この記事は約 2 分で読めます

ダイアナ パーマー『ちぎれたハート』を読んだ感想

外科医ラモンと看護師ノーリーンのロマンス。
ラモンの亡くなった元妻と、ノーリーンは従妹同士。
「妻が死んだのは君のせいだ」
大きな誤解から、ラモンはノーリーンに憎しみをぶつけるようになりました。

 

さすがダイアナ・パーマーの人気作。ノーリーンの孤独ぶりが半端ないく涙もろい方はハンカチ必須。
孤独で独りぼっちのヒロインを、励まし、応援したくなる一冊です。

 

 

「妻を死なせたのは君だ」片想いの相手から詰られ続ける悲しい設定

 

ヒロインのノーリーンは看護師。

 

 

彼女にはひそかに想いを寄せる男性がいました。片想いの相手は亡くなった従妹イザドラの夫ラモンです。

 

イザドラの死の原因を作ったのはノーリーンと思い込み、ラモンは、彼女が原因で妻が死んだと(!)なんども繰り返します。なんとも切なく悲しい設定です。
ラモンは優秀な外科医。

 

 

看護師ノーリーンとは、職場でたびたび顔を合わせます。その都度、当てこすり。嫌味。
ラモンのノーリーンに対する視線は厳しいものでした。

 

 

  • 「ノーリーンはイザドラのお粗末なコピー」
  • 「さえない金髪、グレーの目、これといった特徴のない顔立ち」
  • 「美しい従妹(イザドラの引き立て役)妬んでるんだるだろう」

 

 

読み手のこちらが、(この後の展開でおそらく)恥をかくことになるヒーローが心配になるくらいの毒舌です。

 

 

しょっぱなからダイアナ先生が飛ばしてます。

 

 

ラモンの亡き妻とノーリーンの微妙な関係。ヒロインの抱える重大な秘密が明らかに

幼いころ両親と死に別れたノーリーンは、叔父夫婦に引き取られ、従妹イザドラと一緒に育ちました。
美しく華があり皆の注目を一身にあつめる従妹イザドラ。
一方、イザドラの引き立て役に甘んじるノーリーン。
途中、イザドラの自己中心的な考えや、彼女のノーリーンに対する妬みも絡み合い、二人の微妙な関係が読み取れます。

 
ストーリーが進み、ノーリーンが抱える秘密が明らかになり、彼女をとりまく厳しい現実が、ラモンを含め周囲に明らかになり衝撃をうけます。

 

時すでに遅し。ラモン反省すべし、です。

 

ストーリー全体に漂う雰囲気は「はかなげ」。文庫の表紙そのもの

誰からも助けの手はなく、自ら助けを求めず、孤独の中で「自分の命の決断」をしたノーリーン。

 

 

彼女の「命」は、とてもはかなく、その姿は痛々しい。

誤解がとけるまでの、ノーリーンの可哀想加減や、ひとりぼっち度はかなりのもの。

私もちょっと涙が出そうになりました。

 
前半のノーリーンに訪れる運命の過酷さと、後半のロマンス甘い展開。メリハリのきいた展開に甘さが一層引き立ちます。

 

 

人気作なのも納得の作品。

 

私のブログでも、この記事はアクセス数多いです。息の長い作品なんですね。