ポーシャ・ダコスタ『図書館司書グウェンの恋愛通信』を読んだ感想

ポッチャリ図書館司書 グウェンの妄想、そしてホットシーンがメインのストーリー。
ある日、グウェンの勤める図書館のご意見箱に、自分あての奇妙なラブレターが入っていました。
なんと便箋四枚!

 

 

ネメシスと名乗る差出人は、毎日図書館で グウェンを見つめ、よからぬ妄想をしていると。
「危ない、やばい」と身の危険を感じるところなのですが・・・

 

とんでもない変態だと思いながらも、何故だかラブレターを何度も読み返すヒロイン。
ちょっと行き過ぎ妄想万歳?のロマンス作品です。

 

「ご意見箱」に入っていた、ちょっとおかしなラブレターで妄想爆発

バツイチ図書館司書グウェン。最近ちょっと恋愛から遠ざかっています。
彼女が思いもよらぬ「ネメシス」からのラブレター(?)に、何故か胸がどきどき。
 
 
 
本物のネメシスは太った中年で、きっと頭の薄くなった不細工な男性かもしれないけれど・・・
グウェンは、片思いの相手 プロフェッサー セクシーこと歴史学者 ダニエル・ブリュースター教授に脳内で変換し、代役を務めさせます。妄想大爆発です。

 

誰にも迷惑をかけていはいませんが、かなり危ない妄想ですね。

 

 

 

プロフェッサー・セクシーの「ご意見」を無視する妄想女子

 

ダニエルはグウェンの務める図書館に文献の調査で数か月前からきている大切な図書館のお客様。

 

 

テレビの歴史番組に出演する程の有名人でネットでは彼のファンサイトもある程の人気ぶり。学者っぽいフチなしメガネに、カールした黒髪はいかにも歴史学者といった感じの彼

実際に知り合うより以前より、グウェンは彼の出演した番組を見返すほどのファンでした。

 

 

そんな遠い存在だったダニエル。ふとしたことで、ラブレターの件を、彼に相談します。

 

 

 
ざっと目を通したダニエルは

 

「これは深刻だよ・・・・こういうことを書いてくる男は危険だ。図書館の警備課に報告しておいたほうがいいだろう。」と、アドバイス。

 

 

 

至極まっとうな意見なのですが、グウェンは

 

「彼は変態だけど悪い人間ではない」
「男性に崇拝されたり憧れられたりするなんて、めったにあることじゃない」

 

 

とダニエルからのアドバイス聞き入れません。

 

 

妄想の中で、ネメシスの代役をダニエルに務めさせ、あたかもダニエルが自分に想いを寄せてることにし、一人楽しむグウェン。

 

 

 

そして、ダニエルだったらいいのに、という気持ちから、ネメシスはダニエルなのではないか、と思い始め・・・・・

 

 

 

 

妄想女子+行動力=ロマンスの公式は成り立つか?!

 

手紙から始まり、チャットになり、エスカレートするネメシスとの関係。
ネメシスとのやりとりを相談するうちにダニエルとの距離も近くなり、親密な関係へ。

 

シャイで奥手?と思わせながらも、なかなか積極的なダニエル。グウェンの妄想を裏切りません。

 

最後まで、ネメシスはダニエルなのか。

それともネメシスは別の人間で危険な変態が彼女を狙っているのか。

はたまた、ダニエルがネメシスで危険な考えの持ち主なのか。

 

危ないゲームをしてるグウェンの恋の行く末にハラハラさせられます。

 

インテリヒーローの意外性と、バツイチぽっちゃり図書館司書の乙女的な思考の暴走ぶりを堪能できる一冊ですよ。