この記事は約 3 分で読めます

サラ・ウッド『氷の女王』を読んだ感想

大学生ジェンマとイタリア人伯爵ヴィットリオのロマンス。

 

父親の仕事の付き合いでイタリア人伯爵をおもてなしするジェンマ。母親が小さい頃に亡くなり、小さなころから女主人として家を切り盛りしています。

 

ジェンマはセクシーなイタリア人伯爵にひとめぼれ。ヴィットリオも、かつてない情熱を感じ二人は一気に惹かれあうのですが…。

 

ジェンマ兄のダメさ加減が半端なく手がつけられない。こいつのせいであらぬ誤解をジェンマはうけてしまい、ヴィットリオから「尻軽女」の烙印を押されてしまいます。

 

父親がなくなり、突然兄も亡くなり、天涯孤独の身の上になってしまったジェンマ。兄の葬儀で登場するかつてに恋のお相手ビットリオは、彼女に驚きの事実を伝えます。

 

兄はジェンマの預金に手をつけており、さらにヴィットリオに借金をしていたのです。

 

屋敷も抵当にはいってしまい、住むあてもない。大学生活も続けられるのか。

途方にくれるジェンマに救いの手を差し伸べたのはビットリオ。

 

いかにもハーレクイン的なストーリー展開がお好きな方はぜひどうぞ。

 

 

スポンサーリンク


 

『氷の女王』を読んだ感想

 

ジェンマの兄は女にだらしなく、金づかいもあらい。父親がなくなり、ビジネスを引き継いっだ時も真面目に仕事をするわけでもなく、金ばっかり使うようなダメな奴。

 

そんな兄と、ビットリオの親戚の女性が結婚したこともあり、ジェンマにとってビットリオは単に父親のビジネス仲間という男性ではなく、姻戚関係でもあるんですね。

 

兄の葬儀にきたのも、一緒に亡くなった兄嫁の葬儀にでるため。ヴィットリオにとって親戚になりますからね。

 

ジェンマはかつて、ビットリオから手ひどくあしらわれた記憶があり、頑なな態度をくずししません。彼女の態度はまるで氷の女王。

 

ビットリオは、とある誤解からジェンマを「尻軽女」と誤解をするのですが、金もなく、行く当てもないジェンマを見捨てるワケにはいきません。なんたって、本当はすきなんですから(笑)

 

ぼんくら兄の放蕩ぶりから考えて、ジェンマもどうせ同じだろう、と決めてかかる態度はゆるすまじ。イタリアにジェンマを連れて帰り、ビジネスを教えこむという名目でアチコチ連れまわします。

 

ビットリオは、おりにつけジェンマをこき下ろすし、ジェンマも氷の女王ですから、頑として本当のことを言いません。

 

ビットリオの弟と、ジェンマが、ちょっと自分の見てないところで会話しようものなら怒り心頭。悪女から、弟まもるのだ!とかなんとかいってますが、単なる嫉妬ですよ。嫉妬。みぐるしいなぁ(笑)

 

結局、彼女が尻軽だったという事実はなく、まぁ、アレですよ。ストーリーが進み例の定番の方法で証明されて、驚きのビットリオ。

 

「なぜ言ってくれなかったんだ!!」と驚きと嬉しさに興奮気味で、ハッピーエンド。

 

「いってくれない、と詰るけど、いっても聞かなかったでしょうよ!」と突っ込んであげてください。