カテゴリー:★★★の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

ペニー・ジョーダン『シルバー』を読んだ感想

女性セブンに掲載された連載漫画『シルバー』の原作。なかなかのボリュームと、ペニージョーダンのヒロインならではのツッコミどころ満載(!)のロマンス。

 

ロマンス小説興味ないって人も、なんなくこの作品は知ってるんでじゃないかなー。なつかしい作品なんで、今回は、あらすじもささーっと。

 

ペニー・ジョーダン『シルバー』を読んだ感想 ネタバレ

まぁ、とにかく長い小説です。1部~4部ありますが、個人的は1部と4部だけでよくない?という感じ。2部と3部は、ヒロイン・ヒーローの生い立ちや背景ががっつりかいてありますよ。

 

つっこみどころ満載の1部の紹介から。

 

 

初恋の人 従兄チャールズから、痛烈な言葉を浴びせられるヒロイン。

 

「ぼくが本当に結婚するとおもっていたのかい、そんな醜くふとったお前なんかと?」

イギリスの名門貴族の血をひく彼女。父親が死んだとたん、チャールズから手のひら返しのをうけます。

 

 

「父親の謎の死が、いとこチャールズと関係してるのでは?」

 

このままでは、彼女は抹殺され、チャールズにすべて乗っ取られる!と、うっすら気がついたヒロイン。愛する父親の謎の死の解明をするために、失恋の心の痛みを抑え込み、悪徳美男子チャールズに立ち向かうことを決意するのですが・・・・

 

いかんせん、彼女、オデブ&ブサなんですよ。母親を亡くした心の穴を過食でうめてしまいましてね~父親の目からみても、「これは、アカンヤロ」という容姿。親の欲目でみても、ブスってロマンス小説では珍しい。

 

 

父親の死を解明するために、別人になりすまそうと決意するヒロインは、「整形」「ダイエット」を極め(まぁ、ここまではいいとして)さらに、「愛の手ほどき」まで極めようとするわけですよ。

 

いつまでもデブでブスなモジモジフランシスじゃ、自分だとバレちゃうから~

 

 

そこで登場するのが、盲目のジェイク。ジェイク側には先立つマネーが必要で、莫大なお金と引き換えに、しぶしぶながら「愛の手ほどき」を学ばせる仕事を引き受けます。

 

憎きチャールズを誘惑するため、なんとか、男が奮い立つような女になりたいとジェイクから指導をされるのですが、実に痛々しい。ペニー・ジョーダンのヒロインにありがちな、浅はかで自己中心的な性格が全面な言動にびっくりしますよ。<でも嫌いじゃない

 

個人的なつっこみどころとしては、

 

・別人になりきるだけなのに愛の手ほどきは本当に必要か?

・手ほどきというわりには、一度で終わり?<え、何が?

・もっと修練しなくてもよいの?⇒『間違いだらけの愛のレッスン』くらいは頑張ろーよ。

・チャールズを誘惑してそのあとどうするつもりよ<ごちそうさん、で終わっちゃうじゃん

 

 

結局、ジェラルディン・フランシスはシルバーという名前にかえ、復讐の足掛かりをつかみ、山荘を後にするのですが、やっぱりジェイクのことが忘れられない・・・・

 

というところで1部、終わり。

 

4部は二人の再開です。チャールズにシルバーとしてちかずき、父親の死の真相をつきとめようと誘惑しつつあるとき、ジェイクと再会!

 

シルバーは、目が見えないジェイクとは、再会してシルバーさえ知らんぷりしていれば、わからないだとうと高をくくっていました。が、なんの、ジェイクの嗅覚はすごくて(!)シルバーをかぎ分けます(笑)

 

 

あーワイルドだわー。愛に一途で、決して目的をあきらめない彼に、よろめいてしまうのは私だけ?でも彼のシルバーに施した愛のレッスンも、ちょっと苦笑ですよ。時代を感じますね~。

 

 

漫画だとジェイクは黒髪やや長髪で、ワイルド系。チャールズは、ウェービーで金髪のスラリとした美男子として描かれていました。素敵ー。

 

すごく懐かしい作品でした~

 

▼▼当時、実家のお姉ちゃんが漫画かしてくれたの覚えてます(笑)愛のレッスン中です。

 

 

 

 

 

 

 

ペニー・ジョーダンのこの作品のヒロインも⇒『信頼ゲーム』 もつっこみどころ満載です。



サンドラ・ブラウン『言いだせなくて』を読んだ感想

牧師館手伝いのジェニーと石油試掘者ケージのロマンス。

 

 

ジェニーは幼いころ、両親をなくしヘンドレン夫妻に引き取られます。夫妻には二人の息子ケージとハルがいるのですが、夫婦は次男のハルを猫かわいがり。牧師という職業もあり、品行方正で優等生な次男を溺愛です。

 

一方、女ったらしでろくでなしのレッテルの長男ケージは鼻つまみもの。ひとかけらの愛情もかけられてません。

 

そんな、兄弟格差があたりまえの家族の中で、ジェニーは少女から大人に成長。夫婦の祝福をうけハルと、めでたく婚約したのですが、結婚を目の前にして、ハルは亡命者の救済のため内戦はげしいモンテネグロにいくと言い出します。

 

危険を承知でいくと言い張るハルに、捨て身でジェニーは「いかないで!」と伝えるのですが、そこにケージがからんで一波乱、いや二波乱?

 

もっぱらロマンス中心で、ハラハラドキドキは全くせず。サクッとよめる作品ですよ。

 

 

星をなくした夜』に登場したアツアツ夫婦のケージとジェニーの物語。『星をなくした夜』よりもこちらを先によむのをお勧めします。

『言い出せなくて』のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

次男ハルは溺愛。長男は鼻つまみ。派手な車を乗り回し、女あそびに余念がない。町でも評判わるいんです。

 

でも、ケージはほんとうはジェニーに片思い中。何年も何年も、ずっと心に秘めてきています。でもヘンドレン夫妻は弟ハルを溺愛してるので、ケージは自分が割り込むすきがない。いつも、モンモンとした思いを抱えています。

 

ハルとジェニーがハッピーエンドなら、ケージもあきらめがついたでしょうが、ハルがどうやら危ない仕事に手を出すらしい。といっても、亡命者救済。

 

道徳心あついヘンドレン夫妻は、ハルの崇高な心意気に「よく決心した、さすがハル」と絶賛。でも、ジェニーとケージは、内心穏やかじゃありません。

 

 

危険を伴う行動に、ケージは弟を案じ、ジェニーは婚約者の身を案じます。やんや、やんやでもりあがるヘンドレン夫婦とハルに「反対だ!危ない!」と、二人は言い出せずじまい。

 

そこで、内線地に旅立つ前夜、ジェニーは一大決心をして、ハルを引き留めようと行動にでます。女の武器ですよ~(笑)いかないで、と彼女は大胆にも迫ります。

 

ところがどっこい、ハルはヘンドレン夫婦のご自慢の、清廉潔白な紳士!

 

 

 

ジェニーに「結婚前はいけないヨ」といって、彼女の差し出す据え膳をいただかず・・ジェニーはハルに拒否され、胸の痛みが張り裂けんほど。

 

 

彼がジェニーの部屋から出て行って、しばらくして部屋に戻ってきてくれた時には、「ああ、考え直してくれたのね」とすべてを投げ出し・・・・てしまうのですが!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、まさかの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・人違い(?)

 

 

泣きくれるジェニーを優しく包み込み、すべてを愛してくれるのはハルではなく彼の兄。という展開の出だしです。

 

 

言い出せないのは「ケージ」。彼女を抱いたといいだせなくて、彼女を愛してるといいだせなくて。弟の婚約者を奪ってしまった自分が許せない。

 

 

まぁ、言い出せないのも無理ないわな~という展開。

 

ヘンドレン夫婦のハルへの執着が気味悪い。毒親ふたりはケージにひどい言葉をなげつけます。そんな様子を何年も目の当たりにしてるジェニー。同情しつつ、彼にひかれていることを自覚し始めるのですが「あの事実」を全くしらず。

 

「ジェニーは、弟になりすまして彼女を抱いたケージを許せるのか!」が見どころの作品です。

 

 

 

古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック…

 

キム・ローレンス『砂漠の青い瞳』を読んだ感想

キム・ローレンス『砂漠の青い瞳』を読んだ感想


イギリスの女子高で教師をしているモリー。実は、彼女の異父兄弟は砂漠の王国ザフラトの皇太子。二人の関係は兄の政治的な立場を考え秘密にしていましたが、ただならぬ親しげな雰囲気に感づいた人が約1人。隣国の王位継承者タイールでした。

 

 

砂漠の暑い風と乾いた空気が二人を熱くさせます。大きく誤解したタイールの過激な行動に驚きの作品。シークなら何をしても許されるのかっ!と若干プンスコ。

 

 

『砂漠の青い瞳』のあらすじと感想(ネタバレ)

砂漠の王国ザフラト。モリーは、初めて会う異父兄弟たちと王室の晩餐会に出席していました。

 

モリーの母は、ザフラトの王と結婚し、二人の王子をもうけた後に離婚。イギリスに移り住み、その後、モリーの父親と再婚をし、モリーが生まれました。

 

 

自分が生まれてから、兄たちとは会っておらず、無視をされてきたと思っているモリー。
彼女の頑なな心を動かし、こうして晩餐会に出席するまでさせたのは、ザフラトの皇太子妃ベアトリスでした。義理の姉にあたるベアトリスは、自分の夫と義理の妹と合わせるべく熱心に彼女に働きかけていました。

 

その苦労のかいあってか、モリーはいつのまにか兄たちに好感をもち、初めてあった兄妹同志、愛情を確認しあっていました。

 

一方、モリーの存在は王室にとっては微妙。離婚をよしとしないアラブの世界では、いつなんどき弱みともなりかねない。彼女が王室関係者だと知っているのは、限られた人だけ。

 

兄タリクとモリーの特別な親密さに気が付いたのは、隣国の王位継承者タイールです。

 

  • 何か、二人の間にあるのか?
  • ひょっとしたら、愛人関係?

 

あんなに美しいベアトリスと結婚しているタイールが浮気なんて、許すことができない。タリクと抱擁するモリーの姿を、遠目でみながらタイールは決心しました。

 

イギリスからきた、あのさえない女に言ってやらねばならない。二人を引き離すのだ!

 

感想

ヒーローが過激な考えの持ち主で危険です。

 

ヒロイン逃げて~

ヒーロータイールは、ベアトリスとタリクに「理想の夫婦」像をみており、それをモリーがぶち壊していると憤っていますが、それこそいらぬお節介。

 

君こそベアトリスに懸想してるのかね?と聞きたいくらいです。確かにベアトリスは素敵な女性ですけれど。

 

兄の迷惑になるからと、モリーはザフラト王室での立ち位置をタイールに教えませんでしたが、いよいよヤバイとなって打ち明けます。

 

そこは無視。信じるわけもありません。一蹴ですよ。一蹴。

 

砂漠の熱で、やられちゃったのか(もりあがっちゃったのか)、二人は愛を交わします。
その後、、ヒーローはようやくモリーが王室関係者と理解した地点で態度は急変。

 

手をつけてしまったので、結婚します!宣言。

 

兄たちとタイールの男同士の話し合いで

 

「やはり二人は結婚でしょう」「名誉を重んじるべし」いやいや、本人の意思は?アラブのプリンスの強引さが素敵なの?・・・か?

 

最後は逆プロポでハッピーエンドでしたが、シークものに慣れない私には、いささか刺激が強すぎた作品でした。小説がAmazonみあたらないので、漫画貼っときます。もう!

 

こちらも危ないヒーローが危ない思想の持主⇒『愛しすぎた結末』