カテゴリー:サスペンスの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:サスペンス

マリアンヌ・スティリングス『ミステリーはお好き?』を読んだ感想

マリアンヌ・スティリングス『ミステリーはお好き?』を読んだ感想

地方新聞の編集者ベッツィーと刑事と小説家の兼業してるソルジャーのロマンス。

 

ベストセラー作家のソルジャーの元に毎回とある新聞が届きます。そこには、彼の作品が批評されてるのですが、これがひどいこき下ろし方。

 

 

「くず、ゴミ、カス、廃棄物。手に取る価値無し!」

 

ソルジャーは、この書評を書く女なんて、年増で不細工ババァに違いないと、弟と二人、ババァの似顔絵を描いて、憂さを晴らしていました。(性格わるいな~)

 

この年増女(予想)と偶然にも、とあるセミナーで鉢合わせ。

 

 

なんと!うら若き美しい女性ではないか!しかもソルジャーの好みときた。

これは、面白いことになったと、好奇心が刺激されたソルジャーですが、お相手のベッツィーは、とある問題を抱えていて、ソルジャーの相手どころではありません。

 

長年の刑事の勘で、不細工ババァもとい可愛いベッツィーの問題を解決しようと頑張るのですが・・・・

 

小説家と編集者らしい、ウィットにきいたやり取りと、ちょっとセクシーな展開で、サスペンス要素少な目です。軽いノリで楽しめる作品ですよ。

 

金甌無欠のヒーローって、なんだそれ?

 

ベッツィーは、地方新聞の編集者。ちょっとした書評も書いたりしています。アメリカ北西部犯罪小説セミナー(?)なるセミナーに参加したところ、先日こき下ろした書評のお相手が参加してるのではありませんか??

 

 

あんな、つまんない小説書いてる奴なんて、不細工で見苦しい中年オヤジだと思ってたのに、実際のソルジャーは超セクシー。ああ、あんなこと書いちゃって、恥ずかしい・・

 

もう、二人して犯罪小説セミナーそっちのけで、一目ぼれしちゃってるので、心の中で、お相手を大絶賛。祭りだ、祭りだ(笑)

 

 

セミナーは数日開催されるのですが、セミナー途中でベッツィーが、深刻な問題を抱えてるのを知り、ソルジャーがぜん保護欲ムンムンになります。

 

ベッツィーはストーカーに悩まされていたのです。彼女の犬が、冷蔵庫の中に入れられていたり、不気味なメッセージを受けとったり、とセミナー開催中でも気は休まりません。

 

いったい彼女は何をしてしまったのか。

 

恐ろしさのあまりガクブルのベッツィーですが、まんざら知らぬ仲でもない(酷評したけど)ソルジャーがそばにいてくれて、ちょっと心強くもあります。あんな酷評しちゃってごめんなさい、なーんて、しおらしいセリフをいうような女性でもなく(笑)、ソルジャーの副業の小説に対しては相変わらず辛口です。

 

だいたい金甌無欠ってなんなのさ。(※物事が完全で欠点がないたとえ)

完璧って、言えばいいじゃん。わかりにくいよ、とベッツィーが相変わらず、酷評。

 

それに対して、うまーく、子供をあやすように、言葉を交わすソルジャーは、なかなかユーモアのセンスがある男性です。

 

で、超素敵かっていうと、個人的には微妙なところ。

ベッツィーが、彼のことを物事が金甌無欠な体形で、セクシーで、男らしくて、云々、といってますが、ベッツィーがそう思ってるってことは伝わりましたが、私は特にそう感じず。

 

例えば、男らしいといえば、クルーザーでバカンス中、解放感を味わいたくて真っ裸になっちゃったりするあの人とか、欲望がたかまって自分を抑えるためにレンガをくだいちゃたりするようなあの人とかは、「さっすが、男らしいね。ちがうね」(あ、ひょっとして単なる変わった人?)と感じますが、今回のヒーローに関しては、そう感じませんでした。普通に素敵な人なのかな。

 

 

言葉遊び的なやりとも、いかにも文章を生業としてる人たちって感じ。

軽いノリで、楽しめるロマンス。サスペンス要素は、ややありくらい?ですよ。

 

 

「金甌無欠」(きんおうむけつ)勉強になりました。

 

 

 

サンドラ・ブラウン『コピーフェイス: 消された私』を読んだ感想~NHKテレビドラマ「コピーフェイス」原作~

サンドラ・ブラウン『コピーフェイス: 消された私』を読んだ感想~NHKテレビドラマ「コピーフェイス」原作~

TVリポーターのエイブリー。偶然乗った飛行機が墜落。現場から救出されるも、上院議員候補夫人と取り違えられてしまいます。
怪我と火傷で、声も出せない。全身包帯でまかれ、チューブで繋がれ、身動きがとれない。
夫人の写真を元に、そっくりそのまま整形手術で顔を復元させるらしい。
私は「キャロル」じゃないと、伝えられないまま・・・

 

 

 

序盤のあらすじまとめ

『私でない私』の題名で出版された作品が、今回、『コピーフェイス~消された私』と改題し再販されました。
舞台はテキサス州。上院選への出馬を控えた、とある男性。この男性の妻「キャロル」と、テレビレポーター「エイブリー」は、偶然乗り合わせた飛行機で、墜落事故に遭遇します。

 

 

 

そして、さらに「キャロル」と「エイブリー」はよく似た容貌。
座席も交代していたこともあり、二人は、墜落後の救出で「取り違え」られてしまいます。

 

 

キャロルは「エイブリー」として墓に葬られ、エイブリーは「キャロル」として病院へ搬入。
そして、意識もはっきりせず、声もでないうちに、「キャロル」として顔を復元されてしまいます。
ああ、私は別人なのに。
そして、集中治療室で、謎の訪問者から、耳元でささやきが。「お前の夫を殺す」
どういうこと?

 

 

 

感想です

エイブリーの、長く辛い入院を支える「テート」。彼の献身的な励ましで、エイブリーは全身を襲う痛みと、精神的苦痛をなんとか乗り越えます。

 

 

テートこそが、上院選へ出馬を予定している男性。志高く、ハンサムで、献身的。
そんな男性を夫にしている「キャロル」を誰もが羨みます。エイブリーは、そんなテートに偽の妻だと言い出せません。

 

看病を心ぐるしくおもいながら、テートの献身的な看病支えられ、さらには心惹かれるようになります。
そして、エイブリーは決断します。
彼の命を守るため、犯人をつきとめたい。
スクープ狙いも少々ないとはいえないけれど、それよりも彼の命を守りたい。
別人になりきり、テート家族と顔を合わせるエイブリー。
集中治療室に入れたはずだから、「キャロル」の身近な人間だと睨みます。
どの人も怪しく思えます。

 

 

  • キャロルに冷たいテートの両親。
  • アルコール中毒の義姉と、ちょっと影のある義兄。
  • 奔放なティーンエイジャーの姪。
  • テートの大学の同級生で選挙参謀の友人.
  • 彼を支える支援者と、選挙コンサルの強引な二人。

 

一体、テートを陥れようとしてるのは誰?
周囲から、キャロルの「身持ちの悪さ」をなじられ、批難され傷つく「エイブリー」。それでも、テートに惹かれる気持ちを止められません。
ところが、入院時には優しかったテートですが、夫婦の間には深く暗い溝がすでにありました。

 

 

エイブリーが「キャロル」の顔になり、整形が完成した段階でテートから少しずつ距離を置かれはじめ、切なく感じます。
情緒問題を抱える娘マンディも、気がかりです。
刻、一刻。
犯人は、選挙日に向け、彼を殺す準備を進めている。
予告めいたメッセージが、エイブリーに届きます。

 

 

 

  • 彼女は、犯人をみつけられるか。
  • テートの信頼を勝ち得ることができるのか。
  • そして、彼女自身「エイブリー」に戻れるのか。

 

 

 

サスペンスとロマンスがちょうどいい具合の配分の作品。ああ、さすが原作になるくらいのロマンス本は時代を経てもおもしろい。
充実した時間を過ごせる事請け合いでございますよ。私は一気読みしてしまいました。

 

リンダ・ハワード『一度しか死ねない』を読んだ感想

リンダ・ハワード『一度しか死ねない』を読んだ感想

セクシーなバツイチ刑事カーヒルと、女執事兼ボディーガード セーラのロマンス。

 

セーラに執着する正体不明の男と、彼女の周囲で起きる残虐な殺人事件がメインストーリー。セーラの戸惑いと、そんな彼女を自分のものにしようとするカーヒルの男くささムンムンのロマンスです。

身体自慢の二人。体育会系なホットなシーンに目が釘づけ。彼らが楽しむ、ストリップレスリングとは?!

 

表紙ほどハードボイルドじゃありませんが、サスペンスなので結末が残酷な部分もあります。甘いロマンスを求める方はご注意くださいね。

 

⇒一度しか死ねない (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)の詳細をみる

詳細を見る

リンダ・ハワード『パーティーガール』を読んだ感想

リンダ・ハワード『パーティーガール』を読んだ感想

34歳、独身、彼氏なし、実家暮らし。さえない「負け犬」デイジーが一世一代の決心。
「パーティーガール」(イケてる女)になるお話。

彼女を見守りつつ、(真剣!)婚活を、面白可笑しく邪魔する警察署長のラッソ。マッチョで男くさい人なんてタイプじゃないわ、と思いながらもラッソが気になるデイジー。

 

 

 

婚活にいそしむデイジーが、殺人事件に巻き込まれ二人は身も心も急接近。ほほえましいをとおりこし、笑いを抑えきれないロマンティックコメディ+サスペンス。デイジーの言動に吹き出す!
負け犬デイジーへの共感と、「ラッソかっこいい!」で胸が高まる一作です。これは、ぜひともお読みいただきたい。リンダ・ハワードの疾走感がラブコメで本領発揮。

 

 

 

序盤のあらすじを簡単にまとめました

舞台はアメリカ アラバマ州。34歳の誕生日を迎えたデイジーがヒロイン。
未亡人の母親と叔母と実家暮らし。彼氏なしのオールドミス。自分をさえない負け犬と感じ、意気消沈。

 

 

このまま一生終わりたくない!

 

 

 

デイジーはイケてる女「パーティーガール」になり、彼氏そして将来の夫を探すことを決意します。
そのためには、まずは外見からね。髪型を変え、化粧を覚え、服装をかえる。
そして、クラブへいって男性と知り合う。一人暮らしも実行しよう。
新たな決意を胸に、仕事場へ向かいます。街の図書館館長として働くデイジー。
新たな計画に胸ふくらませていると、どこかから大きな声が消こえました。

 

 

 

「だれかいますか?」図書館で大声をだすなんて!
警察署長のラッソが貸出デスクの向こうに、立っていました。街中の女性を魅了する、マッチョな警察署長。
筋肉鍛えてる人は、基本的にナルシステイックなところがありそう、と心の中で彼を値踏みします。警察署長ラッソの仕事を、事務的にすませようとしますが、彼のふるまいが、気にさわってしかたありません。
行儀がわるい。人を押しのけちゃいけないってわからないの?近づきすぎ。むっとしながら、顔をあげると、彼がじっと見ていました。頬が赤くなるのを感じながら

「じろじろみるのね」
「顔になにか、ついてるかしら、それとも危ない犯罪者にみえます?」

今日はパーティーガールになると決めた新たな日のはじまり。絶対におじけづいたりしない。

 

 

感想です

警察署長ラッソは、元SWAT。もう落ち着くころかな、と思い、アラバマににやってきました。
マッチョなイケメン署長に、街の女性はメロメロです。そんな彼が気になる女性は、図書館館長の(自称)負け犬デイジー。可愛さあまって、イジメちゃうラッソの心の内は、まるで小学生の男の子。ムキになって、対抗するデイジーとのやり取りは必見です。

 

 

 

デイジーの「パーティーガール」作戦の目的は素敵な彼氏を見つけること。ところが、デイジーの行く先に、いちいちラッソが登場します。恋人募集中の噂を街に流したいデイジーからすると邪魔な事この上なし。
「このままじゃ、私とラッソが付き合ってるって町中の噂になっちゃう!」

 

 

このラッソは、デイジーを自分のものにしたい故の行動。そして、危険が及ばないように彼女を見守っていました。
マッチョ好きじゃないといいながらも、彼から抱きしめられるといい気持ち。
このみじゃないけど、好き。いえいえ、(いろいろ)我慢できない。このあたりのから、ラッソ大活躍です。
サスペンスは、オマケみたいな状態ですが、何しろ二人のやり取りが面白い。デイジーの、どこか真面目面白い言動に、ラッソ自身も腹を抱えて大笑いです。彼の彼女を思う気持ちが、読み手につたわり、笑いがこぼれます。
気合をいれるものの、古臭くてどんくさいデイジーを、からかいながらも温かく見守るラッソ。デイジーが、手づくりビスケットをラッソに焼いてあげる場面が大好きです。

 

 

冷凍ですませず、今時手作りビスケットが作れる女性なんて、うれしい誤算ですね。
ビスケットが焼きあがるまでの、ラッソのうれしい気持ちにほのぼのします。
電車の中では、ちょっと読めないラブコメ。一人、にやつき、吹き出すこと請け合いです。