この記事は約 3 分で読めます

ダイアナ・パーマー『結婚の代償』<テキサスの恋17>を読んだ感想

テキサスの恋17作目。ビスケット大好きハート兄弟の次男キャラハン(キャグ)と、ハート家の若き家政婦テスのロマンス。

 

 

特殊部隊の経験ありのキャグは兄弟からも恐れられる気難しい男。豚が主人公の映画(ベイブのこと?)をみてからは、可哀想で豚肉をたべないといった可愛い面も。

初心なテスに愛のレッスンをするキャグ。読んでるこちらが赤面してしまう作品。恥ずかしい~。

 

スポンサーリンク


 

テキサスの恋って何?という方はこちらをどうぞ

 

 

【まとめ】ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>情報のまとめ

【まとめ】ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>情報のまとめ

ダイアナ・パーマー作品<テキサスの恋>シリーズを、より楽しむための情報を集めました。テキサスの恋シリーズって何?と疑問に思った方に簡単に説明しますアメリカテキサ...

 

 

あらすじ&感想<ネタバレ全開>

 

ストレートな物言いと、気難しい性格。ハート家兄弟の中でも、ひときわ付き合いずらい次キャグが今回の主人公。

 

彼がひそかに想いを寄せてる女性は、ハート家の若き家政婦テス。テスは、際立った美人ではありませんが、彼女が喜ぶと内側から輝きが見えるよう。

 

ご機嫌な時には、掃除をしながら歌を口ずさむ可愛い女性。

 

ハート家の他の面々は、テスが大好きで(笑)、ちょっと彼女にいたずらしてからかったり、四男レオはテスをデートに誘いたいって思ったりするくらい。

 

 

でも、次男キャグは、テスのあらさがしばかり。あれこれ、因縁つけてはネチネチいびります。読んだ方はわかると思いますが、かなりのパワハラです。

 

 

 

すべてはテスへの想いがそうさせている(らしい)のですが、しらぬはテスばかり(笑)

 

 

 

キャグから文句を言われ、鋭い目で監視される・・・(こわいですわ~)

 

 

 

「もう、ハート家では家政婦はやってられない。出ていくしかない。
私は、そんなにも嫌われてるのかしら。」

 

 

テスは、キャグに追い詰められてて、ギブアップ。

 

 

テスが荷物をまとめてハート家を後にする寸前、キャグもやりすぎたと思ったか、反省。自分の幼い頃のツライ思い出話をテスに打ち明けます。母親との温かい触れ合いってハート兄弟にはないんですね。

 

 

キャグとテスの距離が、ほんの少し近づいたと思った瞬間・・・

 

 

何故かここから、テスはキャグに恋心を!!えぇっ???いいのか!テス!ああ、あんなに八つ当たりされていたのに、優しくされてキュンして好きなっちゃっていいの?(笑)

 

そこからは、キャグとテスの一進一退の恋愛展開。

 

 

キャグはテスに誕生日プレゼントにペンダントをおくったり、デパートで彼女の服を買いそろえたりと、なかなか不器用ながら頑張るのですが、いかんせん、生来の気難しさがするっと治るわけもなく、テスの想いをかかえてモンモンとし、結局は八つ当たり(笑)

 

 

かつてのフィアンセとの破局や母親からの仕打ちをかかえたキャグの複雑な男心。それをしるのは、ハート家の兄弟だけ。

 

 

そうはいうものの、キャグは八つ当たりしながらも、弟たちのいないところでは、ちゃっかりテスに大人の恋愛のレッスンの手ほどきしてるんですよ。

 

 

もう、どっちなの~好きなの?嫌いなの?

 

二人の気持ちを、弟たちも知ってかしらずか、他のシリーズ展開と同じく結婚へと後押しをします。

 

 

最後の最後まで、辛辣なキャグですが最後にポロリと本音。何故、彼女に辛くあたってしまったのか。

「ぼくは君にふさわしくないと思ったんだ」

 

おいおい。迷惑だな。

 

 

物語の最後、テスはキャグの膝にすわり、彼にビスケットを食べさせています。ビスケット大好き弟達は、幸せいっぱいのキャグとテスを眺め、うらやましそう。不器用なキャグに八つ当たりされ可哀想ではありましたが終わりよければすべて良しということで。

 

突っ込みどころ満載の理不尽なストーリも、なかなか楽しめるロマンスでした。

 

 

◆テキサスの恋の次作は・・◆
第18作目 『トム・ウォーカー』
投資カウンカウンセリング会社経営のトムと、彼の元秘書イリ―ジアのロマンス。
イケてるビジネスマンのトムの、とっても個人的な事情が、二人の仲をややこしくさせてしまってします。