カテゴリー:★★★★★の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:★★★★★

エリザベス・ホイト『あなたという仮面の下は』を読んだ感想

エリザベス・ホイト『あなたという仮面の下は』を読んだ感想

プリンス三部作の1作目。スウォーティンガム伯爵と未亡人アンナのロマンス。

妻・夫に先立たれている二人の大人ロマンス。

 

天然痘の後が顔に残るスウォーティンガム伯爵は、癇癪もち。その短気さ故に、どんな秘書をやとっても長続きしません。びびってみんなやめてしまいます。

 

 

伯爵の家令は秘書探しの翻弄。そこで未亡人アンナに秘書を依頼します。もちろん伯爵には「女性秘書」とは内緒にして!

 

夫に先立たれ貧窮しているアンナは、義母と自分とメイドを養うために働きにでることを決心。やっとこさ見つけた働き口で、家計の立て直しを図ろうと奮闘するのですが・・・・

 

気の短い伯爵と、秘書アンナは意外にも、気があってしまって、好意を抱くように・・・

というのは、本の裏表紙にかいてあるあらすじ!でも、本当にこの本の素敵さっていうのは、この部分だけではなかなか伝わらないんですよ。

 

まだ未読で、もうちょっと、あらすじ知りたい方はネタバレ覚悟で、この先の記事読み進めてくださいネ。

 

『あなたという仮面の下は』のあらすじ(ネタバレ)と感想

 

えーーーーーー。いつもはザクっとネタバレしちゃうのですが。でもこの本に限ってはばらしていいのか、迷いました。

 

私自身が、もうちょっと、あらすじしっていたら「積本」から優先順位あげて読んでいたので。やっぱネタバレしちゃいます。

 

 

スウォーティンガム伯爵は、クセのある性格。短気で癇癪もち。幼いころに患った天然痘で、顔や体に醜いあとがのこっています。かつてのなくなった妻も、彼の天然痘の後をきらっていました。そんなこともあって、容姿に関してはコンプレックスの塊。天然痘は不治の病だと思われていた時代が時代なので、仕方ないのかもしれません。

 

 

もちろん女性にたいしても、うまいことやれません。でも秘書のアンナは別。彼にものおじせず、熱い農業オタク的な会話にも耳をじっくり傾けてくれます。最初は「女性秘書なんて!」と思っていたのですが、なんでもソツなくこなす地味目のアンナに、いけない欲求を感じ始めているのは彼女に内緒!

 

 

一方、夫に先立たれたアンナは、家計を助けるために秘書として働き始めます。彼女のもっている教養を生かす働き口がなく、男性秘書募集のところもぐりこむ形でなんとか仕事を確保。短気な伯爵に対して「怖い・醜い」とは思わず「男らしい」「素敵」と感じてるのはこちらも内緒!

 

 

二人はイギリス紳士と、貞淑な未亡人の関係。

 

雇い主と雇用される側。伯爵と平民。

 

でも、所詮、男と女・・・ひかれあうのに時間はかかりません。

 

 

伯爵はアンナに不届きな気持ちを持つ自分が許せず、不埒な思いを「そういうところ」で発散しようとロンドン出向くのですが、彼のいきつけの高級娼館で待ち受けているのは仮面をつけたアンナ。

 

 

伯爵は、娼館にいくはずと踏んだアンナは、コネを利用して、高級娼館にもぐりこみます。どうしても、伯爵と体の関係を持ちたかったのです・・奇抜な作戦ですが、二人にはいろいろな障害があって、表立って結ばれることができない。ならば、このチャンスを、と思い切って行動にアンナがでたのです。

 

 

伯爵は、アンナと知らず。アンナは自分と伝えず、二人は2度の夜を過ごします。

 

 

 

ただ、体の関係のみでおわるはずだったのですが、お互いに思いは高まるばかり。アンナに似た娼婦を抱いた伯爵は、「これでスッキリするはず」がかえってモヤモヤ。

 

 

それはアンナも同じ。昼の紳士然とした伯爵と、強引ともいえる情熱的な夜の顔。

 

 

その落差にかえって胸が高まります。普段の生活にもどっても、彼の熱い吐息やたくましい身体を。彼の口元に視線がいくだけで。

 

 

ただ切なさがましていくのです。

 

 

過ごした夜が、みだらであるほど、二人が特別で親密な関係を感じるなーんて・・・・のは私とアンナだけ?(笑)

 

 

まぁ、ストーリー上、アンナが娼婦のふりをしてるのはばれちゃうんですけど(‘ω’)

 

 

そこからの伯爵の葛藤もムネキュン。娼婦相手にしかできないような、あんなことやこんなことをアンナにしてしまった。自分の醜い肉欲の部分を、好意をもっている淑女にぶつけてしまった、となまじ自分を「醜い」とコンプレックスをもっているゆえの葛藤。

 

 

アンナに対して、自分をだましていた怒り。どう思われたのだろうという不安。抑えきれない欲求。アンナとの関係へのかすかな希望。いろんな彼の素顔が「仮面の下」に見え隠れ。

 

 

 

ホットなシーンも充実しています。全般的にウェット感じではなく、サクッと読み進められるのもgood! 人気作品なのも納得の1作ですよ。

 

 

伯爵がアンナに結婚を迫るのも「結婚するんだ!」の一点張り。まさにこればっか(笑)もうちょっとなんとか、工夫せんかね~。

 

 

 

 

キャスリーン・E・ウッディウィス『炎と花』(上・下)を読んだ感想

キャスリーン・E・ウッディウィス『炎と花』(上・下)を読んだ感想

ヒストリカルロマンスの先駆者、キャスリーン・E・ウッディウィスの名作。今から40年以上前に書かれた作品ですが、流麗で品の良い出だしから、ストーリーに引き込まれ、全く古さを感じさせません。

 

長きにわたり、多くの女性をときめかせた作品は、ロマンス小説の要素がぎっしり詰まっています。ロマンス小説初心者の方でも、安心してお手にとっていただける作品。

 

 

叔母夫婦から虐げられ、イギリスの片田舎で苦しい生活をしている美しきヒロインヘザー。誰からの指図をうけないプライド高きアメリカ人船長のブラントン。二人の誤解から始まった大いなるロマンス。

 

前半はイギリスでの二人の出会い、後半は新天地アメリカでの結婚生活が描かれています。ヘザーの親族たちに結婚を強制され、強い怒りをもちつつも、美しき無垢な姿に惹かれるブライトンの男の葛藤が楽しめる作品です。

 

『炎と花』のあらすじと感想(ネタバレ)

 

私の大好きな作品。いわゆるロマンス小説らしい展開が魅力的です。

 

舞台はイギリス、ヒロインのヘザーの美しさは罪な程。母親ゆずりの美しさは、妬みや嫉妬をこえ彼女自身に不幸をもたらしています。早くに両親をなくしたヘザーは、叔母夫婦と同居。この叔母がですね、ヘザーを妬みまくってイジメまくります。

 

あれは虐待ですね。服はブカブカ、苦しい労働をいいつけられても、彼女のキラリとした美しさは損なわれません。そこはホレ、見る人がみたら原石はわかるんですな。

 

叔母の口車にのってしまい、叔母の弟の屋敷に出向くのですが、そこでもセクハラされちゃいます。お手付き上等!みたいな前提で、叔母から差し出されたんですね。

 

 

ヘザーは屋敷をとびだし、行く先もないので波止場で途方にくれていると・・・アメリカ人に娼婦と間違えられ、さらに大ピンチ!!

 

 

 

女抜きの長い航海の後、ちょっとしたお楽しみの手配を部下に頼んだら、部下が娼婦とまちがえてヘザーを連れてきちゃったのです。

 

 

ブライトンも娼婦らしからぬヘザーに「おっかしーなー」と思ってはいるものの、彼女のみずみずしい身体を見せつけられ…(いか省略)

 

ヘザーを手放したくないと切に考え始めるわけです。

 

 

が、ヘザー自身は傷ついた心と身体をふるいたたせ、なんとかブライトンの船から脱出。命からがら叔母の元にかえりますが、そこで二人の縁は終わりません。ヘザーは妊娠してしまいます。

 

 

プンプンに怒った親戚一同が、ブライトンを探しだし、責任取れと詰め寄ります。

 

 

もう可哀想でならんですよ。<ヘザー。

 

虐待→セクハラ→娼婦と間違われる→妊娠→叔母から罵られる→ブライトンからも憎まれる

 

ブライトンは、ヘザーは手元におきたいが「妊娠の責任をとれ」「結婚しろよ!」と詰め寄られるのが気に入らない。

 

 

「お前なんか、金輪際、身体にふれないからな!」と自爆的な宣言。夫婦でありながら、ベッドはともにしない仮面夫婦になってしまいます。

 

 

前半は、いろいろ大変なことばかりのヘザー。二人は夫婦として海にわたり新天地で新たな生活を始めます。

 

 

いつかブライトンから許され、女性として愛される事を夢見るヘザー。

※ブライトンはイケメンだから、いつのまにかヘザーは好きになっちゃってます(*’ω’*)この感想だけでは、伝えきれませんが、ブライトンの男ぶりはなかなかのもんですヨ。

 

 

ブライトンも、男のプライドと、彼女を思う気持ちの葛藤が大いにロマンスを盛り上げてくれます。男たるもの一度宣言したら守るべし!でも、言わなきゃよかったな~と後悔しきりです。

 

 

女性として、妻として、そして母親としてヘザーは幸せをつかめるのか。終盤までハラハラさせられるストーリー。ホットなシーンもありますが、ロマンス初心者の方でも手に取っていただけるレベルです。

 

長年にわたり女性をときめかせてきた名作。是非とも機会がありましたらお手に取ってみてくださいね。

 

古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック…

サンドラ・ブラウン『星をなくした夜』を読んだ感想

サンドラ・ブラウン『星をなくした夜』を読んだ感想

教師のケリーと世界的フォトジャーナリスト リンクのロマンス。

 

 

ケリーは内戦激しいモンテネグロで教師をしています。孤児たち9人をつれて、なんとか故郷のアメリカに帰りたい。孤児たちに里親をみつける手配や、飛行機の手配もしてある。

 

 

ただ、待ち合わせの場所に到着できない。内戦激しい地の密林の中、みつかれば彼女を含め9人の孤児たちの命はない。反乱軍であっても、政府軍であっても!

 

 

ケリーは苦肉の策で、場末のバーにでむき、力になってもらえる傭兵を探すのですが…

 

 

サンドラ・ブラウンらしい骨太な感じで、ぐいぐいストーリーに引き込まれる作品。

 

 

ロマンス小説でも、ハードボイルドテイスト?という帯のうたい文句どうり、密林をかけぬけるヒーローとヒロイン、そして孤児たちにハラハラさせられる作品。原作は1987年刊行なので、約30年近くも昔のロマンス小説!!全く古さを感じさせない作品です。

 

『星をなくした夜』のあらすじと感想(ネタバレ)

 

えー、深く読み込んでいくと突っ込みどころがいろいろある作品ですが、それはおいといても面白い!!途中でやめられず、一気に読んでしまいました。

 

 

ヒロインは、中米モンテネグロで教師をしています。おそらくボランティアですね。

(中米?なの?東欧じゃなくて?とふと疑問。私の知識不足かしら?)

 

 

そこで、出会った孤児9人をアメリカに連れ帰りたい。自力では限界がある。そこで、彼女は場末のバーに娼婦の恰好をして、でかけます。色仕掛けで「傭兵」の気を引き、なんとか迎えの飛行機がくる場所まで、つれていってもらおうと考えたのです。

 

 

そこで、白羽の矢がたったのが、リンク。彼はバーで、べろんべろんに酔っぱらってます。内戦地のひどい状態をみて、心が荒れすさんでます。ようやく帰りの飛行機にのれて、万歳三唱なんですが、目に焼き付いた悲惨な光景は忘れられない。

 

 

で、ケリーが「ねぇ、おにいさん~」的な慣れない娼婦を演じリンクの気を引きます。でも、この時点ではケリーは彼を傭兵だとおもってるんですよね(笑)武器だと思ってるバックの中身は、なんとカメラ!全然、リンク、役に立たないじゃん、ってわかったのは後の祭り。

 

 

リンクは、ケリーの「楽しいお誘い」にのったつもりが泥酔状態なので、あっさり拉致られてしまい(笑)、あとはズルズル彼女に協力することになります。

 

 

リンクいい人なんですよ・・・だって、傭兵でもないし、本業はカメラマンじゃないですか。なのに、全力で彼女を守ろうとします。まぁ、下心アリアリで、隙あらば楽しい事しちゃおう、って気持ちも最初あったんですけどね。娼婦フリする位の女なら、身持ちも軽かろう、みたいに思ってたのかな?

 

 

でも、孤児たちが、ケリーを「シスター」と呼んでいるのを知り愕然。

 

 

「おお、俺は、聖職者に欲望を覚えていたのか、神よ!!」と罪悪感(笑)

 

 

違うよ~勝手に勘違いしてるだけだよ~ニックネームだよ~

 

 

とケリーは教えるはずもなく、かなり後半になるまで、勘違いさせたまま。これ幸いと、リンクの勘違いに乗じて、自分の貞操をまもります。

 

 

前半は、モンテネグロの密林をかけぬける脱出劇。亜熱帯特有の濃密な空気が伝わる官能的な描写に、リンクとケリーの愛の盛り上がりが伝わります。<リンクのモンモン

あ、雰囲気としてはリンダハワードの『炎のコスタリカ』とちょっと似ていますね。

 

 

後半は、脱出後の二人のロマンス中心。シスター(偽)ケリーが暴露されるまで、なかなか彼も我慢します(笑)わかった時は、もう暴れまくりですよ。

 

 

 

ちなみに、 これ、洋書の表紙です。もうくぎずけ(笑)

 

 

 

古本を変える通販サイトの特徴をまとめました。絶版本など手に入れたい方はこちらからどうぞ(^^♪

 

中古本の紹介サイトの特徴まとめ

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本はどこで買う?「ネットオフ」か「駿河屋」か「Amazon」?

古本の購入先を紹介します。絶版本は古本でしか手に入りません。古本のネット販売で有名なのは以下の3サイト。⇒ネットオフで商品をチェックする⇒駿河屋で商品をチェック...