カテゴリー:未分類の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:未分類

リン・グレアム『愛したのは私?』を読んだ感想

リン・グレアム『愛したのは私?』を読んだ感想

双子の姉に成りすまし、南米グァテマラの舅の元へむかうことになったルーシー。もう何年も前に、姉シンディの夫は亡くなっており、姉は舅とも疎遠。

 

シンディは舅フィデリオと顔をあわせたこともない。

彼女の夫が事故でなくなってしまったため、短い結婚生活だったはず。

 

なのに、どうして舅の元にいかないといけないのだろう??

 

とにかく、姉シンディは、自分の代わりに言ってきて、の1点張りで、ルーシーがグァテマラに赴くことになります。

 

待ち受けていたのは舅ではなく、舅の隣人。いや、舅の元雇い主であるホアキン。姉の詐欺師まがいの行動の尻ぬぐいをさせられ、ルーシーはホアキンから監禁のような扱いをうけます。

 

ヒーローはここまでくると鬼ですよ。メリハリのあるロマンスがお好きな方はぜひどうぞ。

 

 

『愛したのは私?』を読んだ感想 ネタバレ

 

いよいよ、このブログもリン様の本の感想を書く段階にきました(笑)なんとなく難易度高いイメージだったんですよ。勝手な私のイメージですが。

 

 

今回の舞台は南米グァテマラ。マヤ文明あるとこです。

 

姉の双子のなりすましとして、ルーシーは舅の元に訪れるのですが、グァテマラで待ち受けていたのは今回のヒーロー ホアキン。

 

実は、今回の一連の騒動の黒幕はホアキン。ルーシー姉に、金を巻き上げられ、老体に鞭打って働き続けるフィデリオをみかねて、金を取り戻そうと、うまいこといってシンディ南米にくるようせっついていたんです。

 

結局、シンディは後ろ暗いところがあるのでフィデリオと顔を合わせずらく、ルーシーをさしむけるんですけどね。何もしらないルーシー気の毒です。

 

彼は、病み上がりのルーシーにシンディの所業をぶちまけ(まぁ、ホアキンはルーシー=シンディだと思ってるので本人にぶちまけてるつもり)、彼女をお仕置きとばかりに、とある屋敷に閉じ込めようとします。

 

シンディは再婚話が持ち上がっており、彼女の幸せを台無しにしたくない妹ルーシーはなんとか、ホアキンとの間を友好にもっていきたいとするのですが、失敗。

 

色仕掛け

金をせびる

 

などなど、ルーシーは、いかにもシンディならやりそうなことを自分の行動と誤解をうけ、何も言えず撃沈してます。

 

自分のせいじゃないってなんで言わないのか、本当に不思議です。

 

 

とんだ悪女にしたてられたルーシーですが、見た目はそっくりでも心は別人。心優しいルーシーを、ホアキン好きになっちゃいます(笑)

 

 

いやいや、これが悪女の手管。老人をだまくらかしてお金をせびりったあの女が、俺にも同じ手口をつかってきたに違いない。

 

純情そうなのも演技だろ?だろ?

 

と、まぁ、言葉でも態度でもひどいこと、ひどいこと。

 

最後はお約束「双子でーす」みたいなノリで登場して誤解が解けるのですが、まぁ、その後のヒーローの変貌ぶりといったらありませんです(笑)この辺りのメリハリが鬼と呼ばれるヒーローのロマンスが面白いところなんでしょうね。

 

ああ~癖になりそうです。

 

パトリシア・ウィルソン『囚われの美女』を読んだ感想

パトリシア・ウィルソン『囚われの美女』を読んだ感想

実業家カイルと彼の秘書アレキサンドラのロマンス。

 

アレキサンドラは、両親を亡くした後、弟と二人暮らし。自己中でワガママな弟に手が付けられない。頭をなやませる彼女にもう一つ問題が持ち上がります。

 

彼女が勤める会社が買収されてしまいます。どうやら株を買い占められ、乗っ取られてしまったらしい。創業者の血縁のアレキサンドラは、会社の株をいくばくかもっており、新しいボスに対して疑心暗鬼。

 

おまけに上司にあたる男からイヤラシイセクハラを受けてる。

 

と、いろいろ問題てんこ盛りの美女の問題を、ヒーローが強引に解決する(笑)ロマンスです。ヒーローが不器用すぎて面白いですよ。

 

 

⇒囚われの美女 (ハーレクイン・ロマンス)

 

囚われの美女の感想<ネタバレ>

 

やたらめったらトラブルばかり。アレキサンドラの手に終えないのは明白なのに、なんとか自分さえ我慢すれば、と気丈に頑張ってるヒロイン。

 

 

乗っ取り屋と言われながらも、なかなか情のあるカイルはアレキサンドラをみて、なんとか力になってあげたいと思うようになるのですが。

 

そこは、情に流されても株は買い占めたい。

でも、アレキサンドラの力になりたい。

 

と、ビジネスとロマンスのはざまで揺れうごきます。傍目には強引にみえますけどね。

実際、アレキサンドラは、会社の創業者の血縁なので、カイルが買い占めようと思ってる株のいくばくかを持っており、譲ってくれたらうれしいな~ともおもってますし、彼女の伯母からも株を譲ってほしいな~と思ってたりする。

 

彼は、決して株をあきらめたりしないです(笑)そんなところが、強引な行動にうつるんでしょうね。

 

終盤、彼の心の内が明らかになると、結構子供っぽかったりしますよ。

アレキサンドラへ、愛をこめて1本の薔薇を送りたかったけど、照れ臭くなっちゃって、結局ものすごい量を送りつけたり。

 

アレキサンドラが、定時後に他の男とデートできないように、わざと残業三昧にさせてしまったり(笑)

 

と、後半になるほど、彼の人柄がしのばれますヨ。

 

ダイアナ・ハミルトン『情熱のフーガ』を読んだ感想

ダイアナ・ハミルトン『情熱のフーガ』を読んだ感想

大農場主ロマンと元妻キャシーの元サヤロマンス。

 

キャシーがセクシーで大金持ちのロマンの妻だったのは1年前。義理の母親義姉たちにイビられて続けた結婚生活に終止符をうち逃げるようにスペインから出国。

 

 

これで、ロマンなしの人生を生きていけると思った矢先、キャシーの双子の弟がロマンのお金をくすねたらしい。

このままでは弟は刑務所に!!

 

 

悲惨な結婚生活のトラウマを抱えながら、弟の尻ぬぐいをするため元夫に合うためスペインにむかうのですが、元夫ロマンから思わぬ申し出を受けることになります。

 

 

もう2度と、あんなみじめな結婚生活は送りたくない、と思いつつもロマンへの気持ちを抑えきれない。

 

 

何故、1年前キャシーがスペインを出るのをそのままロマンは許したのか。

 

スペイン人ヒーローの複雑な心の内が垣間見れる元サヤロマンスでございます。ちょっとヒロインがヒステリー気味なので、苦手な方はご注意を。

情熱のフーガの感想<ネタバレ>

双子の弟が、元夫の財産に手をつけて刑務所に入れられるかもしれない。弟から泣きつかれたキャシーは、元夫ロマンの元へ出向きます。(別居中で離婚手続きまちだから、法的にはまだ夫ですね)

 

この地点で、ちょっとヒステリー気味なヒロイン。どうやらスペインでは過去のトラウマがよみがえるらしいのです。

 

過去のトラウマというのはですね。

 

ロマンの母、姉は、キャシーがとにかく気に入らない。ロマンにはお金持ちの娘が相応しいと、キャシーをネチネチいじめてます。

 

「どうせ、ロマンは子供ができたら、あなたなんてお払い箱」

「ロマンは、モテモテ。すごい美女たちとつきあってきてるから、あんたなんてね〰」

 

純朴で年若いキャシーは、真に受けてしまい、ロマンに対してぎこちなくなってしまいます。彼女は、幼い頃から父親に押さえつけられ、誰かのいいなり。勿論、ボーイフレンドなんていませんし、男の子と普通に付き合ったことなんてない。

 

そんな素朴で純(プ)なところが、ロマン的に「か~わい~」って思い、キャシーと結婚するのですが、彼がちかずくとキャシーはコチコチ。

 

ロマンとキャシーは結婚後、なんとか初夜をすごしますが、悲惨の一言。

生来の内気な性格に、意地悪な外野があらぬことを耳打ちしてるので、

 

「ああ、私はロマンを楽しませられない。女の魅力ゼロ」

「もし子供ができたらロマンから捨てられてしまう」などなど、妄想が暴走して拒食症気味。

 

一方、ロマンは自分が拒否られてしまったと勘違いし、キャシーに手を触れないという姿勢を徹底します。でも離婚はしない(笑)

 

 

というのが、トラウマの背景。

今回は、スペインの地に弟を救い登場したキャシーは「私は以前の小娘じゃないわ!」と鼻息アライ(笑)

 

そんなキャシーにロマンは「しばらくの間、僕とくらしてくれたら弟の件は不問にする」と思いもよらぬ提案をしてきます。

 

弟を救うため、かつて愛したロマンと一緒にくらす選択をするキャシー。

そこで、お約束のようにベッドをともにし、心を通わせ、愛し愛されるという展開なので、一見ハッピーロマンスのようにみえるのですが。

 

実は、ロマンは嫉妬メラメラなのです。

 

誰が、彼女にレッスンしたのか!!(してねーよ)

 

 

そこには彼なりの、複雑な思いがあったのですよ。離れていても、決して彼女を見放したわけではなく、そっと彼女を見守りつづける心の内を知ると、最初の横暴なふるまいも許せるような気がしますよ。

 

うーん、ロマンって名前、スペインでは普通なんでしょうか。「マロン」ってまちがえちゃうんですよね。栗(笑)

 

【お礼及び報告】訪問いただいた方はどんなロマンス本に興味があるのか(2017年8月まで)

【お礼及び報告】訪問いただいた方はどんなロマンス本に興味があるのか(2017年8月まで)

2017年8月で、このブログも(前身となるブログも合わせて)1年を迎えました。

この場を書いてお礼申し上げます。

 

いつも、ご訪問いただきまして、本当にありがとうございます。

 

ニシカワは、このブログ以外にも、ブログを持っています。ですが、このブログが一番愛着があります。一番最初に取り組んだブログということもありますが、訪問者様のリピート率が異常に高い。

 

もう、自分でアクセス解析みて、びっくり!!

 

繰り返し訪問いただき、いくつもの記事を読んでいただいてるという事実が、励みで更新ができてます。

 

※どなたが、どの記事を読んだのかまではわかりませんので、ご安心ください。数値化したものしかわかりません。

 

 

そこで今回は、過去一年間、皆さんの興味度合が高かったロマンス小説の記事をシェアしたいと思います。

 

「私のロマンス本の感想を読んで、実際に本に興味をもって下さったのね〰」と参考になりました。単なる記事へのアクセス数ではありません。集計方法は企業秘密ということで(笑)

 

そうそう!!面白いよね、この作品と共感していただけたら、嬉しく思います。

 

エマ・ダーシーの作品から2作

このブログでは、エマ・ダーシーの記事が人気が高いです。生き生きとしたヒロインが魅力的ですよね。生き生きとしたヒーローも登場しますが(笑)

 

・エマ・ダーシー『愛の使者のために』

エマ・ダーシー『キャンセルにご用心』

 

個人的には『愛の使者のために』の方がお気に入りです。読むと元気になります。

 

 

キャスリーン・E・ウッディウィスの作品から2作

これは外せません。ヒストリカルのファーストレディ、キャスリーン・E・ウッディウィスの作品。

 

いかにもロマンスの王道ですよね。一番、好きなのは『炎と花』。その次に『冬のバラ』ですね。思うに、ウッディウィスのヒーローってなんだかんだいっても、メンクイだと思うんですよ。

 

『川面に揺れる花』に登場したヒーローに横恋慕してた女性が、いくら尽くしても振り向いてくれないヒーローが、美しいヒロインが登場して一発でなびく姿を恨んで、「なんだかんだいっても、顔か!!」とかいって、ブリブリおこってました(笑)

 

そうなんでしょうな~。

 

・キャスリーン・E・ウッディウィス『冬のバラ』

・キャスリーン・E・ウッディウィス『狼と鳩』

 

 

中古でしか流通してませんので、ご注意ください。私は駿河屋さんで購入しました。相場によってお値段がかなり変動がありますので、注意してください。

 

まだ感想をアップしてませんが『緑の瞳』も面白かったですよ。

 

ダイアナ・パーマー作品より3作

鬼畜で、ちょっと滑稽(失礼)なヒーローが魅力的なダイアナ・パーマー先生。テキサスの恋シリーズの感想をメインにアップしてましたが、意外にも人気があったのはこちらの作品。

 

ダイアナ・パーマー『この恋、勝負あり?』

ダイアナ・パーマー『この恋、揺れて…』

ダイアナ・パーマー『この恋、絶対絶命!』

 

この三作品は1冊にまとめたロマンス本が『テキサス探偵物語』です。三作品の内、三作目『この恋、絶対絶命!』が一番面白かったです。

 

二作目は鬼畜ヒーローです。コンニャロー。って感じ。

 

 

シャロン・ケンドリックの作品より1作品

 

面白い作品(ぷ)こちらも忘れてはいけない。あまりのヒーローの自惚れぶりに、逆に当惑してしまいます。いくつか、この作者さんの作品よみましたが、一番この作品が面白かったです。題名も、いかしてますよね。

 

・シャロン・ケンドリック『パリの情事はほろ苦く』

 

 

まとめ

 

不定期ではありますが、今後もブログの更新がんばって続けていきます。記事数も少なく小さな規模でやってますので、誤字脱字の失敗も温かい目で見守ってくださいませ。

 

いつも本当にありがとうございます。