③「ヒューマン」(私たちと同じ)人間
  • 文化や芸術の分野で能力を発揮

それぞれが、政治的、経済や文化芸術などで密にかかわっております。

 

「サイ」は優越意識バリバリ。感情をなくす特殊なプログラムを受けているので、いとしい、恋しい、胸が熱くなる、といった感情とは無縁。結婚はしても子供をつくるのは体外受精。なんとも味気ない。
 
 
 
「チェンジリング」はアルファと呼ばれるリーダーを中心に「群れ」を一つ単位として、生活。スキンシップやふれあい、つながりや絆を大切にしている。もちろん、求愛行為は情熱的。

 
 
 

ストーリー進行は、チェンジリング内で発生した連続殺人事件がメイン

チェンジリングの女性の殺人事件の解決に乗り出した豹チェンジリング狼チェンジリング。チェンジリング内の2大派閥が、殺人事件にサイが絡んでいるのでは?とにらみます。

 

 

 

そこで、ヒーロー@黒豹チェンジリングアルファのルーカスはビジネスの名目でサッシャに近づき、彼女からサイの内情や情報を引き出そうと目論むのですが、そうそううまくもいきません。

 
 
 

彼女の母親はサイの世界の中での政治的権力者、評議会メンバー一員で、ビジネスも手掛けるやり手の女性。
そんなやり手母親もつサッシャですが、サイの中でも特別な能力をもつしるし夜空の瞳をもちながらも、目だった能力がありません。いたって普通。母親がエリート故に期待外れ的な存在。

 
 
 

ですが、サッシャには、母親にも秘密にしてることがありました。それはサイには絶対ありえない感情をもっていたのです。
 
 
 
もし、発覚すれば強制的プログラムを受けさせられ、悪くすれば廃人同様サッシャは、自分の秘密を誰にも分らないように、注意深く感情を隠します。

そんな事実を、知る由もないルーカス達。

サッシャに様々な働きかけをするのですが、これが思わぬ方向に進んでいきます。
 
 
 
サッシャとルーカスが、恋におちてしまう!(?)

 
 
 

サッシャは、ルーカス達の推理を否定しつつも、自らも感情を持ち合わせている秘密をかかえ、微妙な状況に置かれます。

喜びだけでなく、憎しみさえも持たないはずのサイが人を殺す理由がない。

殺人事件は、本当にサイが関係してるのか。

感情を持たないサイが、何故、殺人事件に関係しているのか。
 
 
 
サッシャの中では、ルーカスへの想いが高まるのと同時に、殺人事件の真実と、サイ全体への疑惑が渦巻いていきます。感情を持つサイ、サッシャの存在は、一体なんなのか。

 
 
 

個人的な感想ですが、難点があるとすると・・・

 

後半、サッシャが能力を発揮し、情報収集するシーンがなんとも苦痛。

目に見えない精神的なつながりの表現がなんとも抽象的でイメージがしにくい。

そして、ページ数も結構割いてあるので、ここで断念しちゃいたい、と思うくらいです。

 
 
 

シリーズ最初の巻なので、詳細説明が入るのは仕方ないですね。
実際、2冊目、3冊目になると、も少しロマンス要素多めになって用語にもなれて読みやすくなりました。

 
 
 

好みがわかれるシリーズですが、冊数を重ねるごとにムネがドキドキ高まるヒーローにであえるのも特徴です。

 
 
 

SFがお好きな方むきかしら。
とっつきにくそうなヒロインですが、心は超優しいんです。