この記事は約 4 分で読めます

リサ・クレイパス『ハサウェイ家シリーズ』の情報まとめ

リサ・クレイパスのヒストリカルシリーズ「リサ・クレイパス」の情報をまとめました。再読する方の順番の参考に!

 

『ハサウェイ家シリーズ』を初めて読む方へ

 

リサ・クレイパスの有名シリーズの「壁の花シリーズ」スピンオフ(シリーズ)の位置づけ「ハサウェイ家」シリーズ。スピンオフというには、ちょい長く全5作(ですよね?)

 

ポツポツと「壁の花シリーズ」の登場人物もゲスト出演してるので、「壁の花シリーズ」を読んでる方は是非こちらもお読みくださいませ。

 

ハサウェイ家シリーズは、ちょっと変わりものの兄妹4人が主な主人公。もともとお父さんが学者で、学問と芸術を愛し家族の絆固いハッピーファミリーだったのですが、村で猩紅熱がはやって兄の恋人がなくなり・・・父親がなくなり・・・母親もなくなり・・・・兄は失意の中でアル中(寸前)しかも若干デブ化。次女は猩紅熱が完治せず病弱。

 

 

なんとか気丈な長女アメリアが、家族を盛り立てていこうと頑張ってるところからスタート。兄が遠縁の子爵の爵位を引き継ぐことになり、「壁の花シリーズ」の登場人物ウェストクリフ(マッチョ)伯爵とのご近所さんになり、いろいろなメンツと知り合うことになるんですわー。

 

 

「ハサウェイ家シリーズ」こーんな人にお勧め

  • とにかくロマンチック、ジンワリと繊細な描写がたまらなく好き
  • 登場人物が多くても多少は平気
  • 身分差が大好物
  • 長編もドントコイ

とにかくロマンチックなんですよ~。

 

 

1つ1つの行動に繊細な描写が施されているので、ぶっちゃけ長いですね。

 

なので、

  • ・長編シリーズが苦手
  • ・文章が長いと飽きてきちゃう
  • ・ミッドナイトシリーズやハーレクインみたいにサクッと読めるのが好き

という方は、ちょっと向かないかも。じっくり味わって読む感じですね。

 

同じ「リサ」でも、リサマリみたいに「おい、お前たいしてやってねーな」なんてセリフはでてきません(笑)あ、作風の違いだけで、どっちも面白いですけどね( ´艸`)大好きだから、ついついリサマリいじっちゃう。ファンの方許してください。

 

でも、リサクレイパスには外れなし!と言われるのも、さもあらんという感じのシリーズです。再読しても途中でとまりません。今回、私、再読してキュン死寸前でした。

 

一部kindle化されてます。電子書籍化していただき、ライムブックスさんありがとうございます。

 

 

 

ハサウェイ家シリーズ1夜色の愛につつまれて

 

長女アメリアと賭博クラブ 支配人のロマ青年 キャムのロマンス。シリーズ序章。問題山済みの家族の問題がアメリアの肩にのしかかってます。エキゾチックなキャムが素敵!

 

 

 

ハサウェイ家シリーズ2夜明けの色を紡いで

次女のウィンと謎のロマの青年メリペンのロマンス。陰気な大男メリペンとウィンは長年想いを通わす間柄。でも、ロマという立場を考えて、メリペンはプラトニックと突き通しています。メリペンとキャムの関係も明らかに!

 

 

ハサウェイ家シリーズ3黄昏にほほ寄せて

三女ポピーと、ホテル王(は言い過ぎ?)ハリーのロマンス。この作品、個人的に押しです!ハサウェイ家で一番まともなポピーは婿取りに難航中。なんといっても才気煥発な中流階級出身のポピーは、にわか淑女なので「おしとやか」にできず、ついつい興味のあることをペラペラしゃべっちゃうのです。ふとしたきっかけで機械オタクのハリーと知り合い、彼はポピーを見初めるのですが、彼女の心はすでに別の男性にあって・・・・

 

全然わるびれもぜず、汚い手をつかてポピーを手に入れるハリーが素敵です。「何がいかんの?」「全く悪いと思えない」とハリーにキュン・・・・

 

 

ハサウェイ家シリーズ4純白の朝はきらめいて

長男レオと、姉妹の家庭教師キャサリンのロマンス。昔の恋人が病気でなくなり酒浸り。不健康な生活をおくり、小太りになりつつあった一巻からだいぶ兄ちゃん名誉回復です。

 

なんで、そんなキャサリンにつらくあたるんかなぁ~。好きだからいじめちゃうんかな~っていう疑問が残りつつ、ツンデレ男子がお好きな方にはおすすめ。

 

 

ハサウェイ家シリーズ5優しい午後にくちづけて

 

四女ベアトリクスと、隣人のクリストファー大尉のロマンス。クリストファーはハサウェイ家をだいぶ警戒してます。変人家族なんで(笑)特にベアトリクスには要注意。

 

そんなクリストファーは、ベアトリクスの友人狙い。でも、彼女とは婚約までこぎつけず、クリストファーは戦地に赴くことになりまして。ベアトリクスの友人に手紙を書いてよこします。

 

でも友人は、けんもほろろ。戦地の手紙なんて、つまんないし興味ないし!お返事書く様子もありません。ベアトリスクスは、戦地で孤独なクリストファーを思い代筆していくうちに、なぜかお互い恋心が高まって・・・・

 

もう、超ロマンチック!三女のポピーもよかったですが、四女のベアトリクスのロマンスも相当よござんす( ´艸`)

 

 

 

★関連シリーズはこちらから

⇒リサ・クレイパス『壁の花シリーズ』の情報まとめ