この記事は約 2 分で読めます

エマ・ダーシー『ファルコンの恋人』を読んだ感想

シドニーの看護師べサニーとアラブのシークザッカーのロマンス。

 

べサニーの父親は人類学者。アラブへ研究のため出向いたのですが、行方不明になってしまいました。部族間の抗争に巻き込まれたらしい。おそらく、命はないものと・・・・

 

 

皆がべサニーへお悔みの目線を投げかけますが、べサニーはあきらめません。
絶対に!絶対に、絶対にお父さんを見つけてみせる!

 

 

アラブで出会ったのは超魅力的なシークザッカー。彼に父親の捜索のお願いをするのですが、けんもほろろ。なんとかべサニーは彼の裏をかき、父親を見つけ出そうとするのですが・・・

 

 

最近、すくなくなったシークものロマンスです。闊達なべサニーと彼女を守ろうとするシークザッカーとのやりとりにしびれる一作ですよ。

 

 

スポンサーリンク


 

 

『ファルコンの恋人』を読んだ感想<ネタバレあり>

べサニーは、こうと決めたら絶対にやりとげる。もう、そりゃあ頑固一徹。

ふにゃふにゃしてる、そんじょそこらのハーレのヒロインとは一味ちがいます。

 

 

 

アラブの国で、女の身で一人、父親の捜索をしようと奮闘。が、危ない事きわまりない。

 

彼女の父親が行方不明になった経緯から考えても、彼女が自分の身を危険にさらして捜索するほど、生きてる可能性は低い。口をそろえて、「やめとけ」と誰もがいいます。

 

 

アラブのシーク、ザッカーもその一人。自分の国で、美しいべサニーが危険な行動をとろうとしているのを見過ごすことはできません。

 

 

なにせ、ザッカーは彼女にひとめぼれしてますからネ(笑)

 

 

彼女を守ろうと、あれこれ手をつくすのですが頑として聞き入れないべサニー。

 

表面的には「父親をさがすの!」と強気の姿勢をくずしてないのですが、本当は、彼の愛に守られて、このまま彼の腕の中で守られたいって思ってるのです。

 

 

ザッカーは「しろはやぶさ」を可愛がってるのですが、その「しろはやぶさ」をみて、べサニーは複雑な思いにとらわれます。ザッカーの寵愛するの鳥のように、翼はあっても飛び立とうとしない自分になってしまうのが怖い。ザッカーの愛撫、彼の視線、それだけで満足をしてしまって、父親へ救出をあきらめてしまいそう。。

 

 

父親の捜索と、ザッカーへの愛への葛藤に揺れ動くべサニーが実に切ないのです。

 

 

自分らしさってなに?愛と引き換えに、私は自分じゃなくなるの?

 

 

 

実は、シーク様はべサニーに内緒で、自らの命をかけて、父親の捜索してるのですが、知らぬはヒロイン本人ばかりなり。

 

かなーり、理解のあるシーク ザッカーに胸キュンな作品。エマ・ダーシーならではの、活発なヒロインが魅力全開の作品です。

 

Amazonではゴージャスな表紙も素敵ですね!チャラチャラしてるだけのヒロインじゃないですよ。