この記事は約 3 分で読めます

リンダ・ハワード『バラのざわめき』を読んだ感想

ベストセラー作家、リンダハワードの日本初の作品。
1983年の作品で、ちょっと古いのですが、初々しく勢いのあるロマンス小説です。
ヒーローは、ギリシア人、富豪、傲慢の三拍子。
強引とも思える行動の裏には、ヒロインへの激しすぎる情熱。いや、欲望(?)か。

びっくりするぐらいヒロインの話を聞かない態度に、驚きを通り越して驚愕の作品です。

 

 

序盤のあらすじを簡単にまとめました

ジェシカは資産家の未亡人。18歳の時に、76歳の男性と結婚。
孤児で貧しかったジェシカを救い出し、家族にしてくれたのがジェシカの亡夫ロバートです。

夫亡き後、ジェシカはゴシップにまみれ。財産目当てに、自分を売った女。
世間からの冷たい視線に耐えられず、彼女はひっそりと暮らしていました。
ある時、ジェシカはコン・テック社の社長ニコラスと出会います。

 

 

コン・テック社の株を所有しているジェシカ。ジェシカの所有している株をなんとか買い取りたい、とニコラスは申し出ます。

 

 

ニコラスの態度は冷ややかなもの。
お金をつめば当然、ジェシカは株を売り渡すと考えています。

 

 

「自分の肉体の若さを七十六歳の老人に売り渡したくらいだから、あなたの優先事項リストのかなり上位に金銭的利益があることは間違いない」

 

感想です

 

ニコラスとジェシカ、二人ともプライドが高いので、最後まで素直になりません。

 

猫がシャッーっと、威嚇しているみたいなんです。

 

彼女はゴシップとは裏腹に、男性経験は全くないのですが、ニコラスはその事実をしりません。ジェシカのゴシップを信じ切っています。
ジェシカを強く求めるあまり、何かと彼女につらくあたってしまう・・・ニコラスは、ジェシカの、ありもしない男性遍歴に一人葛藤。可哀想っていえば、可哀想なんですが、あまり同情できないのはなぜでしょう?(笑)

ジェシカが誤解を解こうと、何度か真実を切り出そうとしても

「知りたくない」
「ほかの男がきみになにをしたかなど聞きたくはない。平気だと思ってはいたが、やはりだめだ。嫉妬のあまりどうにかなりそうだ。ほかの男の話はいっさいしないでくれ」

ニコラスはジェシカの口元に人差し指あてて、目を閉じながらノンノン?(想像)。

 

独占欲も人一倍。彼の心はざわめきっぱなし。

市場価格よりも高値でジェシカの株を買い取ろうとするのも、彼女が金目当に他の男性を誘惑しないようにするため。

ジェシカを愛人にし、結婚は別の女性とすると言い切るニコラス。ですが、他の女性との結婚で、ジェシカに対する気持ちは変わりはしない、と言い切ります。

 

結婚するつもりなら、別れるとか、そうでなければ、もうちょっと申し訳なさそうにしていただきたい!自信満々な態度は、さっすがリンダ・ハワードのヒーローって感じですよ。

 

その根拠のない自信は、いったいどこからくるのかね?

 

ジェシカを愛してるが故なのか、彼が自分勝手なのか。一途なのか、嫉妬深いのかギリギリのラインの言動。愛ゆえの葛藤か、寸止めの怒りか、とにかく、ニコラスは始終プンプン怒っています。

 

 

この怒りは、ひょっとして不安の裏返し?ニコラスの複雑な一面、愛情深さ、家族思いの顔を垣間見れるのはかなり後半です。

 

 

強引なヒーローがお好きな方は読み応えがありますよ。いやぁ、でも彼のやり口はかなりのものですので、覚悟してお読みくださいませ。

 

 

残念ながら、現在 中古の流通経路でしか手に入れられない作品。

3冊購入すれば送料無料のネット通販先がありますのでこちらをどうぞ。
⇒ネットオフで商品を検索する

 

上手に選択すれば、Amazonよりもお値打ちに本が購入できます。