この記事は約 5 分で読めます

デボラ・シモンズ『魔性の花嫁』ディ・バラ家の物語(2)を読んだ感想

ディ・バラ家シリーズ2作目は、三男ジェフリーと、お隣の領地の一人娘エレナのロマンス。兄弟で一番、穏やかで優しいジェフリーと、性格の悪さは超ド級のエレナ。
見どころは、インテリヒーロー ジェフリーが取り乱す姿と、気性の荒いエレナが繊細な乙女へ変身するところ。

二人が心通わせ、結ばれるシーンはハンカチ必須。
シリーズの中で、一番おすすめの作品です。

 

ディ・バラ家の物語ってなに?と疑問に思った方に簡単に説明します

早くに母親をなくし、男ばかりで暮らしてきたディ・バラ兄弟。
屈強な騎士の6人が、「結婚」におびえおののきながらも、愛する伴侶をみつけるロマンスストーリーです。時代は中世、主にイングランドが舞台。一部ウェールズへも舞台が移ります。

 

1話、1ロマンス。6人兄弟+父親のキャンピオン伯の7つの物語で完結。

 

1作目と2作目はストーリーを持ち越している部分も多いので、順番に読む事をおすすめします。単独で読んでも面白い作品もありますよ。
●過去記事●
1作目 器のでかさは兄弟イチ。
長男ダンスタンと、心優しいマリオンのロマンスはこちらから⇒デボラ・シモンズ『狼を愛した姫君』を読んだ感想
 

前作までの簡単なあらすじ

ダンスタンの領地ウェセックスと隣フィッツヒュー。
フィッツヒュー領主は、ウェセックスを自分のものにしようと虎視眈々と狙っていました。しかし謀ごとむなしく、フィッツヒューは逆にダンスタンに返り討ちにあい、命を落とします。
フィッツヒューの領主は不在の状態。領地を巡る争いを避けたい国王は、ディバラ兄弟にフィッツヒューの一人娘と結婚し、ディバラがフィッツヒューを治めるようにと命令を下します。
初夜で夫を刺殺したと噂のある娘を、誰が妻にしたいとおもうだろうか。ですが、国王の命令には逆らえません。
戦々恐々の兄弟は、くじで結婚をきめることにしました。

 
結婚することになったのは、兄弟で一番温厚で優しい三男ジェフリー・・・

 

序盤のあらすじを簡単にまとめました

6人兄弟、長男と次男は腕自慢。豪胆な長男ダンスタン、冷酷な次男サイモン。
三男のジェフリーは二人と違って学問肌。

 

 

騎士として、遜色はありませんが、ちょっと上二人とはタイプが違います。そんな、彼が気性の荒いフィッツヒューの娘と結婚。

 

 

周囲は心配をします。
「サイモンあたりなら、じゃじゃ馬をおさえつけられるのに」
キャンピオン伯から一言、ジェフリーに助言がありました。

「お前は皆と同じに強くもあるが、知恵もある。剣のみならず頭と心を使って、妻となる女を扱うのだ。」
「人は常に見かけどおりとは限らない。結婚するときには、心を開いてほしい。ディ・バラ兄弟多しといえども、おまえこそ、この忠告を心にとめておける男だ」

 

 

噂どうりの娘だとすると、癇癪もちで、口汚く怒鳴り散らす。粗暴なふるまいで有名。
初めの夫を、初夜の床で刺殺したのは事実。
殺された夫と同じように彼女と結婚をするとなると、二の足を踏まずにはいられない。

 

 

兄夫婦がうらやましく、自分も愛のある生活を送りたいと、願っていたのに。
相手は、見るも恐ろしい女か。
それとも、武装した大女。
髪はべとべと、歯が抜けてるとか。

 

 

そういえば、フィッツヒューの娘の年齢もしらない。老女かもしれない。

 

 

悪い想像が膨らむ、自らの結婚が絶望の淵にあると感じるジェフリー。ですが、彼の花嫁フィッツヒューの娘を目の間にして驚きます。エレナは、醜くもなく老女でもない。

 

 

ぼさぼさ頭と、ぶかぶかの服のむこうに見えるのはほっそりした身体の、端正な顔立ちの娘。琥珀色の瞳が印象的な女。鬼婆でも怪物でもない、と動揺するジェフリーでした。

 

 

 

醜くゆがませ口汚くののしる姿が彼女の本性なのか。エレナ野蛮なふるまいに頭をなやませながらも、ふとした時に垣間見せるエレナの美しさ気づくのに時間はかかりませんでした。

 

 

感想です

 

 

ジェフリー、かなりいいです。フィッツヒューの領地全体が貧しく抱える問題は深刻。
ジェフリーは、領地全体が豊かになるべく、彼にできる最大の努力をします。
改革に取り組む彼は、非常にストイック。
そんなジェフリーが、自分を失う行動をしてしまうなんて、読んでるこちらが萌えてしまいます。彼、本当に誠実なんですよ。
エレナの男性観は完全に歪んでいます。奇人のふるまいは、暴力的な父親や男達から自分の身を守るため。彼女の住むフィッツヒューでは、男は酒を飲むと年頃の娘と戯れ、尻をおいかけまわすのは日常茶飯事。

 

 

「男なんて皆同じ。汚らわしい」価値観です。そんなエレナなので、紳士のジェフリーが、礼儀正しく彼女に接する理由が全く理解できません。
一方、もともと温厚ジェフリーは、口汚くののしられる理由がわかりません。理不尽すぎると感じますが、ひとまず我慢、我慢。

 

 

結婚してからも、無理やりエレナを求めたりはしません。堪忍袋の緒が切れそうになり、ちょっと、どなちゃったりしますが、そのこと自体に反省しちゃうタイプです。
二人の気持ちは、かなり中盤になるまで平行線。惹かれあっては、疑り、傷つけあっては、求めあうといった具合で進展します。
 

 
エレナは、猜疑心(ジェフリーが自分をだまそうとしてるのではないか)、ジェフリーは、理想の花嫁像(兄弟たちが、エレナをどう思うのか、自分はこういう人と結婚したかったとか)が邪魔をして結ばれるまでに時間がかかり胸がきゅんきゅんしっぱなしです。
 

 
紆余曲折ありますが、ボルテージマックスになったのは、ジェフリーがエレナに贈物をする場面。ジェフリーは、意図せずしてエレナを傷つけてしまいます。無神経な自分の行動や態度を深く後悔するジェフリーと、謝罪を素直にうけいれるエレナ。
 

 
これをきっかけに、エレナは、ジェフリーが自由と希望を与えてくれる男性だと気がつきます。おかしな金切り声も、ナイフをちらつかせることをしなくても、守ってくれる。愛する喜びを知り、輝くような美しい乙女へエレナは変身します。

 

 

このシーンは、胸キュンを通りこし、涙がでました。
最後、ジェフリーはダンスタンに、エレナとマリオンをデザートに例えます。誰からも好かれる心優しいマリオン。気性は荒く、自分だけにしか優しい面を見せないエレナ。

いかにもジェフリーらしいたとえ話。ネタバレではありませんが、とってもいい話です。読みたい方はクリックを。
「ただの実演さ。さあ、両方の皿を見て。片方はミルクプディング。
こってりして甘くて食べごたえがある。
もう一方はりんごのペストリーで、しょうがとシナモンとアーモンドが入っていて、少しぴりっとする。どっちがいい?」
頭がおかしくなったかと、ダンスタンがジェフリーを見た。
「当然、ミルクプディングさ」
「そうだろうね」ジェフリーがにっこり笑う。
マリオンが大喜びで両手を打って笑った。
「つまり、わたくしはミルクプディングというわけね?」
ダンスタンの驚いた目を、ジェフリーは澄ました顔で受けとめた。
「わたしは少しばかりぴりっと刺激のあるほうがいい。ミルクプディングも、それを好きな人も、嫌いだってことじゃないけどね」