この記事は約 2 分で読めます

アナベル・マレー『記憶のかけら』を読んだ感想

交通事故で記憶喪失の女性ザーラと有名作家トールのロマンス。

 

記憶喪失のザーラの前に現れたのは、彼女の夫と名乗る男性とザーラの親友となのる女性。しっくりこないけれども、二人を信じるしかない。

 

奇妙な3人での生活は、新天地ではじまります。有名作家の元で、ザーラは秘書として、親友となのる女性は家政婦として、夫は雑用をする使用人として働くことに。

雇用主トールは、ザーラにたいして冷ややかな視線。ザーラの記憶喪失を疑い、どこかぎこちない態度をとります。

 

夫と親友もなんだか怪しくて、新しい雇い主も、思わせぶり。全般的に、薄気味悪い雰囲気がストーリーがすすむので、甘いロマンスがお好きな方は、ご注意ください。

 

⇒記憶のかけら (ハーレクイン文庫)記憶のかけら (ハーレクイン文庫)の詳細をみる

 

『記憶のかけら』を読んだ感想

 

軽くミステリータッチの作品。表紙がいかしていてシビレます。

どうです?すてきじゃありません?背景にイナズマと、白馬です(笑)

 

【登場人物】

  • ・ザーラ・・・ヒロイン 交通事故で記憶喪失
  • ・モーリス・・・ザーラの夫となのる男
  • ・シビル・・・ザーラの親友となのる女
  • ・トール・・・3人の雇い主 有名作家

 

トールの屋敷で繰り広げらる人間模様が見どころです。

 

まず、モーリスとシビルが怪しい。コソコソいちゃついてます。そして、トールは何故か?ザーラの記憶喪失を疑いつつも、モーションを。

 

ザーラは、うっすら屋敷の中でモーリスとシビルがいちゃついてるのを知っていますが、自分は記憶喪失でどうすることもできない状況。それでも、モーリスに操をたてて

トールのモーションをはねのけます。

 

どこか、トールを懐かしいと思いつつ惹かれる気持ちが湧き上がる。記憶のどこかで、何かがもどかしいと感じるけれど、思い出せそうで思い出せない。

 

そんな時、思わぬ人と偶然出会いザーラの封印された記憶が一気に戻ります。恐怖しかない記憶の先に何がまっていたのか。

 

ミステリーという程ではありませんが、先がとにかく気になるストーリー。甘めでないロマンスが読みたい方はぜひどうぞ。