カテゴリー:シャロン・サラの記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

カテゴリー:シャロン・サラ

シャロン・サラ『花嫁の困惑』を読んだ感想

シャロン・サラ『花嫁の困惑』を読んだ感想

牧場主ジャスティンとウェイトレス マリリーのロマンス。

 

 

マリリーはレストラン<ロードランナー>のウェイトレス。時々訪れるジャスティンにほのかな恋心を抱いていました。

 

彼は、オーダーをとるマリリーを、ちょっとからかって楽しんじゃうようなモテ男。

育ちのいい彼は、さりげなく女性は「ハニー」と呼んでいい気分にさせちゃいます。

 

そんなジャスティンが、吹雪で立ち往生。家に帰れず<ロードランナー>にやってきたではありませんか。

 

そろそろ、仕事を上がろうとしていたマリリーは、ジャスティンに思わぬ申し出をするのですが・・・

 

 

このマリリー、すごい女性です。

短編ながら、スカッとやってくれる作品。前半はマリリーがジャスティンを、後半はジャスティン母を、冷静にやり込める様子がなんとも、あっぱれです。

 

悲しい経験を経て強くなったヒロイン

 

舞台はテキサス州のアマリロ市。ジェイコブズビルのような架空の街ではなく、ちゃんと実在の都市です。

 

ここで、ヒロインのマリリーはレストラン<ロードランナー>のウェイトレスとして働き生計をたてています。天涯孤独のマリリーは、とっても悲しい過去を背負っています。

 

彼女の母親は父親に殺され、逮捕された父親は、数年前にテキサス州の司法によって刑せられ、この世を去りました。

衝撃的な家族の醜聞を、吹聴することもせず、両親はなくなったとだけつたえ、ひっそりと暮らす毎日。

 

そんな彼女の楽しみは、時々おとづれるイケメンカウボーイのオーダーをとること。

イケメンカウボーイは、ジャスティンという名前で、お金持ちの一人息子らしい、ということしかマリリーは知りません。

 

吹雪で立ち往生した彼が、一夜を明かすため、<ロードランナー>にやってきたのを、ちょっとした思い付きでマリリーは「私の家でよければ、部屋を貸すわよ」と申し出てしまします。

 

 

「ベッドはないけど、ソファーで良ければ使ってね」

 

 

 

<ロードランナー>のオーナーはそれをきいて超心配になります。

そんな、うら若き女性が、大人の男を、いっくら困っている人とはいえ、自宅に呼び込み止めるのは大丈夫なのか・・・・

 

オーナー、マリリーを止めてあげてよ~。

 

 

 

吹雪の夜、二人の関係は一気に急転<ネタバレ>

 

ジャスティンは、ちょっとかわいいな~と思っていた、行きつけのレストランのウェイトレスから、お誘いがあって、のっかっちゃいます。

 

しかも、さえないウェイトレスだと思っていた彼女。そのウェイトレスの洋服を脱ぎ、私服に着替えると、ナイスバディではありませんか。

 

ああ、グラビアページから抜けでたようだ、と心で大絶賛。

吹雪で荒れ狂う夜、二人で甘いひと時をすごすにですが・・・
翌朝、マリリーに一言も告げず、そうそうにジャスティンは逃げてしまいます。

 

 

ええーっ!!! ハーレのヒーローにあるまじき行為。

 

しかも、マリリーは妊娠。6ヶ月もの間彼女を放置ですよ(怒)

 

マリリーは涙をぬぐい、自分とジャスティンの気持ちの違いに傷つきながらも、一生懸命働いて、身重ながらも<ロードランナー>で働いています。

 

 

結局、ジャスティンは自分の行動を後悔し、意を決して<ロードランナー>に来店するのですが、彼女が妊娠してる事実を目撃。動揺のあまり、大勢の客の前で、彼女を怒鳴りつけ、詰め寄るなど、おおよそ思いやりのかけらもない行動をとってしまいます。

 

切々と、彼の気持ちが語られるのですが、やってることから考えると、そんなのしったこっちゃないですよ。

 

でも、マリリーも負けておらず、バッチリ彼にお灸をすえるのがとっても爽快。

よくやったと、観客もといレストランのお客も心で拍手をしてるはず。

 

 

紆余曲折あり、ジャスティンはマリリーと結婚するのですが、マリリーを金目当てで息子をたぶらかしたとイジメてくる姑登場。後半は、嫁姑バトルです。

 

 

「母さん勘弁してくれよ」と、ジャスティンは母親をけん制するのですが、可愛い息子をとられて憎いばっかりの姑は、嫁マリリーを嫌らしくイジメます。

 

 

でも、ここでもマリリーは負けてません。一本、芯が通ってるので姑の想像を超える行動で反撃。

 

 

短いながらもメリハリのきいたストーリー。筋がとってるヒロインがお好きな方は楽しめますよ。

 

ジャスティンは、この記事だけ読んだら、とんでもない奴ですよね。

ああ、フォローするわけじゃないけど、悪いやつじゃないんですよ。本当に(笑)ただ、シャロン・サラの他のヒーローと比べると見劣りしちゃいますけどね。

 

シャロン・サラ『傷ついたレディ』を読んだ感想

シャロン・サラ『傷ついたレディ』を読んだ感想

牧場主ケイスと、料理人リリーのロマンス。

 

 

 

ヒロインの心が癒されるのを、あたかく見守るヒーロー。心の準備ができたら、いつでもおいで、と言わんばかりの愛情に、胸が温かくなる一冊です。

 

 

 

爽やか感動とともに、癒される作品として人気を集めているロマンス。

 

ハーレクイン2016年上半期ベストロマンス大賞 第四位なのも、なるほど!な作品。

誠実ヒーローとの出会いなら、この作品!私の大好きなロマンス小説です。

 

傷心のヒロインのあっと驚く意外な決断

舞台はロサンゼルス。結婚式まであと2ヶ月という時、リリーは交通事故が原因で、顔に消えない傷ができてしまいました。偶然、病院内で、婚約者のトッドとリリーの担当医師の会話を聞いてしまいます。

 

「結婚式まで、あと二ヶ月足らずなんです。これでは延期するしかありません。リリーもあんな顔でバージンロードを歩きたくはないでしょうし・・・・」

 

トッドの心無い発言に、リリーは傷つきました。内面よりも、外見を大切にする人とは結婚できない、リリーは、婚約解消を申し出て、二人は別れます。
リリーとトッドは、同じ法律事務所で働く同僚。結婚はとりやめましたが、トッドを顔を合わせるのもつらいリリーは、しばらく休暇をとり身体を休めることにしました。

 

 

そんなある時、オクラホマ新聞の牧場の料理人募集という求人広告欄を見つけます。彼女は、興味深い広告に惹かれ、応募の電話をかけますが、電話に出たのはハスキーな声の牧場主。

 

「臨時雇い、一日三食、週に六日の牧童たちの食事をつくる仕事。寝る場所はある。どうする?」

遠く離れたオクラホマでなら、この傷ついた気持ちの整理できるかもしれない。リリーは、料理人として働くためオクラホマは行くことを決意しました。
 

舞台はオクラホマ。牧場主 ケイスは料理人がやってくる日を正確に覚えておらす、ピックアップトラックが到着してようやく思い出します。

 

 
紹介状もなしにやってくる料理人に期待もしていません。牧童頭も、こんな牧場に三か月も住み込みでやってくる料理人は、老女なのでは、と考えていたくらいです。

 

 

 

 

ところが、ケイスはリリーを一目みて、雷に打たれたようなショックを覚えます。
牧場の土ぼこりと風の中で、身じろぎせず立っているリリー。若く美しい彼女に恋をしてしまったのです。

 

 

 

誠実ヒーローに何度となく胸キュンするあまーい作品

シャロンサラの作品を初めて読みました。まるで、二人で初めてデートにでかけた感覚です。(私とケイスのデート。彼の人柄に触れられてよかったです。(笑))

 

 

 

 

誠実ヒーロー超イイデスネ!

 



「鬼畜(ヒーロー)なら、この場面は一発当てこすりなのに」と、突っ込みたくなる部分も、優しいケイスは、傷ついているヒロインにツンツンも、意地悪も、当てこすりもなし。

 

 

鬼畜ヒーロー好きの方が読めば、辛いもの食べた後に、甘いものたべた感覚になること間違いなし!別の意味で、グッとくるはず。鬼畜も誠実も味わい深くなる、そんな作品です。

 

 

さりげない男らしさがとっても素敵なヒーロー

全般、通していい話なのですが、特に私のお気に入りは、ヒロイン親子が、彼女を心配をしてケイスの牧場にやってきた時のこと。
食卓を囲むヒロイン・ヒーロー+ヒロイン親子。
ふとした弾みで、元婚約者のトッドが話題になってしまいました。
ヒーローは、ヒロインの心の傷を察し、そっと黙ってテーブルクロスの下から、他の人にわからないように彼女の手を握ります。傷心を少しでも励ましてあげたい、支えになってあげたいケイスのさりげない男らしさ

 

 
本当は、俺のこと好きなんだろう?
わかってるよ。
君の心がいやされるまで。
待つから。
(ケイスの心の声)

 

 

 
かなり後半になるまでキスだけで我慢する、彼のスタンスに胸キュンです。
一方、リリーもケイスを好きなのですが、トッドの前例があるので、自分の気持ちを信じられません。

 

 

 

男を見る目がないのかしら、と自分に不信感を持っています。彼から見つめられると、無意識に頬の傷に手をやってしまいます。彼女を愛する人たちの、限りない優しとぬくもりに心洗われる一冊でした。

早くケイスの胸に飛び込んでほしい(笑)