カテゴリー:ペニー・ジョーダンの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

ペニー・ジョーダン『恋の代役』を読んだ感想

 

タペストリーの修復士チェルシーのチェルシーと実業家スレードのロマンス。

 

チェルシーはある日、年の離れた姉から思わぬ頼まれごとをされます。

 

 

「娘の片思いの男性を誘惑してほしいの」

 

 

姉の話では、姪カースティーに言い寄られ、相手の男性はまんざらでもないらしい。17歳の少女を相手にする30代の男性だなんて!姉の心配に同調したチェルシーは恋の代役を引き受けますが、方向は思いもよらぬ展開に。

 

 

ヒロイン姉妹の早合点で、心乱されるはめになった実業家スレード。終盤、彼のチェルシーへ想いは一ページにもわたり、大演説さながら。ヒロインの世間知らずさが、ほほえましい作品です。

ペニー・ジョーダン『恋の代役』を読んだ感想(ネタバレ)

 

十代の頃、演劇学校に通っていたチェルシー。大分年上の男性に誘われ、苦い思いをした経験があります。親代わりの姉の反対を押し切ってまではいった演劇学校で、男性の寝室に連れ込まれるとは・・・・

 

ちょうど同じ年頃の姪カースティーが、30代の男性に熱を上げてると、姉から相談を受け

自分の過去の過ちを振り返ります。姉の話でいくと、姪のお相手の男性は、義理の兄の新しいボス スレード。

同じ年頃の男の子との交際ならこんなに心配しなくてすむのに・・・

 

 

姉のアンから思わぬお願いごとをされます。
「あなたなら、スレートをカースティーから引き離せるんじゃないかと思うのよ」

 

 

かつて得意だった演劇で、男を誘惑する妖婦の役を演じ、カースティーの目の前でスレードを誘惑してほしいというのです。

 

 

無理無理、と最初は断るチェルシーでしたが、涙ながらに頼み込んでくる姉の想いに負けて、本当の自分とは程遠い役柄を演じる約束をしてしまいます。

 

 

はやくも早合点姉妹のとんでも行動がうかがえるのですが、この後、姉のアンの指示が笑えるんですよ~

 

パーティーで美しく装ったチェルシーとの出会いを、姉がお膳立てしますが、当然思惑とは違う方向に。男盛りのブレードは、美しいチェルシーに一目ぼれ。

 

 

「カースティーに(いちゃいちゃしてるところを)みせつけてやってちょうだい」と姉の指令(残酷)

 

可愛い姪を、つまらない男の餌食にさせないわ、とばかりにチェルシーの演技に熱がはいります。「その調子でつづけて」と姉からのささやき!!

 

「念のために、あなたがあの人といっしょに帰るところも見せてやるといいと思うのよ」
よく知りもしない男性と、車で送ってもらうなんて危険極まりないですよね!

 

 

姉アン大丈夫か、と突っ込みをいられずにはいられません。

 

当事者のチェルシーにいたっては、自分が姪の心を傷つけてしまったのではないか、と心配する始末。そんなことより、君の貞操のが危ういよ~。

 

 

結局、スレードの車で一緒に帰るのですが、それで終わるはずがない。チェルシーの世間知らずぶりに驚きと笑いがこみ上げます。

 

 

 

後日、姉アンから彼女を心配する電話が入ります。
「実は夫ラルフから、あなたと新しいボスを一緒に帰らせたんで、こっぴどく叱られちゃって・・・」(義兄は、常識人ですね)

 

あの日、ピンチだったのは確かですが、何ごともおこらなかったのも事実。きっとスレード顔を合わせることもないだろう、と自分に言い聞きかせるのですが、ところがどっこいそれだけでは終わりません。なんといってもロマンス小説ですから!

 

今度は本業の仕事でスレードと関わることに。あの日、逃げられた怒りからか、チェルシーに辛くあたるスレード。

 

君は、純真なのか、それとも妖婦なのか。<おっちょこちょいで早合点デス

 

 

どちらの彼女が本当なのか困惑するスレードに事実を伝えるのは姪カースティー。スレードにすべてばれてしまい「消えてしまいたい~」と思う、チェルシーがひどく可愛い。すべての元凶は姉ですね(笑)楽しい気分になれる作品ですよ!

 

ペニー・ジョーダン『ジェシカの愛情研究』を読んだ感想

ペニー・ジョーダン『ジェシカの愛情研究』を読んだ感想

開業医ライルと心理学研究者ジェシカのロマンス。

 

両親が離婚したトラウマでジェシカは恋愛結婚に否定的。姉が結婚生活で苦労をして半ノイローゼ。その矛先がジェシカに向かってます。

 

 

どうやら、姉は義兄とジェシカが不倫をしてると疑っているらしいのです。ジェシカは事実無根と姉に伝えているものの、義兄の方は浮気する気満々!半分病んでる姉に、強くでることもできず悩み中。

 

 

そんな時、姉が「ジェシカ!あなたが結婚してくれたら、浮気をしてないって信じるわ!」

 

 

恋愛結婚に否定的なジェシカは、見合い結婚もいいかも!これはいいアイディア!「夫募集」の広告を出すことにしたのですが・・・・

 

 

彼女の広告に応募してきたのは、いつもプリプリおこってるドクターライル。色々訳ありライルとジェシカの不思議な結婚生活を描いたロマンスです。

 

 

愛情なんて、一次的な肉体的に惹かれているに過ぎないと一刀両断するジェシカの愛情研究の学説は正しいのか!

 

『ジェシカの愛情研究』を読んだ感想 & ネタバレ

 

私のお気に入りの一冊です。ペニー・ジョーダンの描くヒロインは、とかく思い込みも激しく、おバカさんが多いのですが、ジェシカはちょっとクールです。

 

 

ジェシカは姉からの不倫疑惑を晴らすために、広告で夫を募集。そこに応募してきたのがライルです。

 

彼の家に行くことになり、彼女所有のメルセデスベンツで向かいます。ジェシカは何冊か専門書もかいてる、結構有名な心理学の研究者なんです。<親の遺産もあってお金持ってます!

 

田舎道にまよってしまい、ベンツを道のわきにとめ、地図をながめていると、おんぼろステーションワゴンがやってきました。おんぼろ車から登場したのは、牡牛もここまで怒らんだろう!というくらいプンプンな男性。

 

「ちょっと車どけろよ!」と怒り心頭です。

 

ここで面白いのがジェシカの対応。車から降りてきた男性をちょーっと観察(笑)

 

 

相手は、ジェシカが、さっさとベンツをどけないことが気に入らないですし、上からしたまで自分の姿を値踏みするようみられるのも気に入らない。

 

 

「棚卸はすんだだろう?」と、ジェシカに無礼な言葉を投げつけます。

 

でも、そこはジェシカ負けてません。彼に一言!

 

「ファスナーが開いているんじゃないかしら?」

 

 

登場そうそうチャックが開いてるヒーローですよ!!(*’ω’*)

 

 

かなり生かした登場シーンに私は釘ズケ。そっとファスナーを挙げる男性の姿を、こっそりみながら「今わらったら殺されかねない」とジェシカは必死に笑いをこらえてます。

 

 

その後、さっきの男性@ファスナーが開いてる人が、自分のお相手候補だと知り、いろいろ彼の抱えてる事情がわかってきます。

 

実は、ライル自身は結婚に乗り気じゃないんですよね。お節介な妹が代わりに応募したんです。

 

 

ライルは離婚した妻が亡くなり、わんぱく盛りの二人の男の子を引き取って育ててます。愛情不足のため、息子たちは荒れ放題。全然ライルにもなつきません。悪さばっかりしてます。妹は、兄家族の行く末を心配して、ジェシカの広告に兄かわりに応募をしたのです。

 

 

ライルは乗り気じゃない。ジェシカに怒り心頭。

息子二人は、わんぱく盛り。いたずらなのか反抗期なのか。

住んでる家は、荒れ放題。誰からの愛情もかけられず、おおよそ住まいとは思えない。

あ、勿論ベットは別ヨの条件付き!

 

 

と、いう悪条件なのですが、ジェシカはライルと結婚を決めます。なぜに?もっといい条件はあったでしょうに!(笑)何故、ジェシカがライルと結婚したかというと「思うところがあったから」。

 

 

結構いい感じの生活が始まったものの、なんにも知らないライルは、若くて美しいジェシカが男やもめの自分と結婚するなんて、絶対なにか裏があるに違いない!と勘繰りはじめ、またもや、ぶりぶりおこってます。しかも義兄が懲りずにジェシカにアプローチ!

 

 

まぁ、わからずやの男性陣がとにかく痛い!<義兄とライル

 

 

でも、家庭やライルへの愛情を感じはじめ、自分の内面の成長をかみしめるジェシカが素敵なんですよ。自分の理論の間違いに気がつき、ライルへの愛を自覚してから、抑えきれない恋心(笑)や欲望に身を震わせるシーンが見どころ!。あ、お約束のバスタオルパラリもあります。

 

 

ペニー・ジョーダン『信頼ゲーム』を読んだ感想

ペニー・ジョーダン『信頼ゲーム』を読んだ感想

自己啓発セミナー経営のダニエルと、デザイナークリスタのロマンス。クリスタが所属している商工会議所の講師としてダニエルが招かれました。

 

「信頼」とかいっちゃって、なんだか、うさんくさい男。どうせ、人を傷つけるのも平気な厚顔無恥な男に決まってる

 

猜疑心に満ち溢れ、どうにかダニエルの化けの皮を剥いでやりたいクリスタ。実は、詐欺師扱いされているダニエルは、海よりも広い心の持ち主です。

 

のっけから、クリスタは、すごい罵り具合なのですが、後半はメロメロに(笑)

 

ペニー・ジョーダン『信頼ゲーム』を読んだ感想

ペニー・ジョーダンの作品の中では、知名度もなく評判もいまいち。でも、私の大好きな作品。どうしても、読みたくて手放した本を、再度入手しました。

 

数十年たっても、この本は私の萌え本です。萌えポイントいきまーす。

1)ヒロインの頑なすぎる性格。

 

私の大好きなペニー的ヒロインを極端にした性格。独りよがりで、かつ偏見持ちすぎ
魅力的とは、おおよそ思えないあさはかな行動。そして、自分の仕掛けた策に自らはまってしまう、おバカさん。かわいいなぁ。

 

 

2)うさんくさいヒーローの職業

 

自己啓発セミナー経営って・・・まぁ、いいんですけどね。えへん。もともとはオックスフォード大学の心理学の講師をしていたダニエル。お互いの信頼を高めるためのカリキュラムをうりに、信頼を世に普及するセンターを立ち上げます(笑)

でも、穏やかで優しい彼は、何度クリスタに噛みつかれても、めげません。なにしろ、彼はクリスタに一目ぼれ。大変な女性に惚れたもんだ。

 

信頼の大切さを、切々と言って聞かせるのですが(笑)

 

 

3)世間的にはどうなのよ、の展開

クリスタは、ダニエルに噛みつき、商工会のメンバーの前で、ある賭けをします。それは、ダニエルのカリキュラムをクリスタが受け、彼のいう「信頼」のすばらしさに彼女が目覚めるか、どうか。

 

絶対、絶対、ばけの皮をはがしてやると堅い決意のクリスタなのですが、彼女が連れていかれたのは、なんと彼の研修センターではなく、「自宅」。

 

いかにも牧歌的な農家。しかも、講師はダニエル一人。マンツーじゃないですか!!

しかも通常二週間のカリキュラムを、ダニエルは勝手に一ヶ月に延長していた!どうなの、独身男女が一つ屋根の下、一ヶ月過ごすなんて、うさんくさい

 

クリスタじゃなくても、信用なりませんよ。

 

 

人畜無害的なダニエルは「信頼が~」といいますが、そういう問題じゃない。クリスタきづけよ~。でも、負けん気の強いクリスタは結局、一ヶ月をダニエルと過ごす羽目になり・・・あとはご想像どうり、のお熱い展開。

 

4)クリスタの一人相撲

湖にでかけ、二人組でカヌーをこぐというカリキュラム。オールを手放し、二人が協力して手で水をかき岸に向かう。その、過程で信頼感を高める、という内容。

 

ところが、水が苦手なクリスタは弱みを見せたくないあまり、事前にダニエルに言えず、湖で一人(勝手に)パニックになり横転。

 

したたかに水を飲み、ずぶぬれ。

 

「あんたのせいよ!」とダニエルにつめよりますが、「君が一人で横転したんじゃないか」(確かに)その他、ダニエルの飼っているヤギにこずかれ、踏んだり蹴ったりのクリスタ。でも、弱みみせたくない彼女は一人相撲。かわいいな~、と思います。

 

と、まぁ、ちょっとアレな本なんですが、私は大好きです。最後、クリスタはダニエルにまいっちゃうところも好きなんですけどね。ちょっと強気なヒロインと、心の広いヒーローが素敵な一冊です。笑えるロマンスですヨ。