この記事は約 2 分で読めます

エマ・チェイス『もつれた関係』を読んだ感想

御曹司ドリューと新入社員ケイトのオフィスラブロマンス。

 

めずらしい男性一人称。結構評判よかったので、購入してみました。が、甘くてロマンチックな展開がお好きな方は、ぶぶーって感じの本でしたよ。

ネタバレいりで感想紹介しますんで、NGな方はここで引き返してくださいね。

エマ・チェイス『もつれた関係』を読んだ感想 ネタバレ

えっとヒーロー ドリューは

  • イケメン
  • 仕事もできる
  • おぼっちゃん

の三拍子で、もうモテモテ君。

自意識過剰ぶりが、とっても痛い。そんな彼の「語り」から物語はスタート!

 

彼は、パパの会社ではたらいてます。遊び人の面とは裏腹に、仕事で結構堅実路線で、手堅く進めるタチ。で、そこに新入社員としてはいってきたケイトと、ロマンスの気配が漂うのですが、なにしろドリューは「自分が一番」じゃないと気がすまないタチ。

 

 

ケイトがなまじ仕事ができるから、腹立たしくて仕方ない。子供みたいなイジメしたり、仕事の脚を引っ張るような嘘をついたり、かなりイタイ。

 

 

 

ケイト自身は苦労人で10年つきあってる自称ミュージシャン(?)が婚約者。彼女の仕事のキャリアになれば、と支え続けてくれたハイスクール時代からの恋人。でも、だんだんとキャリアを高めていくにつれ、二人の間に溝ができつつあるのはいなめなくて、そんなときに「俺様のドリュー」と出会います。

 

 

ガッツがあって、ドリューの意地悪にもめげない。ケイトはやられたらやり返す!

でも、二人は喧嘩するほど仲がいいのか、惹かれあっちゃうんですよねー(しみじみ)
もえちゃうんですよ・・・・

 

 

 

それを「ドリュー目線」で語るんですが、本当に「男ってしょうがないわね〰」って感じです。まぁ、最後「わたしを愛してるっていつ気が付いたの?」とドリューにケイトがきいた時の答えが

 

「はじめて中だしさせてくれたときかな~」ですって!!あはは。

 

男の人、いいそうじゃないですか?

でも、ドリューは

 

 

  • ・父親と母親がセックスしたのは、自分と姉が生まれることになった2回のみ

 

 

と、信じてて(信じたい)なんだか、憎めない奴なんです。最期、怒涛の勢いケイトを落とそうとする彼の思いはいかにも、いかにも!土下座ヒーローがお好きな方は是非どうぞ!