この記事は約 3 分で読めます

エマ・ダーシー『愛の使者のために』を読んだ感想

家具職人ジャックとブライダル企画会社の共同経営をしているニーナのロマンス。

 

ジャックは大の子供嫌い。

 

友人の出産祝いに訪れた産婦人科医院で、八か月前に口論の末わかれた元恋人ニーナと再会します。

 

 

 

ああ、ニーナ。なんで突然、僕の前から去っていたんだ。

彼女が忘れられないジャックは、思いもよらぬ場所で彼女と再会し、茫然とします。

 

が!さらに驚くのは、ニーナは、見舞客でなく入院患者の服をきていたこと。

 

 

ま、まさか。

 

 

そう、期待を裏切らない、まさかの展開のロマンス。

 

 

ニーナ大好きなジャックが子供ぎらいを克服するべく奮闘する姿が、痛々しくも笑え、そして応援したくなるロマンス。ジャックのナルチャン的な珍思考とっても面白い作品です。

 

 

スポンサーリンク


 

大好きなヒロインをとられてたまるか!大嫌いな赤ちゃんと共存・共栄を決意するヒーロー

 

8か月前、自らの妊娠を告げようとしていたニーナですが、ジャックが子供嫌いと知り口論。そして、妊娠の事実をいいそびれ別れてしまいました。

 

 

ニーナとジャックは、相性ピッタリで、それはお互い認めるところ。

 

 

ニーナ以上の女性はいない。ジャック以外は愛せない、とまぁ、お互いなくてはならない存在なのですが、唯一の違いは子供に対する見解の相違。

 

 

 

結局、産婦人科で鉢合わせ、ニーナの妊娠・出産が発覚するのですが、ジャックはここぞとばかりに、粘りを見せます(笑)

 

 

ニーナをとられるのが、我慢ならない。でも子供も一緒でないと、ニーナは戻ってきてくれない。

 

ああ、葛藤。子供は嫌いだけど、自分の子供は可愛い・・・かも?

 

 

結局、ジャックは、ニーナの愛と信頼を勝ち得るために、赤ちゃん嫌いを克服し、さらに口論の時にうっかり吐いてしまった暴言を撤回するべく、ニーナに行動で熱烈アピール。

 

 

 

一方で「人間、そんなに簡単に性格はかわらないわよ」とニーナはつれない態度で接します。たしかにね。

 

 

私の赤ちゃんに、酷い事されるのは、まっぴらごめんだわ。だからジャックとよりはもどせないの。

 

スポンサーリンク



ヒーローの珍思考が噴飯もの(ちょっとネタバレ)

ジャックは、結婚を申し込むものの手ひどく拒絶されます。押せ押せの彼は、ニーナと同居するあたりまでは持ち込めるのですが、この辺りから彼の思考がおかしくなります。

 

まず、彼女との同居がはじまりワクワクのジャック。なんたって、八か月ぶりの甘いひと時を過ごせるのですから、誰にも邪魔されたくない。

 

 

もう、本当にニーナ大好きなんです。

 

 

そこで、彼は、うまれたばかりの赤ちゃん(娘シャーロット)に、「パパとママの邪魔をしないでくれよ。夜はネンネしてね」と、夜泣きしないように、言い含めるわけです。

 

夜泣きに邪魔されることもなく、二人きりの時間をすごせて、ご満悦のジャックですが、後から問題が勃発。

 

 

あんまりぐっすり眠ってしまったシャーロット。

 

 

夜中、授乳できずニーナの胸が母乳ではってしまったのです。ぱんぱんに張り詰めて痛そうなニーナ。なんとか力になりたいジャックは、強制的に母乳すいだす搾乳機を薬局に、買いに走ります。

 

 

 

痛そうに搾乳機をつかうニーナをいて、苦々しい気持ちになるジャック。

 

 

僕のせいだ。僕がシャーロットに、ぐっすり眠ようにいってしまったから。僕が欲望にまけたせいだ。(絶望)

 

 

 

終盤、ニーナに懺悔するのですが、彼女は冷静に「この人は、赤ちゃんが自分のいったことを理解し、実行したから夜ぐっすり寝てるんだと本気で思ってるのかしら?」と不思議がります。

 

 

多分、本当におもってるのでしょう(笑)

 

 

まぁ、これは、一例なのですが、ジャックの奮闘ぶりは、それ以外にも多々ありまして、どれも涙ぐましいものばかり。いや、笑いばかり。

 

 

娘シャーロットにメロメロになるジャックに一言、ニーナは「あなた子供嫌いじゃなかったの?」と当惑気味。

 

 

 

だって、皆、子育ては大変だってばっかりいって、可愛いってことを教えてくれなかったから・・と、ジャックはなんとも可愛い返答です。

 

 

 

とっても明るく楽しい気持ちになるロマンスですよ。搾乳機買いに走るヒーローってなかなかいません。ハーレやりますね。