リサ・クレイパス『幸せの宿る場所』 <トラヴィス家シリーズ2>を読んだ感想

トラヴィス家シリーズの2作目。
前作同様、生きていく厳しさを織り交ぜた作品です。
1作目のヒロインリバティのつらい少女時代を支えてくれた淡い初恋の相手ハーディがヒーロー。
お相手はトラヴィス家のご令嬢ヘイヴンです。

富と権力と金を手に入れるためなら、なんだってやってやる。
のし上がり系ヒーローのハーディが抱える闇があまりにも深い作品。

1作目をよんでからの方が一層ストーリーに深みを感じます。
DVやモラハラがエピソードに関係していますので、NG設定の厳しい方はご注意ください。

何不自由なく育ったご令嬢が、まさかのDV・モラハラ

ストーリーはトラヴィス家の一人娘ヘイヴンを中心に展開します。

前半はヘイブンの結婚生活と別れ。
後半は結婚生活の痛手を回復するべく、家族と周囲の支えを得ながら愛情を再確認するストーリーです。

ヘイブンの駆け落ち同然の結婚生活はひどいもの。元夫から日常的なDV。社会復帰後、新しい上司からのモラハラ
彼女の愛情深さや優しさが裏目にでてしまい、何をするにつけ相手をつけ上がらせてしまってるように感じます。

 

 

 

このあたりのくだりは酷いもので、DV場面も生々しいので、苦手な方へはオススメできません。喉の奥に嫌な塊を感じるほどです。リアリティがありすぎる?

 

 

 

ダーティーなヒーロー ハーディー登場。彼の心の闇深さは半端ない。

 

 

彼女が社会復帰をする当たりから、ヒーロー ハーディー登場です。
実は、ハーディーはリバティ(1作目ヒロイン)狙いではなく、ヘイブン狙い。

 

 

駆け落ち結婚をしてしまったヘイヴンを、一旦はあきらめたのですが、彼女が離婚をすると聞き、熱い気持ちが再燃。

 

貧しい出自から想像もできない程の、金と権力を手に入れた成功者のハーディ。
この作品の前半はヘイヴンの結婚生活を描いているので、ハーディーはメインで登場しません。

 

彼のバックグラウンドは一作目『夢をみること』前半に描かれており、この作品だけ読んでも、ハーディーの生い立ちがわからず、彼の苦悩と葛藤が充分に伝わりませんのでご注意を。
▼過去記事▼

リサ・クレイパス『夢を見ること』<トラヴィス家シリーズ1>を読んだ感想

リサ・クレイパス『夢を見ること』<トラヴィス家シリーズ1>を読んだ感想

トラヴィス家シリーズの1作目。幼くしてメキシコ人の父親と死に別れ、母親と二人でつつましく暮らしているハーフの娘リバティがヒロイン。妹が生まれた頃、突然母親が亡く...

ハーディーの抱える秘密が重すぎて、結末はハッピーエンドというよりもしんみり。

 

やらしい元夫がヘイヴンにつきまといます。

 

誰にも言えない重い秘密を抱えながら、彼女を守るハーディー。彼の懺悔ともいえる告白は、ちょっと衝撃的で、痛々しい。

 

 

お金があっても愛は手に入らない・・・

 

傷ついた二人が寄りそうように結ばれる結末は、ハッピーエンドというよりも、しんみりしちゃう印象です。

 

 

1作目を読んでから、この本を読むと切なさ倍増ですよ。