カテゴリー:■作家別(ア行)の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

アニー・バロウズ『伯爵の花嫁候補』を読んだ感想

アニー・バロウズ『伯爵の花嫁候補』を読んだ感想

放蕩伯爵デベン卿と、学者の娘ヘンリエッタのロマンス。

 

デベン卿は、悪名高き放蕩伯爵。そろそろ世継ぎをもうけねば、といやいやお相手さがしのためパーティーに参加します。

 

今までの、彼のお相手はもっぱら「人妻」ばかり。そうなるとパーティーの花嫁候補の娘たちが「青臭ーく」感じるのです。誰もかれもが身分の高いデベン卿の嫁になりたくて「ワタクシモ、ワタクシモ」攻撃。

 

女嫌いに拍車がかかる!

 

そんな中、いかにも地味で田舎臭いヘンリエッタと出会い、彼の女性観が少しずつ変わっていくのが見どころの作品デス。

 

『伯爵の花嫁候補』のあらすじと感想(ネタバレ)

 

デベン卿、かなり妄想はいってます。えっとペニー・ジョーダンの『愛してはいけない人』のヒロインも、ものすごい妄想っぷりだったんですが、こちらも負けていませんよ!

 

 

デベン卿は放蕩者として悪名名高いのですが、実は根深い女嫌い。人妻専門キラーです。実は、彼の母親が身持ちが悪くて、彼の父親以外にも何人とも関係していて、デベン卿の下の弟妹は父親がちがうんですよ。

 

 

家族のあたたかさ、とか母親らしさ、なんて全然感じたことない人です。

 

 

当然、自分の役割(爵位の継承)として「子供を設ける」ことは必須なのですが、どうにもこうにも乗り気じゃない。だって、そもそも自分の子供かどうかわからないわけでしょう?<女性全般うたがってかかってるデベン理論

 

 

まぁ、いろいろあって地味なヘンリエッタと知り合い

「あれ?これくらい律儀で正義感の強い子なら、ひょっとして浮気しないかも?」と一筋の望みをかけるわけです。

 

 

そこからの妄想っぷりがスゴイ。。

 

以下、デベン卿の「ヘンリエッタと結婚するためのTO DOリスト」

  • ・彼女の出席するパーティ―におしかける(招待されてもないのに、とヘンリエッタからも突っ込み)
  • ・彼女に強引に迫る(愛のテクニックはオマカセあれ<人妻をメロメロにさせてるから間違いない!と思ってる)
  • ・彼女の純潔を無理やり奪う!(処女じゃなくなれば、自分と結婚せざるをえないはず。<犯罪じゃん!と誰か教えてやって)
  • ・結婚後は、ヘンリエッタは貞淑な妻になるはず。ハッピーエンド。<え?自分だけハッピーエンド?

 

と、まぁ、よくわからん計画をたてて、ちょっとモンヤリ白昼夢。しあわせ~みたいに(笑)

 

ヘンリエッタもかなかか勝気で笑えますが、やっぱりデベン卿ですね。ちょっと変人?ヒーローに失笑な作品。ま、まぁ、いろんなジャンルのイケメンを楽しむのは面白いです。

 

アニー・バロウズ『伯爵と花嫁の十二夜』を読んだ感想

アニー・バロウズ『伯爵と花嫁の十二夜』を読んだ感想

伯爵令嬢のジュリアと、海軍大佐アレックのロマンス。

 

ジュリアは、身分違いの相手デイヴィットに片思い中(本人は両思いと思ってる)。爵位をもっておらず、財産もないディビット相手にパパが猛反対してるので、仮面舞踏会でちょっとしたいたずらを仕掛ける事にしました。

 

協力者はジュリアの親戚のマリアンヌと、オペラ歌手のナリー。ちょっとセクシーなナリーとジュリアが入れ替わり、淑女らしからぬ手口でデイヴィットを誘惑。現場をマリアンヌ達に押さえてもらって既成事実を作っちゃおうという作戦。

 

でも、そこは恋愛未経験の伯爵令嬢なので、キス程度で現場を抑えて、シャンシャンとなるはずが…

 

 

なんとディビットを人違い。シャイな彼が、こんなに積極的なんて!!

 

 

と、ちょーっと結ばれるのが先になっちゃう系(笑)のロマンスです。間違ったお相手は、強面だけど色男海軍大佐のアレック。彼の、おとこっぽーい心の独り言が面白いですよ~。

 

『伯爵と花嫁の十二夜』のあらすじ&感想(ネタバレ)

 

私、最後なきました。ハーレクイン・ヒストリカルなのに・・・泣ける話か?と我ながら突っ込んでしまいたいのですが。

 

ざっくりあらすじを紹介します。パパ伯爵に反対されている恋路をなんか実らせようとやっきになっているジュリア。

 

強硬手段にでますが、なんと人違い。

 

観葉植物がおおいしげる温室に、ジュリアはデイヴィット(と思い込んでる男性)を連れ出します。既成事実をつくるため、アレコレ手をやくのですが!彼女の段取りがどこでどうまちがったのか、人違い。

 

間違えたお相手は海軍大佐アレックス。アレックはオペラ歌手の姿の女性が、、いいところのお嬢さんだとは思わず、誘われるまま火遊び感覚で関係をもってしまいます。

 

アレヨアレヨの内に、温室で現場を・・・・・デイヴィットやマリアンヌに見られてしまいます。

 

アレックは「小娘にはめられた!」と怒り心頭。でも、一方で無垢なジュリアを汚してしまったと思い、速攻「結婚するんだ!」と決意。しぶるジュリアを、ジュリアパパの所につれていき、結婚の申し込みをします。アレックは生真面目・誠実さには天下一品。でもお金はない。

 

まぁ、アレック自体、ちょっと面倒な性格ですわ。性格がいいとはお世辞には言い難い。自分とジュリアが関係を持ったことが世間にばれたら、自分の名前に傷がつく、妹のゆくゆくの縁談話に支障がでるかも、とかいう考えもありますからね。

 

 

彼女がいいとこのお嬢さんで、パパが多額の持参金をつけてくれて、逆玉で文句なしなんですが、腹の内は収まらない。いつかは漠然と、結婚してもいいかな~と思えるくらいに、いい感じの女性と家庭をもてたら、と彼なりに想いを馳せていたのです。

 

 

人違いで!!小娘の策略にひっかかって!!この大佐とあろうものが!!結婚!!ジュリアには、軽蔑と嫌悪の眼差しを向けて、もう酷いこと、ひどいこと。

 

 

とにもかくにも、大勢の祝福をえて二人は早々にゴールイン!

 

 

ジュリアは内心、浅はかな計略が招いた結果に意気消沈。アレックが怒るのも無理ないし、面目丸つぶれ・・・。彼女は単に、人がよくて考えが甘いだけなのですよ。

 

 

意に添わぬ結婚ですが、アレックのたくましい腕や男らしい姿に、ちょっと乙女心がゆれたりするジュリア。ディビットみたいな草食系小太り男とちがって、アレックはホンマモンの軍人ですからね!「ああ、あの時のことが忘れられない」というのは内緒!

 

 

それはアレックも同様。喧嘩はしますが二人の相性(?)は抜群なんです。アレックはジュリアが、嫌らしい策略家でもなければ、高慢ちきでもない事にきがつきます。

 

 

アレックはディビットの話がジュリアからでると何故か、面白くなく、「あんなんじゃ、30になるまでにブクブクに太るぞ」と心の中で暴言。

 

良からぬ計画をジュリアが練るからかもしれないから、夫婦の寝室は絶対に一緒じゃないとダメ!と頑固に譲らず。

 

自分のひげが、ジュリアの肌を傷つけるといけないから剃っておこーっと!と何気に気を遣う。

 

 

と、複雑な男心が揺れ動く様が面白い。

 

 

後半になるほど、ジュリアピンチです。身近な人の嘘・裏切りにあって、可哀想。後半、アレックもジュリアを誤解して、すごい勢いで怒りをぶつけます。もう手がつけられない。

 

海軍って、気性があらいんですかね。『拾われた1ペニーの花嫁』のヒーローも、激高した時にヒロインに文鎮なげつけてたし。アレックも負けてませんよ。

 

 

その後、アレックが懺悔するシーンに涙ホロリ。友達選びが下手なジュリアが、本当に心を許せるお相手と結婚できて、よかったね〰というオチでした。

 

 

エマ・ダーシー『ファルコンの恋人』を読んだ感想

エマ・ダーシー『ファルコンの恋人』を読んだ感想

シドニーの看護師べサニーとアラブのシークザッカーのロマンス。

 

べサニーの父親は人類学者。アラブへ研究のため出向いたのですが、行方不明になってしまいました。部族間の抗争に巻き込まれたらしい。おそらく、命はないものと・・・・

 

 

皆がべサニーへお悔みの目線を投げかけますが、べサニーはあきらめません。
絶対に!絶対に、絶対にお父さんを見つけてみせる!

 

 

アラブで出会ったのは超魅力的なシークザッカー。彼に父親の捜索のお願いをするのですが、けんもほろろ。なんとかべサニーは彼の裏をかき、父親を見つけ出そうとするのですが・・・

 

 

最近、すくなくなったシークものロマンスです。闊達なべサニーと彼女を守ろうとするシークザッカーとのやりとりにしびれる一作ですよ。

 

 

『ファルコンの恋人』を読んだ感想<ネタバレあり>

べサニーは、こうと決めたら絶対にやりとげる。もう、そりゃあ頑固一徹。

ふにゃふにゃしてる、そんじょそこらのハーレのヒロインとは一味ちがいます。

 

 

 

アラブの国で、女の身で一人、父親の捜索をしようと奮闘。が、危ない事きわまりない。

 

彼女の父親が行方不明になった経緯から考えても、彼女が自分の身を危険にさらして捜索するほど、生きてる可能性は低い。口をそろえて、「やめとけ」と誰もがいいます。

 

 

アラブのシーク、ザッカーもその一人。自分の国で、美しいべサニーが危険な行動をとろうとしているのを見過ごすことはできません。

 

 

なにせ、ザッカーは彼女にひとめぼれしてますからネ(笑)

 

 

彼女を守ろうと、あれこれ手をつくすのですが頑として聞き入れないべサニー。

 

表面的には「父親をさがすの!」と強気の姿勢をくずしてないのですが、本当は、彼の愛に守られて、このまま彼の腕の中で守られたいって思ってるのです。

 

 

ザッカーは「しろはやぶさ」を可愛がってるのですが、その「しろはやぶさ」をみて、べサニーは複雑な思いにとらわれます。ザッカーの寵愛するの鳥のように、翼はあっても飛び立とうとしない自分になってしまうのが怖い。ザッカーの愛撫、彼の視線、それだけで満足をしてしまって、父親へ救出をあきらめてしまいそう。。

 

 

父親の捜索と、ザッカーへの愛への葛藤に揺れ動くべサニーが実に切ないのです。

 

 

自分らしさってなに?愛と引き換えに、私は自分じゃなくなるの?

 

 

 

実は、シーク様はべサニーに内緒で、自らの命をかけて、父親の捜索してるのですが、知らぬはヒロイン本人ばかりなり。

 

かなーり、理解のあるシーク ザッカーに胸キュンな作品。エマ・ダーシーならではの、活発なヒロインが魅力全開の作品です。

 

Amazonではゴージャスな表紙も素敵ですね!チャラチャラしてるだけのヒロインじゃないですよ。