カテゴリー:★★★★の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

アニー・バロウズ『伯爵の花嫁候補』を読んだ感想

アニー・バロウズ『伯爵の花嫁候補』を読んだ感想

放蕩伯爵デベン卿と、学者の娘ヘンリエッタのロマンス。

 

デベン卿は、悪名高き放蕩伯爵。そろそろ世継ぎをもうけねば、といやいやお相手さがしのためパーティーに参加します。

 

今までの、彼のお相手はもっぱら「人妻」ばかり。そうなるとパーティーの花嫁候補の娘たちが「青臭ーく」感じるのです。誰もかれもが身分の高いデベン卿の嫁になりたくて「ワタクシモ、ワタクシモ」攻撃。

 

女嫌いに拍車がかかる!

 

そんな中、いかにも地味で田舎臭いヘンリエッタと出会い、彼の女性観が少しずつ変わっていくのが見どころの作品デス。

 

『伯爵の花嫁候補』のあらすじと感想(ネタバレ)

 

デベン卿、かなり妄想はいってます。えっとペニー・ジョーダンの『愛してはいけない人』のヒロインも、ものすごい妄想っぷりだったんですが、こちらも負けていませんよ!

 

 

デベン卿は放蕩者として悪名名高いのですが、実は根深い女嫌い。人妻専門キラーです。実は、彼の母親が身持ちが悪くて、彼の父親以外にも何人とも関係していて、デベン卿の下の弟妹は父親がちがうんですよ。

 

 

家族のあたたかさ、とか母親らしさ、なんて全然感じたことない人です。

 

 

当然、自分の役割(爵位の継承)として「子供を設ける」ことは必須なのですが、どうにもこうにも乗り気じゃない。だって、そもそも自分の子供かどうかわからないわけでしょう?<女性全般うたがってかかってるデベン理論

 

 

まぁ、いろいろあって地味なヘンリエッタと知り合い

「あれ?これくらい律儀で正義感の強い子なら、ひょっとして浮気しないかも?」と一筋の望みをかけるわけです。

 

 

そこからの妄想っぷりがスゴイ。。

 

以下、デベン卿の「ヘンリエッタと結婚するためのTO DOリスト」

  • ・彼女の出席するパーティ―におしかける(招待されてもないのに、とヘンリエッタからも突っ込み)
  • ・彼女に強引に迫る(愛のテクニックはオマカセあれ<人妻をメロメロにさせてるから間違いない!と思ってる)
  • ・彼女の純潔を無理やり奪う!(処女じゃなくなれば、自分と結婚せざるをえないはず。<犯罪じゃん!と誰か教えてやって)
  • ・結婚後は、ヘンリエッタは貞淑な妻になるはず。ハッピーエンド。<え?自分だけハッピーエンド?

 

と、まぁ、よくわからん計画をたてて、ちょっとモンヤリ白昼夢。しあわせ~みたいに(笑)

 

ヘンリエッタもかなかか勝気で笑えますが、やっぱりデベン卿ですね。ちょっと変人?ヒーローに失笑な作品。ま、まぁ、いろんなジャンルのイケメンを楽しむのは面白いです。

 

ロビン・ケイ『大富豪と結婚しない理由』を読んだ感想

ロビン・ケイ『大富豪と結婚しない理由』を読んだ感想

企業再生のプロのロザリーと、自働車販売店オーナーの大富豪ニックのロマンス。二人は、雪の日の高速道路で出会います。ロザリーは、愛車フォルクスワーゲンがパンクしてしまい立往生。苛立ちのあまり、愛車へ激しい蹴りをいれる怒りぶり。

 

そんな荒ぶるロザリーを目撃したのはニック@大富豪。「自分の正体」を隠し、ちょっと面白そうなロザリーをデートに誘います。

 

何から何まで、期待を裏切る豪快な彼女に、ニックはもう夢中!段々と惹かれるにつれ、自分の正体を隠してる自分がつらくなっていき…

 

 

イタリア系アメリカ人カップルのラブコメディ。コンテンポラリー作品らしい軽快さと、ライトなノリで読み終わりハッピーな読書感。女の幸せが、ぎゅっとつまったニックのヒーロー像に、ロザリーでなくても心動かされる作品です。

 

『大富豪と結婚しない理由』の感想とあらずじ(ネタバレ)

えー、ヒロイン設定が斬新です。

 


結婚願望ゼロ。
汚部屋の住人。

 

「朝、カーテンをあけなければ、夜にしめなくてすむじゃん。ナイスアイディア!」

 

 

そんなヒロインなので、母親がガミガミ小言をくりだしてきます。おおよそ家庭的といえない彼女ですが、経済的には自立していてバリバリ仕事してます。企業再生のプロですよ。エリート臭しますね!

 

 

彼女の恋愛観は

  • 女性にとって、分が悪い結婚なんて、するわけないでしょ。
  • どうせ、新しい女に鞍替えされちゃうんだし。
  • キャリアを棒にふって、家庭にはいるなんて、考えられない。

結婚願望ゼロ、そして汚部屋住人ロザリーは、なんとも素敵な男性と出会ってしまいます。

 

 

高速道路で立往生しているロザリーを助けてくれ、車もけん引してくれた!しかもデートまで誘ってきた(笑)

 

 

 

普通の女性なら、ニックにメロメロなはずなんですが…まぁ、なんてことでしょう!

あまりのハンサムすぎる笑顔に、ロザリーは心の中で「このイタチ野郎」と唱えます。

 

 

ニックはロザリーを、面白そうな「いかれ女」と心の中で唱えているのですが、知らぬは本人ばかりなり。

 

 

まぁ、なんだかんだいっても「いかれ女」と「イタチ野郎」は、お互いああ素敵だなと思ってるわけですよ(笑)

 

 

一番ピッタリきたのはお互いの考え方。結婚なし、将来の約束なし。あとくされなしの恋人関係。

 

 

ロザリーの恋愛観にニックはびっくり!!なんといっても花婿候ナンバーワン扱いだったので、教会につれていかれるのにいつもびくびく。結婚のケの字を感じたら、即お別れしてきた歴代彼女たちとは全然違う!

 

 

なんとも居心地が良さそうだ、と内心シメシメ。

 

ところが、ロザリーの「いかれ具合」は、ニックの枠を超えていて、驚くばかり。

 

  • ・ベッドの中以外では、べたべたしたくない→スポーツ観戦のときに野次が跳ばせない
  • ・ニックには、さっさと帰ってほしい。→ゆっくり休みたい
  • ・電話は私からするからニックしないで!

 

 

一方、ロザリーは付き合いが早いうちからニックが大富豪だと知ってしまいます。でも、結婚するわけじゃないから、別にいいよ。お互いの約束守ってるうちは、と思うのは前半のみ!

 

情熱的な二人のロマンスは、序盤からアツアツ。見どころは、ロザリーの豪快な言動と、ニックの保父さん的な行動!掃除・洗濯してくれて、干しっぱなしのブラジャーまで畳んでくれるんですよ!

 

 

二人の生活のリズムが合うようになったころ、後半、心の距離が浮き彫りになっていきます。

 

ニックは自分の正体を黙っていること。ロザリーは、彼が正体を打ち明けてくれないこと。果たして豪快なロザリーの恋愛観と結婚観はどうなるのか?

 

 

軽いノリで楽しめて、ハッピーな読書感の作品です。

 

 

 

ナリーニ・シン『サイチェンジリングシリーズ』の情報まとめ

シェイプシフターの大人気ロマンスシリーズ。ナリーニ・シンの代表シリーズ「サイ=チェンジリング」の情報をまとめました。新刊を読むときに再読する方の順番の参考に!

 

ナリーニ・シンの新刊『冬の盾と陽光の乙女

〈サイ=チェンジリング〉シリーズ第13弾!

 

Amazonより紹介文です。

パラノーマル・ロマンス〈超能力者(サイ)=動物に変身できる種族(チェンジリング)〉シリーズ第13弾!

〈アロー部隊〉に所属する瞬テレポーター間移動者のヴァシックは、暗殺者としての過酷な任務を果たすなか、いつしか死の安らぎを望むようになっていた。そんな彼に、実験のため集められた共エンパス感能力者たちの護衛という新たな任務が与えられる。ヴァシックが担当することになったアイビーは、能力の高まりのせいで再度の条件づけを経験しながらも自我を保ってみせた強い女性だった。その輝きに触れて、彼の凍てついた心は溶け始める。

 

うーん。ツッコミどころがない。まじめ~な感じが伝わってきます。

扶桑社ロマンス通信様の作品紹介では、ヒーローの「強もてのくせしてなんなんですかこの中学生男子みたいなうぶな可愛さ」だそうです。ウブいのか~。

 

 

 

 

サイチェンジリングシリーズを初めての方へ

 

 

シェイプシフター&パラノーマルロマンスの長編シリーズ。まだ未読の方へちょっとだけ紹介します。

 

サイチェンジリングの世界を担うのは3つの種族

 

  • 「サイ」(超能力を操る)
  • 「チェンジリング」(動物に変身する能力をもつ)
  • 「ヒューマン」(私たちと同じ)人間

 

それぞれが、政治・経済・芸術などの分野で活躍しています。求愛や文化様式もそれぞれちがっていて、お互いにけん制しつつも共存してる世界。

 

なので、種族を超えた愛っていうのは基本タブー。同族同士であっても種族が違ったりするとまたもやハードル高し!

 

 

分かり合えない壁を乗り越え、二人の愛が深まっていくのがシリーズの見どころでなのですよヨ。サイ同士のロマンスだと高ぶりすぎて、地割れがおきたり(笑)することも。スケールがでかいですな。

 

「サイチェンジリングシリーズ」こーんな人にお勧め

  • SF的な世界観がスキ
  • もちろんホットなシーンもあってほしい
  • 多少の細かい描写はイメージで補える

 

とにかく、世界観になじむまでが厳しい。これはサイチェンジリングだけでなく、SFってそうじゃないですか。前提条件みたいなのがあってこそ、面白さが増すというもの。

 

 

なので、正直あわないと思う人は1話目でダメだと思います。だんだんロマンス色が強くなって、4作目5作目あたりからは、グッといい感じになっていくんですけどね。

 

ハーレクインロマンス・ハーレクインコミックスのような

  • ・難しい漢字や描写が少なく、
  • ・2時間程度のサクッとしたトキメキ路線

とは違うのでご注意を。

 

 

1話、1ロマンス。でもストーリーは時系列に進行していくので、順番道理に読むことをお勧めします。

 

あ、あと全部電子書籍化されてるのもうれしいですね!私はセールのときに買いました!

コンスタントに新作が翻訳されていくのもうれしいシリーズです。

 

1作目『 黒き狩人と夜空の瞳 』

 

2作目『 “冷たい瞳が燃えるとき 』

 

 

3作目『氷の戦士と美しき狼』

 

 

4作目『気高き豹と炎の天使』

 

 

5作目『封印の獣と偽りの氷姫 』

 

 

6作目『燃える刻印を押されて』

 

 

7作目『遠き記憶が輝くとき』

 

8作目『裁きの剣と氷獄の乙女』

 

9作目『藍色の瞳の女神と戯れて 』

 

10作目『雪の狼と紅蓮の宝玉』

 

 

 

11作目『金眼の黒狼と月下の戦姫』

 

 

12作目『黒曜石の心と真夜中の瞳』

 

 

 

ナリーニ・シンの公式ホームページです⇒http://nalinisingh.blogspot.jp/

英語を身に着けたいと思う今日この頃。情報量がちがいますもんね。