この記事は約 2 分で読めます

アニー・バロウズ『伯爵の花嫁候補』を読んだ感想

放蕩伯爵デベン卿と、学者の娘ヘンリエッタのロマンス。

 

デベン卿は、悪名高き放蕩伯爵。そろそろ世継ぎをもうけねば、といやいやお相手さがしのためパーティーに参加します。

 

今までの、彼のお相手はもっぱら「人妻」ばかり。そうなるとパーティーの花嫁候補の娘たちが「青臭ーく」感じるのです。誰もかれもが身分の高いデベン卿の嫁になりたくて「ワタクシモ、ワタクシモ」攻撃。

 

女嫌いに拍車がかかる!

 

そんな中、いかにも地味で田舎臭いヘンリエッタと出会い、彼の女性観が少しずつ変わっていくのが見どころの作品デス。

 

『伯爵の花嫁候補』のあらすじと感想(ネタバレ)

 

デベン卿、かなり妄想はいってます。えっとペニー・ジョーダンの『愛してはいけない人』のヒロインも、ものすごい妄想っぷりだったんですが、こちらも負けていませんよ!

 

 

デベン卿は放蕩者として悪名名高いのですが、実は根深い女嫌い。人妻専門キラーです。実は、彼の母親が身持ちが悪くて、彼の父親以外にも何人とも関係していて、デベン卿の下の弟妹は父親がちがうんですよ。

 

 

家族のあたたかさ、とか母親らしさ、なんて全然感じたことない人です。

 

 

当然、自分の役割(爵位の継承)として「子供を設ける」ことは必須なのですが、どうにもこうにも乗り気じゃない。だって、そもそも自分の子供かどうかわからないわけでしょう?<女性全般うたがってかかってるデベン理論

 

 

まぁ、いろいろあって地味なヘンリエッタと知り合い

「あれ?これくらい律儀で正義感の強い子なら、ひょっとして浮気しないかも?」と一筋の望みをかけるわけです。

 

 

そこからの妄想っぷりがスゴイ。。

 

以下、デベン卿の「ヘンリエッタと結婚するためのTO DOリスト」

  • ・彼女の出席するパーティ―におしかける(招待されてもないのに、とヘンリエッタからも突っ込み)
  • ・彼女に強引に迫る(愛のテクニックはオマカセあれ<人妻をメロメロにさせてるから間違いない!と思ってる)
  • ・彼女の純潔を無理やり奪う!(処女じゃなくなれば、自分と結婚せざるをえないはず。<犯罪じゃん!と誰か教えてやって)
  • ・結婚後は、ヘンリエッタは貞淑な妻になるはず。ハッピーエンド。<え?自分だけハッピーエンド?

 

と、まぁ、よくわからん計画をたてて、ちょっとモンヤリ白昼夢。しあわせ~みたいに(笑)

 

ヘンリエッタもかなかか勝気で笑えますが、やっぱりデベン卿ですね。ちょっと変人?ヒーローに失笑な作品。ま、まぁ、いろんなジャンルのイケメンを楽しむのは面白いです。