リサ・クレイパス『もう強がりはいらない』<トラヴィス家シリーズ3>を読んだ感想

トラヴィス家シリーズの第3作目。
自分勝手な母と、奔放な妹のトラブルを一手に引き受けざるを得ないヒロイン エラ。
 
 
 
今回は、実家の母親からの電話でストーリーは始まります。
どうやら、しらないうちに妹が出産をし、赤ん坊を母親の家に置いたまま、行方がわからない.
「どうにかして!」と怒る母親。
 
 
 
自立した女性を目指しながらも、本当は心細い彼女。
エラが頼れるのは、自分だけ。
彼女を優しく手を差し伸べるヒーロージャックが素敵です。

 

 

家族のトラブル解決係のエラが出会ったのは、文句なしの素敵ヒーロー。

 

今回は、トラヴィス家 次男 ジャックがヒーロー。
オール・アバウト・ロマンスで「ベスト・ロマンス・ヒーロー」に選ばれた程の素敵ぶりです。
※ロマンス小説を愛する人たちによって運営されているアメリカの団体
エラは赤ん坊の父親捜しに奔走していました。
 
 
 
行方不明の妹と、赤ん坊の父親捜し。
そして、同棲相手のボーイフレンドは赤ん坊嫌いときていて、頼るあてもありません。
ボーイフレンドは地球環境には興味があっても、ヒロインのトラブル解決には興味がない様子。
本当は、彼を誰よりも頼りにしたいのに。
 
 
 
周囲はそんなボーイフレンドを非難しますが、なぜか、かばってしまうヒロイン。
どこか、自分が誰かを頼ることが「迷惑」だと感じている節があります。
 
 
 
ストーリーは進み、赤ん坊の父親捜しの過程で、トラヴィス家 次男 ジャックと知り合います。
ジャックは、赤ん坊の父親なのではないだろうか。

そんな疑問を抱き、彼女はジャックに詰め寄ります。

 

 

 

素敵ヒーローは心も広い。無礼なお願いもサラリとOK

エラは無礼を承知で親子鑑定を申し出ますが、あっさりジャックは了承します。
さらに、ジャックはエラの置かれている環境を知り、住む場所や失踪した妹を探しを援助。
他人を頼ることに慣れないヒロインを彼の愛情マネーパワーで支えます。
 
 
 
うーん。素敵すぎる。親子鑑定のくだりで、怒りだしても不思議ではないのに。
 
 
 
彼の助けもあり、妹の所在と赤ん坊の父親の正体が明らかになります。

 

 

あなたを頼ってもいい、そう思える相手がいるって素敵

個人的には最後の結末が納得いかず。
自分勝手なヒロインの妹をしかりつけてやりたい気持ちがフツフツと湧き上がりますが、リサクレイパスの他作品にも、似た展開があったので、これはハッピーエンドオチのテンプレ?
 
 
 
誰の手もかりないのではなく、誰かの手を借りながらも自分らしく生きる。
そう生きていけたら素敵だな、と思わせる作品でした。
私にもジャックの優しさとマネーパワーに包まれたいデス。