この記事は約 3 分で読めます

シャロン・ケンドリック『妹と恋人の間』を読んだ感想

実業家マットと、彼の家の家政婦の娘デイジーのロマンス。

アメリカで有名ロックシンガーと結婚をしたマット。

 

 

 

生まれたばかりの娘を残し、妻は突然死。シングルファーザーとして頑張って娘を育てるマットが、イギリスの生家に戻ってきました。

 
少女の頃からマットにあこがれていたデイジーは、はついに十八歳。

 
なんとか傷心のマットを慰め、そして自分の大人になった証明をしたいと頑張るデイジーが、ちょっと滑稽で感じがかわいいロマンスです。

 

 

栄えあるハーレクイン名言集に選ばれし本

 

全然知りませんでしたが、ハーレクイン名言集なる本があるようですね。私はあの有名なカフェオレ・ライターさんのHPで知りました。

 

カフェオレ・ライターさんが、数あるハーレクインセリフの中から選んだ、こっぱずかしい名言の中の一つが、この本に収録されています。
 

 

 
知らずに手とったのですが、まさかこの本とは!!
 

 

 
じゃ、迷言、もとい名言のシーンをちょこっと紹介します。
 

 

 

あらすじまとめ

自称大人のデイジーは、将来を嘱望される数学の才能をもった女の子。脚の怪我が原因で、学校でいじめにあってしまい、途中で学校を途中でやめてしまいました。それはマットには勿論ナイショ。

 
彼女の母親は家政婦なのですが、それは名ばかり。じつは、母親は親友の家で、ちょっとした手伝いをしながらデイジーを育てています。

 
お金持ちの友達の家に、転がり込むのもアレなんで、一応「家政婦」という形をとっています。

 

 

 

そういう状況なので、デイジーは少女の頃からマットと一緒の家で暮らしています。彼は、デイジーにとって兄であり先生であり、とにかく憧れの人なわけです。

 

 

 

突然、電撃婚をしてしまったマットに傷ついたデイジーでしたが、10歳も年が離れているので仕方ないと、ある意味割り切るのですが・・・・

 

 

 

もう、18になったし。町の男の子たちは、セクシーだっていってくれるし。大人の女性だって、認めてほしい!!シングルに戻ったマットに、頑張ってアッピールし、二人のロマンスストーリーが進んでいきます。

 

 

 

意外や意外に常識人なヒーロー

シャロン・ケンドリックの作品で、私が魅力を感じるのは、やっぱりヒーローのキャラ設定。
 

 

 
ヒーローがボンボンすぎて、世間ずれしていない浮いた感覚の持ち主って設定が多い。
 

 

 
ところが、この作品のヒーロー マットは意外に常識人。
やっぱ十八はまずかろうと思い、デイジーに惹かれつつも自分の気持ちを押さえます。
 

 

 
が、やっぱりアレなんですよ。突拍子のない性格が隠せない。
普通にいい人とか、素敵な人、とかいう枠にはまらないのがイイ。というか、はまってほしくありません。折角のシャロン・ケンドリック作品なんですもの。期待しちゃいます。
 

 

 
一押し、シーンはやっぱり名言集で取り上げられてるマットの風呂上りシーン。
押せ押せのデイジーを、マットは、ちょっとビビらせてやろうと、威嚇(?)します。
 

 

 
なんと、初心なデイジー目の前に、風呂上りで腰に巻いてるタオルをとるぞ、と脅すワケです。

よし、デイジー、そんなにゲームがしたいのなら、しようじゃないか。

いやいや、ゲームじゃないし。やめれ~と大爆笑です。

 

 

 

後半、唐突に二人の別れと再会エピソードが盛られていて、やや駆け足な印象。
どうして、マットが電撃結婚をしたのかの下りも、ちょっと微妙な感じ。

でも!このゲームのシーンを読むだけでも、私は満足。あの有名なシーンはこれだったのね、とハーレクインの見聞が広がりました。