カテゴリー:★★★★の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

ナリーニ・シン『サイチェンジリングシリーズ』の情報まとめ

シェイプシフターの大人気ロマンスシリーズ。ナリーニ・シンの代表シリーズ「サイ=チェンジリング」の情報をまとめました。新刊を読むときに再読する方の順番の参考に!

 

ナリーニ・シンの新刊『冬の盾と陽光の乙女

〈サイ=チェンジリング〉シリーズ第13弾!

 

Amazonより紹介文です。

パラノーマル・ロマンス〈超能力者(サイ)=動物に変身できる種族(チェンジリング)〉シリーズ第13弾!

〈アロー部隊〉に所属する瞬テレポーター間移動者のヴァシックは、暗殺者としての過酷な任務を果たすなか、いつしか死の安らぎを望むようになっていた。そんな彼に、実験のため集められた共エンパス感能力者たちの護衛という新たな任務が与えられる。ヴァシックが担当することになったアイビーは、能力の高まりのせいで再度の条件づけを経験しながらも自我を保ってみせた強い女性だった。その輝きに触れて、彼の凍てついた心は溶け始める。

 

うーん。ツッコミどころがない。まじめ~な感じが伝わってきます。

扶桑社ロマンス通信様の作品紹介では、ヒーローの「強もてのくせしてなんなんですかこの中学生男子みたいなうぶな可愛さ」だそうです。ウブいのか~。

 

 

 

 

サイチェンジリングシリーズを初めての方へ

 

 

シェイプシフター&パラノーマルロマンスの長編シリーズ。まだ未読の方へちょっとだけ紹介します。

 

サイチェンジリングの世界を担うのは3つの種族

 

  • 「サイ」(超能力を操る)
  • 「チェンジリング」(動物に変身する能力をもつ)
  • 「ヒューマン」(私たちと同じ)人間

 

それぞれが、政治・経済・芸術などの分野で活躍しています。求愛や文化様式もそれぞれちがっていて、お互いにけん制しつつも共存してる世界。

 

なので、種族を超えた愛っていうのは基本タブー。同族同士であっても種族が違ったりするとまたもやハードル高し!

 

 

分かり合えない壁を乗り越え、二人の愛が深まっていくのがシリーズの見どころでなのですよヨ。サイ同士のロマンスだと高ぶりすぎて、地割れがおきたり(笑)することも。スケールがでかいですな。

 

「サイチェンジリングシリーズ」こーんな人にお勧め

  • SF的な世界観がスキ
  • もちろんホットなシーンもあってほしい
  • 多少の細かい描写はイメージで補える

 

とにかく、世界観になじむまでが厳しい。これはサイチェンジリングだけでなく、SFってそうじゃないですか。前提条件みたいなのがあってこそ、面白さが増すというもの。

 

 

なので、正直あわないと思う人は1話目でダメだと思います。だんだんロマンス色が強くなって、4作目5作目あたりからは、グッといい感じになっていくんですけどね。

 

ハーレクインロマンス・ハーレクインコミックスのような

  • ・難しい漢字や描写が少なく、
  • ・2時間程度のサクッとしたトキメキ路線

とは違うのでご注意を。

 

 

1話、1ロマンス。でもストーリーは時系列に進行していくので、順番道理に読むことをお勧めします。

 

あ、あと全部電子書籍化されてるのもうれしいですね!私はセールのときに買いました!

コンスタントに新作が翻訳されていくのもうれしいシリーズです。

 

1作目『 黒き狩人と夜空の瞳 』

 

2作目『 “冷たい瞳が燃えるとき 』

 

 

3作目『氷の戦士と美しき狼』

 

 

4作目『気高き豹と炎の天使』

 

 

5作目『封印の獣と偽りの氷姫 』

 

 

6作目『燃える刻印を押されて』

 

 

7作目『遠き記憶が輝くとき』

 

8作目『裁きの剣と氷獄の乙女』

 

9作目『藍色の瞳の女神と戯れて 』

 

10作目『雪の狼と紅蓮の宝玉』

 

 

 

11作目『金眼の黒狼と月下の戦姫』

 

 

12作目『黒曜石の心と真夜中の瞳』

 

 

 

ナリーニ・シンの公式ホームページです⇒http://nalinisingh.blogspot.jp/

英語を身に着けたいと思う今日この頃。情報量がちがいますもんね。

シャーロット・フェザーストーン『七夜の契り』を読んだ感想

シャーロット・フェザーストーン『七夜の契り』を読んだ感想

レイバーン侯爵ジェイスと令嬢ブロッサム(画家)のロマンス。

 

 

放蕩者と呼ばれるジェイス。彼には長年片思い中がいるのですが、彼女はすでに「弟の婚約者」。いよいよ二人が結婚する時期が近付いてきたので、ジェイスは傷心のため家にいられません(笑)意外に繊細!

 

 

ハートブレイクな彼が領地を転々としていたところに、なんと婚約破棄の連絡が!!何事かと駆け付けてみると、弟はどうやら別の女と駆け落ちしたらしい。

 

 

これはチャンスとばかりに、ジェイスは張り切るのですが、なかなかうまく行かないことばかり。

 

 

彼の前に立ちはだかる障害は、放蕩者のレッテルだけじゃなかったんです!「宵闇の鳥のささやき」の続編、といえば誰がでてくるかはお分かりですね。

 

 

もし先に読まれてないのなら、「宵闇の鳥のささやき」を先に読むのをおすすめします。

 

『七夜の契り』を読んだ感想(前作のネタバレあり)

 

ジェイスの恋の障害は、マシューパパ。ブロッサムは、「宵闇の鳥のささやき」のヒーロー マシューと、ヒロイン ジェインの娘なんです。

 

もうブラックホール級の心の闇をもってるマシューですから、なかなかジェイスに対しても辛辣です。

 

前作で、マシューとジェインは結婚せず「ラマン」の関係で終了しましたが、こちらの続編ではめでたく結婚後の姿が描かれています。。マシューの父親の公爵様がなくなり、その後、爵位を引き継ぐのと同時に、ジェインと正式に結婚したと推測。(多分)

 

 

もう、それはそれは熱烈な二人の間に生まれた「ブロッサム」ですから!父親のマシューも、母親のジェインも彼女の婿取りには力はいってます。

 

 

ブロッサムの元々の婚約者というのがですね、マシューとジェインと旧知の仲だった夫婦の息子さん。長男のジェイスは、ちょっと評判わるくて、次男の方が芸術家肌のイケメン。

 

 

まぁ、両親としては兄弟の「無難な方」をブロッサムと婚約させたのですが、こいつがですね、別の女性と駆け落ちしちゃうんですよ。しかもブロッサムに「婚約破棄してもいいかな?(いいとも!)」みたいな感じで。

 

 

ブロッサム自身も、熱い恋愛や情熱を体験したいっていう気持ちがあって、どうもこの弟ちゃんには、親愛は感じても情熱はかんじず、ということで、めでたく円満、婚約破棄と相成ります。

 

 

本当は、ブロッサムは、少女時代からジェイスに恋心を抱いていたんですが、彼が「放蕩もの(女たらし)」という評判をきいて、ちょっとビビってます。あー、だまされなくてよかった、ってどこかで思ってますが、婚約破棄した後、気になるのは何故か、ジェイスのことばかり。

 

 

もう、二人は長年、両思い!いいじゃん、くっついちゃえよ(笑)と思うのは、読者だけで、マシューは猛反対です。

 

 

何故なら、自分のことは棚に上げて!「娘の婿には誠実であってほしい」のです。心当たりがあるからこそ、放蕩ものは、許すまじ!御しやすい婿のが好ましい。

 

 

こんな、マシューにジェイスは真っ向勝負を挑みながらも、影でブロッサムとイチャイチャ(笑)

 

 

まぁ、「宵闇の鳥のささやき」が暗かったので、みんな幸せになっていて、本当にいい感じのロマンスでしたよ。

 

 

ジェイン・アン・クレンツ『曇り時々ラテ』を読んだ感想

ジェイン・アン・クレンツ『曇り時々ラテ』を読んだ感想

ケータリング会社のオーナー デズデモーナとIT会社社長のスタークのロマンス。スタークの天才ぶりは変人と紙一重。

 

なんと、結婚直前に婚約者に逃げられること二回。しかも、今回は結婚式当日、直前。

 

デズデモーナは、キャンセルになった彼の結婚式の食事を手配したケータリング会社のオーナー。なんとか、かかった費用をスタークに支払ってもらうよう彼に掛け合うのですが・・・・・

おしゃれ~なシアトルが舞台に繰り広げられるロマンス。役者一族のデズデモーナの親戚ちょっと変わった、いや魅力的な人たち。ひとくせふたくせある登場人物が、殺人事件に巻き込まれ、オタクのスタークが大活躍の一作!

『曇り時々ラテ』を読んだ感想

題名がいかしてますね〰。原作は『TRUST ME』なんですが、おそらく舞台となったアメリカ シアトルがコーヒーで有名なので、ちょっと引っ掛けたのでしょうか。

 

IT企業も多いので、きっとスタークの会社も、そのあたり意識したのかな。なにしろ、変わった登場人物がゾクゾク登場で飽きさせません。

 

スタークはその筆頭。全く空気が読めないのです。よく言えば現実的。さっすがIT起業家。

 

一方で、デズデモーナは役者一族の出身で、なにかとドラマチックな展開に仕立て上げる人たちに慣れ親しんでます。結婚式をドタキャンされたスタークが、その夜、一人きりで過ごすと知り、デズデモーナは「一緒に過ごしましょう」と誘います。

 

スタークからしたら「ん?」

 

「辛い経験した後なのに、一人で過ごすなんて、よくないわ」とデズデモーナが連れていった先は、なんと自分の親戚が出演してる演劇の鑑賞。スタークは、異星人とも思える彼女の親戚たちに囲まれ、戸惑いかくせません。

 

ですが、デズデモーナの温かい気持ちにふれ、彼女なんだか気になる感じに・・・・結婚式ドタキャンされて、傷ついてるはずなのに(笑)、早くも次の人か。

 

 

 

二人が惹かれあうには時間はかかりませんが、デズデモーナは彼の「傷心」につけこむようで、自分の気持ちに逃げ腰。スタークが押せ押せです。でも彼は、何故デズデモーナが逃げ腰なのか理解できない。

 

 

まぁ、お熱くいちゃついてるうちに(笑)、なんとスタークの機密情報の盗難と殺人事件が勃発。容疑者はデズデモーナの義理の兄。二人は、事件の見解を巡って対立するのですが・・・・

 

とにかく、サクッと読めて、それでいていやらしくない。いやいや、上のパンティの話は、面白レベル。後半、デズデモーナの影響か、すこーしだけ、人とのふれあいに慣れ、愛に目覚めるスタークにほっこり。

 

彼は、人並の感情を表現することで、自分が傷つくのを恐れていたんです。お金持ちで、オタクだけど、イケメンでマッチョ。そんな、素敵なヒーローが堪能できるロマンスです。

 

 

こちらはニセおたくの作品です。

ペニー・ジョーダン『穏やかな彼』を読んだ感想

ペニー・ジョーダン『穏やかな彼』を読んだ感想

コンピューターコンサルタント会社経営のジョンと秘書ソフィロマンス。その世界にかけては権威的なジョンに好意をもってるソフィ。好意といっても、恋愛的な感情ではなく、...