この記事は約 3 分で読めます

シャノン・マッケナ『夜の扉を』 を読んだ感想

恋人選びに失敗続きのアビーと、一見するとワルな鍵屋ザンとのロマンス。
過去の恋人たちの半端ないダメぶりに驚きます。

 

 

  • ・家賃も払わずアパートに居座る。
  • ・電話料金急騰
  • ・アビーの名義の車にのって車を大破。
  • ・ストーカー的な行動で、アビーの上司に殴りかかる
  • ・薬物の疑いあり

 

次は、絶対に「普通の恋愛」をする!
堅く決意をしたもの、ザンと知り合い彼女の決意はもろくも崩れます。

大半がホットなシーン。その部分は裏切りません。
プラスちょっとしたサスペンス アクションといった作品。

 

ダメンズを選んでしまうヒロインの苦肉の策

 

過去の恋人たちのトラブルに巻き込まれ、心底うんざりしたアビー。
「彼氏にするならこんな人」の条件を決めます。

 

ふとした、トラブルにまきこまれザンと知り合い、セクシーな彼にたまらなく惹かれてしまいます。

 

男らしい彼が自分を守ってくれた!

 

ところが、過去の苦い経験がザンへの気持にブレーキをかけます。

  • 「格闘技は好き?」
  • 「バイクに乗ってる?」
  • 「銃はもってるの?」
  • 「タトゥーは入れてる?」

ダメ男ををふるいにかけるには、なんとも残念な質問をザンに突き付け「残念ながら、お付き合いできないわ」

私がアビーの友達なら助言してあげたい。
いいのか?!アビー!!ダメ男をみわける条件は、そんなんじゃないぞ。

 

逃がした魚(ザン)は大きいと後悔するなよ。ヒーローは正義感の強い性格で、いい奴なのに。

 

 

 

健気すぎるヒーローの苦肉の策

 

ストーリーが進み、どうにもこうにも抑えられない気持をお互い意識しますが、アビー側の理由(?)で、二人は恋人同士とまではいきません。

 

 

あきらめきれないザンは、屈辱を感じながらも「ある提案」をします。
それは、秘密の関係。友達以上恋人未満になりませんか?

 

 

どうしても、ザンはアビーの心を掴みたい一心の苦肉の策。

 

 

親密な関係になった上で、自分が彼女の夫に相応しい人間だと納得させたい、と考えます。思考が、彼氏を飛び越え夫とは、なんとも早い(笑)。

 

 

それだけ本気度が高いのでしょうか。

 

彼女のためなら、長い髪をきってもいいし、ひげをそるのもいとわない。
服装にも気を遣おう。
高尚な趣味を養おう。

 

こぎれいになる決心か(笑)

 

 

健気すぎて、女冥利につきますよ。

 

 

物事を深く考えないセクシーヒロインには、ワイルドで正義感の強いヒーローがお似合い

 

 

切々と語る彼の小さな決心に胸キュンです。秘密の関係に迷いながらOKを出すアビー。

 

トラブルに巻き込まれないならいっか、という考えです。

 

 

普通の恋愛がしたいの!といってる割に、おかしな提案を引き受けてしまう天然アビー。
最終的には、ヒーローは良い奴だし、ロマンス小説らしくめでたしめでたしなのですが。

 

 

ヒロインに突っ込みどころ満載の一冊。
こういうヒロイン、私は嫌いじゃないですが、人によってはイライラさせられるかもしれませんね。