この記事は約 3 分で読めます

デビー・マッコマー『運命の結婚相手』を読んだ感想

薬剤師ジルと不動産開発会社社長ジョーダンのロマンス。

 

二人の出会いは、シアトルからハワイ行きへの飛行機の中。

ジルは航空会社の手配ミスで、エコノミークラスからビジネスクラスに変更。

 

ちょっとラッキーな旅の幸先だったのですが、おとなりの席には、いかにもヤングエリートのビジネスマン。

5時間のフライト中、ひっきりなしに仕事をしている姿をみて、いやいや自分の「運命のお相手はこの人じゃないわ」と心の中で思います。

 

 

「伝説のウェディングドレス」が織りなすジンクスが、なんとも素敵にちりばめられ、運命のお相手って素敵!と思わせてくれるロマンスです。

 

が!!!この本。ハッピーエンドかどうかは、人により微妙なライン。途中までは、とっても素敵なんですが、ピリリと現実感を感じる結末です。甘いロマンスを期待してる方は、ご注意を。

 

 

手に入れてから出会った最初の男性と結ばれる「伝説のウェディングドレス」

 

 

手にした女性は必ず運命の相手と出会える「伝説のウェデイングドレス」が手元にあるジル。自分のお相手はどの男性かしら?と、バカンスに向かう途中、出会う男性に、ちょっと期待してたりしましたが、お隣の席に乗り合わせたビジネスマンは違うらしい(笑)

 

亡き父親は、仕事人間だったので、ジルは仕事一筋の男性は、恋愛対象外なのです。父なき後、寂しい人生を送っている母と同じ道は歩きたくない。

 

 

 

フライトが終わったら、バイバイね、と内心思ってはいますが、そうは問屋が卸さない。

 

運命の神様のいたずらなのか、本当に彼が運命のお相手なのか・・・

 

どこかシニカルなジルは、友人から譲られたウェディングドレスにまつわるジンクスを、ちょっと馬鹿にしながらも、ちょっとした偶然の積み重ねで、怯え恐れるようになります。まさか、ね。

 

 

 

 

このドレスにまつわるジンクスは、とってもロマンチック。

友人の伯母ば、ドレスを手に入れてからビビッときた人と結婚。そして、友人も同じく。

全く、お相手として考えていなかった男性と結婚を決めてしまいます。

 

 

 

幸せになってほしいと、友人はジルに、訳あり?ウェディングドレスを譲ってくれるのですが、ビビっときてしまってる男性は、あのビジネスマン。

 

ああ、どうか、彼ではありませんように。

 

 

 

 

ところが、フライトを終えたら、2度と出会わないと思っていた男性と、ホテルが同じ。そして、向かい合わせ棟の同じ階、同じ位置ではありませんか。

 

これでは、丸見えです(笑)

 

ビジネスマン ジョーダンは仕事でハワイに滞在、ジルはバカンスを楽しむためにきています。偶然乗り合わせた飛行機の隣の席だった人が、同じホテルの滞在先だと知り、なんとなくお近づきになっていくのですが・・・

 

 

彼と触れ合うたび、ちょっとしたキスをするたび、胸が高まりビビビときちゃい、ジルは「ヤバイ」。

 

 

知れば知る程、ジョーダンという男性は、愛に懐疑的。周囲の人間は、彼を少し心配してるようです。

 

情にあついジルは、少しずつ彼に愛を教えてあげられるのは私なのではないか・・・と、理想の結婚相手と、運命が告げる結婚相手の間で葛藤します。

 

もうね、このあたりが不思議な出来事が連発で、ロマンチックなエッセンスが満載なのです。中盤さしかかるあたりまで、これはジュニアが読んでも楽しめるかも、なんて思ってたのですが。が。

 

 

意外な結末に、わたくし「ぽかーん」

 

某掲示板に、こういう結末の本があるよ、と書き込みがあり、存在は知っていたのですが、まさか、この本がそうだとは!衝撃だったので、一応記しますね。

 

 

 

ネタバレになりますので、結末知りたい方は、アコーディオン オープンにしてください。

ジョーダン、最後には失業しちゃうんです。失業ヒーローですよ。斬新すぎる。彼、お金持ちだから、暮らしていくには困らないらしいのですが・・・これって、微妙じゃないですか?結局、愛と仕事を天秤にかけて、愛をとった末おこってしまった、この厳しい現実を、ハッピーエンドとしてしていいものか、否か。数年ゆっくりしたら、なにか別の事はじめるんですって。

 

 

この結末でなければ、★4だったのに。でも、この結末だから、デビーマッコマーらしいのかな、とも思ったりします。