カテゴリー:シャロン・ケンドリックの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:シャロン・ケンドリック

シャロン・ケンドリック『妹と恋人の間』を読んだ感想

シャロン・ケンドリック『妹と恋人の間』を読んだ感想

実業家マットと、彼の家の家政婦の娘デイジーのロマンス。

アメリカで有名ロックシンガーと結婚をしたマット。

 

 

 

生まれたばかりの娘を残し、妻は突然死。シングルファーザーとして頑張って娘を育てるマットが、イギリスの生家に戻ってきました。

 
少女の頃からマットにあこがれていたデイジーは、はついに十八歳。

 
なんとか傷心のマットを慰め、そして自分の大人になった証明をしたいと頑張るデイジーが、ちょっと滑稽で感じがかわいいロマンスです。

 

 

栄えあるハーレクイン名言集に選ばれし本

 

全然知りませんでしたが、ハーレクイン名言集なる本があるようですね。私はあの有名なカフェオレ・ライターさんのHPで知りました。

 

カフェオレ・ライターさんが、数あるハーレクインセリフの中から選んだ、こっぱずかしい名言の中の一つが、この本に収録されています。
 

 

 
知らずに手とったのですが、まさかこの本とは!!
 

 

 
じゃ、迷言、もとい名言のシーンをちょこっと紹介します。
 

 

 

あらすじまとめ

自称大人のデイジーは、将来を嘱望される数学の才能をもった女の子。脚の怪我が原因で、学校でいじめにあってしまい、途中で学校を途中でやめてしまいました。それはマットには勿論ナイショ。

 
彼女の母親は家政婦なのですが、それは名ばかり。じつは、母親は親友の家で、ちょっとした手伝いをしながらデイジーを育てています。

 
お金持ちの友達の家に、転がり込むのもアレなんで、一応「家政婦」という形をとっています。

 

 

 

そういう状況なので、デイジーは少女の頃からマットと一緒の家で暮らしています。彼は、デイジーにとって兄であり先生であり、とにかく憧れの人なわけです。

 

 

 

突然、電撃婚をしてしまったマットに傷ついたデイジーでしたが、10歳も年が離れているので仕方ないと、ある意味割り切るのですが・・・・

 

 

 

もう、18になったし。町の男の子たちは、セクシーだっていってくれるし。大人の女性だって、認めてほしい!!シングルに戻ったマットに、頑張ってアッピールし、二人のロマンスストーリーが進んでいきます。

 

 

 

意外や意外に常識人なヒーロー

シャロン・ケンドリックの作品で、私が魅力を感じるのは、やっぱりヒーローのキャラ設定。
 

 

 
ヒーローがボンボンすぎて、世間ずれしていない浮いた感覚の持ち主って設定が多い。
 

 

 
ところが、この作品のヒーロー マットは意外に常識人。
やっぱ十八はまずかろうと思い、デイジーに惹かれつつも自分の気持ちを押さえます。
 

 

 
が、やっぱりアレなんですよ。突拍子のない性格が隠せない。
普通にいい人とか、素敵な人、とかいう枠にはまらないのがイイ。というか、はまってほしくありません。折角のシャロン・ケンドリック作品なんですもの。期待しちゃいます。
 

 

 
一押し、シーンはやっぱり名言集で取り上げられてるマットの風呂上りシーン。
押せ押せのデイジーを、マットは、ちょっとビビらせてやろうと、威嚇(?)します。
 

 

 
なんと、初心なデイジー目の前に、風呂上りで腰に巻いてるタオルをとるぞ、と脅すワケです。

よし、デイジー、そんなにゲームがしたいのなら、しようじゃないか。

いやいや、ゲームじゃないし。やめれ~と大爆笑です。

 

 

 

後半、唐突に二人の別れと再会エピソードが盛られていて、やや駆け足な印象。
どうして、マットが電撃結婚をしたのかの下りも、ちょっと微妙な感じ。

でも!このゲームのシーンを読むだけでも、私は満足。あの有名なシーンはこれだったのね、とハーレクインの見聞が広がりました。

 

シャロン・ケンドリック『パリの情事はほろ苦く』を読んだ感想

シャロン・ケンドリック『パリの情事はほろ苦く』を読んだ感想

シチリアの名門カルディーニ一族を率いるサルヴァトーレと、彼のロンドンのオフィスに出入りしているアルバイト掃除婦ジェシカのロマンス。セクシーで、お金もあって、ベッドのテックニックも最高。
上流階級の女性たちが舌なめずりしながら、彼を狙っています。
まとわりつく女性たちを追い払うため、自分のオフィスに出入りしてる掃除のアルバイトの女性と「恋人のふり」をすることにしました。ちょっとした遊び心だったはずが・・・

 

 

彼の自意識過剰ぶりと、大げさな表現。
空気の読めなさ加減が半端なく、冷静なジェシカの対応に苦笑すること間違いなしの一作。つっこみ入れながら楽しめる作品。

⇒パリの情事はほろ苦く (ハーレクイン文庫)の詳細をみる

 

序盤のあらすじ

ジェシカは、昼間は販売会社の仕事。夜は、清掃会社でアルバイト。
ロンドンで暮らすには、お金がかかるのです。

彼女の清掃担当は、サルヴァトーレの会社。イタリアの名門一族のロンドン支社です。

 

大企業の会長と、一介の掃除婦。お互いに立場をわきまえ、ジェシカは彼を素敵だな、と思いつつも色目をつかうこともなく掃除に取り組んでいました。

 

たわいない、ちょっとしたおしゃべりをする関係になったころ、彼から思わぬ提案をうけます。どうやら、サルヴァトーレの知人が、独身の彼を心配し、お相手を紹介する気でいるらしい。

 

いつも女性から追いかけまわされているサルヴァトーレは、友人のお節介を苦々しく感じていました。彼の故郷シチリアも、ロンドンも、サルヴァトーレを一人にしておいてはくれないらしい。

 

「さっき話したディナーパーティ―に一緒に行かないかと思ってね」
「それほどむずかしいことじゃない。ときどき僕の目をみてうっとりするような顔をすればいいだけだ。そう大変なことじゃないだろう」

彼はからかうような目つきでジェシカをみました。
彼が、それを頼める女性は百万人はいるでしょうに!どうして私?

 

感想

久々にハーレらしい突っ込みどころ満載の作品を読みました(笑)このヒーローなら、もっと話が長くても楽しめます。

 

自意識過剰ぶりが滑稽を通り越し、「物事の道理」を教えてやりたくなりますね。
ジェシカに対する、無神経な言動は女性の敵。

イタリア人ヒーローなら、これくらいは当たり前?
それともハーレのヒーローだから?

 

 

全世界の女性が自分と結婚したがってると勘違いしています。ちなみにジェシカはその筆頭とみなされてます。

彼女の初心な言動も、サルヴァトーレを惑わし、結婚にこぎつけるための策略と勘違い。
感じ悪いことこの上ないのですが、突き抜けすぎて、逆に笑えるレベル。

しかも、世界をまたにかける大企業の会長わりにはせせこましい性格。

 

 

ヒロインに恋に落ちた瞬間から、ジェシカがキラキラひかってみえるでもなく、細かくケチをつけるサルヴァトーレ。

 

 

初々しい彼女がかわいいと思いながらも、ジェシカの下着が気に入らない。
実用的なブラジャーにがっかりですって(笑)
あと、パンティーストッキングも気にいらない。ストッキングとガーターベルトをはきたまえ。

 

ぷ。どうでもいいような命令です。

 

 

もっと大きくグローバルに物事とらえてほしい。
しかも、一般的に物事を考えられない。

 

 

初めてのデートの後、ジェシカは彼と愛を交わすのですが、泊まっていけと引き留めるサルヴァトーレの誘いを断ります。

 

 

だって、着替えがないもの。
明日会社に同じ服をきていけない。

 

 

そこで、サルヴァトーレはすねちゃいます。
なんて、デートの後、愛を交わすのは予想できる事態なのに、どうして着替えや歯ブラシの準備をしてこなかったんだ。

 

 

ジェシカは、考えて優しく返事をします。

「それは、そんなことをしたら、あまりにも・・・見え透いているからよ。
もし私が一泊用の旅行鞄をもってディナーの席に現れたらどう思う?」

サルヴァトーレが改心をして、彼女に結婚を申し込むくだりをもうちょっと楽しみたかったのですが、ページの都合上やむなしです。

 

もっとジェシカに、あやまっていただきたい。
傲慢すぎるヒーローがお好きな方なら、是非ともお手にとっていただきたい一作です。