この記事は約 4 分で読めます

テキサスの恋9作目。
ジェイコブズビルでは知る人ぞしるトンガってる男J・Dと、お嬢様のフェイのロマンス。
J・Dの繰り出すパンチは強烈。ジェイコブズビルでは、誰も彼に逆らいません。
彼ののロマンスのお相手は、ジョージア州からきたフェイ。お金持ちの箱入り娘が、恐れ知らずにもJ・Dに一目ぼれしました。二人のロマンスは、お金にまつわるハプニング続き。
ハーレでは珍しい共働きカップルのお話です。

 

前作までの簡単なあらすじ

バレンジャー兄弟はジェイコブズビルで飼育場を経営しています。
弟カルフーンは、紆余曲折を経てバレンジャー兄弟の妹分アビーとゴールインしました。
兄ジャスティンは元婚約者シェルビーと誤解がとけ幸せな結婚生活。
兄弟が経営する飼育場は順調に大きくなっていきました。
第9作目では、バレンジャー兄弟が秘書を募集。
そこにやってきたのは、初めての自活を頑張るフェイ。
今回のヒロインです。

 

テキサスの恋シリーズって何?と疑問に思った方に簡単に説明します

アメリカのテキサス州。ジェイコブズビルという架空の町を中心にしたロマンスのシリーズです。くわしくはこちらをどうぞ。

【まとめ】ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>情報のまとめ

【まとめ】ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>情報のまとめ

ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>シリーズを、より楽しむための情報を集めました。テキサスの恋シリーズって何?と疑問に思った方に簡単に説明しますアメリカテキサ...

 

 

 

序盤のあらすじを簡単にまとめました

舞台はアメリカ テキサス州 ジェイコブズビル。
ヒロイン フェイは、もうすぐ21歳。
両親を事故でなくし、ジョージア州からジェイコブズビルの伯父の元にやってきました。
もともと裕福なフェイは、21歳になれば両親が残してくれた信託財産が手に入ります。
あと、2週間。
伯父は、なぜかフェイを自分の知り合いと結婚をさせたがっています。

 

このままだと結婚させられてしまう


  • 勇気を振り絞り、ジェイコブズビルのとあるバーに出向きました。
    箱入り娘のフェイにとって、一世一代の勇気を振り絞った行動です。
    メルセデスベンツでのりつけ、デザイナーズブランドのジーンズをみにつけたフェイにはそぐわないバー。
    荒くれもののカウボーイたちが、彼女をみつめます。
    誰か、私を助けてくれる白馬に乗った騎士はいないのかいら。
    ひげ面のカウボーイが彼女に声をかけました。
    「やあ、かわいこちゃん、踊らないかい?」
    人を待っているからと彼女は断ります。
    「その気になれば、二人で楽しめるぜ」
    なかなかしつこく絡んできます。
    「そろそろくることだと思っていたよ」日焼けした男性がフェイの腕をとると、荒くれもののカウボーイをひと睨み睨み。
    自分の連れだと、相手をけん制し、彼女を救い出してくれました。
    明らかに仕事着とわかる色褪せたジーンズ。
    背が高く、引き締まった身体。そして何よりダイヤモンドのように光る瞳。
    フェイは、自分を救い出してくれた目の前の男性に、恋をしてしまいました。

 

感想です

お金持ちのフェイの窮地を救ったのは勿論J・D。
最初は、金にうるさい亭主関白気取りの嫌な奴だなぁ、というのが私の正直な感想。
金持ちの娘は嫌いだ、とフェイを傷つけるシーンばかりが印象的ですし、バレンジャー兄弟の飼育場でのJ・Dの態度もひどいもの。
カルフーンの妻、アビーにいたってはJ・Dとフェイの結婚には心の中で反対しています。
うーん。アビーの気持ちもわからなくはないな。

 
ですが、再読時には、ちょっと違う印象を持ちました。
まず、彼はとてもモテるらしいのですが(笑)、それも納得。

 
確かに偏狭なものの見方で、彼女を傷つけますが、自分が間違っていたところがあれば、時間を置かずに謝罪しています。気性が荒いわりには、フェイに対しては実直です。

 

 

彼女と久しぶりに会えた時には、うれしくなって顔がほほ笑んでしまいます。そんな自分が、恥ずかしくて、カウボーイハットを目深にかぶってしまったり、となかなか初々しいじゃありませんか!
そんな姿、バレンジャー兄弟の飼育場で、言いたい放題の気難しいJ・Dの面しかしらなければ、やっぱ反対でしょうね。

 
そして、ジェイコブズビルのヒーローの中では、一番、女性を熱くさせる甘い囁きをしています。よ、J・D!やるね。

 
出版された年代が古いので、テキサスの恋シリーズのヒーロー口説きには、やや苦笑してしまったり、人間的な面白み(?)を感じるのですが、J・Dは甘いですよ。甘い囁きには、さりげないタッチもおまけでついてきます。

 

ハーレなので過激な描写はありませんが、読んでるこちらが(勝手に)盛り上がってしまいます。

 
紆余曲折があり、二人は結婚しますが、お金持ちで働くことに慣れないフェイに、とても協力的です。

 
自分は、料理も、掃除もできるから、手伝うよ、と申し出ます。
二人で働けば、絆が深まるね、という考え方。

 

 
J・Dは、動物保護団体に複数加入しており、牛の飼育や動物に対して熱く語るシーンがあります。
このあたりダイアナパーマー作者自身の考え方が強くでてる作品なのではないかな、と感じます。
今後でてくるサイパークスの牧場や、バレンジャー兄弟の飼育場、そしてメサ・ブランコ連合牧場の総監督のJ・Dが登場するエピソードでは、有機飼育についてさらりと織り込まれています。
作者の主張が気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

◆テキサスの恋の次作は・・◆

第10作目 『夢からさめたら』 は、3人のちびっこギャングを育てるシングルファーザー エメットがヒーロー。
子供たちもかわいいのですが、エメットが素敵。お気に入りの一冊。

ダイアナ・パーマー『夢からさめたら』<テキサスの恋10>を読んだ感想

ダイアナ・パーマー『夢からさめたら』<テキサスの恋10>を読んだ感想

テキサスの恋シリーズ10作目。シングルファーザーとして3人の子どもを育てながらロデオで活躍するエメットがヒーローです。彼のお相手は、エメットの妻と駆け落ちをした...

実はこの本は<テキサス探偵物語>シリーズを読んでから手にとった方が断然楽しめます。

ダイアナ・パーマー『この恋、絶体絶命!』<テキサス探偵物語1>の感想

ダイアナ・パーマー『この恋、絶体絶命!』<テキサス探偵物語1>の感想

アメリカのテキサス州南東部の街、ヒューストンにある私立探偵社の職員が登場人物の三部作。もともと、ハーレクインシルエットデザイアから1993年に発行され、その後、...