この記事は約 3 分で読めます

ペニー・ジョーダン『十代のころ』を読んだ感想

ハーレクインロマンス40周年の誕生を記念して出版された作品。さすがペニージョーダン。
1ページ目から、ポルシェ並みの加速で、飛ばします。ヒロイン マギーの十代のころの過ちからスタート。
 

 
消え入りたいほどの恥ずかしい過去。
マギーにいったい何があったのか。
一体彼女が何をしてしまったのか。
1989年の作品。
当時のハーレクインの王道を楽しめる一作です。

 

 

序盤のあらすじを簡単にまとめました

イラストレーターのマギー。
音信不通だった従妹が、出版社宛にだした手紙を受け取ります。
 

 

「すぐに帰ってきてほしいの。とても大変なことになってしまって・・・・私たち、あなたが必要なの」

 

 
マギーの家庭環境は少々複雑です。
マギーの叔父は、子供をつれた女性と結婚をし、その後、二人の女の子に恵まれました。
そこに、両親を亡くしたマギーを引き取りました。祖父、叔父夫婦、義理の従兄マーカス、幼い従妹二人がマギーの家族です。
祖父と叔母夫婦が亡くなった今、彼女の実家、デブラル館には、義理の従兄マーカスと従妹たちが住んでいるはずです。

マギーは十代のころ、故郷をとびだし、27歳になるまで親戚とは誰とも連絡とっていませんでした。
当時、幼かった自分が犯した罪の意識にさいなまれ、帰りたくても帰れない。

 

「出ていけ。ここには二度と足を踏み入れるな」

 

マーカスに言われた言葉が、頭をよぎります。
 

 
ですが、幼い従妹たちが困っているのを見過ごせません。
マギーは、散々迷いますが、過去を振り返るのをやめ、故郷に帰る決心をし、デブラル館に向かいました。
 

 
一体何がまっているのだろう。
どうして、従妹はあんな手紙をかいたのだろう。
懐かしいデブラル館につき、義理の従兄マーカスと対面しました。
当時とほとんど変わっていない彼。
マーカスは、動揺と緊張の表情でマギーにいいます。

 

 

 

「いったい、何をしにここに来たんだ、マギー?」

 

感想です

 

誰しも、穴があったら入りたいと思う出来事が十代のころにはあるはず。
二度と顔を合わせたくない、合わせられない程、恥ずかしい気持ち。苦々しくも、懐かしい気持ちを思い出させてくれる作品です。
 

 
ヒロインのマギーはちょっと涙もろく、思い込みが激しいタイプ。
十代のころ、マーカスへの一途な想いゆえに、愚かな嘘をついてしまいました。
振り返ればなんと幼稚な行動だったのだろう。彼女は片時も、自分のついた嘘を忘れませんでした。泣きたいほどの、切ない気持ちを抱えて、マギーは故郷へかえります。

 

 
一方、ヒーローマーカスは、短気で不器用。
あらぬ、噂をたてられ、性悪女に付きまとわれるなど、立ち回りが下手な印象。かつて、マギーにひどい言葉を投げつけたことを後悔しつつも、館にかえってくれたらいいな、と思うばかり。そして、想うばかりで願いはかなわず・・・10年経ちました。

 

 

 

長いよ・・・こじらせすぎの印象です。
どこかで、正直になって打ち明けていれば、過ごさずに済んだ空白の10年。
二人は10年ぶりに再会し、お互いの気持ちがあの時ままだと思いながらも、過ぎ去った時間はもどらない。
 

 
マギーには恋人はいたのだろうか。
マーカスは、どうして結婚しなかったの。
従妹の機転で、最終ハッピーエンドなのですが、ハーレクインらしい、すれ違いや誤解の連続のロマンスですよ。ある意味、昔の作品のが激しい(のか?)

 

 

 

◆ハーレからのメッセージがありました◆

「あなたのお手もとに永く残していただけるよう、特に人気の高いペニージョーダンの力作をお届けいたします」

当時の人気の高さがうかがえます。
原題「A Reason for Being」を「十代のころ」とするセンスも素敵ですね。