タグ:大富豪の記事一覧

ロマンス手帖

ハーレクインロマンスなどの海外のロマンス小説の感想ブログ。あらすじの紹介です。多少のネタバレあり。

タグ:大富豪

チェリー・アデア『七年目の誘惑』を読んだ感想

チェリー・アデア『七年目の誘惑』を読んだ感想

インテリアデザイナー ジェシーと大富豪ジョシュアのロマンス。

 

実は、二人もうすでに夫婦なんです。でも書類上の夫婦で7年もの長い間、顔をあわせてません(笑)しかも衝撃的なんですが、ジョシュアはジェシーの顔を忘れてます。

 

そんな二人が、再開してジョシュアがジェシーにゾッコンになっていくのですが、ジェシーにはちょっとした目論見があって・・・・

 

という、仮面夫婦のロマンス。ジュシュアは色男なんですが、コミュ障ぎみ?ちょっと、フィフティのヒーローっぽいですよ。<展開が

 

チェリー・アデア『七年目の誘惑』を読んだ感想 ネタバレ

 

ジュシュアは大金持ち。もう大富豪といってもいくらい。まぁ、親族間でいろいろありまして、ある日、「結婚しなければ社長の座は譲らん」とおじさんから脅されるんですわ。

 

「なんとしても、すぐにでも!結婚せねば!」と思い立って、適当にはいった安食堂のウェイトレスをヘッドハンティング。

 

毎月の手当てもだすし!

書類だけでいいし!

だから結婚してくれって、めっちゃ失礼な申し出をウェイトレス「ヴィラ」します。当のヴィラは氷の男「ジョシュア」の、ちょっぴりよろめいちゃって(笑)偽装結婚に同意。

 

いいのか、そんな安易で!

 

で、ふつう、ここからロマンスが始まるでしょ?

 

 

はじまらないんですよ~7年放置。しかも、結婚した相手の名前はヴィラでもないし。ジュシュアは毎月、金を振り込むだけ!

 

でも、ヴィラことジェシーは、彼のお金で貧乏から抜け出せたし、

 

一生懸命勉強をしなおして大学にも進学できたし、

いいだしっぺの、ジョシュアのおじ(?)や弁護士とも知り合って、

 

おじさん二人とも

「なんだ、あのジョシュアのヤロー。こんな気立てのいい娘さんを利用しやがって!」

と味方もふえて、なんだかいい感じになってます。

 

ただ、7年前にであったジョシュアだけが・・・・・彼女を振り向かない。なんか、彼女の中でジョシュアは、ナイトになっちゃってます(笑)金しかふりこんでないのに、恋は盲目ね。

 

で、大人に成長をしたジェシーは、どうしても彼の子供が欲しくなって、弁護士通じて「子供が欲しい」と申し出るのですが、けんもほろろに「病院いって、体外受精すれば?費用は僕がもつからさ」と結構冷徹な返事がかえってきます。

 

 

もうこの段階で、ひでー野郎だな、と思いません?

 

 

それでも、ジェシーはめげずに、ジョシュアのおじ様と弁護士に人肌ぬいでもらって、

「色仕掛け」で再開するわけですよ!

 

排卵日以外にはデートしません!(笑)のジェシーに、翻弄されるジョシュア。

 

どうして、彼女は僕の愛人にならないのか!とモンモンとするのが痛快です。

なるわけないじゃん、妻なんだからさ~。

 

ジョシュアのプレゼントのセレクトも超変だし

プレゼント拒まれて、傷ついてる理由も変だし

 

 

BDSMっぽくはないですが、まぁ、そんな感じのプレゼントだと想像してくださいませ。最期、7年もの間、放置した自分の妻だったとわかる彼のお仕置きが痛快です。

 

 

 

面白いから、コミックスも買ってしまいました。うまくまとまってます!

 

ロビン・ケイ『大富豪と結婚しない理由』を読んだ感想

ロビン・ケイ『大富豪と結婚しない理由』を読んだ感想

企業再生のプロのロザリーと、自働車販売店オーナーの大富豪ニックのロマンス。二人は、雪の日の高速道路で出会います。ロザリーは、愛車フォルクスワーゲンがパンクしてしまい立往生。苛立ちのあまり、愛車へ激しい蹴りをいれる怒りぶり。

 

そんな荒ぶるロザリーを目撃したのはニック@大富豪。「自分の正体」を隠し、ちょっと面白そうなロザリーをデートに誘います。

 

何から何まで、期待を裏切る豪快な彼女に、ニックはもう夢中!段々と惹かれるにつれ、自分の正体を隠してる自分がつらくなっていき…

 

 

イタリア系アメリカ人カップルのラブコメディ。コンテンポラリー作品らしい軽快さと、ライトなノリで読み終わりハッピーな読書感。女の幸せが、ぎゅっとつまったニックのヒーロー像に、ロザリーでなくても心動かされる作品です。

 

『大富豪と結婚しない理由』の感想とあらずじ(ネタバレ)

えー、ヒロイン設定が斬新です。

 


結婚願望ゼロ。
汚部屋の住人。

 

「朝、カーテンをあけなければ、夜にしめなくてすむじゃん。ナイスアイディア!」

 

 

そんなヒロインなので、母親がガミガミ小言をくりだしてきます。おおよそ家庭的といえない彼女ですが、経済的には自立していてバリバリ仕事してます。企業再生のプロですよ。エリート臭しますね!

 

 

彼女の恋愛観は

  • 女性にとって、分が悪い結婚なんて、するわけないでしょ。
  • どうせ、新しい女に鞍替えされちゃうんだし。
  • キャリアを棒にふって、家庭にはいるなんて、考えられない。

結婚願望ゼロ、そして汚部屋住人ロザリーは、なんとも素敵な男性と出会ってしまいます。

 

 

高速道路で立往生しているロザリーを助けてくれ、車もけん引してくれた!しかもデートまで誘ってきた(笑)

 

 

 

普通の女性なら、ニックにメロメロなはずなんですが…まぁ、なんてことでしょう!

あまりのハンサムすぎる笑顔に、ロザリーは心の中で「このイタチ野郎」と唱えます。

 

 

ニックはロザリーを、面白そうな「いかれ女」と心の中で唱えているのですが、知らぬは本人ばかりなり。

 

 

まぁ、なんだかんだいっても「いかれ女」と「イタチ野郎」は、お互いああ素敵だなと思ってるわけですよ(笑)

 

 

一番ピッタリきたのはお互いの考え方。結婚なし、将来の約束なし。あとくされなしの恋人関係。

 

 

ロザリーの恋愛観にニックはびっくり!!なんといっても花婿候ナンバーワン扱いだったので、教会につれていかれるのにいつもびくびく。結婚のケの字を感じたら、即お別れしてきた歴代彼女たちとは全然違う!

 

 

なんとも居心地が良さそうだ、と内心シメシメ。

 

ところが、ロザリーの「いかれ具合」は、ニックの枠を超えていて、驚くばかり。

 

  • ・ベッドの中以外では、べたべたしたくない→スポーツ観戦のときに野次が跳ばせない
  • ・ニックには、さっさと帰ってほしい。→ゆっくり休みたい
  • ・電話は私からするからニックしないで!

 

 

一方、ロザリーは付き合いが早いうちからニックが大富豪だと知ってしまいます。でも、結婚するわけじゃないから、別にいいよ。お互いの約束守ってるうちは、と思うのは前半のみ!

 

情熱的な二人のロマンスは、序盤からアツアツ。見どころは、ロザリーの豪快な言動と、ニックの保父さん的な行動!掃除・洗濯してくれて、干しっぱなしのブラジャーまで畳んでくれるんですよ!

 

 

二人の生活のリズムが合うようになったころ、後半、心の距離が浮き彫りになっていきます。

 

ニックは自分の正体を黙っていること。ロザリーは、彼が正体を打ち明けてくれないこと。果たして豪快なロザリーの恋愛観と結婚観はどうなるのか?

 

 

軽いノリで楽しめて、ハッピーな読書感の作品です。