スーザン・メイアー 『社長秘書はナニー』<ブルースターの忘れ形見 Ⅰ>の感想

ブルースター家の会社の社長秘書を務めるクレア。
突然、社長が事故で急逝。
この2年間、疎遠だった社長の息子たちと、クレアは初めて顔を合わせることになりました。
そして、彼らの目の前にはクレアだけでなく、初めて顔を合わせるのは・・・・

 

 

 

ブルースター兄弟の遺言の立ち合いで知った衝撃の新事実。
なんと、彼らには腹違いの三つ子の兄弟がいるらしい。
しかも、まだ六か月の赤ちゃん。
途方にくれる男ばかりの独身貴族に、優しいクレアは手を差し伸べます。
ビジネスではやり手の彼らも、赤ん坊相手にはお手上げ状態。
ハートウォーミングなシリーズの第一弾です。

 

詳細を見る