カテゴリー:サスペンスの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:サスペンス

ジェイン・アン・クレンツ『曇り時々ラテ』を読んだ感想

ジェイン・アン・クレンツ『曇り時々ラテ』を読んだ感想

ケータリング会社のオーナー デズデモーナとIT会社社長のスタークのロマンス。スタークの天才ぶりは変人と紙一重。

 

なんと、結婚直前に婚約者に逃げられること二回。しかも、今回は結婚式当日、直前。

 

デズデモーナは、キャンセルになった彼の結婚式の食事を手配したケータリング会社のオーナー。なんとか、かかった費用をスタークに支払ってもらうよう彼に掛け合うのですが・・・・・

おしゃれ~なシアトルが舞台に繰り広げられるロマンス。役者一族のデズデモーナの親戚ちょっと変わった、いや魅力的な人たち。ひとくせふたくせある登場人物が、殺人事件に巻き込まれ、オタクのスタークが大活躍の一作!

『曇り時々ラテ』を読んだ感想

題名がいかしてますね〰。原作は『TRUST ME』なんですが、おそらく舞台となったアメリカ シアトルがコーヒーで有名なので、ちょっと引っ掛けたのでしょうか。

 

IT企業も多いので、きっとスタークの会社も、そのあたり意識したのかな。なにしろ、変わった登場人物がゾクゾク登場で飽きさせません。

 

スタークはその筆頭。全く空気が読めないのです。よく言えば現実的。さっすがIT起業家。

 

一方で、デズデモーナは役者一族の出身で、なにかとドラマチックな展開に仕立て上げる人たちに慣れ親しんでます。結婚式をドタキャンされたスタークが、その夜、一人きりで過ごすと知り、デズデモーナは「一緒に過ごしましょう」と誘います。

 

スタークからしたら「ん?」

 

「辛い経験した後なのに、一人で過ごすなんて、よくないわ」とデズデモーナが連れていった先は、なんと自分の親戚が出演してる演劇の鑑賞。スタークは、異星人とも思える彼女の親戚たちに囲まれ、戸惑いかくせません。

 

ですが、デズデモーナの温かい気持ちにふれ、彼女なんだか気になる感じに・・・・結婚式ドタキャンされて、傷ついてるはずなのに(笑)、早くも次の人か。

 

 

 

二人が惹かれあうには時間はかかりませんが、デズデモーナは彼の「傷心」につけこむようで、自分の気持ちに逃げ腰。スタークが押せ押せです。でも彼は、何故デズデモーナが逃げ腰なのか理解できない。

 

デズデモーナの下着に手を入れて(!)「だって君のパンティ濡れてるじゃないか!」と直球すぎる発言。

 

「もう、やめて、パンティの話は」とデズデモーナがいえば、「わかったよ、君のパンティが濡れてる話はもうやめるよ」と応酬するスターク⇒「だから、やめてって!(怒)」

 

と、まぁ、お熱くいちゃついてるうちに(笑)、なんとスタークの機密情報の盗難と殺人事件が勃発。容疑者はデズデモーナの義理の兄。二人は、事件の見解を巡って対立するのですが・・・・

 

とにかく、サクッと読めて、それでいていやらしくない。いやいや、上のパンティの話は、面白レベル。後半、デズデモーナの影響か、すこーしだけ、人とのふれあいに慣れ、愛に目覚めるスタークにほっこり。

 

彼は、人並の感情を表現することで、自分が傷つくのを恐れていたんです。お金持ちで、オタクだけど、イケメンでマッチョ。そんな、素敵なヒーローが堪能できるロマンスです。

 

 

こちらはニセおたくの作品です。

ペニー・ジョーダン『穏やかな彼』を読んだ感想

ペニー・ジョーダン『穏やかな彼』を読んだ感想

コンピューターコンサルタント会社経営のジョンと秘書ソフィロマンス。その世界にかけては権威的なジョンに好意をもってるソフィ。好意といっても、恋愛的な感情ではなく、...

 

リサ・マリーライス『天国の港』を読んだ感想

リサ・マリーライス『天国の港』を読んだ感想

英会話学校の校長代理のホープと、イタリア警察組織の本部長フランコのロマンス。

 

舞台はイタリア。リサマリにしては珍しい誰から見てもイケメン・色男が今回の

ヒーローでございます。

 

ヒロインホープは、アメリカでの過去が影を落として警察組織に関わる人間が大嫌い!そんな彼女にひとめぼれしてしまった、フランコが彼女のハートを射止めることができるのか?

 

 

ド定番の「ヒーローの過保護」「HOTなシーン」は勿論健在。ミッドナイトシリーズと比較すると、普通~のロマンス小説(笑)あ、面白かったですよ。

 

リサ・マリーライス『天国の港』を読んだ感想

私の中でですね、ラテン系ヒーローといえば、

この人アントニオ・バンデラス(笑)で時はとまっておりましたが、

今回、めでたく、リサマリの『天国の港』のヒーローフランコがメンバー入りしました。

 

イタリアのモテ男が惚れたのは、絶世のアメリカ美女ホープ。

でも、彼女にはちょっと影があって、どことなく寂しそうなんです。しかも、すっごくきれいなんですが、見た目に構わない。擦り切れた服ばかりきて、その美しい美貌と、ふるいつきたくなる肢体を隠してる・・・

 

が、リサマリのヒーローらしく一目で「ズキュン!」⇒ひとめぼれ⇒俺が守らねば!の流れとなります。

 

えー二人なれそめですが・・・

 

 

ホープの親友がイタリアで英会話学校の校長として就職。でも彼女は不幸にもひき逃げ事故にあってしまいます。せっかくつかんだチャンスを逃したくない!そこで、親友はホープに「イタリアにきて!私の代わりに英会話学校の校長の代わりをして!」とお願いします。

 

親友思いのホープは、つかっていいお金の中から有り金はたいて、イタリアにきて、親友の代わりに校長をつとめるのですが・・・

 

何やら、ホープの周りで奇妙なことが起きてる・・・らしい。

 

「きのせい、きのせい」と自分に言い聞かせてみるものの、だんだんと奇妙なことは続きます。自分がかえってくると、誰もいないはずの部屋に、ちょっと腋臭?(プ)的な臭いのアフターローションの香りがしたり。玄関に腐った魚の死骸がおかれたり。

 

親友は、ホープまわりで起きる出来事から

「これはいよいよ警察に相談すべし!!!」と助言しますが、ホープは重い腰をあげません。親友はイタリアにきてから、知り合った「フランコ」を紹介するよ、彼に力になってもらいなよ、と何度もいうのですが

 

 

「NO!」ホープは警察大嫌い。

 

そうこうするうちに、ヒーローの方がホープをみかけて勝手にひとめぼれ(笑)

そんで、俺が守るぜ!と勝手に決意(笑)、あとは怒涛の展開です。

 

他のリサマリシリーズより、ホットなsceneが多いよとは口コミで知ってましたが、この二人、いっつもいちゃついてるんですよね。もう、あちこちで!

 

ヒロインは、泳ぎも走りも達者。銃の扱いもできちゃって、フランコからしたら「え、なになに?」みたいな展開。

 

俺が守るのに!俺の言いうこと一度でいいから聞いてくれ!

と思い、叫びたいのをグッとこらえながら、

 

「いやいや、彼女はアメリカ女性だから、男に従うべしなんて理屈は無理か・・」なんて惚れた欲目で、強くでれないのも、なんだか可愛いですよ。

 

イケメン様は「NO!」って言われるのに慣れてませんからね(笑

 

アナベル・マレー『記憶のかけら』を読んだ感想

アナベル・マレー『記憶のかけら』を読んだ感想

交通事故で記憶喪失の女性ザーラと有名作家トールのロマンス。

 

記憶喪失のザーラの前に現れたのは、彼女の夫と名乗る男性とザーラの親友となのる女性。しっくりこないけれども、二人を信じるしかない。

 

奇妙な3人での生活は、新天地ではじまります。有名作家の元で、ザーラは秘書として、親友となのる女性は家政婦として、夫は雑用をする使用人として働くことに。

雇用主トールは、ザーラにたいして冷ややかな視線。ザーラの記憶喪失を疑い、どこかぎこちない態度をとります。

 

夫と親友もなんだか怪しくて、新しい雇い主も、思わせぶり。全般的に、薄気味悪い雰囲気がストーリーがすすむので、甘いロマンスがお好きな方は、ご注意ください。

 

⇒記憶のかけら (ハーレクイン文庫)記憶のかけら (ハーレクイン文庫)の詳細をみる

 

『記憶のかけら』を読んだ感想

 

軽くミステリータッチの作品。表紙がいかしていてシビレます。

どうです?すてきじゃありません?背景にイナズマと、白馬です(笑)

 

【登場人物】

  • ・ザーラ・・・ヒロイン 交通事故で記憶喪失
  • ・モーリス・・・ザーラの夫となのる男
  • ・シビル・・・ザーラの親友となのる女
  • ・トール・・・3人の雇い主 有名作家

 

トールの屋敷で繰り広げらる人間模様が見どころです。

 

まず、モーリスとシビルが怪しい。コソコソいちゃついてます。そして、トールは何故か?ザーラの記憶喪失を疑いつつも、モーションを。

 

ザーラは、うっすら屋敷の中でモーリスとシビルがいちゃついてるのを知っていますが、自分は記憶喪失でどうすることもできない状況。それでも、モーリスに操をたてて

トールのモーションをはねのけます。

 

どこか、トールを懐かしいと思いつつ惹かれる気持ちが湧き上がる。記憶のどこかで、何かがもどかしいと感じるけれど、思い出せそうで思い出せない。

 

そんな時、思わぬ人と偶然出会いザーラの封印された記憶が一気に戻ります。恐怖しかない記憶の先に何がまっていたのか。

 

ミステリーという程ではありませんが、先がとにかく気になるストーリー。甘めでないロマンスが読みたい方はぜひどうぞ。

 

リサ・マリー・ライス『愛は弾丸のように』を読んだ感想

リサ・マリー・ライス『愛は弾丸のように』を読んだ感想

翻訳会社経営のニコールと警備会社経営のサムのロマンス。

 

 

通路をはさんだ向かいに会社を構える二人。美しき美女ニコールにメロメロな元SEALのサムが熱烈ウォンチューのお約束の展開。

 

ホットなシーンに定評のあるリサマリらしい作品ですが、今回は他のシリーズと比べるとヤヤ大人しい印象も。(十分、満足しましたけど…笑)

 

 

リサマリ初心者なら、ミッドナイトシリーズよりも、こちらの方をおすすめします。

愛は弾丸のようにの詳細をみる  詳細を見る