カテゴリー:ジャクリーン・バードの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

ジャクリーン・バード『二人のバレンタイン』を読んだ感想

ジャクリーン・バード『二人のバレンタイン』を読んだ感想

初恋の人と結ばれたゾーイ。お相手は伯父の法律事務所で働くジャスティン。

 

年の差をものともせず、二人は結婚へ一直線だったのですが誤解が誤解をまねき別居。

そしてゾーイは、ジャスティンの知らない場所で、彼の息子をひっそりと産みます。

 

シークレットベビーもので、息子のバルは重い病気。

 

 

でも、なんだかこの作品・・・悲壮感がないんです(笑)オイオイと、突っ込みどころの多い作品ですが、なかなか楽しめるので読み応えあり?ともいえるロマンスです。

 

『二人のバレンタイン』を読んだ感想<ネタバレあり>

 

もう、どうだかなぁーっていうのは正直な感想。いえ、小説としては面白かったですよ。

 

でも、ヒロインもヒーローも「早合点・勘違いしすぎ!」。特にヒーロー ジャスティン

「あーた、弁護士でしょ!」と突っ込みどころ満載です。こんな弁護士に仕事まかせられないですよ。

 

 

まず、二人は長年相思相愛。ゾーイは両親をなくしてて、伯父に引き取られて育てられました。伯父の法律事務所の「ホープ」がジャスティンなんです。小さなころからジャスティンをしってて、恋心つのらせてます。

 

毎年、彼女の所にバレンタインカードが匿名で届くのですが、この名もなきバレンタインカードの送り主をゾーイは勝手にジャスティンだと思い込んでます(笑)素敵なカードを毎年おくってくれるんなんて、って目がハート。可哀想に後々わかるんですが、カードの送り主は別人(笑)

 

彼女の育ての親の伯父もなくなってしまい、プラスの誤解もあってが、二人は結婚をします。円満かと思いきや、ゾーイの耳に、ちょっとした噂がはいります。

 

「ジャスティンは、自分が法律事務所の後継者になりたいからゾーイと結婚したんじゃね?」

 

まぁ、悪意満載。

「だって、ゾーイは、ジャスティンが今まで付き合ってきた女性と大分タイプがちがうじゃーん」という適当な理由。その噂の出所っていうのが、ジャスティンの自称元カノだったりするんですよ。

 

もう、ゾーイは嫉妬メラメラ。この元カノは病んでるですけど、そんなことゾーイはしったこっちゃありません!!

 

元カノは「もう、ジャスティンってすごいんだから!!(何が?」とか、あれこれ赤裸々にいってきて、ゾーイはその都度、心の中で「きーーーーーーーーーーーーーーーーっ」ってなります(笑)

 

 

私にはしてくれないのにって!!

この辺りのくだりは、どうでもいいがな~ってかなり笑えます。

 

 

で、ここが最初のボタンの掛け違いで、ジャスティンと別居。ジャスティン側の意見としては、年若き美しい彼女が別の男と浮気したんだろう、と思い込んでるわけですよ。

 

どんだけ、勘違いするの?って。

 

その後も、ジャスティンの妹をゾーイは恋人と勘違いしたり。ゾーイが「だって教えてくれなかったじゃない!」と怒ると、負けずにジャスティンも「皆が知ってることだ!」と反論。

 

皆って、あーた。小学生じゃあるまいし。

 

重い病気のバルがとっても可哀想なんですが、どこか悲壮感がないのは二人の性格ゆえにでしょうか・・・すれ違いというか、かんちがい・思い込みもここまでくると罪ですよ。

 

ジャクリーン・バード『天使と悪魔の結婚』を読んだ感想

ジャクリーン・バード『天使と悪魔の結婚』を読んだ感想

実業家アントンと海洋考古学者のエミリーのロマンス。

 

亡くなった姉の復讐のために結婚を決めたヒーロー。
復讐のはずが、素直で気立ての良いヒロインに入れ込んでしまいます。

強引・傲慢なメロメロヒーローの振り回されっぷりが楽しめるハーレクイン作品。

 

 

序盤のあらすじを簡単にまとめました

エミリーは、一族が主催したパーティーで実業家アントンと知り合います。
彼は、国際的な企業買収で巨万の富をきずいた天才実業家。華麗なる女性遍歴をもつ男性。
暗く危険な雰囲気をもつアントンに一目で惹かれます。
 

 
一方、アントンはフェアファクス一族への復讐のため、パーティーに参加していました。
姉を自殺に追いやった男。
チャールズ・フェアファクス。
いかにも良家の子女のエミリーをみて、アントンはあるアイディアを思いつきます。
チャールズの娘、エミリーと結婚するのは、どうだろうか。
 

 
エミリーの家族に関する秘密を利用して、彼女をうまく操ってみせる。

 

 

 

 

感想です<ネタバレあり>

アントンは短絡的な性格で、エミリーは楽天的な性格。二人の性格の違いが巻き起こすトラブルが笑えます。
そもそも、アントンの目的は復讐。イギリスの名家フェアファクス一族へ復讐しようと、彼らの所有している会社の敵対買収を目論むのですが、堅実な経営をしているフェアファクスの会社は隙がありません。
 

 
そこで、思いついたのがエミリーとの結婚。方向転換が早い。
 

 
復讐の強い思いがあったのにもかかわらず、エミリーが思いのほかいい子だったので、プロポーズの段階から甘い結婚生活を思い描きドキワク。
彼女のベッドですやすや寝ている姿をみると、「彼女の父親の所業は胸に秘めておくか」と、早くも方針転換。

 

 
おーい、復讐は?

 

 

その後も、何故かエミリーと、ちょっとした諍いがあった時に、父親への恨みを暴露。方針転換の転換(笑)しかも簡単にばらすのね。
エミリーも、愛していたアントンの心のうちを知り、悲嘆にくれますが、なかなかしたたかです。愛されていないなら、離婚したいと申し出ますが、そんな申し出を、エミリーラブのアントンが許すはずもありません。
 

 
彼は、復讐は建前で、エミリーを愛しているから手放したくない。
アントンはすでにフェアファクス一族の会社にかなりの金額を投資をしていました。
 

 
もし、彼女が、自分と離婚をするなら、フェアファクスへの投資を一気に引き上げてやるとアントンはエミリーを脅します。手段を選びません。このあたりは強引。
離婚をしたら、一族の会社が危機に陥る。
かといって、愛されていないアントンとは結婚生活を送りたくないエミリー。
 

 
華麗なる女性遍歴なアントンはきっと浮気をするはず。
そうだ、慰謝料請求すればいい←ナイスアイディア
そして、これが最後になるのだから、彼との旅行を謳歌しよう←前向き
現実的なエミリーに個人的に好感度アップです。
 

 
一方、アントンは迷走中。
ニューヨークでエミリーが所在がわからなくなったと聞き、大慌て。エミリーは慣れないニューヨークで迷子になり、警官に助けを求めます。
大切な商談をフイにして、黒いフェラーリを警察にのりつけるアントン。

「確かに私の妻です。ご面倒おかけしました」

迷子救出。
 

 
さらに海洋考古学者のエミリーが、ベネゼエラ海域で調査を始めた時期に、ハリケーンがくるという情報が。
政府に交渉して、海軍を出動させ、救出。(海軍?!)
 

 

「どうしてほかの女性のように宝石や洋服や贅沢な暮らしに満足できないんだ?」
「君を愛しているせいで、いつか僕は破産させられ、命まで縮めてしまう」

メロメロありきで読み進められるので安心して(?)読み進められる作品です。
おもしろいなぁ、ハーレクイン。こういう面白い作品があるので、やめられません。

ジャクリーン・バード『愛しすぎた結末』を読んだ感想

ジャクリーン・バード『愛しすぎた結末』を読んだ感想

ラテン系ヒーローのちょっとヤンデレぎみ(!)ロマンスをご紹介します。37歳、男盛り。190センチ90キロの巨漢な実業家。

 

 

 

物語はじめは、鼻歌交じりのご機嫌さんなのですが、ヒロインへの独占欲にさいなまれ、少しずつ行動はおかしく(?)なっていきます。

 

ヒロインは、深く物事を考えない性格なので、実にお似合いのカップル。ネットでのレビューはいまいちでしたが、強引に奪われる(?)ストーリーがお好きな方は楽しめますよ

 

 

序盤のあらすじを簡単にまとめました

ラウルは世界的な実業家。ペニーは彼と一緒に世界各地を同行し、ホテルで彼を待つ生活をしています。

 

豪華なホテル、華やかな生活。

 

素敵な食事や劇場につれていってくれるラウルは、それまでのペニーが目にしたことのない世界をみせてくれました。しかも、夜は、熱烈に愛してくれる。

 

 

ペニーは、ラウルから愛される喜びと、その深さを知るのですが・・・ほんの少しの不安が心によぎり、「いつかラウルが結婚を申し込んでくれるはず」そう信じて23回目の誕生日を迎かえます。

 

 

今回の出張先は中東。誕生日当日、ラウルはプレゼントをペニーに渡します。ものすごい高価なブレスレット。

 

ひょっとしたら指輪をおくってくれるかも、と期待していたペニーはがっかり。その後、一緒に誕生日を過ごせないことを詫びたラウルはビジネスに向かいました。

 

 

独りぼっちで過ごす誕生日。いつもラウルを待つだけの生活に疑問をもちはじめたペニー。急いで、その考えを頭から振り払います。今日は、自分の誕生日。ラウルは、8時になっても、ホテルへ戻ってこない。

 

 

はじめてのアラブの国をみてみようと、夜の街へでかけることにしました。ホテルの受付で、もらった案内図を頼りに、夜の通りをあるくペニー。

 

 

突然、腕をつかまれ「いったいどこへ行くつもりだ?」

 

 

ラウルの緊張した顔と、鋭い声。ラウルは一人ではなく、数人の男性たちと一緒にいました。どうやら、この国の高貴な身分の人らしい。「ほれぼれする」ペニー露骨な興味を示す男性。その後、ペニーに怒りを爆発するラウル。

 

 

「いったいぜんたい何をする気だった?」
「完全に気が狂ったのか?」
「自分をみろよ――その服は体の線が丸見えじゃないか。やれやれ!君は男とみれば片っ端から言い寄らずにはいられないのか?しかもこのドバイで、シークにまで」

 

感想です<ネタバレあり>

もともとは薬剤師だったペニー。偶然出会ったラウルと恋におちて、誘われるがままに彼に同行する生活をおくるようになりました。

 

 

いつか、ラウルがプロポーズしてくれるはずと、夢見る女性。対して、ラウルは結婚に躊躇する37歳。結婚をねらう女たちから自分を頑なに守っています。

 

 

そんな彼が、ペニーと出会い、彼女といるだけで「浮かれぽんちポンチ」です。
浮かれ具合が可愛い。若い愛人にのめりこむ、青年実業家。それが世間の目(と、読者の目)

 

二人きりの時は、濃密な時間を過ごしていても、いったん外にでれば、ペニーにはいやらしい視線がまとわりつきます。それが、ラウルには許せません。

 

 

一方、ペニーは物事を深く考えないので、自分の行動が世の男性を刺激してるとはサラサラ思いません。嫉妬心にあおられたラウルは、もやは偏見の塊。

 

その後、些細な行き違いや、売り言葉に買い言葉があり、二人は別れます。ペニーを取り戻すラウルの強引な行動は犯罪すれすれ。

 

いや、犯罪?

 

ペニーの友人は、ラウルを危険視しますが、まさにその通り!普通の人はそうおもうよね。当事者のペニーは、ラウルを愛するあまり、いや、もともとの性格なのか、彼に薬をもられたり誘拐されたりと波乱万丈です。

 

後半、ペニーは自分を振り返り反省の発言も笑えます。

まったく間抜けもいいところだ。
おでこに”ひっかかりやすいちょろい女”と明記してあるんじゃない?

 

 

ペニーようやく、気が付いたか!(笑)

 

ひかかりやすいちょろい女ペニーと、あくなき所有欲と異常な嫉妬心のラウル。ぼんやりヒロインは、大切にヒーローに守られ幸せに暮らせば、オッケーなので、なかなかお似合いなカップル。

お幸せに~