この記事は約 4 分で読めます

ダイアナ・パーマー『あなたと一緒なら』<テキサスの恋3>を読んだ感想

テキサスの恋シリーズ3作目。
男性恐怖症ヒロインのネルと、彼女を包み込むようなヒーローのタイラーのロマンス。妄想が暴走(?)してしまう初心なネルがほほえましい作品。がつがつしてない育ちの良さを感じさせるタイラーがカッコイイ!シリーズの中ではお気に入りの一冊です。

 

 

前作までの簡単なあらすじ

バレンジャー兄弟はジェイコブズビルで飼育場を経営しています。

●過去記事●
バレンジャー兄弟のロマンス
アビーとバレンジャー兄弟の弟カルフーンロマンスはこちらをどうぞ。

タイラーは、結婚するならアビーみたいな子がいいな、と思いながらも潔く身を引きます。

ダイアナ・パーマー『子供じゃないのに』<テキサスの恋1>を読んだ感想

ダイアナ・パーマー『子供じゃないのに』<テキサスの恋1>を読んだ感想

記念すべきテキサスの恋シリーズ第1作目。アビーとバレンジャー兄弟の弟カルフーンが主人公です。彼らは家族同然。お互いの両親が、再婚目前に事故死。アビーは頼る人がい...

 

 

兄ジャスティンとタイラーの妹シェルビーのロマンスはこちらをどうぞ。

ジェイコブズビルに残されたタイラーの妹シェルビーの物語。今回のタイラーとネルの物語より前後します。

ダイアナ・パーマー『祝福のシャンパン』<テキサスの恋2>を読んだ感想

ダイアナ・パーマー『祝福のシャンパン』<テキサスの恋2>を読んだ感想

テキサスの恋シリーズ2作目。若き青年実業家バレンジャー兄弟の兄ジャスティンと、ジェイコブズビルの名家の娘シェルビーのロマンスです。二人はかつて婚約をしていた仲。...

 

 

テキサスの恋シリーズって何?と疑問に思った方に簡単に説明します

アメリカのテキサス州。ジェイコブズビルという架空の町を中心にしたロマンスのシリーズです。くわしくはこちらをどうぞ。

【まとめ】ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>情報のまとめ

【まとめ】ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>情報のまとめ

ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>シリーズを、より楽しむための情報を集めました。テキサスの恋シリーズって何?と疑問に思った方に簡単に説明しますアメリカテキサ...

 

 

 

総てを失った名家出身のヒーロー

ジェイコブズビルの名家 ジェイコブズ家が破産しました。

 

 

破産を免れるように、頑張ったタイラーですが、力及ばず、先祖から譲り受けた資産をすべて売却。そして、彼は借金の返済のため、アリゾナのとある観光牧場へ、カウボーイ頭として働くことになったのです。
そこで待ち受けていたのが、今回のヒロイン 男性恐怖症ネルです。彼女は、父親と兄をなくし、牧場を相続したのですが、牧場を経営する手腕が足りず、困っていました。

 

 

 

身体の線がでる服を嫌い、ダブダブのジーンズとブラウスが定番の24歳。

 

 

 

タイラーは牧場の監督の仕事をするため、ネルの観光牧場にきましたが、素朴で世間ずれしていないネルを、てっきり18、19歳くらいの「女の子」だと勘違いします。
彼が少しでも、牧場で快適にくらしてほしいと心づかいをするネですが、実は空港で初めてあった時から、タイラーに好感をもっていたのです。
ある時、ネルの家の家政婦ベラがタイラーに忠告します。
「あの子があんたにのぼせあがるのをとてもみていられなくて」
女性になれたタイラーに傷つけられたら可哀想というベラの親切心です。(超おせっかい)
タイラーは、ネルが24歳のれっきとした大人の女性だと、知らされ驚きます。

「彼女がそんな気持ちでぼくに接しているなんて」
「恋に恋するおてんば娘にまつわりつかれるのはごめん」
「ネルはかわいいけど、どうみたって美人とはいえない」

大人の経験をつんでいる女性とつきあってきたタイラーは答えました。
偶然、タイラーとベラ会話を耳にしたネルは、またもや自分の殻に閉じこもってしまいます。

 

 

手持ちの服で、せいいっぱいのおしゃれをしたり髪型を工夫したり。ネルの淡い恋心は砕け散ってしまいました。またもや、ダブダブスタイルへ逆戻り。

 

 

 

その日から、ネルのタイラーへの態度はよそよそしくなります。
避けられていることに気づいたタイラーは「理由を教えてほしい」ネルはベラとタイラーの会話を聞いてしまったと、彼に告白します。しょんぼりしたネルの目には一粒の涙

 

 

 

「自分が、あなたみたいな人に好かれるような女じゃないことくらいわかっているわ。もう、あなたを追いかけたりなんかしません」

心無い言葉でネルを傷つけてしまったタイラーは「君が聞いていたなんて、思いもしなかった・・・・」と言葉が見つかりません。

 

 

 
その時、タイラーは、心の奥が揺さぶられるのを感じ、彼女の“美しさ”に気がついたのでした。

 

 

自己評価の低いヒロインが自分の美しさに気づくときに胸キュン

タイラーは、がつがつした所があまりない男性です。心無い発言も、お目付け役の家政婦にネルとの関係を、釘をさされたので、ご安心ください的なリップサービス的な上乗せしちゃった感が強いです。
「自分なんて、美人じゃない」と自己卑下するネル。でもタイラーは、彼女に優しく悟ります。

 

「美しさにもいろいろあるんだよ、きれいに化粧した顔だけが美人じゃない」

 

 

 

この段階で、タイラーの気持ちバレバレなのに、ネルは純情なので気が付きません。

じれったい!!
美しい兄嫁(未亡人)や、ネルの初恋の男性が登場し、ネルは(一人で勝手に)混乱します。タイラーは美しい兄嫁が好きなんじゃないの?

 

でも、私にも優しくしてくれる。二股?兄嫁との関係は完全なるネルの誤解。
男性は、おしゃれやメイクに関心をもつ美人を必ず選ぶはずだ、というネルの思い込みです。
タイラーはついに怒りが爆発します。ネルに「好きだ」といっても、信用しない。自分は好かれるに値しないと思っている。
最後のシーン、タイラーはネルに聞きます。

「ぼくはなにを望んでいると思う?」
「あなたがほしいのはわたしなんでしょ?」

「あなたがほしいのはわたしなんでしょ?」なんて、すごく勇気のいる言葉です。キューン。(←胸の音です)

 

 

温かく包み込むような優しいタイラーと、はにかみ屋で、初々しいネルの素敵なロマンスの一冊でした。もちろん、観光牧場はネルとタイラーが二人で立てなおします。(逆玉?ハッピーエンド)

◆テキサスの恋 第4作目は・・・
舞台はワイオミング州に飛びます
第2作目のヒーロージャスティンの友人 ストイックなクインがヒーローです。

 

ダイアナ・パーマー『銀色のスポットライト』<テキサスの恋4>を読んだ感想

ダイアナ・パーマー『銀色のスポットライト』<テキサスの恋4>を読んだ感想

テキサスの恋シリーズ4作目。ロックバンドボーカルアマンダと、気難しい牧場主クインのロマンス。閉ざされた雪の山、周囲は一面の銀世界。舞台は、テキサス州ジェイコブズ...