この記事は約 3 分で読めます

ロレッタ・チェイス『悪の華にくちづけを』を読んだ感想

男勝りならぬ男に勝ってしまってるヒロイン ジェシカと、身体は大きく、醜い(と自分で思っている)、でも心は少年のヒーロー デイン。

 

 

美女と(みかけ)野獣で、かなりおいしい設定です。

 

RITA賞(ショートヒストリカル部門)受賞の作品です。
二人の出会いから、心を通わせるまでの甘く切ないストーリーです。

 

 

弟の放蕩生活に喝をいれるはずが、ヒロイン心ならずも一目ぼれ

舞台は1828年 パリ。

 

ヒロイン ジェシカは、弟が、堕落した生活をおくりつつあると聞き、弟をつれもどすためにパリにのりこみました。
ぼんくら弟は、たちの悪い連中と付き合ってる様子。弟に喝をいれねばならない!

 

 

ジェシカは、両親を早くになくし、弟と二人、親戚の家で育ちました。
頭脳明晰、機敏さと度胸を兼ね備え、何をやらせても誰にも引けをとることありません。
容姿も端麗。27歳で(当時としては)婚期を逸してしまったとはいえ、求婚者が後をたたないモテモテ女性です。

 

何をやらせてそつなくこなす、才色兼備とはジェシカのこと

一方、今回のヒーロー デインは、弟を連れまわしている悪の輩のリーダー的存在。
良心を持ち合わせず非情で無頼漢。そんな不名誉なレッテルをはられ、放蕩のかぎりをつくす生活をしていました。

 

 

ジェシカのぼんくら弟が、この二人の出会いのきっかけとなります。
デインはジェシカと初めて会った時、彼女の全身からにじみ出る美しさに胸うたれますが、同時に自分の醜い姿を意識し心を閉ざしてしまいます。豪快な言動とはうらはらに、彼はとっても繊細なんです。

 

 

でも、そこは大きな勘違い。ジェシカは、弟をたぶらかす悪の輩を「不格好なゴリラ」のような男と想像していたのですが、実際にデインをみて、その男ぶりに一目ぼれ。たくましさに惹かれるジェシカのハートは、彼にくぎづけです。

 

序盤から、二人は完全に相思相愛。お熱いことこのうえなし!

 

 

 

ところが、ヒーロー側の心の傷が深く、一筋縄では両想いにはなりません。紆余曲折あり、男前のヒロイン ジェシカは、デインの強がる姿や虚勢をはる姿から、彼の本質を見抜き、おおらかに時には強く接します。さすが、才色兼備の評判は、ダテじゃりません。

 

時には優しく、悪い事をすればお仕置きもします。

姐さんのお仕置きは、ケタ違い。お仕置きのすごさも見どころの1つです。

 

 

雨の中のラブシーンが素敵すぎてキュン死

 

なんといっても、一押しシーンは雨の中のラブシーン。
ストーリー序盤、まだまだ二人がプラトニックだったころ。ある時ジェシカは、デインの女関係目撃してしまいます。二人は確かな約束をした仲ではありませんが、がぜん面白くありません。

 

 

 

 

怒り冷めやらぬ様子で、目撃現場から飛び出し、嫉妬とやるせなさで、どうしようもない。
デインはジェシカを追いかけ、雨の降る街中二人は喧嘩をするシーンが秀逸。夜更け前、街灯の明かりが薄暗くてらされる道端。
「酔っ払い」「ろくでなし」ジェシカはデインをなじります。

 

 

それまで強気だったジェシカの可愛すぎる一面。勝気な才色兼備が、嫉妬でしくしくなくんですよ。
デインは、雨に濡れるジェシカの癇癪をおこす姿が、あまりにも美しく、抱きしめたら壊れてしまいそうだと葛藤しながらも、彼女を抱きしめ甘い言葉をささやきます。
降りしきる雨も気にせず、ジェシカを抱きよせる姿に(私も)メロメロです。

 

 

これぞロマンスの醍醐味!
隠していたお互いの気持ちが溢れ出る描写がとっても素敵です。
あと、サブ的なストーリー的な見どころとしては、ぼんくら弟はたいした登場もないくせに、頻繁に話題に上ってくるのも面白いですよ。

 

 

馬鹿にされ具合も痛快です。