カテゴリー:アニー・バロウズの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:アニー・バロウズ

アニー・バロウズ『伯爵の花嫁候補』を読んだ感想

アニー・バロウズ『伯爵の花嫁候補』を読んだ感想

放蕩伯爵デベン卿と、学者の娘ヘンリエッタのロマンス。

 

デベン卿は、悪名高き放蕩伯爵。そろそろ世継ぎをもうけねば、といやいやお相手さがしのためパーティーに参加します。

 

今までの、彼のお相手はもっぱら「人妻」ばかり。そうなるとパーティーの花嫁候補の娘たちが「青臭ーく」感じるのです。誰もかれもが身分の高いデベン卿の嫁になりたくて「ワタクシモ、ワタクシモ」攻撃。

 

女嫌いに拍車がかかる!

 

そんな中、いかにも地味で田舎臭いヘンリエッタと出会い、彼の女性観が少しずつ変わっていくのが見どころの作品デス。

 

『伯爵の花嫁候補』のあらすじと感想(ネタバレ)

 

デベン卿、かなり妄想はいってます。えっとペニー・ジョーダンの『愛してはいけない人』のヒロインも、ものすごい妄想っぷりだったんですが、こちらも負けていませんよ!

 

 

デベン卿は放蕩者として悪名名高いのですが、実は根深い女嫌い。人妻専門キラーです。実は、彼の母親が身持ちが悪くて、彼の父親以外にも何人とも関係していて、デベン卿の下の弟妹は父親がちがうんですよ。

 

 

家族のあたたかさ、とか母親らしさ、なんて全然感じたことない人です。

 

 

当然、自分の役割(爵位の継承)として「子供を設ける」ことは必須なのですが、どうにもこうにも乗り気じゃない。だって、そもそも自分の子供かどうかわからないわけでしょう?<女性全般うたがってかかってるデベン理論

 

 

まぁ、いろいろあって地味なヘンリエッタと知り合い

「あれ?これくらい律儀で正義感の強い子なら、ひょっとして浮気しないかも?」と一筋の望みをかけるわけです。

 

 

そこからの妄想っぷりがスゴイ。。

 

以下、デベン卿の「ヘンリエッタと結婚するためのTO DOリスト」

  • ・彼女の出席するパーティ―におしかける(招待されてもないのに、とヘンリエッタからも突っ込み)
  • ・彼女に強引に迫る(愛のテクニックはオマカセあれ<人妻をメロメロにさせてるから間違いない!と思ってる)
  • ・彼女の純潔を無理やり奪う!(処女じゃなくなれば、自分と結婚せざるをえないはず。<犯罪じゃん!と誰か教えてやって)
  • ・結婚後は、ヘンリエッタは貞淑な妻になるはず。ハッピーエンド。<え?自分だけハッピーエンド?

 

と、まぁ、よくわからん計画をたてて、ちょっとモンヤリ白昼夢。しあわせ~みたいに(笑)

 

ヘンリエッタもかなかか勝気で笑えますが、やっぱりデベン卿ですね。ちょっと変人?ヒーローに失笑な作品。ま、まぁ、いろんなジャンルのイケメンを楽しむのは面白いです。

 

アニー・バロウズ『伯爵と花嫁の十二夜』を読んだ感想

アニー・バロウズ『伯爵と花嫁の十二夜』を読んだ感想

伯爵令嬢のジュリアと、海軍大佐アレックのロマンス。

 

ジュリアは、身分違いの相手デイヴィットに片思い中(本人は両思いと思ってる)。爵位をもっておらず、財産もないディビット相手にパパが猛反対してるので、仮面舞踏会でちょっとしたいたずらを仕掛ける事にしました。

 

協力者はジュリアの親戚のマリアンヌと、オペラ歌手のナリー。ちょっとセクシーなナリーとジュリアが入れ替わり、淑女らしからぬ手口でデイヴィットを誘惑。現場をマリアンヌ達に押さえてもらって既成事実を作っちゃおうという作戦。

 

でも、そこは恋愛未経験の伯爵令嬢なので、キス程度で現場を抑えて、シャンシャンとなるはずが…

 

 

なんとディビットを人違い。シャイな彼が、こんなに積極的なんて!!

 

 

と、ちょーっと結ばれるのが先になっちゃう系(笑)のロマンスです。間違ったお相手は、強面だけど色男海軍大佐のアレック。彼の、おとこっぽーい心の独り言が面白いですよ~。

 

『伯爵と花嫁の十二夜』のあらすじ&感想(ネタバレ)

 

私、最後なきました。ハーレクイン・ヒストリカルなのに・・・泣ける話か?と我ながら突っ込んでしまいたいのですが。

 

ざっくりあらすじを紹介します。パパ伯爵に反対されている恋路をなんか実らせようとやっきになっているジュリア。

 

強硬手段にでますが、なんと人違い。

 

観葉植物がおおいしげる温室に、ジュリアはデイヴィット(と思い込んでる男性)を連れ出します。既成事実をつくるため、アレコレ手をやくのですが!彼女の段取りがどこでどうまちがったのか、人違い。

 

間違えたお相手は海軍大佐アレックス。アレックはオペラ歌手の姿の女性が、、いいところのお嬢さんだとは思わず、誘われるまま火遊び感覚で関係をもってしまいます。

 

アレヨアレヨの内に、温室で現場を・・・・・デイヴィットやマリアンヌに見られてしまいます。

 

アレックは「小娘にはめられた!」と怒り心頭。でも、一方で無垢なジュリアを汚してしまったと思い、速攻「結婚するんだ!」と決意。しぶるジュリアを、ジュリアパパの所につれていき、結婚の申し込みをします。アレックは生真面目・誠実さには天下一品。でもお金はない。

 

まぁ、アレック自体、ちょっと面倒な性格ですわ。性格がいいとはお世辞には言い難い。自分とジュリアが関係を持ったことが世間にばれたら、自分の名前に傷がつく、妹のゆくゆくの縁談話に支障がでるかも、とかいう考えもありますからね。

 

 

彼女がいいとこのお嬢さんで、パパが多額の持参金をつけてくれて、逆玉で文句なしなんですが、腹の内は収まらない。いつかは漠然と、結婚してもいいかな~と思えるくらいに、いい感じの女性と家庭をもてたら、と彼なりに想いを馳せていたのです。

 

 

人違いで!!小娘の策略にひっかかって!!この大佐とあろうものが!!結婚!!ジュリアには、軽蔑と嫌悪の眼差しを向けて、もう酷いこと、ひどいこと。

 

 

とにもかくにも、大勢の祝福をえて二人は早々にゴールイン!

 

 

ジュリアは内心、浅はかな計略が招いた結果に意気消沈。アレックが怒るのも無理ないし、面目丸つぶれ・・・。彼女は単に、人がよくて考えが甘いだけなのですよ。

 

 

意に添わぬ結婚ですが、アレックのたくましい腕や男らしい姿に、ちょっと乙女心がゆれたりするジュリア。ディビットみたいな草食系小太り男とちがって、アレックはホンマモンの軍人ですからね!「ああ、あの時のことが忘れられない」というのは内緒!

 

 

それはアレックも同様。喧嘩はしますが二人の相性(?)は抜群なんです。アレックはジュリアが、嫌らしい策略家でもなければ、高慢ちきでもない事にきがつきます。

 

 

アレックはディビットの話がジュリアからでると何故か、面白くなく、「あんなんじゃ、30になるまでにブクブクに太るぞ」と心の中で暴言。

 

良からぬ計画をジュリアが練るからかもしれないから、夫婦の寝室は絶対に一緒じゃないとダメ!と頑固に譲らず。

 

自分のひげが、ジュリアの肌を傷つけるといけないから剃っておこーっと!と何気に気を遣う。

 

 

と、複雑な男心が揺れ動く様が面白い。

 

 

後半になるほど、ジュリアピンチです。身近な人の嘘・裏切りにあって、可哀想。後半、アレックもジュリアを誤解して、すごい勢いで怒りをぶつけます。もう手がつけられない。

 

海軍って、気性があらいんですかね。『拾われた1ペニーの花嫁』のヒーローも、激高した時にヒロインに文鎮なげつけてたし。アレックも負けてませんよ。

 

 

その後、アレックが懺悔するシーンに涙ホロリ。友達選びが下手なジュリアが、本当に心を許せるお相手と結婚できて、よかったね〰というオチでした。

 

 

アニー・バロウズ『子爵の理想の花嫁選び』を読んだ感想

アニー・バロウズ『子爵の理想の花嫁選び』を読んだ感想

社交界きっての花婿候補の子爵ハブロックと、落ちぶれた天涯孤独の貧乏貴族の娘メアリーのロマンス。

 

ハブロックの婚活から物語はスタート。自分の結婚相手は地味子タイプ!と決めてるハブロックが、なんとか理想の花嫁を探しまくり、結婚までこぎつけます。

 

 

ところが結婚生活は、思ったようにうまくいかないようで(笑)ちょっとした二人の気持ちのすれ違いに右往左往。短絡的で癇癪持ちのハブロックに、おっとり優しい地味子メアリーが、時には耐え、時には賢く行動する。凸凹カップルがいい味だしているロマンスです。全般的に、ハラハラドキドキするストーリーではありませんが、なかなか読ませる作品ですよ。

 

年下彼氏を温かく見守るような視線でハブロックの行動をみてあげてください。私のお気に入りの作品です。

 

 

ハブロックの結婚相手の条件とは?

 

 

ある時、ハブロックは、別れて住んでいる妹を、自分の手元に引き取るため結婚を決意。

友人たちと結婚相手の条件について相談をします。これがなかなか辛辣な条件で、乙女たちが効いたら憤死してしまうような条件ばかり。

 

  • とにかく結婚できればいいけれど、誰でもいいわけではない。
  • 美人でなくてもいいけど、跡継ぎ子供は必要。
  • ・ベッドをともにする気にならない程不細工でも困る
  • 高慢な女性は嫌
  • ・跡継ぎの子供が頭が悪くても困るからまったくの低能じゃダメ
  • ・あれこれうるさい親戚に悩まされるのも勘弁してほしい。

 

ハブロックと友人たちが、彼の結婚相手の条件に絞ったのはとんでもない条件。

 

孤独で貧しく不器量で従順。愛に基づく結婚でなくても結婚にくらいついてくるような二十日鼠のような娘が理想なんですって!!(怒)

 

 

この超しつれいな条件をすべて満たす妙齢の女性を探し始めたハブロックの花嫁捜しが、このロマンスの出発点になります。

 

失礼な結婚相手の条件のお眼鏡にかなったのは?

 

 

不名誉な結婚相手として、登場するのが、天涯孤独のメアリー。彼女は母親を亡くしたばかりで、遠縁の親戚の家に身を寄せています。地味で内気な彼女と知り合うやいなや、ハブロックは彼女を花嫁候補にロックオン。

 

このヒロイン メアリーは、地味で内気ではありますが、他人に寛容で、洞察力に優れており、子供好きのするとても優しい子なんです。なので、序盤、ハブロック&友人のゲスイ花嫁条件を知ってる読者は、ちょっとメアリーを可哀想に思うかも。

 

でもですね、結局、愛に基づく結婚でなくても~ とか、妹を引き取るために~とかいちゃってるハブロックなんですが、結局は彼女の気立ての良さに気づき、知るごとに惹かれていきます。

 

こうなってくると、読者は、ハブロックの超失礼な条件が、メアリーばれるであろう、後半の「お仕置き」に期待が高まるわけです(笑)

 

お金持ちでイケてるハブロックの欠点

 

社交界で花婿候補として引く手あまたのハブロックですが、ちょっと短絡的な性格。

まぁ、あんな条件を思いつくくらいですから。

 

具体的にはですね。

 

  • ・思ったことがすぐ顔にでる。
    ・癇癪もち。
    ・思った事が重い通りにならないと大声になる。
    ・計画性に欠ける。

 

 

どれも致命的な欠点。もう、普通だったら勘弁してほしいって思うようなタイプなんですが、地味でおとなしいメアリーは、とても賢く寛容な性格なので、彼を受け入れるために努力をします。

 

しかも!!ヒーローの最低な二十日鼠条件を知ってしまってからもです。あんな条件で選ばれて、腹立たしいでしょう(怒)

 

 

 

失敗を謝ることができる素直さのある人だし、彼なりに頑張っていることが大切だと思うし、なんて・・・・健気なんだ。

 

 

ロマンスの世界においては、好きなった方が負けなのか!!!

 

 

まぁ、いろいろ欠点も多いヒーローですが、年下の彼氏・旦那様としてなら、かなりいい線いってると思いますヨ。あれ、褒めすぎかな?

 

自分に素直で、まっすぐ。

それでいて自分の欠点を認め素直に謝ることができる。
何事も、頑張ってくれる(やや、空回り?)なのも可愛い。

 

 

日常の何気ない思いやりや、行動にグッとくると、寛容な精神のヒロインに共感できるのではないかな。

 

ストーリー後半、ヒーロー宛の皮肉の聞いた書置きも、彼女らしく、よくいってやった!!と褒めてあげたくなります。お仕置き万歳です。

 

見栄やプライドよりも自分の気持ちを素直に伝えあう二人の姿に読んでいるこちらが、心温まる一冊。