カテゴリー:★★★★の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

チェリー・アデア『七年目の誘惑』を読んだ感想

インテリアデザイナー ジェシーと大富豪ジョシュアのロマンス。

 

実は、二人もうすでに夫婦なんです。でも書類上の夫婦で7年もの長い間、顔をあわせてません(笑)しかも衝撃的なんですが、ジョシュアはジェシーの顔を忘れてます。

 

そんな二人が、再開してジョシュアがジェシーにゾッコンになっていくのですが、ジェシーにはちょっとした目論見があって・・・・

 

という、仮面夫婦のロマンス。ジュシュアは色男なんですが、コミュ障ぎみ?ちょっと、フィフティのヒーローっぽいですよ。<展開が

 

チェリー・アデア『七年目の誘惑』を読んだ感想 ネタバレ

 

ジュシュアは大金持ち。もう大富豪といってもいくらい。まぁ、親族間でいろいろありまして、ある日、「結婚しなければ社長の座は譲らん」とおじさんから脅されるんですわ。

 

「なんとしても、すぐにでも!結婚せねば!」と思い立って、適当にはいった安食堂のウェイトレスをヘッドハンティング。

 

毎月の手当てもだすし!

書類だけでいいし!

だから結婚してくれって、めっちゃ失礼な申し出をウェイトレス「ヴィラ」します。当のヴィラは氷の男「ジョシュア」の、ちょっぴりよろめいちゃって(笑)偽装結婚に同意。

 

いいのか、そんな安易で!

 

で、ふつう、ここからロマンスが始まるでしょ?

 

 

はじまらないんですよ~7年放置。しかも、結婚した相手の名前はヴィラでもないし。ジュシュアは毎月、金を振り込むだけ!

 

でも、ヴィラことジェシーは、彼のお金で貧乏から抜け出せたし、

 

一生懸命勉強をしなおして大学にも進学できたし、

いいだしっぺの、ジョシュアのおじ(?)や弁護士とも知り合って、

 

おじさん二人とも

「なんだ、あのジョシュアのヤロー。こんな気立てのいい娘さんを利用しやがって!」

と味方もふえて、なんだかいい感じになってます。

 

ただ、7年前にであったジョシュアだけが・・・・・彼女を振り向かない。なんか、彼女の中でジョシュアは、ナイトになっちゃってます(笑)金しかふりこんでないのに、恋は盲目ね。

 

で、大人に成長をしたジェシーは、どうしても彼の子供が欲しくなって、弁護士通じて「子供が欲しい」と申し出るのですが、けんもほろろに「病院いって、体外受精すれば?費用は僕がもつからさ」と結構冷徹な返事がかえってきます。

 

 

もうこの段階で、ひでー野郎だな、と思いません?

 

 

それでも、ジェシーはめげずに、ジョシュアのおじ様と弁護士に人肌ぬいでもらって、

「色仕掛け」で再開するわけですよ!

 

排卵日以外にはデートしません!(笑)のジェシーに、翻弄されるジョシュア。

 

どうして、彼女は僕の愛人にならないのか!とモンモンとするのが痛快です。

なるわけないじゃん、妻なんだからさ~。

 

ジョシュアのプレゼントのセレクトも超変だし

プレゼント拒まれて、傷ついてる理由も変だし

 

 

BDSMっぽくはないですが、まぁ、そんな感じのプレゼントだと想像してくださいませ。最期、7年もの間、放置した自分の妻だったとわかる彼のお仕置きが痛快です。

 

 

 

面白いから、コミックスも買ってしまいました。うまくまとまってます!

 

サンドラ・ブラウン『海辺のとまどい』を読んだ感想

心理カウンセラーのシンシアと証券アドバイザーのワースのロマンス。

 

シンシアは交通事故で最愛の夫をなくした未亡人。シングルで幼い息子を育てています。彼女が、まだ30前の若さなのに、新しい恋愛にふみきれないのは性的なふれあいを恐れているから。

 

でも、亡き夫の親友ワースは別!学生時代からしっていて、夫の親友でもあり、自分の親友でもある彼。プレーボーイで奔放な女性関係に「病気が怖いから自粛しなよー」と、小言をいったりする中です。

 

とある週末。ワースは、ガールフレンドからアカプルコの旅行をドタキャンされます。どうしてもバカンスにいきたい彼はチケットを無駄にするのも嫌なので、シンシアを誘って二人で出向くのですが・・・・

 

ちょっとヒーロー、いいすぎじゃないの?というくらいヒロインシンシアにたいして、ひどいことを言いますが、それは長年の友情のたまもの!

 

男女の友情が愛情に変化するロマコメ路線の作品です。

 

『海辺のとまどい』のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

モテモテなワースですが、なにしろ女の好みがうるさい。痩せすぎ、太りすぎ、などなど因縁つけて恋人をとっかえひっかえしてます。

 

でも、唯一、王子様を気取らなくてもいいのがシンシア。自分の亡き親友の奥さんで、親友が大学時代に彼女にコクるところも目撃しちゃってる古い中です。

 

 

軽いノリでアカプルコへの旅行へシンシアを誘いますが、南国で一夜を過ごし関係が一変!親友の妻だったシンシアが、魅力的な女性に見えてしまって、もうたまらんと関係をもってしまいます。そこはシンシアも同罪!

 

 

男女の親友関係が。親友をなくし、恋人を手に入れればいいじゃん、と思いますが、いささかかたくななシンシアはそうも簡単にかず、恨むはワースのことばかり。

 

亡き夫に、亡き親友に「申し訳ない」と罪悪感を持つお決まりの展開だけでは収まりません。

 

どうやら亡き夫は、ワースに「夫婦の性生活が物足りない」とこぼしていたらしいのです。もうシンシアはプンスコ<亡き夫とワースに!

 

なんていうか、うっかりさんなんです<ワース

 

お互い「南の国での出来事は忘れましょ!」とはいいうものの、そうもいかず二人はモヤモヤするばかり。

 

「所詮、一夜の情事」「単なる肉体的性交!」とは言葉でいうものの、そうでないのは二人とも承知なんですよ。だからこそ、相手が「熱い一夜」を軽々しく扱うのが許せない。

 

 

「俺ってモテるからさ~、今からドラックストアにいって買ってこないとな~」とかモテるアピールするワースが小学生の男子なみ!ボンボンで人がいいので許してやってください(笑)

 

 

シンシアは、「茹で窯でワースをゆでてやりたい」「ワースの頭の毛を全部むしってやりたい」とかいって怒ってましたよ。

 

 

 

 

 

古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック…

サンドラ・ブラウン『真夏のデイドリーム』を読んだ感想

国防省勤務のカレンと(自称)農夫のデレクのロマンス。

 

二人の出会いはジャマイカのビーチ。離婚して傷心のカレンが、おもいきって出向いた南国ビーチで二人は出合います。

 

初対面は、カレンのトップレス姿!

 

ハンサムすぎるデレクに、町の女性はもうメロメロです。どうやら二人が宿泊しているバンガローは隣同士らしい。そしてデレクはカレンを求めることを隠そうともしない・・・・

 

甘い甘いラブロマンス+シンデレラストーリー。本のあらすじ紹介にFBIとありますが、ノーサスペンスの作品です。

 

『真夏のデイドリーム』のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

 

またもやイケメンすぎて怖いヒーローが主人公。トップレス姿のカレンに一目ぼれ。彼は自称農夫といってますが、と、ある国のシーク(プリンス)なんです。

 

いわゆる兼業シーク?

 

 

いたってアメリカンな彼の仮面の下に、高貴で品のあるしぐさや態度が垣間見れて、カレンも微妙に怪しいって感じてます。でも、離婚の傷心をかかえている彼女は「甘い情事に身を焦がしたっていいでしょ!」と、ほんのつかの間の愛に酔いしれます。

 

 

といっても、カレンもデレクに飛びついたわけではありません。ほほを染めつつ、恥じらいながら、自分の道徳のラインを思い切って超える姿が初々しい。<とデレクが感じてる

 

 

元旦那は、浮気のあげくカレンの元をさっていってるので、カレンからしたら男性が自分から立ち去るというシチュエーションが耐え難い。そこで彼女がとった行動は

 

・ジャマイカでデレクを置き去り

 

 

バケーションを途中で切り上げて、さっさとアメリカにかえってきちゃいます。さよなら言われるのはつらいから、言う側にまわるの・・・という、ちょっと自己中な理論もご愛敬!

 

 

普通にお勤めに戻り、手堅い人生になるかと思いきや、上司に呼び出され・・・デレクとの情事をとられた写真を見せつけられます。

 

 

「どうなっとるんだ?君には失望したよ・・・・」と上司からきついお叱り。カレンは何がなんだかわからない。二人とも開放的になってるので、南国プライベートビーチのアチコチでしちゃってるので、パパラッチにとられちゃったんです。

 

 

 

国防省に努めてるカレンは、プリンスにアメリカに不利になる情報ながしたんじゃないかと疑われてFBIが登場です。←FBIはここしかでてきてません!(笑)

 

 

デレクの身分がわかってから、カレンへの求愛はかなり強引。さらに甘い言葉で彼女を求めるのですが、そこはかとなくデレクにM臭がするのは私だけでしょうか・・・

 

 

これが、サンドラ・ブラウンのヒーローの魅力なのか、と考えさせられた作品です。そんな詳細にかかれていないんですが、会話の展開やデレクのしぐさが、どっかエロいセクシーなんですよ・・・考えすぎ?結構お気に入りの一冊です!

 

 

古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック…