この記事は約 4 分で読めます

シャロン・サラ『花嫁の困惑』を読んだ感想

牧場主ジャスティンとウェイトレス マリリーのロマンス。

 

 

マリリーはレストラン<ロードランナー>のウェイトレス。時々訪れるジャスティンにほのかな恋心を抱いていました。

 

彼は、オーダーをとるマリリーを、ちょっとからかって楽しんじゃうようなモテ男。

育ちのいい彼は、さりげなく女性は「ハニー」と呼んでいい気分にさせちゃいます。

 

そんなジャスティンが、吹雪で立ち往生。家に帰れず<ロードランナー>にやってきたではありませんか。

 

そろそろ、仕事を上がろうとしていたマリリーは、ジャスティンに思わぬ申し出をするのですが・・・

 

 

このマリリー、すごい女性です。

短編ながら、スカッとやってくれる作品。前半はマリリーがジャスティンを、後半はジャスティン母を、冷静にやり込める様子がなんとも、あっぱれです。

 

悲しい経験を経て強くなったヒロイン

 

舞台はテキサス州のアマリロ市。ジェイコブズビルのような架空の街ではなく、ちゃんと実在の都市です。

 

ここで、ヒロインのマリリーはレストラン<ロードランナー>のウェイトレスとして働き生計をたてています。天涯孤独のマリリーは、とっても悲しい過去を背負っています。

 

彼女の母親は父親に殺され、逮捕された父親は、数年前にテキサス州の司法によって刑せられ、この世を去りました。

衝撃的な家族の醜聞を、吹聴することもせず、両親はなくなったとだけつたえ、ひっそりと暮らす毎日。

 

そんな彼女の楽しみは、時々おとづれるイケメンカウボーイのオーダーをとること。

イケメンカウボーイは、ジャスティンという名前で、お金持ちの一人息子らしい、ということしかマリリーは知りません。

 

吹雪で立ち往生した彼が、一夜を明かすため、<ロードランナー>にやってきたのを、ちょっとした思い付きでマリリーは「私の家でよければ、部屋を貸すわよ」と申し出てしまします。

 

 

「ベッドはないけど、ソファーで良ければ使ってね」

 

 

 

<ロードランナー>のオーナーはそれをきいて超心配になります。

そんな、うら若き女性が、大人の男を、いっくら困っている人とはいえ、自宅に呼び込み止めるのは大丈夫なのか・・・・

 

オーナー、マリリーを止めてあげてよ~。

 

 

 

吹雪の夜、二人の関係は一気に急転<ネタバレ>

 

ジャスティンは、ちょっとかわいいな~と思っていた、行きつけのレストランのウェイトレスから、お誘いがあって、のっかっちゃいます。

 

しかも、さえないウェイトレスだと思っていた彼女。そのウェイトレスの洋服を脱ぎ、私服に着替えると、ナイスバディではありませんか。

 

ああ、グラビアページから抜けでたようだ、と心で大絶賛。

吹雪で荒れ狂う夜、二人で甘いひと時をすごすにですが・・・
翌朝、マリリーに一言も告げず、そうそうにジャスティンは逃げてしまいます。

 

 

ええーっ!!! ハーレのヒーローにあるまじき行為。

 

しかも、マリリーは妊娠。6ヶ月もの間彼女を放置ですよ(怒)

 

マリリーは涙をぬぐい、自分とジャスティンの気持ちの違いに傷つきながらも、一生懸命働いて、身重ながらも<ロードランナー>で働いています。

 

 

結局、ジャスティンは自分の行動を後悔し、意を決して<ロードランナー>に来店するのですが、彼女が妊娠してる事実を目撃。動揺のあまり、大勢の客の前で、彼女を怒鳴りつけ、詰め寄るなど、おおよそ思いやりのかけらもない行動をとってしまいます。

 

切々と、彼の気持ちが語られるのですが、やってることから考えると、そんなのしったこっちゃないですよ。

 

でも、マリリーも負けておらず、バッチリ彼にお灸をすえるのがとっても爽快。

よくやったと、観客もといレストランのお客も心で拍手をしてるはず。

 

 

紆余曲折あり、ジャスティンはマリリーと結婚するのですが、マリリーを金目当てで息子をたぶらかしたとイジメてくる姑登場。後半は、嫁姑バトルです。

 

 

「母さん勘弁してくれよ」と、ジャスティンは母親をけん制するのですが、可愛い息子をとられて憎いばっかりの姑は、嫁マリリーを嫌らしくイジメます。

 

 

でも、ここでもマリリーは負けてません。一本、芯が通ってるので姑の想像を超える行動で反撃。

 

 

短いながらもメリハリのきいたストーリー。筋がとってるヒロインがお好きな方は楽しめますよ。

 

ジャスティンは、この記事だけ読んだら、とんでもない奴ですよね。

ああ、フォローするわけじゃないけど、悪いやつじゃないんですよ。本当に(笑)ただ、シャロン・サラの他のヒーローと比べると見劣りしちゃいますけどね。